大和侍 さん プロフィール

  •  
大和侍さん: 職人ブログ samurai-soul
ハンドル名大和侍 さん
ブログタイトル職人ブログ samurai-soul
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamato_samurai_/
サイト紹介文塔婆製造・販売の(有)遠藤産業のブログです。塔婆の話から全然関係ない話まで色々書き綴ります。
自由文塔婆製造・販売の(有)遠藤産業のブログです。塔婆職人という仕事を通じて、日々感じた事や気付いた事を書き綴っています。仕事もブログも、明るく楽しく前向きに頑張ります!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/08/24 22:40

大和侍 さんのブログ記事

  • 春先ですから
  • 昨日、コンビニに立ち寄った際の話だ。私が入店したと同時に、二人の女性従業員が突然笑い出した。何かよほど楽しい事があったのだろう。私が店内を物色している最中も、レジの方からクスクスと笑い声が聞こえてきた。コーヒーを手に取りレジへ。その時も女性従業員達は笑いを堪えながら接客していた。以前の私なら『ひょっとして俺の事笑ってるのかな?』とか『客を目の前に失礼な奴らめ。』とか色々と考えただろう。起きた出来事 [続きを読む]
  • 彼岸の入り
  • 今日は彼岸の入りである。今週は作業場の慌ただしさがMAX状態。そんな中、特注サイズの塔婆の御注文が連続している。通常の塔婆に比べて、幅が狭いもの、厚みが薄いもの等、一手間かかるものが重なっている。本来、お客さんから御注文を頂ける事自体、大変有り難い事なんだけども、『よりによって今じゃなくても・・・。』と思ってしまう罰当たりな自分が時々顔を覗かせている。画像は今週の作業場のヒトコマである。まだまだ慌た [続きを読む]
  • 謝らないで下さいね
  • お彼岸を目前に、作業場は連日慌ただしい状態である。本日、あるお客様から、塔婆の追加注文をFAXで頂いた。追加の注文内容と共に文章が書き添えられていた。お忙しいところ申し訳ございません。春彼岸塔婆の申し込みが予想以上に多く、出来る限り早い日の納品をお願いします。いつもご無理をおかけして申し訳ありません。ご無理をおかけして申し訳ありませんだなんて、いえいえ、とんでもないです。お心遣い感謝致します。春彼岸 [続きを読む]
  • 祭りのあと
  • 私の住んでいる地域の稲荷神社の祭典が昨日行われた。地元ではこのお祭りの事を、『稲荷さん』と呼ぶ。私が小学生の頃、祭の当日は花火が鳴る度に、授業なんか上の空。心此処にあらず。お祭りに早く行きたい一心で、下校の時間が待ちきれずにソワソワしていたものだ。近年は来場者も露店の数も減り、かつてほどの盛り上がりはないが、それでも稲荷さんは今でも私の心に良き想い出として焼き付いている。そんな稲荷さんは、どういう [続きを読む]
  • シーンに溶け込む
  • 本日は朝から地域の祭の準備だった。祭は暦の関係で平日に行われる為、当日は一切仕事が出来ない。仕事が繁忙期の状況下、丸一日(片付けも含めると一日半)潰れる事は本来では手痛い訳だが、不思議と焦りや不満はない。社会という枠の中で生活していく以上、協力すべきところは協力すればいい。全体の中で個を際立たせようとすると、そこに分離が生じておかしな事になる。今日は午後から休日返上で仕事である。これまた何の不満も [続きを読む]
  • 穏やかな世界
  • 先日、お客さんから預かった書き損じ塔婆の更生作業をおこなった。弘法も筆の誤りという言葉があるが、御住職も人間である以上、塔婆に書く文字を間違える事もある。そういった場合、超仕上カンナ盤で塔婆に書かれた文字を削り直せば、書き損じの塔婆も無駄にならない。ただし、更生を行うのは、あくまでも書き損じの塔婆だけであり、一度仏前や墓前に供えた塔婆を削り直す御要望はお受けしない。最初に厚めに設定したカンナ刃で、 [続きを読む]
  • 2月が終わり3月が始まる
  • 先週から5尺塔婆の御注文が続いている。前にも書いたかも知れないが、同じ長さの塔婆の御注文が続く時は、まるで仕組まれたかのように続く。とりあえず、現段階で御注文頂いている5尺塔婆の加工は本日で全て完了した。さて、今日で2月が終わり、明日から3月。3月はお彼岸なので塔婆業界は繁忙期である。今年は地区のお祭りの担当にもなっており、事前準備や祭当日の役割り等で何かとハードな月である。慌ただしさに翻弄されること [続きを読む]
  • 内か外か
  • 本日は母方の叔父の法事があった。法要前にお寺の敷地内の喫煙スペースでタバコを吹かしていたら、見知らぬお婆さんが私に話しかけてきた。お寺の近所に住んでいる89歳のお婆さん。手には土が付いていた。どうやらお寺の敷地内の草を取っていたようだ。お婆さんとしばしの間、立ち話をした。笑った顔がとても可愛らしく、肌もハリツヤがあり、とても89歳には見えない。私は今とても幸せ。感謝しかない。会話の中でそのフレーズが度 [続きを読む]
  • 自問自答
  • 本日は塔婆材の搬入があった。お彼岸を来月に控え、搬入量も多い。山積みの材料を見て、一瞬だけ不安になる。これ、売れなかったらどうしよう。生鮮食品とは違い、腐る物ではない。そこは気が楽だが、売れようが売れまいが支払いは存在する。毎度の事ながら、彼岸と盆の際はそんな不安がつきまとう。そうこうしているうちに、お客さんから連続して塔婆の御注文が入る。あれ?材料これで足りるかな?さっきとはまた違う不安がわいて [続きを読む]
  • 仕事終えて作業場のドアを閉めようとすると、バサバサバサと音を立てて作業場内を何かが飛んだ。天井の梁に目をやると、メジロらしき鳥が止まっていた。誤って入り口から侵入したと思われる。そのメジロらしき鳥は出口を探し、作業場内を縦横無尽に飛び回る。その度に、天井や梁に溜まった細かい木屑がパラパラと下に落ちてくる。ついでにフンまで落ちてきた。掃除を終えたばかりなのに、やめて頂きたい。しばらく様子を見ていたが [続きを読む]
  • 今に在る
  • 昨日は4尺塔婆を加工。左側が弊社標準の4尺塔婆。右側が今回加工した4尺塔婆。お客さまの御要望で、一番下の五輪の刻みを、標準のものに対して30mm下に加工。例えば、南無妙法蓮華経という文字を書く場合、通常、五輪の刻み内に文字が収まるように書く。しかし御住職によって文字の大きさは様々。大きめに書かれる方もいれば、小さめに書かれる方もいる。五輪の刻みの間隔を調整することで、御住職のお好みのバランスで文字を書く [続きを読む]
  • バレンタインデー
  • 昨日はバレンタインデーだった。私は妻と義母からチョコをもらったが、このイベント自体あまり興味はない。チョコレートがさほど好きではない私は、お高いチョコを貰っても困ってしまう。よって、関係各位にはチョコを戴けるなら、キットカット、チョコ棒、チロルチョコのどれかにしてもらえると助かりますと、昨年から通達しておいた。バレンタインデーを否定している訳ではない。ただ、一体どれだけの人が主体的にそのイベントを [続きを読む]
  • 見た目に囚われてはいけない
  • 今回はまず最初に仕事の内容を書く。昨日、今日と彼岸用の塔婆の印刷作業をおこなった。冬場の印刷作業は、夏場と比較して気温の関係でインクの乾燥に時間が掛かる。乾燥の効率を上げるために扇風機で風を送りながらの作業。当然の事ながら、この時期は寒さ倍増である。さて、ここから仕事に全く関係のない話題になる。人は見掛けによらないという言葉がある。先日、あるサービス業の方と話す機会があった。その会話の中で、店を訪 [続きを読む]
  • 反省
  • 昨日の夕方から、作業場のコンプレッサーの調子が悪くなった。コンプレッサーの仕組みは詳しくは分からないが、空気を圧縮する際に水が発生するので、使用後は水抜きをする必要がある。水抜き用のドレンコックを開けても水が出てこない。原因はコンプレッサーのタンク内部の錆詰まりと思われる。ここ1週間ほど、『まだいいや。』と水抜きをサボってしまった私に非がある。コンプレッサー自体は使える事は使える。ただ、このまま水 [続きを読む]
  • 法蓮寺様 節分祭
  • 昨日は公私ともにお世話になっている富士市南松野・法蓮寺様の節分祭に参加させて頂いた。法蓮寺様の御住職、副住職を始め、法縁のある寺院の御住職、総勢十数名による読経は圧巻だった。読経後に、御住職方が檀家さん達を囲み、木剣を振って加持祈祷して下さった。(木剣とは祈祷の際に使用するカチカチと音のなる仏具の事である)本堂に響き渡る木剣の甲高い音。心身ともに浄化されていくような不思議な感覚を覚えた。全ての祈祷 [続きを読む]
  • 必ず最後に愛はカツ
  • タイトルは気にしないで流して頂きたい。本日は節分である。節分と言えば、毎年この時期になるとスーパーやコンビニなどで恵方巻が販売される。私の記憶が確かなら、私が子供の頃は恵方巻の『え』の字も騒がれていなかった。少なくとも我が家では、そんな風習はなかった。恵方巻が日本古来からの習わしなのかは知らないが、私の妻はそういう風習やら行事にうるさい。恵方巻の存在も妻と結婚してから知った次第である。我が家では毎 [続きを読む]
  • 口癖
  • 普段関わりのある人の口癖を観察していると面白い。度々利用しているコンビニの店員さん。『よいしょ!』が口癖。タバコ一箱取るのにも『よいしょ!』公共料金の支払いで、お客様控えの部分を切り取る際は『よいしょ!よいしょ!よいしょ!』もっと気楽にいこうよ。取り引きのある業者さんの事務員の女性は『ごめんね!』が口癖。必ず会話の最後に『ごめんね!』何も悪いことしてないのに。お客さんの中で『ありがとう!』が口癖の [続きを読む]
  • 違和感
  • SNSでこんな投稿を見掛けた。ある食事の席で、投稿者の方が作法のなっていない若者を注意したという内容だ。社会で生きていく上で礼儀や作法は大切だ。見て見ぬ振りの人が大半の昨今、その投稿者の注意したという行為は素晴らしいと思った。私も若かりし頃、親戚の集まりで、おじ様達に色々と指導して頂いた。『なんだそのチャラチャラした格好は!』『なんだその茶髪は!』『そんな真っ赤な車に乗りやがって!』(それは別にいい [続きを読む]
  • 新しい朝の過ごし方
  • 昨夜の事。突然ジョギングしたい衝動に駆られた。私は翌日の早朝、ジョギングすると決めて眠りについた。そして今朝。アラームで目を覚ます。あ、そうだ、今朝ジョギングするんだった。いや、でも絶対外は寒いよな。そうだ!やめよう。やめた方がいい!うるせー!お前が昨日走りたいって思ったんだろ!ガタガタ抜かしやがって!起きろ!この野郎!そんな自問自答を心の中で繰り返し、5分後に意を決して布団から出た。早朝5時。ジョ [続きを読む]
  • 地獄旅行
  • 先日、友人達と呑んだ際に旅行の話になった。『そう言えば最近このメンバーで旅行してないね。』話は盛り上がり、春先に旅行する事になった。題して地獄旅行。さびれた民宿に泊まり、与えられた快適さ、楽しさではなく、自分達でそれを創り出していく、地獄だと思ったら実は天国だった、それを見つけてみようじゃないかという趣旨の旅行だ。観光場所も事前のリサーチなどせずに、行き当たりばったりで決める。世間一般の考えからす [続きを読む]
  • 16ブロック
  • 昨夜は録画しておいたブルース・ウィリス主演の16ブロックという映画を観た。ざっくりとしたあらすじは刑事のブルース・ウィリスが証人を裁判所に送り届ける途中、謎の男達に襲撃され、逃げて、追われて、まあ色々大変な目にあうといった感じだ。物語の序盤、ブルース・ウィリスが証人を裁判所に送り届ける車中にて、こんな会話があった。『刑事さん、質問していい?オレもずっと考えてるんだ。ハリケーンの中、車を運転してたら、 [続きを読む]
  • もつ鍋が食べたい
  • 捉え方ひとつで目の前の光景は変わる。先日、納品に出掛けた際、工事渋滞に巻き込まれた。車の列はうんともすんとも動かず、同じ場所に10分近く停車したままだった。『何で進まないんだ!』ここでイライラしだすのがいつものパターンだが、私はカーステレオのお気に入りの曲を楽しむことにした。『ここのバスドラのリズムが渋いね。』『このギターのリフが前半と後半で微妙に違うのか。』普段聴き流していた細部を認識することがで [続きを読む]
  • おじさんの千円札
  • 今日外出時に、とある場所で目の前を歩いていたおじさんが千円札を1枚落とした。私はそれを拾い、おじさんに駆け寄り、それを渡した。おじさんは何度も頭を下げてお礼を言った。当たり前の事をしたまでだが、お礼を言われると気持ちがいい。しかし、もし仮におじさんが千円札1枚ではなく、一万円の札束をドサッと落としていたら私はどうしただろうか?妄想タイムの始まりだ。多分同じように、それを拾って、おじさんに手渡すだろ [続きを読む]
  • この波の向こう側に違う自分が待っている
  • 休日中、家族の厄除け・八方除けの祈願及び会社の商売繁盛祈願のために、神奈川県の寒川神社へ参拝した。参拝後、江の島まで足を延ばし、江の島シ―キャンドル(展望灯台)のイルミネーションを見てきた。多くの家族連れやカップル達で賑わっており、江の島は温かい雰囲気に包まれていた。展望灯台内でミニチュア額に入れらた手描きの絵が売られていた。魚の絵に、言葉がひとこと添えられているものだ。その中の一点を購入した。こ [続きを読む]
  • 2017始動
  • 明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。 皆さま、お正月は如何お過ごしでしたか?私は適度に飲み食いし、適度にダラダラした穏やかな正月でした。体重が2kgほど増加しましたが、これも想定内。出すもの全部出せば問題ないでしょう。さて、本日より弊社は仕事始め。初荷の納品及び出荷、特注サイズの塔婆の加工等、幸先の良いスタートとなりました。今年の個人的な抱負としては、とにかく健康第一 [続きを読む]