ドク.ぬきち さん プロフィール

  •  
ドク.ぬきちさん: オプションで生きる ドク.ぬきちの日記
ハンドル名ドク.ぬきち さん
ブログタイトルオプションで生きる ドク.ぬきちの日記
ブログURLhttp://poiuy00.blog63.fc2.com/
サイト紹介文日経平均先物オプション・トレードの実戦で考えた事、その経緯と損益結果の記録。及び、日常風景や雑感など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2009/08/21 12:22

ドク.ぬきち さんのブログ記事

  • 利益率や勝率について
  • 投資(トレード)は、一般的に株式投資が日本では主流と云っても良いのではないでしょうか。配当を狙ったり、長期のトレンドに乗ったりできると、仕事をしながらでも行うことが可能で、地道なやり方と思われます。デイトレともなると、勝負勘など少しばかりの才能は必要であり、ストレスに耐えうる若さ、神経や心臓も必要でしょう。 オプションは、月ごとに精算日が定められているので、ほど良い期間の中でトレードができる、たい [続きを読む]
  • 期近」SQ前4週
  • 2017.09.19〜229月20日 建て玉を持ち構えている状態で、これだけの急変動を受けると、今後の見通しを含めて、収拾が簡単ではなくなります。 この先は損失を過剰に膨らませることなく、3ヶ月ほどの期間をおいて、軟着陸を目指して操作をすることになりそうです。 その間、損益はトントンに持っていきたいものと考えています。 9月19日一っ週間ほどで、千円幅、上昇した日経225です。これは、トレードの側で、何が良い何が悪い、 [続きを読む]
  • ここまで来ると
  • 2017.09.17.(あめ) ここまで来ると、 すなおにだけ、生きてみたい。 思うように、生きてみたい。 んだが、  だけど、 時間にも、空間にも 制限の壁は、 容赦なく、 迫ってくる現実を いやでも、 思い、知らされる。 (つづく)と、思う ・ ・ ・ そのうちに、 こんなこと、あんなこと、 考えるも面倒になり、 沈黙 ・ ・ 静かになったので、やれやれと思うなかれ。 沈黙は、戦端に就く準備が整ったことを意味すると、考えるべ [続きを読む]
  • SQ前5週
  • 2017.09.11〜15腰痛で、座る時間を短縮中。−乱文その他、失礼致します 9月13日 勝負のリスクに酔う あるいは、リスクに賭ける という世界から遠ざかった場所と時を選んで トレードに参加している。  私の立ち位置はそのようなものではないかと感じられます。 限界を受け止めて、その限界を設定して、・ ・ 。  その点、オプション・トレードは、私にとって ちょうど良い具合に思われます。  相場はほぼ、戻り高値に達し [続きを読む]
  • 9月限損益
  • 2017年09月08日 (SQ)  トレードの区切りーSQ(精算日)を迎えました。 役目を終えた買い玉の精算分の約ー8万円が残っていたので、ファーアウトの売り玉をあてがって帳尻を合わせることができました。 次の10月限は、まず、北のミサイルの内容と市場反応を見てから、相場に対峙していきたいと考えています。   何よりも、不確定な要素に賭ける衝動を抑制して、 情報を精査し、 オプションの特性を生かすことを  [続きを読む]
  • 期近SQ週
  • 2017年9月04日〜9月08日 9月8日 トレードの区切りーSQ(精算日)を迎えました。 役目を終えた買い玉の精算分の約ー8万円が残っていたので、ファーアウトの売り玉をあてがって帳尻を合わせることができました。9月4 日 北朝鮮の水爆実験を受けての日本市場でした。 日経225先物の下落幅は、-240円まで。 米朝戦争はただちに起こせない、という読みの中での核搭載ICBMの実戦技術向上を着々と進めている戦略的な意図が認 [続きを読む]
  •  呆してみた
  • 相場も同じですが、 人と人の間にある距離感のびみょうさ。 その掴みどころのなさ。 おぼつかなさ。 相場も同じことですが、 人の生き方にも 人との関わりにも 適正 なんて水準や均衡は、 ありはしないもの、と。 ・ ・ ・ 行過ぎたり 躊躇して 後ずさり、してみたり、と。 考えてみれば 後悔と悔い、ばかりなので、 とりあえず、 ひとつ、 反省、という言葉を 呆してみた。 [続きを読む]
  • 期近SQ前2週
  • 2017年8月25日〜8月29日 8月26日 早朝の北朝鮮の日本上空を通過するミサイル発射で、日経225先物は寄付き直後に-160円の安値を付けました。 トレードは、夜間のうたた寝から目覚めたのが、午前2時、それから3時ごろまで相場を見ていたのですが、冴えない夜間の日本市場と米国株式市場を見て、昨日建てたプット玉をほぼ手仕舞いました。夕刻に、追っかけトレードで数万の損失が出たので気分は出直し、というところです [続きを読む]
  • 期近SQ前3週
  • 2017年8月21日〜8月25日 8月23日 相場とはこういうものだ、と思いながら、・・。 バブリつつある部分もあり、 ずいぶんと良さげな(鵜呑みにできない)数値も目にしたり、 暴落を引き起こす条件が満たない中で、唯一の懸念である 目先の有事の観測が消えたのを見て、 期近SQまで、3週間を残すばかりとなったオプションの残存時間を見計らい、 今月は初めて、プット売りスプレッドを控えめに建ててみました。  8月2 [続きを読む]
  • 期近SQ前4週
  • 2017年8月14日〜8月18日8月16 日 将来的に、より良い国家の姿が見えてこない現状には無念な思いがありますが、・・・。 なんとか、難局を乗り越えて、子供たちにより良い環境が残されるようにと願うばかりです。 日経225は、徐々に上値が重くなりつつありますが、 目先(来週)の米韓合同演習への北朝鮮の反発の程度を見れば、 下値の限度も見えてくるのではないかと考えています。日経平均基準IV値  日経225先 [続きを読む]
  • 8月限損益
  •  2017年08月10日 (木)   SQ直前での日経平均の急落(-250円)。 20000円を挟んだ膠着した値動きがしばらく続いた後の変動でした。 が、世界の経済の政策構造と市場の需給状況は、 まだ、暴落に繋がるほどには熟していないので、 一定の下落をした不安定な現状に立って、ここから慌てて 売り買いをすることは、相場の変動に振られる結果となる リスキーなトレードと考えられます。  変動に振れるレンジの限度値を探 [続きを読む]
  • 期近SQ週
  • 2017年8月07日〜8月10日 8月9日市場参加者の市場認識と予測に変化が生じ始めており、その兆候が表れた本日の下落(日経225先物ー250円)と思われます。一定の戻りは予想されますが、(そしてIVの収縮を伴うためにコールのOP価格の上昇はさほど期待できそうにありませんが)変化が生じた限り、戻りとその価格水準は限定的と見ています。また、戻りに伴う小康状態がどのくらい続くものか、見ていきたいと考えていま [続きを読む]
  • 期近SQ2週
  • 2017年7月31日〜8月04日日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)                          (平均値&四捨五入) 17/ 08/04 ;  08.86%  19,950円 ▼60   111円 17/ 08/03 ;  08.75%  20,010円 ▼60   111円 17/ 08/02 ;  08.29%  20,070円 +90   111円 17/ 08/01 ;  09.37%  19,980円 +40   110円 17/ 07/31 ;  11.12%  19,940円 ▼10   110円 [続きを読む]
  • きらくに生きて、きらくに死ぬ
  • 2017年07月30日 ぬきちの命の残存時間は、 およそ10年から15年くらいと 予測している。 仏教徒では無いので、戒名その他、セレモニー業者の手を借りることは いっさい、控えてくれと、ぬきちの奥さんには伝えてある。 子供が3人いるが、そのうちに、 きちんと伝えておきたい。 わざわざ、その時が来たことを 知らせる必要も、日常の用事を中断して 駆けつける必要もまったく無い、と。 最も近くに住んでいる子供には 母親が手 [続きを読む]
  • 8月限SQ前3週
  • 2017年7月24日〜28日 7月28日 『生きてるか?』 という問い合わせのCメールに、今朝 『なんとかね。』  と返事があって、 ぬきちの奥さんの生存が、確認されました。  さて相場は、昨夜のコールの乱高下も収まりつつあります。今日(日本時間で今夜)発表される4−6月期GDP速報値の加速期待が米国株を舞い上がらせた様子ですが、過剰期待でしょう。イエレン氏も(事前も事後もまったく無説明な日銀と違って) [続きを読む]
  • 超低ボラティリティの現状再認識とオプショントレード
  • 2017年7月23日 相場は、値が動くことによって損益機会が発生する構造あるいは特性を有する商品を扱う場なので、 最近の変動収縮は、いつか、さほど遠くない時期に変動期を迎えることになります。 ボラティリティが10%ほどに低下した現状は、平均値をおよそ20%と仮定すると、約半分の値に位置する状況に置かれている中でトレードをしていることになります。 原資産(日経225)の変動に伴うプレミアム(オプショ [続きを読む]
  • 8月限SQ前4週
  • 2017年7月18日〜21日 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− − 日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)                          (平均値&四捨五入) 17/ 07/21 ;  09.03%  20,080円 ▼20   112円 17/ 07/20 ;  09.59%  20,090円 +80   112円 17/ 07/19 ;  10.07%  20,010円 +30   112円 17/ 07/18 ;  10.74%  19,980円 ▼130  112円 17/ 07 [続きを読む]
  • 休息の日に思うこと
  •  訪問してくださる方、 訪問してみたブログ、 そのことによって、 生きる刺戟が与えられることが実感され、 とても有り難く感じられます。  人との交流が少しづつ 絶えていく時間の移り変わりの中にあって。 この時代を生きることの意味? そして、また どのように生きたら良いのか?  それらは、まったく分からない。  分からないことに思いを巡らすことの 無謀さと意味するものは、何なのか?  思いと考えのさま [続きを読む]
  • 7月限損益
  •  2017年07月14日 (金)     ボラティリティの歴史的な底這いのつづく相場の中で、 幸運にも利益が与えられたとしたならば、 それは近づくリスクへの備えの一助とすべきもので。  オプション・トレードにとって、 たいへん難しい局面が 継続しています。 2017年7月SQ日- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -         < 2017年度累計確定損益  +  1,160,103円 [続きを読む]
  • 期近SQ週
  • 2017年07月10〜07月14日 7月11日政権の支持率低下、不安定さはすぐに解消する目処は立たず、当然、株安の方向に作用するのが普通ですが、・ ・ 。 少なくとも上値の重荷とはなりそうですが、・ ・ 。欧米が、微調整をしつつも、金利上昇の動きが見え隠れし始めている中、7日、日銀!黒ちゃん!!一瞬、発狂したかと思わせる ー (といっても冷静に振り返ればこの何年かは、いつも発狂が普通に、通常の手続きを経て行われてい [続きを読む]
  • 期近SQ前2週
  • 2017年07月03〜07月07日7月4日日経225が上下に振れて、IVがわずかに上ってきました。これでは、まだまだで、SQへと接近するオプションに限ってのセータ頼み以外に、売れるところはありません。あれこれとスタンスを変えることは、能力的に見ても経験を生かすという点から考えても不利なので、従来の延長線上でトレードを続けていますが、ここまで価格の安いオプションを売り建てていることは、振り返ってみても、思い出せない [続きを読む]
  • 7月限SQ前3週
  • 2017年06月26〜06月30日6月26日 日経平均の基準IV値のおよその位置とその推移を確認するために数値を記載していますが、 それは、オプション価格(プレミアム)に直接的に影響を及ぼし、且つ価格形成に反映されるものだからです。 現状は、歴史的とも云えるほどの低水準を深く潜行中といった様子でしょうか。 何らかのきっかけで跳ね返った場合にはオプション価格の急騰が予想されるので、 期近SQまで3週を切った時期とはいえ [続きを読む]
  • 7月限SQ前4週
  • 2017年06月19〜06月23日 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− − 日経平均基準IV値  日経225先物  為替(ドル円)                          (平均値&四捨五入) 17/ 06/23 ;  10.90%  20,080円 +10  111円 17/ 06/22 ;  11.27%  20,070円 ▼40  111円 17/ 06/21 ;  11.54%  20,110円 ▼90  111円 17/ 06/20 ;  11.32%  20,200円 +170 112円 17/ 06/19 ;  11.02% [続きを読む]
  • 7月限SQ前5週
  • 2017年06月12〜06月16日 6月16 日イエレンさんは、任期切れを半年後に控えて、意気込まれたのでしょうか。保有資産の圧縮にまで踏み込まれました。 一方、黒田さんは日本の将来、などという途方もなく分からないことに賭けるよりも自分の退職後の安泰を睨んでいらっしゃるはずで、踏み込んだ発言は控えられることと思われます。出口などには触れることもなく、言葉少なに、・・・。 来週は米国株はやや軟調かも知れませんが、大き [続きを読む]
  • 6月限損益
  •  2017年06月09日 (金)    低ボラティリティに支配された相場の中での6月限のトレードには、手ごたえと満足を感じています。2017年6月SQ日- - - - - - - - - - - - - - - - - - -          - - - - - - - - - - -         < 2017年度累計確定損益  +  1,021,324円 >                 月次確定損益   累計確定損益   2017年 06月度確定損益 +    71,441   + 22,138 [続きを読む]