ミツハ さん プロフィール

  •  
ミツハさん: 京のミツハ
ハンドル名ミツハ さん
ブログタイトル京のミツハ
ブログURLhttp://kyoumitsuha.blog.fc2.com/
サイト紹介文糸紡ぎ・機械編みワークショップ開催中 編み・織り・手紡ぎなどの作品や 日常の出来事を掲載しています
自由文毎月10日〜15日の6日間「機械編みワークショップ」「糸紡ぎワークショップ」を主催しております。詳細は、ノイエブリーゼHPhttp://neuebrise.web.fc2.com/をご参照ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2009/08/24 15:01

ミツハ さんのブログ記事

  • 棉果が大きくなってきました。来月には、はじけるかな。
  • 関西は、今日 梅雨明けしました。今年の梅雨は、 いつまでも降り続ける長雨ではなくゲリラのような 集中豪雨の 梅雨でした。今日 庭木を ながめていたら 棉果が 随分大きくなっていることに気が付きました。去年のブログを見ると 8月23日に はじけていたようです。今年は、どうでしょうね。お世話をしてくれる 家族に感謝です。にほんブログ村   していただけると嬉しいです〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 10年前の今日はスイカを食べていました。
  • 今日は 京都 祇園祭りの山鉾巡行の日でした。私は、TVで 巡航を観覧。晴天では、なかったけれど 雨に見舞われず 巡航ができたので巡航する人も 観覧するお客さんも よかったのでは、と思います。さて 画像を 整理していて 10年前の今日の日付をみてみたらスイカの画像が出てきました。毎年 夫の実家は、自分たちで食べる分のスイカを育てています。10年前は、天候に恵まれていたのでしょうかもうこんなに大きなス [続きを読む]
  • 【機械編み】ゴム編み機を取り付けて袋編みの練習をします。
  • ゴム編み機私のとっては、普段 出番が少ない 編み機の付属品です。使いこなせば ”鬼に金棒” になる 便利な 付属品なのですが取り付けと  操作方法が 慣れるまで 難解な代物です。今回 試してみたいことがあったので 久しぶりに 取り付けみました。3月に袋編みの試し編みをしましたが今回は、 それの応用で 靴下を編みます。今まで靴下を編む時は、平らに編んで 1目内側を すくいとじで閉じていたのでどうして [続きを読む]
  • 【世界のかわいい編み物】まだまだ知らない編み物があるわ。
  • 2〜3年前から ブックオフに よく行くようになりました。私が立ち寄るのは、 手芸コーナー。面白そうな編み物や 手芸の本がないか 探してみます。先日 見つけたのは、こちら ↓2013年2月発行のもので 本の状態もとてもきれいだったので購入しました。内容は、タイトル通り世界中の編み物が  大陸別  国別の分けて掲載されています。私の知らない編み物が沢山ありました。日本からは、 ストレッチ編。ストレッチ [続きを読む]
  • 野呂スカートを編んでみたい まずは編み図を見て研究
  • ノイエブリーゼで開催された 特別ワークショップに参加された方が着ていた スカートエプロン着用で 隠れている部分もありますがシルエットと 色使いがとても綺麗だった為 尋ねたところ野呂栄作の糸で 野呂本に掲載されている作品だということでした。当時 ネットで調べてところ 少し前に発行された本なのでもう入手ができないようでした。がこのスカートは、 通称 野呂スカートとして 根強い人気がありあちこちのブログ [続きを読む]
  • 13歳のときに縫った単衣をほどきました。
  • 小さな子供の時から手芸が好きだった私。中学2年の時 必須クラブで 家庭科クラブに入りました。そこで縫った単衣の着物。直線部分は、ミシン縫製身八つ口は、ちゃんと かんぬき止めしてありました。えり肩あきに デベラは、ありませんでした。(中学生だから はぶいたのかしら..)解きながら 当時教えてくれた家庭科の先生や 完成品を着て 初詣に行った時のことを 思い出したりしていました。 でも 楽しい 思い出に [続きを読む]
  • 京都下鴨神社【森の手づくり市】に行って来ました。
  • 梅雨 真っ只中。たくさんの雨をうけて 木々も水分を沢山蓄え緑が 濃くなってきたように思います。京都 下鴨神社の 糺の森(ただすのもり)で【森の手づくり市】が開催されたので行ってきました。天気予報では、 曇り でも いつお天気が崩れてもおかしくない 空模様だったので午前中の早い時間に行って来ました。時節柄 ウールのニット物はなく麻糸で編んだ小物だけです。元気があったのが 植物系でしょうかドライフラワ [続きを読む]
  • 【プレゼント】訳ありのシルク等の糸プレゼント 水色は終了
  • 【プレゼント】訳ありのシルク等の糸プレゼントおかげさまで 沢山 ご応募いただいております。なかでも 水色が 大人気で残0ほかの糸は、まだまだ たっぷり 在庫あります。気になっているかたは、 遠慮は、無用です。どうぞ ご応募くださいませ。と いわれても 皆 どれくらいの量 希望しているの?! と気になるところ。今まで ご応募頂いた方が どれだけ希望しているのか たくさんのご応募の中から一部を紹介しま [続きを読む]
  • 【プレゼント】訳ありのシルク等の糸プレゼント 送料だけ負担してね!
  • 先日 知人より 譲られた シルク等の糸 20キロ日ごろ ブログにご訪問してくださる方に 感謝の気持ちを込めて無料で お譲りします。でも 送料だけは、ご負担くださいませ。全て 古い糸なので 汚れ かせの乱れ もしかしたら糸切れがあるかもしれません。1かせの グラム数は、 かせにより 若干かわります。それを ご了承の上 お申込ください。1.シルク 生成り 単糸スラブ 極々細 1かせ 100g位2.シル [続きを読む]
  • 【棉】花が咲き始めました。
  • 5月に プランターに移植した 棉ひと月以上がたち 現在こんな感じです。なんか ごちゃごちゃしていて 見にくくてすみません。草丈50cm位あります。そろそろ 摘心をしないといけないのかな〜〜と 眺めていたらいつの間にか 花が咲いていました。「緑棉」「茶棉」ブログの過去をさかのぼってみたら去年も7月6日に 茶棉の花が咲いたと UPしていました。【茶棉が咲きました】 はこちら白棉のほうは、 夫の実家の畑 [続きを読む]
  • 【鯉のぼりプロジェクト】 間もなく完成します。
  • 時間を作って 少しずつすすめている 【鯉のぼりプロジェクト】4.鯉のぼりが泳いでいるような青空色に染めたい。 はこちら3.【鯉のぼりの磔】(笑) はこちら 2.【鯉のぼりの解体ショー】 は こちら1.【56年前の鯉のぼり】を再び使わせて頂きます。 はこちら大きさで言うと 私の製作史上最大のものなので 手間ヒマがかかっております。最後の縫製作業も 間もなく 終わりそうです。(画像は、解体しているとき [続きを読む]
  • 夏になるとマクラメが流行るそうで。
  • 月に1度 手紡ぎ仲間が集まる会でメンバーそれぞれが持っている知識や技術をシェアし合っています。夏になると ウール以外の素材に目が行き只今 マクラメの集中講習を楽しんでいます。この日は、 こちらの本から  ↓巻き結びの技法を練習しています。黄色のサンプルは、先生役のメンバーさんの作ったもの。マクラメ本の ゴースト作家さんなので 非常に美しい結びです。それにくらべて マクラメ作品としては、2作品目の私 [続きを読む]
  • 先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう 完成
  • 完成まで 随分長い時間かかってしましました。【4.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その3】【3.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その2】【2.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その1】【1.作品作りはイメージが先か・素材が先か どちらも悩みます。】縮絨後 自然乾燥させたあとはぎ合わせたところが どうしても気になります。なので ステッチをして 目立たなくします。房を [続きを読む]
  • 鯉のぼりが泳いでいるような青空色に染めたい。
  • 先日より鯉のぼりプロジェクトが進んでおります。3.【鯉のぼりの磔】(笑) はこちら 2.【鯉のぼりの解体ショー】 は こちら1.【56年前の鯉のぼり】を再び使わせて頂きます。 はこちら一見 鯉のぼりプロジェクトとは、関係なさそうですが...白生地の 半端の反物(頂きもの)訳ありの反物で 1反分なく  生地のどこかに 織り傷等があります。反物を広げると 5メートル位のところで 切れていました。切れて [続きを読む]
  • 【鯉のぼりの磔】(笑)
  • 【56年前の鯉のぼり】を再び使わせて頂きます。 はこちら 【鯉のぼりの解体ショー】 はこちら時間を見つけて チマチマと作業を進めております。先日 解体した 鯉のぼりこのまま使うのは、大きすぎるので 適当な大きさに切ります。布を切ってしまえば もう引き返すことが出来ません。ドキドキするかな...と 思っていたのですが鯉のぼりを解体するときに もうふっきれていたのでザクッ と鋏を入れました。布地が56 [続きを読む]
  • 先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その3
  • 【5.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう 完成】【3.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その2】【2.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その1】【1.作品作りはイメージが先か・素材が先か どちらも悩みます。】機から下ろした状態ここから 仕上げ工程に入ります。織幅37cmのままでは、 織り機のカバーには、小さいので2枚はぎ合わせにすることを前提に 織り設計を立てました。と [続きを読む]
  • 【鯉のぼりの解体ショー】
  • 先日 夫の実家から持ってきた 【56年前の鯉のぼり】持ってきた時の様子は、こちら洗濯が済んだので 解体をします。まずは、 腹側から 解きます。真鯉の開き状態背を解きます。真鯉の2枚下ろし緋鯉の2枚下ろし アイロンをかけ次の工程まで しばし このまま畳まれた状態で保管義母の 56年間大切に保管していた気持ちを思うと解くことに 気持ちが揺らいでしまって なかなか 先に進めませんでした。でも 義母が元気 [続きを読む]
  • 糸が20キロ。どう使おうか。 
  • 知人宅のご近所さんが 家業を廃業するとのことで処分されるはずの糸を 譲っていただいたそうです。個人で使うには、相当量あるので 私の所にも おすそ分けが回ってきました。ざっと 20キロあります。パッケージの状態や 糸の変色等をみて 相当 古い糸のようです。素材は、 シルク  麻混シルク のようです。織り用の糸なので かなり細番手。糸1本で 編み物用に使うには、 かなり無理があるので数本 引き揃えで編 [続きを読む]
  • 先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その2
  • 【5.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう 完成】【4.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その3】【2.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その1】【1.作品作りはイメージが先か・素材が先か どちらも悩みます。】先日から ボチボチ時間を見つけて織っていた「織り機にかけるカバー」織る工程が終わりました。機から下ろしたあとは、糸始末と はぎ合わせです。地道な作業がまだ続きます。 [続きを読む]