atelier137 さん プロフィール

  •  
atelier137さん: 美しい家をつくりたい!
ハンドル名atelier137 さん
ブログタイトル美しい家をつくりたい!
ブログURLhttp://ameblo.jp/atelier137
サイト紹介文建築家鈴木宏幸が手がける住宅事例やプロセスなど、家づくりのあれこれをご紹介しています。
自由文東京恵比寿で設計事務所を主宰。住宅を中心に、軽井沢セカンドハウスや週末住宅を多く手がけています。木や珪藻土、しっくいなどの自然素材を大切にした家づくり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2009/08/21 00:10

atelier137 さんのブログ記事

  • キッチン取付 〜 つどいの杜 in 軽井沢
  • つどいの杜 in 軽井沢。 キッチン取付。 アイランドキッチン。シンプルで、カッコよく! 順調に進んでおります。 しかし、春だというのに、外は・・ 銀世界。 きれいに雪が残っている状態も、なかなかお目にかかれない貴重な光景です。 青空とのコントラスト。きれいですねぇ〜 いいね!→シェアよろしくお願い致しますm(_ _ )m アトリエ137一級建築士事務所  [続きを読む]
  • コンセントなどの確認 〜 軽井沢YTさんの家
  • 軽井沢YTさんの家。 コンセントなどの確認。 コンセントやスイッチの位置などを確認してまいりました。図面でお話ししているのと、実際に立ち上がってくると、少し変わってきたりします。 そのあたりを修正いただけるように、現場での確認をお願いしています。 どこかでも書きましたが、これだけは半ば強制です(笑) 2階リビングの開口からの借景もよいですね。 これから新緑の季節。 [続きを読む]
  • 高床式住居?!な外観 〜 家づくり設計ノート
  • 【家づくり設計ノート】vol.07 『高床式住居?!な外観』 軽井沢のような森(山)のなかの敷地では、一見フラットな土地でも、傾斜ししていたりするものです。 そんなときは、湿気対策にもなる「高床式」にしてみるのも。ただ、床下の風通しがよくなるだけに、断熱はしっかりしないと、寒冷地の冬は大変です。 柱脚を石っぽい感じの意匠を施して、デザインするのもよいですね。 コンク [続きを読む]
  • 眺望抜群!傾斜地のイエ 〜 家づくり設計ノート
  • 【家づくり設計ノート】vo.06 『眺望抜群!傾斜地のイエ』 傾斜地は下からアクセスするか、上からアクセスできるかで随分変わってきます。 上からアクセスできると、道路からは平屋みたない感じ。 反対に廻ると・・ドーンって感じですね。ここでは板張りとコンクリートの外観のコントラストを楽しんで。 下からアクセス。半地下となる1階部分がコンクリート、2、3階に木の箱をのせて。建物へのアク [続きを読む]
  • 住宅地に馴染む造形美:ハコ 〜 家づくり設計ノート
  • 【家づくり設計ノート】vol.05 『住宅地に馴染む造形美:ハコ』 シンプルな造形を心掛けているのはいつものことですが、住宅地ではどうしても隣地の境界とのせめぎ合い・・軒のないハコ型の造形で、ご提案することが多くなります。 3つの箱がすくっと。片流れのシンプルな造形ですが、面を下げていくことで、3つの箱という印象をもたせています。 3階建てでは、層で分けてデザインしたり、1階部分を下げること [続きを読む]
  • 地盤改良 〜 いすみ岬町Oさんの家
  • いすみ岬町Oさんの家。 地盤改良。 改良工法はD・BOXを採用。↓http://metry.jp/dbox.html 中身は砕石ですので、地盤改良も自然のものでできるってよいですね。 このオレンジの袋が大切。ただの「袋」と言ってはいけません! いいね!→シェアよろしくお願い致しますm(_ _ )m アトリエ137一級建築士事務所 応援お願いします m(_ _ )m↓ポチッと押してください! [続きを読む]
  • 下草刈り 〜 那須Mさんの家
  • 那須Mさんの家。 下草刈り。 かなりスッキリしました! 草刈り前↓ 普段はあまり気にしないのですが、敷地が思ったより傾斜しているようでしたので、そのあたりを確認しながら、イメージを膨らませていきたいと。 上のスッキリ写真は、あまり傾斜しているように見えないですね・・(汗) いいね!→シェアよろしくお願い致しますm(_ _ )m アトリエ137一級建築士事務所 [続きを読む]
  • 甲府 I さんの家の薪ストーブ 〜 暖炉のある風景
  • 暖炉のある風景。 甲府 I さんの家の薪ストーブは、輻射式。いわゆる薪ストーブという感じ。王道です。 古くからあるタイプの薪ストーブは、着火や空気量の調整など、ちょっとしたコツを覚えていかないといけませんが、それもまた楽しからずや〜ということで、チャレンジしたいかたはぜひ! 背面にシールドをつけて、可燃物からの離隔距離を小さくしています。 輻射式は、暖房器具としてはか [続きを読む]
  • 熱海Oさんの家の薪ストーブ 〜 暖炉のある風景
  • 暖炉のある風景。 熱海Oさんの家の薪ストーブも、機能性&デザイン性に優れています。 この眺望を活かしながら、火も楽しめるレイアウトは最高です! Oさんの家は、この眺望を手に入れるために、3階にLDKがありますので、(その上、傾斜地でもあります)薪の一次的な保管場所として、テラスが近くにあるのもよいのですよ〜 いいね!→シェアよろしくお願い致しますm(_ _ )m アトリエ13 [続きを読む]
  • 軽井沢Fさんの家のペレットストーブ 〜 暖炉のある風景
  • 暖炉のある風景。 軽井沢Fさんの家はペレットストーブ。薪ではなく、ペレットを燃料にします。*ペレット:おが粉やかんな屑など製材 副産物を圧縮成型した小粒の固形燃料のこと Fさんの家はかなりの傾斜地。上まで薪を運ぶのは大変だし、薪割も難しい・・ということで、ペレットストーブを採用しました。 スイッチひとつで、簡単に着火しますし、よく暖まります。 でも、いかにもストーブという [続きを読む]
  • 森に溶け込む2階建てのつくり方 〜 家づくり設計テキスト
  • 【家づくり設計テキスト】vol.04 『森に溶け込む2階建てのつくり方』 白い外壁でコントラストをたのしんで。 ダークブラウンの板張の外壁は、木々に埋もれるように馴染んでしまいます。 上は板張り、下は吹付のツートンで、建物のボリュームを感じさせないデザイン。 三角屋根も馴染みます。 「これで馴染まなきゃウソでしょ」という造形。下見板張りもよく合います。 同じ三角屋根でも [続きを読む]
  • 金物検査 〜 軽井沢YTさんの家
  • 軽井沢YTさんの家。 金物検査。 YTさんの家は、LDKが2階にあり、2階が日常的にいる空間になります。 屋根の音を軽減するため、ビルボードなるものを張っています。ビルボードはこちら→ そして、今回の目玉?外張り断熱。 土中埋設暖房(サーマスラブ)を採用しているため、基礎から建物全体を覆って、できるだけ2階まで蓄熱効果をもたせたいという思いです。サーマスラブはこちら→ &n [続きを読む]
  • 平屋のプロポーション 〜 家づくり設計テキスト
  • 【家づくり設計テキスト】vol.3 『平屋のプロポーション』 敷地がゆったりあるなら、やっぱり平屋がいいですね。 構造的に荷重の負担も少ないので、ガラス面も大きく取れたり、天井高さも取りやすかったりします。 L型にレイアウトすると、視点を変えることがてきたリ、「自分の家から自分の家を見る」ようなアングルもできて、楽しかったりします。 軒の深い造形は、森のなかに水平な [続きを読む]
  • 軽井沢Tさんの家の暖炉 〜 暖炉のある風景
  • 暖炉のある風景。 軽井沢Tさんの家は、暖炉。コンクリートの架台に、スチールでフードをデザインしています。やっぱり、いいですね〜 火を愉しむ!という意味では、際立ってよいのですが、燃焼効率は悪いです・・(;^_^A ジャンジャン燃やせば、それなりに暖まると思いますが、開放されていますので、薪の消費もそれだけ早くなります。 暖炉や薪ストーブは、とにかくレイアウトが一番難しいのです [続きを読む]
  • 熱海伊豆山Yさんの家の薪ストーブ 〜 暖炉のある風景
  • 暖炉のある風景。 熱海伊豆山Yさんの家の薪ストーブは、オーダーメイドです! オーダーメイドだけに、デザインは自由。ガラス面が扉になる必要もありませんので、(脇から薪を入れる)正面からの見え方もスッキリしますね。 と、ここでひと言。 「ストーブ前の床はフローリングでよいんですか?」と、どこかで聞いたような・・de jave?(笑) Yさんの家では、鉄板をご用意して、お使いいただいて [続きを読む]
  • カルイザワハウスの薪ストーブ 〜 暖炉のある風景
  • 暖炉のある風景。 カルイザワハウスの薪ストーブは、クッキングオーブン付き! 上の部分が、クッキングスペース。ストーブからの熱を回せるようになっていて、オーブン料理やピザを焼いたり、楽しめます。 テラスにも近いから、クッキング→テラスで食べる〜みたい感じも、楽しめます。 ガラスの前に置けるのもよいですね。*対流式のため、可燃物からの離隔距離が小さくて済み、つかわないシーズ [続きを読む]
  • 外観のつくり方 〜 家づくり設計テキスト
  • 【家づくり設計テキスト】vol.2 『外観のつくり方』 建物のカタチや色。 まったくの自由です。 お好みでどうぞ〜 と、言いたいところですが、あえてひと言。 外観は「自分のもの」であって、「自分のものじゃない」というところがあると思っています。 もちろん、シカクイ箱型が好きとか、   三角屋根が好きとか、  軒が深いほうがよいとか、  板張りがいいとか、  [続きを読む]
  • 軽井沢Iさんの家の薪ストーブ 〜 暖炉のある風景
  • 暖炉のある風景。 I さんの家の薪ストーブ。北欧のモダンなデザインでとても人気です。 もとい、 でした・・ 残念ながら、廃番に。 ガラス面も大きくて、庫内も広いので、長い薪も入れることができ、マニアックなかたでなくても、簡単に扱える優れもの。 デザイン、機能の両面で、とてもおすすめだったのに・・(ノ_・。) 薪ストーブだからって、カントリー調にならず、モダンな空間に [続きを読む]
  • 家づくりの主役! 〜 家づくり設計テキスト
  • 実に、6年越しとなるスタート。構想6年!というわけであるはずもなく・・(;^_^A いたずらに時間だけが経ってしまいましたが、心新たに、スタートさせたいと思います。 「何のこっちゃ」とお思いのかたがほとんどだと思いますので、まずはこちらを。【家づくり設計テキスト】建築家として、考えること→ 【家づくり設計テキスト】 vol.1  『家づくりの主役!』 家づくりの主役。皆さんは誰だと思いますか [続きを読む]
  • 祝!上棟!! 〜 軽井沢YTさんの家
  • 軽井沢YTさんの家。 祝!上棟!! あれっ? 先週末の訪軽の折には、らせん階段を設置されていました。 行先のない階段・・この光景がシュールな感じで、これもまたよいんです(笑) さてさて、冗談はさておき、 お天気にも恵まれ、順調に上棟致しました。(現場から速報いただきました) とりあえず、ホッとひと安心。 この時期の建て方も地元の職人さんたちは慣れているので [続きを読む]