じーじ さん プロフィール

  •  
じーじさん: じーじのお話
ハンドル名じーじ さん
ブログタイトルじーじのお話
ブログURLhttp://sawarabi.tanosiiyo.com/blog/
サイト紹介文障害児個別指導教室を主宰するじーじの発達障害児支援に関するお話、趣味の釣り、自転車等に関するお話掲載
自由文32年間のこどもの発達センター、子育て相談室の仕事を退職し、2008年から障害児の個別指導教室「じーじのさわらび教室」を開設いたしました。ブログでは、これまで実践してきた、あるいは考えている発達障害児や家族の支援のお話、趣味の釣り、特にレイクトローリング、ワカサギ釣りについて、また、ランドナータイプの自転車について等、アウトドアに関するお話しをさせていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/08/24 16:56

じーじ さんのブログ記事

  • 17年ぶりの草トラ練習の巻
  • 3月の水曜日は5週有るのです。                                      と言うことで中日をお休みにして、昔、練習したことのあるK沢へ出かけてみる。                   事前情報では、私が子どもの発達センター園長時代、防災訓練の時、バイクレスキュー隊として参加していただいたBさんが来ているとのことで、楽しみに出かける。中古のウェア-を着て、ニコニコ。 他 [続きを読む]
  • TLR200チェンジペダル交換の巻
  • TLR200に装着されたペダルは縦型のアルミで、軽くて良いのですが、どうもシフトがしづらいので、中古のダイレクトチェンジペダル(鉄)を調達しました。ペダルに純正のゴムラバーを付けてできあがり、シフトがしやすくなりました。今日日曜日、初草トラ練習のはずでしたが、雨で延期です。このマシンのこれからの作業は、フロントフォークのシール交換、タンクシェルターの補修と塗り替え、クラッチの部品交換です。しばらくこのマ [続きを読む]
  • TLR200ショートレバー、前スプロケ交換の巻
  •  以前お世話になった2つのショップから分けていただいたショートレバー、それからスプロケット、これを交換することに。やはり長さが違いますね。 ショートレバーは2つともクラッチ用なので、ブレーキ用は向きを反対にして使います。                     グリップを小指と薬指で握り、レバーの端側を人差し指、あるいはプラス中指で引きます。ですので、レバーエンドがグリップの中程に来るようにセッテ [続きを読む]
  • ヘルメット補修の巻
  • 以前、トライアルをやっていたときに、いろいろお世話になった、私より2つ上のKさんへトライアル再開の旨を伝えると、とても喜んでくれました。彼はまだ国内A級で頑張っています。                     そして、ウェア-とヘルメットをくれました。奥さんは「そんな古い物をあげるなんて・・・」と言いましたが、私はありがたくいただきました。ショウエイのTR-2ですね。現役の時はこれをかぶっていました。  [続きを読む]
  • TLR200用サービスマニュアルの巻
  • TLR200のサービスマニュアルとパーツリストを知人から借りることができました。      16年前には持っていたのですが、もう2度と乗ることは無いと思い、車体と共に手放しました。 このマニュアルは昭和58年製ですので30数年前のものです。・フロントフォークに軽いオイル漏れがあるので、近々シールを交換と思い、購入しておきました。                                          [続きを読む]
  • 恒例、戸倉父ちゃん会公魚釣り合宿3月 の 巻
  • 恒例戸倉父ちゃん会(ASD父親の会)、今期2回目の公魚釣り合宿、今回は直前に諸事情で欠席家庭があり、残念8名の参加となりました。   いつものしゅうすい屋さんのドーム船にお世話になる。グループ、船尾側に陣取り、釣り開始。 全員電動リールです。 目標30匹のフミ君は、大幅更新の80匹、子どもの竿頭でした。すごい! 久しぶりの釣行のタッ君は途中リールトラブルがありましたが、手巻 [続きを読む]
  • ホンダTLR200が縁あって、の巻
  • 股関節の手術から半年を超え、定期検診の結果も良く、だいぶ違和感がなくなってきました。  すると、15年前に股関節の悪化でやめてしまった「オートバイトライアル」を再び! と言う気持ちがうずうずと。困ったものです・・・・・。                       最近はツインショックの草トラ大会をユーチューブで観ては、「これなら私でも行けるな」、などと勝手に妄想が広がり、自分の今の年齢も考えず、行 [続きを読む]
  • 檜原湖穴釣り今季初、の巻
  • (ビックリな極小公魚)昨年度は下肢の不調でテント穴釣りはできませんでしたが、今年は一回でも、と言うことで出かけました。(道の駅に止めて)(寝床を作ってから)居酒屋じ〜じの開店です。本日の持参物は燻製5種とあたりめ、煮物です。                  燻製はチーズ、チェリソ、鰯のつみれ、ちくわ、煮豚です。                          あたりめはスルメを3日間お酒と少々の [続きを読む]
  • ワカサギ穴釣り準備の巻
  • (外回り用具)                                     穴釣りのシーズンが始まりました。赤ん坊の寄宿で準備が遅れていましたが、いろいろ引っ張り出して、ニコニコ、ふふふ。                                                 左からアイスドリル(氷除去網等含む)、テント、大型ソリ、かんじき、伸縮スコップ。※ところで、ブログの写 [続きを読む]
  • 冬の「滝山城趾」の巻
  •  (夜明け前の多摩川)先週はARAYAで狭山湖でしたが、今週はDAHONで出かけることにしました。         う〜ん、何処にしようか? 八国山はちょっとぬかるんでいる可能性が高いので・・・     滝山に決めました。                                    4時40分、ライトオンで出発、ところが DAHON用のライトの電池切れ。仕方が無いので、釣・山用のヘッドランプをつけて出発。 [続きを読む]
  • 久しぶりの狭山湖、クリームペンネの巻
  • (夜明け前の多摩湖)次女と6人目の孫が自宅に戻りました。  翌日の日曜日、天気は晴れ!                    これは行くべきでしょう、と、狭山湖へ4時半、ライトオンで出発。(月が奥多摩の山並に沈みます)ちょっと早すぎたようで、なかなか明るくならない。   (ニッカポッカ・セピア色)              (座布団)いつものベンチに到着。 出で立ちは冬仕様。  寒い時期は折り [続きを読む]
  • 父ちゃんバンド「のぼり」作るの巻
  • 30周年コンサートを終えた「The父ちゃんバンド」、バンマスからメンバーにメールが入る。  「のぼり」を発注しました。と。こんな感じです。良いんじゃないんですかね。しかし、「自転車やバイクにくくりつけて宣伝してください」とのこと・・・・・・。で、こんな、ものも送られてきました。                          さて、どのように活用するか? とりあえずは3/5の演奏で使うと思います。※ [続きを読む]
  • CC110 五日市方面試走の巻
  • CC110にF1コン2を装着しましたが、距離・峠道を走って、設定を行うことに。このダイヤルを7番にして走ってみる。                          平地、回転が上がっての走りはすごく良いと思います。緩やかな坂を3速で何とか走ることができました。たいした峠ではありませんが、6番にして走ってみましたが、7番との違いは分かりませんでした。やはり和田峠のようなところに行って、暖かくなったら走っ [続きを読む]
  • CC110に「F1コン2」を装着の巻
  • CC110の前スプロケ歯数を1つ多くしていることもあり、平地での伸びはは良くなりましたが、山では非力なので、パワーアップを図ることに。                          で、タケカワの「F1コン2」を入れることにしました。 今回はトライアル時代からお世話になっている、国分寺のアワーズさんに入れてもらいましたが、「うーん、入れても山でのパワーアップにつながるかはね・・・」。まあ、それでも入 [続きを読む]
  • ゆず酒・ゆずポン酢を作るの巻
  • 昨日、午前中が空いていたので3本の樹木を剪定しました。剪定とは格好がいいのですが、ただ丸く刈っただけです・・・。 左からキンモクセイ、温州ミカン(収穫は既報)、ユズです。ユズは小鳥が食べに来るので、少し残しておきました。 隣近所や知り合い、教室の生徒さんに配ったのですが、まだ表の写真の量が採れました。 さて、ユズ酒ですが、私は独特の苦みが好きなので、丸のまま入れます。           今回は [続きを読む]
  • お風呂デビューの巻
  • 6人目の孫が1ヶ月を迎えた。                               新生児から乳児になったというわけだ。                          このところの変化は                                   ・寝てばかりいた状態から少しずつ起きている時間が増えてきた。              ・ニッと、笑ってくれることが出てきた。      [続きを読む]
  • 裏磐梯檜原湖・2017年初釣りの巻
  • (早朝の檜原湖・磐梯山)檜原湖へ行ってきました。まだ湖面の凍結はなく、現在の釣りは湖上の筏小屋になります。 さて、猪苗代に夕方到着し、スーパーでお買い物。 そして温泉に向かう。いつもの休暇村は時間的に無理なようで、OOOO荘へいく。 あまりきれいとはいえませんが、温泉は掛け流しの硫酸塩泉で、なかなかです。 持参の煮物、ソフトビーフジャーキー、煮豚燻製等と調達した馬刺しで居酒屋「じ〜じ」の開店となりま [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます!
  • 明けましておめでとうございます。                            昨年夏に2度目の股関節置換手術を行い、新しい人工関節が稼働いたしました。            そして、元旦には節目の65歳を迎え、老いとの戦いが始まります。              精神的にはまだまだ万年青春なのですがね・・・・・。目標は                                     [続きを読む]
  • 「ノンバーバルなコミュニケーション」の巻
  • 人間の子供は、牛や馬のように生まれてすぐに立ち上がり、お乳を飲みに行くなどはできません。母親が、あるいは身近な大人が何でもしてあげなければいけません。0歳児の育児は大変なんですね。 加えて、私たちは言葉の世界で生きているのですが、赤ん坊はもちろん、すぐには言葉がわかりません。そんな時、「ノンバーバルなコミュニケーション」、つまり、「言葉によらないコミュニケーション」が役に立ちます。 もちろん、言葉 [続きを読む]
  • 六人目の孫誕生の巻
  • 先日、6人目の孫、次女の長男が誕生した。 3,690gと大きい赤ちゃんです。3日目です。   パパさんはまだ若いので、ば〜ばの指導で沐浴訓練。 そして、ミルク。 緊張しています。健やかに育って欲しいですね。 [続きを読む]
  • 最近の公魚釣り仕掛けの巻
  • このところ自作している公魚釣り仕掛けの材料を紹介したいと思います。                      アウトドア教室で生徒さんを連れて行くこともあるので、こちらもどのように仕掛けを作ったらよいかを日々考えています。 生徒さん用には錘下針は付けず、5本針が使いやすいと思っています。写真の横出しのダイワ製シンカーは私の好みの物なのですが、釣具店が言うには製造を中止しているとのことで、系列他店 [続きを読む]
  • 父ちゃんバンド 新蕎麦を食べる会 の巻
  • 父ちゃんバンドには蕎麦を打てるメンバーがいます。で、料理、お酒を持ち寄って新蕎麦を食べる会が行われました。今回の打ち手は団長(蕎麦ソムリエ)、一番上手な方です。                               午後1時に集合し、延々9時過ぎまで、まあ良く飲み続けたこと・・・・・。団長は蕎麦懐石を将来メンバーに提供したいらしく、その第一歩の前菜。                      [続きを読む]
  • 山中湖公魚釣り初冬の巻
  • 自分の中でプランがあったので、それを是非実践してみたいと思って、山中湖へ向かう。            ワカサギ釣りです。さて、今回はどうなるのか?  釣り座には余裕があったのですが、右一本で行うことにしました。  K−zan山中ペシャル3gオモリ負荷です。 仕掛け針はバリバス2号、自製5本針、錘横だし針1つ。 なかなか良い仕掛けでした。 5割近くが錘横針。 シリコンパイプに通してあるので、ブラリ [続きを読む]
  • 今年も果実成る、の巻
  • 今年も柚と温州蜜柑に実が成りました。                                           蜜柑は昨年巨大な実が6個、今年は20個以上実を付けました。柚は少し小粒ですが、数は昨年並みのようです。  蜜柑、まだ少し早いのですが、小さいのがほぼオレンジ色だったので食べてみました。              大きさは普通の蜜柑の1.5倍ほど。  これが実に美味いのです。 酸 [続きを読む]
  • じ〜じのさわらび教室、手作り教材の巻
  • さわらび教室(HP有り)には3歳から10歳までの子ども達が通っています。                     発達センター、保育園、幼稚園、普通級、特別支援学級、特別支援支援学校と、在籍はいろいろですが、みんな可愛いお子さん達です。                                                  私が現役国分寺のこどもの発達センター職員の頃、手作り教材・用具に [続きを読む]