masa1908 さん プロフィール

  •  
masa1908さん: 単身赴任の散在日記
ハンドル名masa1908 さん
ブログタイトル単身赴任の散在日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/masa1908
サイト紹介文単身赴任の自由さから週末ともなれば、主に北東北の町を中心に散策しています。
自由文地元の人しか知らない店や道具などを見つけるのが好きです。その地方に残る伝統工芸品(鍛冶、焼き物、漆、・・・・)を収集し、少々大げさですが後世に残すべき、あまり有名になっていない日本の伝統を探し求めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供290回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2009/08/22 06:08

masa1908 さんのブログ記事

  • 蝉の抜け殻
  • 夏も本番私の子供の頃は虫取りばかりしていた。採取しては図鑑と見比べ、1つでも新しい虫を探すが、そうはなかなかいるものではない。育った足立区は、東京では比較的自然が残るエリアだったがカブトムシは滅多に見られるものではなく、もっぱらアゲハ蝶などの蝶類を追っかけるしかなかったがおやじの実家である、宮城蔵王は自然の宝庫だった。図鑑にはカブトムシの集め方とかで、木にはちみつを塗るとか書いてあったがそんなこと [続きを読む]
  • 江戸三大閻魔① 太宗寺
  • 色々とテーマを決めて歩くのは楽しい。闇雲に神社を探しては、御朱印をもらう時期もあったが、それはそれで街歩きをする1つの道しるべとして考えれば歩いていても楽しい。鎌倉の近くに住んでいるが、既に鎌倉は三十三観音めぐりを軸に歩いてしまったので、ほぼ見てしまった感が強く最近の観光客の増加から、再来するのもちょっと億劫うになってしまった。GW中に巡った三浦の薬師やお不動では、合わせて閻魔様を祭っている寺が沢 [続きを読む]
  • 新橋 宇和島 鯛めし
  • 先週ぐらいから、朝目が覚めると喉が痛い・・・飲み込む時に違和感がある程ではなく、アズレンスプレーをすれば殆ど治る感じでも昨日夕方ぐらいから、体調が急変した。鼻水がでるは、咳も出てきた。昨夜は、薬を飲み早々に寝てしまったが、今日もまだ若干引きずっている感じ・・・この時期のギラギラした日差しが好きで、滝の様に汗をかきながらも歩くの好きな私もちょっと耐えられず・・・・でも今日は外出なので新橋へ沢山汗をか [続きを読む]
  • 四国八十八箇所 第53番 圓明寺
  • 今回の松山散策で巡った最後の寺がここになった。53番の圓明寺大変コンパクトに纏まった寺だが物凄いインパクトがあったのは、2体の仁王像だ。そもそも仁王像は怖い東大寺南大門の仁王を思い浮かべるのが一番だと思うが全てを見透かされている感じがするがここの仁王さんは、そのような怖さではなくオカルティックな感じ大きい目が玉眼になっていて、迫力満点だ。子供だったら泣いてしまうレベル・・・夢にも出てきそうだ。今回 [続きを読む]
  • 21歳の猫
  • 私の実家には、猫がいる雑種のオスだが、今年の秋で21歳になる。私の娘が生まれた1996年10月実家の両親が病院に見舞いに来る日、当時母親が働いていた会社の玄関に捨てられていたところを保護したらしい。まだへその緒もついた状態だった。娘の誕生とほぼ同じタイミングだったことを考えると、なんとも運命を感じざるを得ない。小さい頃は可愛かったが、ある程度大きくなった頃私にはあまり記憶がないのだけど、母親曰く、 [続きを読む]
  • 四国八十八箇所 第52番 太山寺
  • 松山市内を中心に考えると南東から東にかけて八十八箇所の寺がそこそjこ密集しているが次の目的地はほぼ北側、予讃線ルート上にある感じ松山空港を最終目的地にするなら、最良のルートになる。渋滞している市内を通らず、環状線を使ったが、初めての土地、標識の先が全然方向違いだったりして少々不安になるも、さすがナビは正確なので安心できる。太山寺は静かなエリア山に向かって登る感じで進む途中、仁王門の横を抜け、駐車場 [続きを読む]
  • オニユリが満開に
  • 我が家の花は、春のバラが終わり、次はゆりになるが百合は難しい・・・・・・一番大事にしている、山百合系の百合は、毎年うまく咲いてくれない。山じゃあ、毎年掘り起こしていないのに綺麗に咲くのにねえ・・・・カサブランカは、まあそれなりに咲いてはくれるが・・・・で、毎年手をかけずそれでいて恐ろしいほどの繁殖力を持ち手入れ不要のオニユリこいつは、本当に手間いらず・・・・球根でも分球するし、むかごからも発根する [続きを読む]
  • パイレーツオブカリビアン 最後の海賊
  • 昨日は暑かったですね。3連休いかがお過ごしでしょう。当初私は、京都の六道珍皇寺に行って、限定の御朱印をもらっているはずでしたが予定が1週間早まってしまい、3連休は予定なし状態でした。しかし、家族はこの休暇を楽しみにしていたそうで以前より映画に行くことを考えていたみたいで、金曜日の夜かみさんと娘はなにやら相談していた。土曜日、娘は大学があるので夕方にならなと戻れないとのことだったので夕方映画の予約を [続きを読む]
  • 四国八十八箇所 第50番 繁多寺
  • 晴れなら自転車で2寺回る予定だった最後の寺 繁多寺浄土寺から石手寺に向かう道の途中になるが、ちょっと道から外れ坂を登って行く。思えば自転車ではちょっときつかったかもしれない。車でも結構登っていくなあ・・・・と感じながら寺に到着丁度松山市内側に開けているのでとても景色がいいどこの寺に行っても感じるが、境内がとても綺麗に手入れされている。ここも大変綺麗だ。本堂でお参りする際、左手には鳥居がある。小さい [続きを読む]
  • 埼玉県鎮守 氷川神社
  • 先週は、ほおずき市に行くためちょっと実家に戻った。折角戻ったので、空いている時間に適当に車を走らせたが一番の目的は、河鍋暁斎だったがその帰り道に、この氷川神社があることに気づいた。この氷川神社は、季節ごとの綺麗な御朱印で有名だが春夏秋冬4つをあつめると金の須佐之男の印がもらえるとのこと私は昨年の秋に参拝したので現在の夏を考えると予定ではコンプリートしているはずが、冬と春に参拝するタイミンうを逸して [続きを読む]
  • 四国八十八箇所 第49番 浄土寺
  • 車を借りたのが8時半ぐらい、浄土寺についたのが10時10分ぐらいだったので、1時間半程度経過したことになる。さすがに車は早い、大通りに面したところに駐車場があるがもう少し寺の近くにもある。浄土寺は空也の像もあるみたいだが、見ることができなかった。広々とした本堂の前のスペースが実にいい感じ。御朱印を頂き、ここでちょっと休憩した。門の仁王像が実に綺麗だった。 [続きを読む]
  • 四国八十八箇第48番 西林寺
  • 実はここも朝通った道沿いにあった寺だ。朝移動の時点で雨の中バックパックを背負ったお遍路が49番方面に向かって歩いていたが雨の中笠もささず、歩いている姿は、信仰心を感じる。私はなんと怠慢だろうと、と感じてしまうが、それはそれ・・・・・なんと1日予報の雨が、この寺の駐車場に入った時点で止んでしまった。なんともねえ・・・・天気ばかりは運任せになってしまうね。でもレンタカーを借りなかったら、浄瑠璃寺までは [続きを読む]
  • 四国八十八箇所 第47番 八坂寺
  • 浄瑠璃寺の後八坂寺に向かった。と言うか、浄瑠璃寺の途中に八坂寺があることは行きすがらチェック済み。雨はまだ止む気配はなく、寺の右手の駐車場に車をとめた。正面にはお不動さんが構えている。本堂でお参り後、御朱印を頂く。ここは、グッツ系が充実している。少し境内を散策すると私の好きな閻魔関係ゾーンがある。 [続きを読む]
  • 四国八十八箇所 第46番 浄瑠璃寺
  • 木曜日の夜、明日の天気予報は1日雨ウエザーニュースもヤフーも大差なく、雨は確定の予報だった。晴れだったら、松山市駅付近で自転車を借りて、浄土寺、繁多寺その流れでまた道後温泉に入ってから空港に行こうなんて考えていたが、これはダメそう・・・・なので判断早く、そうそうに諦めレンタカーを借りることにした。松山駅で借りて、松山空港で返せばとても楽だし・・・そして翌日予想通りホテルを出るときは、結構強い雨これ [続きを読む]
  • 八幡浜 総鎮守八幡神社
  • 松山から特急にのり八幡浜に降りた。とても静かな駅だが、特急が停るのでそれなりの規模だろう。この静かな駅に降りたのは25年以上も前、当然当時の記憶も全くない。待ち合わせまで1時間以上あるので、昼食場所を探しながら繁華街方面に向かった。大通りから1つ入った道をブラブラすると、魚の加工場が多い。さつま揚げ系を作っているのだろう・・・良い香りが漂う途中美味しそうなうなぎ屋があったが、時間がかかりそうなので [続きを読む]
  • 出雲大社 松山分祠
  • 松山2日目朝から生憎の雨だったが、1日は降ることがない様だ。この日はJR松山から八幡浜まで行く予定があるが、電車は10時代、ちょっと余裕がある。なので、松山市内をブラブラしながら向かうことにした。道後方面は確認済み、松山市駅までも歩いてみた残るは松山城界隈だが、城に昇る時間はないので、城を望みながら歩くことにした。ロープウエー乗り場を通過すると、東雲神社がある。気だるい足に気合を入れ、石段を登る。 [続きを読む]
  • 四万六千日(ほおずき市)に行ってきた。
  • この週末は、実家に戻っていた。おやじの見舞いに行くことも目的だったが、一番の目的は、浅草寺で行われるほおずき市に行くことだった。初夏のこの時期、朝顔市が終わり次はほおずき市になる合わせて浅草寺では「4万6千日」と言われ、なんとこのタイミングで参拝すると4万6千日お参りしたことになると言う、大変ありがたいご利益のある日である。4万6千日だから126年、普通の人間なら、これで一生お参りする必要がないこ [続きを読む]
  • 伊佐爾波神社
  • 石手寺の後、東にちょっと歩いたところに大山積神社があるのでそこを参拝する予定だったが予想以上に雨足が強くなってきたので、諦めた。仕方なく、道後温泉の場所だけは確かめてから、ホテルに向かうことにした。西方面に歩いて行くと、不思議と雨が収まってきた。傘をさすかささないか微妙な感じになってきたところで右に伊佐爾波神社と書いてあった。丁度道後温泉の裏手に出る道沿いだ。鳥居の前にくるとまだ雨は微妙だったが階 [続きを読む]
  • 西国第51番 石手寺
  • 台風があっという間に過ぎてしまったので、予定通り四国方面に出張に行くことができた。今までは香川高松だったが、今回は愛媛松山25年ぶりなのでとても楽しみにしていた。なのに直前の台風、7月と言うタイミングに雨は避けられない以前も数回延長した経験もあるので、先方も私が来ると雨を持ってくると笑われるぐらい・・・・・今回は、台風一過を期待したものの、ちょっと甘かった。結局3日間雨が降っていた。初日、昼のJAL [続きを読む]
  • 松山 周平
  • 25年ぶりの松山生憎の雨模様だったが、道後温泉の場所はチェック済み、明日には行きたいが、ホテルまで徒歩20分の距離、折角風呂に入ってもまた汗かいちゃうね?夕飯は高松周月さんの本家周平さんでつけ麺を [続きを読む]
  • 青森の貴重な国宝 むつ常念寺の阿弥陀如来
  • 京都奈良に行くと当たり前の様に国宝があるので、国宝と書かれていても少々麻痺してしまうが国宝に指定されるということは大変なことなんだよね・・・・青森だと八戸の櫛引八幡に国宝の甲冑があるがそのほかと言えば、むつにある・・・・とは聞いていた。でも行ったことがなかったが、恐山参拝後、行ってみることにした。青森では数少ない国宝なのに、道路には全く案内がない。ナビを駆使しても、ちょっとわかりづらいところに、常 [続きを読む]
  • 斗南藩士上陸之地
  • ニッポン列島の地図を見てたぶん普通なら上からみると思うが・・・・北海道の下に目をやると下北半島がある。とても印象深い形をしているからすぐに分かる。中心ではないがその真ん中に恐山がある。上がマグロで有名な大間、左はまあ仏ヶ浦で有名な佐井、右は上野の方になってしまうが寒立馬で有名な尻屋斧の形をした下側はむつの町になるそんなむつの町の近代の歴史を探ってみると、「斗南藩」と言う名前がでてくる。私の中学生の [続きを読む]
  • 恐山
  • 数年ぶりに恐山に行った。ここは言わずと知れた霊山で、亡くなったあとその魂がここにやってくると言われている、大変神聖な場所だ。今では青森と言えば、恐山と思い浮かべるほどの有名な観光地になってしまったが私の恐山の印象は、小学34年で担任だった教師が、三沢出身だったこともあり授業の合間によく話をしてくれた。大変怖い印象は、耳からここで植え付けられた。そして、水木先生や、つのだじろう先生の漫画を読み、今度 [続きを読む]
  • 仙台 孝勝寺
  • 榴岡天満宮参拝後、孝勝寺に向かった。立派な五重塔をみてしまったからには、行かざるを得ないよなあ・・・・って感じ。ルート上南側から入ろうと思ったが、入口だと思ったら関係のない駐車場だった。ぐるりと回るようにして北側から境内に入った。正面の本堂も立派だがやはり左手にある五重塔に目が行く。2000年に入って建立されたようなので新しい。まだまだ木の黄色い色が残っているが、姿がものすごくいい。時を重ねるとも [続きを読む]