かず さん プロフィール

  •  
かずさん: 徳島でへの字稲作 コシヒカリ
ハンドル名かず さん
ブログタイトル徳島でへの字稲作 コシヒカリ
ブログURLhttp://jyuku3.blog81.fc2.com/
サイト紹介文少ない肥料で多収穫 しかも倒れにくく おいしいお米ができる への字稲作を実践中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/08/26 00:17

かず さんのブログ記事

  • 稲刈りは8月10から始めてました
  • 稲刈りとお盆とで忙しくしてました8月7日に台風が通過したけどその3日後から稲刈り開始新規に受けた田んぼは地力不足でやせ出来だったので倒伏はほとんどなし見た感じよくできたように思うけど実際には分げつが少なく穂も短い水持ちの悪い田んぼだから台風から3日後でも田んぼは乾いてました予想通り収穫量は少なく 反当450kg(3石)ほどしかありませんでした。あのよくできた除草剤を使わなかった田んぼは水がなくなる [続きを読む]
  • 台風5号の影響は
  • お盆のころから稲刈りを始めようと考えてたけど直前にやってきた台風に参ってしまいました。収穫がもう少し先だと考えてた田んぼは大きくなびいてしまったいちばん先に植えて稲刈り間際の田んぼはやせ出来でよかったこれは台風が過ぎた日の夕方撮った写真だから今はもう少し起き上がっています。問題なのは出来すぎだなと思ってた田んぼ色の濃かったあたりは挫折倒伏の場所もあるこうなると再起不能でしょうだいたい根元から傾いた [続きを読む]
  • ジャンボタニシ除草は大成功
  • 勇気がいったけど今年初めて除草剤を使わなかった田んぼはイネの発育が良くて元気に育ち、ジャンボタニシのおかげで雑草はヒエが3株ほど生えただけでした。もうかなり色づいてきたのでお盆ごろに稲刈りになりそうです。四隅は少し苗を食われて空間が出来てますがその分大きな株に育ちました。ジャンボタニシ除草のコツは 最初に苗を食われないために浅水にする草丈の4割以上が水から上に出ていないと食われるジャンボタニシは水 [続きを読む]
  • 太陽熱消毒やりなおし
  • 以前に記事にした太陽熱消毒だけど水をたっぷりかけたことから土の表面がカチカチになってしまいこのままでは種まきしても発芽率が悪いと考え被覆を捲って耕し直しました。予定の時期までに間に合うか心配ですがとりあえず 地温を計ってみると54℃近くまで上がってた一連の作業を動画にしました。 [続きを読む]
  • オクラのすき込み完了
  • くそ暑い日が続いてますがオクラの片付けは毎日朝の間だけ進めてきた昨日一気にすき込みました。今年は支柱の撤去に支柱ヌキサシ君を使ってみたら先に叩いておくと片手で抜けましたね。オクラ畑は今一番茂ってる時だから倒伏防止のマイカー線を取ると中はジャングル状態で作業がやりにくいから一畝づつすき倒しながら支柱を取って行きました支柱を運び出すのも大変だから軽トラを乗り込んで直接積み込んで行きました。なんとか終了 [続きを読む]
  • 街路灯で出穂が遅れた
  • 同じ田んぼでも隅の方でなかなか穂が出ない部分があって肥料が偏ったからかと思ってたんだけど以前に記事にしたことがあったけど街路灯の影響でした。この田んぼは左下のほうがまだ穂が出てないです夜に確かめに行ったら昼間は気がつかなかったけどやっぱり街路灯がありました。こちらの田んぼは手前の方の穂が直立したままでしょう遅くに穂が出たから全体には傾穂期になってるのにやっぱり遅れてます。暗くなるとよく分かるがかな [続きを読む]
  • 畑の太陽熱消毒
  • オクラを早く切り上げたので秋から始める菜の花を早めに準備するセルトレイで苗をつくるには早蒔きすると徒長してしまって使えなくなるので、去年は底面給水をやったけど今年は地床育苗に挑戦してみようと思う。畑の一部で苗を作ると水やりを少なくできるので徒長しないとの事育苗期間は25〜30日程度かかるからその間雑草も生えてくるはずでこれがやっかいです。それで太陽熱消毒をやってみることにした。管理機で田んぼの一番 [続きを読む]
  • オクラは収穫終了
  • 今年は不調のオクラですが毎日収穫と出荷に7時間以上もかかるそれに田んぼの水入れとで忙しくしてるから稲刈りの準備が進んでいないオクラの値段も落ちてきて一袋50円から悪いので30円出荷経費を差し引くとそれほど魅力もなくなってきて収穫を終了することにしました。梅雨入りしてから曇りの日が多かったのでイボ果に悩み窒素量の少ないS604を使ったら意外とイボ果は出なかった肥料をやらないと芯止まりになりそうで心配して [続きを読む]
  • 全部の田んぼで出穂完了
  • 今年は田植えを4月6日から始めて1週間ごとに4回に分けた。ずらして植えても出穂はばらばらであとから植えたのが先に出穂したりしたので戸惑ってました。いつも秋落ちに悩んでた田んぼは硫安20kgと尿素を7kg追肥して色が濃いため出穂が遅れてたんだけど、最後にそれも出穂完了です。この田んぼもジャンボタニシがいっぱいで初期の水管理を慎重にしてたけど隣の田んぼが一晩中水を入れてしまって畔を超えて我が家も満水に [続きを読む]
  • 田んぼのスズメ対策
  • 新しく引き受けた田んぼは1枚だけスズメの害が大きいとの事3日ほど前に大量のスズメが毎日来てると地主さんが言ってきてくれた向こうに見えるフェンスにずらりととまって田んぼに降りてくるらしいひどい時は1000羽近くもいるんじゃないかとの事でした。その対策なんだけど キラキラテープは強風で切れることがあるから今回は黄色い糸を引っ張った。農家の店で買ってきたけど升目にいっぱい引っ張るとの事でした。実際田んぼ [続きを読む]
  • 食味を上げる肥料を流し込む
  • 今年は除草剤を使わない田んぼに挑戦してうまくいったのでせっかくのお米はおいしく仕上げたい。去年から始めた海水の流し込みと一緒に水溶性のマグネシュウムを流し込んだ。いろんな資材を検討したけどマグアップと言う肥料をMリンを作る時に混ぜてたのでこれを使うことにしました。水溶性苦土(マグネシュウム)が16% そのほかケイ酸や微量要素も含む反当10kgの計算で流し込み海水はとりあえず200リットルを組んでき [続きを読む]
  • 出穂しました
  • 出穂とは止め葉の葉鞘から穂が出現したことを言いますが出穂期とは田んぼ全体の4〜5割の株が出穂したことを言うPDFですが詳しく書かれたページがありました。我が家では2枚ほどの田んぼで出穂期となりました。4月13日に田植えした田んぼがその1週間前に植えたのより早く出穂した例のジャンボタニシ除草の田んぼ好調だった割には茎数は思ったほど増えていないこれくらいがちょうどよいのかもしれないです。そのすぐ近くで [続きを読む]
  • 穂が出た
  • 走り穂は5日ほど前から出始めてたんだけど3枚ほどの田んぼが1割程度穂が出ています。新規に引き受けた田んぼは尿素が偏ってしまったけどその色が濃くなったあたりが沢山出てました。ジャンボタニシ除草の田んぼは1週間ほど遅らせて田植えしたのに同じように出ていますが肥料が平均に広がっているのでまだ少ないけど田んぼ全体に出てる感じです。あれだけ良くできたようなのに思ったほど穂が長くない計ってみると18cm程度で [続きを読む]
  • 中期除草剤ワイドアタックでヒエが枯れた
  • 我が家の耕作田で水持ちがものすごく悪くて毎年雑草の宝庫になるような田んぼがあります。今年は除草剤を入れたとき3日間は田面を出さないようにしたからほとんど草は生えてなかったのに稲の色が薄いところがあって追肥に入ったらヒエがびっしり生えてた。中期剤のサンパンチは水持ちが悪い田んぼには使えないしバサグランは水を落としてやるからいいんだけどヒエには効果がないそれでワイドアタックを1ヶ月ほど前にやってみた。 [続きを読む]
  • オクラの畝間にバスタを使った結果
  • 今年からオクラの黒マルチを生分解マルチに変えたところがこれが破れやすく 収穫に膝をついただけで破れるこれでは草刈り機で際を刈るとボロボロになると思い作物のそばで使えると言う除草剤のバスタを使ってみました。もちろんオクラにも登録があります。20日ほど前にバスタをやった畝間ですがほとんど雑草が見当たりません手前の赤っぽいのはもみ殻です大きくなった雑草が枯れてくると目立ちましたが今はそれもないです。マル [続きを読む]
  • ジャンボタニシ除草の田んぼは絶好調
  • ジャンボタニシが毎年大発生してる田んぼは除草剤をやらなかった5月中旬にその記事を書いてるけど雑草は全く生えてなく その後も草1本もない。それに除草剤をやってないせいか稲の生育すごくよくて我が家の耕作田では一番の出来でした。開帳して分げつ数も多く 葉はピンと立ってましたからね。今は開帳した株が出穂に向けてまとまってきて色も少し褪めてきているようです出穂前は自然と褪めるのは満腹でお産をしないのと同じい [続きを読む]
  • オクラの病気 疫病
  • オクラの調子が悪い部分はだんだんと広がって圃場全体の3分の1以上になってしまった。手前の低い部分がそうですが、反対側の広範囲も枯れかかっています。農協に土壌診断を依頼してたんだけどその結果が出て異常なしとのことで原因をいろいろ探してみて、疫病だろうとの事でした。葉を落としてしまっていちばん上の実だけがすこしづつ大きくなってる状態だけど実は固くて出荷できるようなものじゃない。対策としてはユニフォーム [続きを読む]
  • 一発肥料でも穂肥をやろう
  • ドローンの実演を見に行った西岡商会では多木肥料による講習もありました。途中から聞いたのですが主な内容は配られた資料によって分かる一発肥料でも穂肥をやれば、1等米比率があがってしかも増収できるという話だったと思う。登熟期の高温障害によって米の質が悪くなるのは下葉の刈れ込みが原因出穂後の葉の役割は上から1〜2枚目は穂に養分を送る3枚目は葉に養分を送る4〜5枚目は根に養分を送る我が村でも強烈な中干しをし [続きを読む]
  • 尿素が偏った田んぼは不調
  • への字稲作では出穂45日前から急激に茎数を確保するこの時に茎数が取れなかったら思ったほどの収量にならない新規に引き受けた田んぼでは2回目の追肥が偏ってしまい赤い矢印の左右を見比べるとかなりの色の違いが分かる色が薄いところも濃いところも分げつがぞっくり形で思ったほど茎数が増えていない以前から耕作してる田んぼはほとんどの田んぼがこんな感じで調子よい今まで有機肥料を使って地力がついてきたせいか分げつも開 [続きを読む]
  • 農業ドローンの実演
  • まあ毎年お誘いのかかるイセキの講習会今年は農業用ドローンの説明と実演があった。田んぼで実際の散布は音も静かで感動モノでしたね。実演の前に説明があったけどドローンの価格は220万円1日10町歩以上散布できるので10日で元が取れるとの事ドローンで薬剤散布するには農林水産航空協会の免許が必要で5日間の講習と20万円の費用が必要3年ほど経験を積まないと実用にならないさて需要さえあればビジネスとしてなら出来 [続きを読む]
  • 田んぼのヒエ取り
  • 新しく引き受けた田んぼは水持ちが悪く初期の除草剤をやった時は3日目には田面が少し出てしまったので今頃になって雑草が生えてきた田んぼもあります。6月18日頃に水を切らしておいてバサグランをやった。3日後に雨が降ったけど何とか効いてるみたいで畔際の草は色が少し変わってきています。ただバサグランはヒエには全く効果がない小さめの田んぼだけど気がつくとヒエがだいぶ生えてきてました。しかもやっかいなタイヌビエ [続きを読む]
  • 6月19日定点観測
  • 2回目のへの字追肥から1週間が過ぎて堤防からみると色がますます濃くなった我が家の耕作田5月後半にはこんな感じでしたからね赤い丸のところが我が家の耕作田ですが周りの田んぼに比べて色が逆転してスカスカだった田んぼは周りより良くできてるように見えます。4月6日田植え分草丈 55cm 茎数 20本 11,5葉  カラースケール 5,511葉から節間伸長が始まるはずだから分げつ止まるように思うが実際は2次分 [続きを読む]
  • 水稲に使った乾燥オカラはあまり効かない
  • 出荷用菜の花栽培あとの田んぼは色が濃くなって分げつも増えてきたが3畝ほどは菜の花を作ってなかったのでかわりに乾燥オカラを入れておいた手前の茎数が少なくさみしい当たりがそれです。縦方向からみると右側のほう反当200kgのつもりで入れたけどそれでも少なかったのか色も少し薄いです。それで硫安を10kgほど追肥した出穂40日前くらいだからちょうどよいでしょう。追肥の途中に近所のおばさんがやってきておまはん [続きを読む]
  • オクラ 好調と不調
  • オクラは出来の良いところと悪いところを調整してだんだんと理想的な樹勢に持って行けた。かなり花が咲いてるでしょう少し前はもっと花の数が多かった。最近は250袋程度出荷一人でやった時は14時間くらい仕事してたかな〜今は2人に半日ほど袋づめを手伝ってもらってます。花の位置も理想的に3〜4節目なんだけど この状態を維持できるのか雨が全く降らないので肥料が効いてこない液肥と葉面散布で維持してるつもりなんだけ [続きを読む]
  • 2回目のへの字追肥は尿素を流し込んだ
  • オクラが超忙しくなって定点観測など記事のアップする間がない昨日から二人に手伝ってもらってるけどまだ忙しいそれでも出穂35日前が来たので2回目の追肥を始めました。最初に田植えした田んぼは5月27日に硫安20kgを流し込んだが一緒に流し込んだMリンPKのせいか色がガツンとは上がってないカラースケールで5程度10,5葉 写真で左側に見える数字を書き込んだは9葉です。徳島県のコシヒカリには全窒素量7kg程 [続きを読む]