ぱぱ塾ぱぱ さん プロフィール

  •  
ぱぱ塾ぱぱさん: 地頭でわが子と挑む中学受験
ハンドル名ぱぱ塾ぱぱ さん
ブログタイトル地頭でわが子と挑む中学受験
ブログURLhttp://jiatama.blog83.fc2.com/
サイト紹介文豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。
自由文地頭のよい子に育てたい…。豊かな学びやさまざまな体験を通して身に付けた新しい学力をベースに、詰め込み学習をせずに中学受験をする道はないものか…。そんな我が家の試行錯誤のあれこれを綴った「学び・子育て・受験」のためのブログです。手作りの自宅学習を通して2009年受験終了。これらの経験をもとに、新しい中学受験のあり方を読者のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。どなたでもご遠慮なくご参加ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/08/20 11:24

ぱぱ塾ぱぱ さんのブログ記事

  • 伸びざかりの学校をさがすには?
  • そろそろ志望校を固めだす時期になりました。ご家庭での進捗はいかがでしょうか。受験予定校を洗い出すために必要になるのが入試データ冊子。中学入試実施校の過去の入試実績、典型的な併願パターン、進路情報などがまとめられたデータ冊子です。しかし、誤解を恐れずにいうならば、この冊子を読んだだけでは、はたしてその学校がお子さんに向いているのかどうかを知ることはできない。気になる学校の「文化祭」や「体育祭」なども [続きを読む]
  • 過去問を読めますか?
  • 志望校群を絞り始めるとともに並行して準備を進めておく必要があるのが、各科目でお子さんが学んでいる単元の内容や解法への理解です。例えば算数ならば、「速さと比」や「場合の数」など、お子さんが毎日学習している内容をきちんきちんと把握してゆくこと。これが志望校対策をするうえでとても重要になってきます。公開してある過去問集計用シートをご覧いただければおわかりいただけると思うのですが、志望校の過去問。その出題 [続きを読む]
  • たった1つのことをお伝えしたくて
  • 僕がこのブログを若干のリニューアルをしてまで再開しようと思った理由。実のところ、それは中学受験期を迎える前のご家庭に、たった1つのこと。それをお伝えしておきたい。そう思ったからなのです。この記事ではその「たった1つのこと」。何はともあれこのことについて、できるだけ手短かにお話ししてみたいと思います。にほんブログ村の「子育て」カテゴリに参加されているご家庭のみなさん方。そしてその読者のみなさん方。僕 [続きを読む]
  • 例題の読み合わせ・その後と現在
  • 「昨日の記事」で、我が家で「例題の読み合わせ」が生まれた経緯を説明させていただきました。その後の1年間=5年生の算数・・・これは「例題の読み合わせ」をブラッシュアップする1年間になりました。今日の記事では、「例題の読み合わせ」のその後と現在を、ご紹介させていただこうと思います。試行錯誤当初の読み合わせは「例題」に対する「解き方」を確認し、「わからない点を明確にすること」を主眼に置いてきました。この [続きを読む]
  • 例題の読み合わせが生まれたわけ
  • 我が家の娘は4年生のとき、まるまる1年間、四谷大塚に通塾していたことは過去記事に書きました。我が家が実践している「例題の読み合わせ」は、この時期の経験から生まれたものなのです。このあたりの事情を簡単な記事に書き残しておこうと思います。お子様の「勉強嫌い」にどう向き合っていったらいいかについて、各ご家庭のヒントになれば幸いです。通塾開始「入塾テスト」に合格して、娘は新4年からの通塾生活に期待を膨らま [続きを読む]
  • ライフ・イズ・・・?
  • ブログテンプレートをデザイナーのAkiraさんの手になる「Life is」に置き換えました。うーん、素敵です。まだ作業中ではありますが、これまでのテンプレートに組み込んできたさまざまな機能は、こちらのテンプレートに引っ越してきてありますので、基本的な使い方はだいたい同じになっているはずです。右側のサイドバーはマウスホイールを使ってスクロールすることができます。これは便利だ!--今日もお子様は受験勉強を楽しんでお [続きを読む]
  • 例題を読み合わせる
  • 我が家で2年間続けた「例題の読み合わせ」。進学塾の算数のテキストにある例題を解く練習のことですが、この「読み合わせる」という部分。ただ単に例題を解くわけではない。「読み」と「解き」で言えば「読み」の方に重点がある。だから「例題の読み合わせ」なんです。自宅学習ならではの取り組みですが、通塾されている場合は「予習」にあたる部分。これを親子で力を合わせて徹底的に突き詰めてやってみる。そのような取り組みで [続きを読む]
  • 二人三脚で歩んでゆけば
  • 二人三脚という競技。最近の運動会ではめっきり見かけることがなくなりましたが、僕の田舎の運動会ではメインの競技の1つでありました。パートナーを思いやる気持ちがなくては始まらない。パートナーと息を合わせてペースを作ることができなければ結果も得られない。うまくいかないからといってパートナーの尻を叩いてばかりいても始まらない。そんなとき自分はどうすべきなのか。お互いにパートナーのことを考えながら1つの目的 [続きを読む]
  • Re: 国語、よかったですね!
  • ご家庭での国語の学習への取り組みを、ご紹介いただきました。メッセージありがとうございました。ブログの方に書きましたように、N研模試の国語、7月に続いて今回も偏差63でした。この3月までは、良くて55、悪けりゃ50を割り込むこともあった娘。せめて53〜4で安定してくれ・・・と思っていました。4月の模試で56を取ってから、変化が現れ始めました。7月時点では、まだその変化が偶然の産物なのか確信が持てなか [続きを読む]
  • ぱぱ塾:大学生の娘に情報リテラシーの補講をする
  • 娘は大学で情報リテラシーの授業を受けているのですが(単位が足りないみたい・汗)、その教材としてこのブログのウェブデザインはよい素材となっているようです。今回はこれ。ブログ記事の見出し部分のレイアウトを改善する、です。この部分。親の要素がコンテナになっていて、その中に「見出し」テキスト要素を左寄せで、「記事数・ページ数」テキスト要素を右寄せで配置してあるのですが、この2つのテキスト要素が上下にベース [続きを読む]
  • 国語の「写経学習」ってなんだろう?
  • はじめまして。小学校6年生の息子がいる親です。偶然、このブログを拝見することになりました。もっと早く知っていればと思いました。うちも半年間、自宅で受験勉強しましたが、結局大手塾へ。そして挫折して小さな塾へ転塾。お嬢様への国語の指導の経緯を読んで、すごくショックを受け、涙が出そうでした。ここまでやる親は世の中にあまりいないのではないかと・・・。お伺いしたいことがたくさんあるのですが、ご迷惑をおかけす [続きを読む]
  • スマートフォンからPC版ページを閲覧する
  • 備忘録です。手元のiPhoneでPC版ページを閲覧しようとすると、指定してあるサイズで文字が表示されずページレイアウトが崩れてしまう問題で、一晩ハマっておりました。なんのことはない、文字サイズが小さくなりすぎると見にくくなるのでブラウザが自動的に文字サイズを大きくしてくれる機能らしいのですが、その判断基準が気まぐれなのか、そのままのサイズで表示される文字や大きなサイズで表示される文字がページ中に混在してし [続きを読む]
  • 国語のご質問にお答えします
  • 以前にいただいたご質問から。国語の読解練習(「読み合わせ」と「解法のテキストを用いた練習」)について質問させてくださいこんにちは。初めてメールします。 都内在住の小4の国語苦手女子をもつ母親です。昨年、娘が小3の頃、色々中学受験本ものを読み漁る中でふと手に取った「地頭をみがけば中学受験は・・」を読み、ぱぱ塾ぱぱ先生について大変興味を持ったことから、併せてこちらのブログ記事をあちこち彷徨いながら拝読し [続きを読む]
  • 算数脳をつくる(2) 単位の話
  • 「速さと比」。バリエーションがいくらでも作れる、出題側にとってはラクチンな分野です。娘はこの分野。苦手としているわけではないのですが、ごくたまに「へ?」、という表情を見せることがある。娘の頭の中には、「比=単位のないもの。倍数」。「速さ・距離・時間=単位のあるもの」という理解はあるのですが、複雑な計算になってくると混乱しないわけでもない。そんなわけで、中間式の計算結果には必ず「単位」を書き込むよう [続きを読む]
  • 地頭ブログの歩き方
  • ブログのテンプレートに少し手を入れましたので、この機会に地頭ブログの歩き方について、いくつかご紹介。● 絞込み条件の表示小見出し欄に現在の絞り込み条件と該当記事の件数、および現在表示中のページ番号を表示するようにしました。現在どのような条件で絞込みをしていて、その中の何番目のページを読んでいるのかがわかるようになりました。 検索による絞込みの例 タグによる絞込みの例 カテゴリーによる絞込みの [続きを読む]
  • 伸びざかりの学校をさがすには?
  • そろそろ志望校を固めだす時期になりました。ご家庭での進捗はいかがでしょうか。受験予定校を洗い出すために必要になるのが入試データ冊子。中学入試実施校の過去の入試実績、典型的な併願パターン、進路情報などがまとめられたデータ冊子です。しかし、誤解を恐れずにいうならば、この冊子を読んだだけでは、はたしてその学校がお子さんに向いているのかどうかを知ることはできない。気になる学校の「文化祭」や「体育祭」なども [続きを読む]
  • FC2でページ総数を調べる JavaScript
  • 備忘録です。FC2ブログには「総記事数」や「ページ数」を調べるための変数があるのですが、記事一覧ページでは使えないなどの制約がありましたので、それらの値を月別アーカイブ一覧から自分で計算する JavaScript を書いてみました。ページ右上の検索欄に設置してあります。いやあ、ホントにどうでもいい記事ですから・・・備忘録ですから・・・すみません・・・。--今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔 [続きを読む]
  • スマホ版ブログページを開設しました
  • デフォルトのスマホ版ページが使いにくかったので、ななめ読みのし易い、軽量版のスマホ版ブログページをセットアップしました。ななめ読みをするにはスマホ版のページの方が使い勝手がよいようです。PC版のページも閲覧性を改善すべく手をいれつつあります。これからもよろしくお願いいたします。--今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメ [続きを読む]
  • 早熟という個性・晩成という個性
  • 早熟という個性。晩成という個性。お子さんたちの持てる個性はさまざまです。これを偏差値というたった1つの尺度で測ること。これが現在の中学受験の縮図であるということは以前の記事に書きました。今の中学受験というシステムは早熟のお子さんたちに有利に働く。この現実を踏まえたうえで、あえてお子さんたちの個性をそのような尺度で測るということ。これはお子さんたちの一人ひとりの持てる個性を軽んじるということなのでは [続きを読む]
  • 晩成であることのアドバンテージ
  • 引き続き、いただいたコメントから。思うに出来る子たちの出来る構図というのはまさに”元々”地頭がいいのであってそれをどうやって”元々の”地頭の良くない子が獲得できるのかが私にはわかりません。おそらく読者の方々もそれを具体的に知りたいのではないでしょうか。「生まれつき」・・・というものを、僕は少し広い意味で解釈しています。たとえばお子さんが生まれてからものごころつくまでの間。あるいはお子さんがものごこ [続きを読む]
  • 天然のお子さんたちをどう考えるか
  • 以前、このブログの記事に大変興味深いコメントをいただきました。単なるコメントにとどめておくのはもったいないので、この記事に再掲させていただきます。私見ですが。いつも大変興味深く読ませて頂いています。仰られることには本当に納得させられています。実際現状の中学受験はごりごりとひたすら親や塾が子供や社会を翻弄しているような印象さえ受けています。教育のチャンスとして中学受験を利用するのは私も大賛成ですが利 [続きを読む]
  • 切れるアタマ・廻るアタマ
  • できるお子さんにもいろいろあるように思います。例えば頭働き。切れるアタマを持つお子さん。判断の素早さ・正確さ。そのような力を兼ね備えている。廻るアタマを持つお子さん。思いもかけぬ発想で周囲を驚かす。そのような力を兼ね備えている。この2つのものは同じじゃない。できるお子さんのタイプがこの2つにきっちり分かれるわけではないのですが、それぞれの要素の強い・弱いがあるように思えるのです。切れるアタマを持つ [続きを読む]
  • 【過去問フェーズを知る】 連載記事目次
  • 過去問への取り組みを今この時期に知っておくこと。これはあながち無駄なことではありません。特に過去問の最終フェーズでどのような取り組みが必要になるのかを知っておくこと。ここの部分。これをしっかり押さえて置くことで、それより前に、節目節目であらかじめどんな取り組みをしておかなければならないのかがはっきりしてきますし、またそうすることで各ご家庭の取り組み。それもより具体的になる。ですので昨年度に連載した [続きを読む]
  • 暗記科目はどう攻略する?
  • 意外に思われるかもしれませんが、僕は小さいころから「百科事典の虫」でしたし、「知識のネットワーク作り」についてもこだわりがあるほうですので、そういう意味ではかなりの「知識重視」派です。我が家の娘も6年生の夏ごろまでは4教科受験生でした。ですので今回は記憶の定着にまつわるお話を。「エビングハウスの忘却曲線」というのをご存知でしょうか。覚えたものが失われていく様子を表すグラフです。本来の忘却曲線は「意 [続きを読む]
  • ページナビを設置しました
  • 「前のページ」・「次のページ」へと、順に読み進んで行きやすいように、各記事の先頭に、新たに「ページナビ」を設置しました。現在のところ(重複を含めれば)900ほど記事がありますが、我が家のブログを一気読みをなされるような場合には、お役に立つのではないかと思います。よろしくご利用ください。--今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問など [続きを読む]