かず さん プロフィール

  •  
かずさん: 徳島でへの字稲作 コシヒカリ
ハンドル名かず さん
ブログタイトル徳島でへの字稲作 コシヒカリ
ブログURLhttp://jyuku3.blog81.fc2.com/
サイト紹介文少ない肥料で多収穫 しかも倒れにくく おいしいお米ができる への字稲作を実践中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/08/26 00:17

かず さんのブログ記事

  • 農業ドローンの実演
  • まあ毎年お誘いのかかるイセキの講習会今年は農業用ドローンの説明と実演があった。田んぼで実際の散布は音も静かで感動モノでしたね。実演の前に説明があったけどドローンの価格は220万円1日10町歩以上散布できるので10日で元が取れるとの事ドローンで薬剤散布するには農林水産航空協会の免許が必要で5日間の講習と20万円の費用が必要3年ほど経験を積まないと実用にならないさて需要さえあればビジネスとしてなら出来 [続きを読む]
  • 田んぼのヒエ取り
  • 新しく引き受けた田んぼは水持ちが悪く初期の除草剤をやった時は3日目には田面が少し出てしまったので今頃になって雑草が生えてきた田んぼもあります。6月18日頃に水を切らしておいてバサグランをやった。3日後に雨が降ったけど何とか効いてるみたいで畔際の草は色が少し変わってきています。ただバサグランはヒエには全く効果がない小さめの田んぼだけど気がつくとヒエがだいぶ生えてきてました。しかもやっかいなタイヌビエ [続きを読む]
  • 6月19日定点観測
  • 2回目のへの字追肥から1週間が過ぎて堤防からみると色がますます濃くなった我が家の耕作田5月後半にはこんな感じでしたからね赤い丸のところが我が家の耕作田ですが周りの田んぼに比べて色が逆転してスカスカだった田んぼは周りより良くできてるように見えます。4月6日田植え分草丈 55cm 茎数 20本 11,5葉  カラースケール 5,511葉から節間伸長が始まるはずだから分げつ止まるように思うが実際は2次分 [続きを読む]
  • 水稲に使った乾燥オカラはあまり効かない
  • 出荷用菜の花栽培あとの田んぼは色が濃くなって分げつも増えてきたが3畝ほどは菜の花を作ってなかったのでかわりに乾燥オカラを入れておいた手前の茎数が少なくさみしい当たりがそれです。縦方向からみると右側のほう反当200kgのつもりで入れたけどそれでも少なかったのか色も少し薄いです。それで硫安を10kgほど追肥した出穂40日前くらいだからちょうどよいでしょう。追肥の途中に近所のおばさんがやってきておまはん [続きを読む]
  • オクラ 好調と不調
  • オクラは出来の良いところと悪いところを調整してだんだんと理想的な樹勢に持って行けた。かなり花が咲いてるでしょう少し前はもっと花の数が多かった。最近は250袋程度出荷一人でやった時は14時間くらい仕事してたかな〜今は2人に半日ほど袋づめを手伝ってもらってます。花の位置も理想的に3〜4節目なんだけど この状態を維持できるのか雨が全く降らないので肥料が効いてこない液肥と葉面散布で維持してるつもりなんだけ [続きを読む]
  • 2回目のへの字追肥は尿素を流し込んだ
  • オクラが超忙しくなって定点観測など記事のアップする間がない昨日から二人に手伝ってもらってるけどまだ忙しいそれでも出穂35日前が来たので2回目の追肥を始めました。最初に田植えした田んぼは5月27日に硫安20kgを流し込んだが一緒に流し込んだMリンPKのせいか色がガツンとは上がってないカラースケールで5程度10,5葉 写真で左側に見える数字を書き込んだは9葉です。徳島県のコシヒカリには全窒素量7kg程 [続きを読む]
  • 流し込み施肥 均等に広がった
  • オクラの収穫が急に忙しくなってドタバタしてます。5月27日に流し込んだ田んぼは10日を過ぎましたが色は全田同じに仕上がりました。ただ硫安だけを施肥したのに比べてガツンと上がらないMリンPKは過リン酸石灰とカリを酵素で発酵させて燐酸を土中に固定されないで稲に吸収されやすくしたものだからその燐酸効果が硫安の窒素を押さえてるのかもしれない。動画にしました [続きを読む]
  • オクラ不調ながら出荷を始めてます
  • 種蒔きの時乾燥しすぎで発芽がばらばらになったオクラはその後もドカスカの出来でした。あの生育が悪かった場所は結局原因が分からず液肥を5日に一度くらいやってるけど回復してこない。菜の花の残渣が入りすぎてるのか、それとも連作障害かもしれない。調子が良すぎるところは花が上から6節目くらいかなり強すぎで樹ばっかりが大きくなってあまり花が咲かないメリット赤を3日に一度4回くらいつづけたけどあまり効果がなかった [続きを読む]
  • への字追肥は硫安の流し込み
  • 最近出穂日を記録してなかったので2009年までさかのぼってブログ記事を見てみたけど だいたい7月15日から20日頃今年は出穂55日前と35日前の2回に分けて追肥する最初に植えた田んぼはちょうど55日前になる5月27日に追肥した。去年一枚だけ試してみた流し込み施肥を今年は全田でやるつもり。今回は硫安20kg(反当)入れるがMリンPKも入れる。土の電荷はほとんどマイナスで硫安は水に溶けるとプラスの電荷 [続きを読む]
  • 5月27日定点観測
  • 堤防から見た我が家の耕作田赤くマークした田んぼがそれですがこの一帯で一番早く植えたのに田んぼはスッカスカ4月6日田植え分草丈 24cm 茎数 3本 7,4葉  カラースケール 5,2隣(右)との比較4月13日田植え分草丈 26cm  茎数 4本  7,2葉  カラースケール 5,1隣(右)との比較4月20日田植え分草丈 17cm  茎数 2本  6,2葉  カラースケール 4,5隣(右)との比較4月20日 [続きを読む]
  • オクラ 開花した
  • 調子の良すぎるオクラですが開花し始めた。まだほんの少しだけど、気になるのは開花位置がかなり下のほう上から5節目くらいだからかなり強すぎる。そして部分的に茶色くなった葉が少しある病気か虫かよくわからないこちらの写真にはナメクジみたいなのが左下のほうに映ってるけどこれの食害跡かもしれない生育を抑えるメリット赤を動噴でやろうと思ってるけど防除も一緒にしたいので農協で葉っぱを見てもらってからにします。いつ [続きを読む]
  • 水を止めるのを忘れてアオミドロが苗にかぶさった
  • 今の時期は水を入れすぎるとアオミドロが大発生します。それで水加減にはかなり気を使っていたんですが堰板を抜くのを忘れた田んぼがありました。アオミドロはかなり発生していたので浅水で苗に被らないようにしてたのに一晩で田んぼの3分の1ほどかぶさってしまった。これでは水を落としても苗にかぶさったままになってしまいます。それでモゲトンを使ってみました。ジャンボ剤と粒剤があるのですが今回は粒剤を使った。被さった [続きを読む]
  • オクラ 一部枯れてきた
  • 発芽の不ぞろいで焦ってトンネルの穴あけを遅らせ今度は生育がよすぎてトンネルの穴の数が少ないまま被覆を撤去したオクラですが、葉の一部が赤くなったり白くなったりするのは温度が急に下がったからと思ってたんだけど回復しないどころかだんだんとひどくなってきた。葉っぱが縁のほうから茶色くなって落ちてしまうのもある。畑全体からすれば1割程度だけど原因が分からないので指導員に見に来てもらった。病気ではないとのこと [続きを読む]
  • ジャンボタニシ除草の今のところ順調
  • 毎年ジャンボタニシが大発生する一枚の田んぼは除草剤をやらなかった。雑草が生えないかひやひやして見てるけど今のところ実生稲が条間に生えてるだけです。除草剤をやってないと思えないほどすっきりしてるでしょう。それに深水にならないように慎重にしたし 高低差もだいぶなおしたから苗が食われたところは全くありません。タニシの数はうじゃうじゃ居るというほどでもない苗はしっかりして他の田んぼより大きくなってるように [続きを読む]
  • 今年の定点観測は葉齢を調べるだけにした
  • 田植えから1ヶ月をとっくに過ぎてしまいましたがへの字追肥の時期を判断しやすいように1週間づつずらして植えた田んぼ毎に葉齢を調べることにしました田植えの苗を写真に撮っておいた。2,5葉の苗だから種モミの付いてる側が1葉になる4月6日 田植え分分かりづらいけど種モミは左側にあるので5枚の葉が出て6枚目の葉が少し出かかってる状態一枚目の葉はとろけてなくなりかけてます。草丈20cm カラースケール 3,5 [続きを読む]
  • 自作支柱打ち機を使ってオクラの支柱を立てた
  • トンネル撤去からマルチの際の除草が終わり支柱立てはハンマーでたたき込んでましたが年齢的にかなり疲れるようになった。それで竹を支柱にしていた頃に作った支柱打ち機を使ってみた。太いパイプの上に厚い鉄板を溶接してあるのでその長さだけ上下してもずれない振り下ろした時の重みで打ち込んでいくから楽で早い去年は他の仕事をしながら少しづつハンマーで打ち込んだけど今年は一気にやりつけました。かなりの本数を立てたけど [続きを読む]
  • オクラのトンネル撤去
  • 今年はトンネル内の温度があまり上がらず穴あけを遅れ気味でやってきたけどオクラの調子がよすぎるようで、早めに撤去しました。いつもに比べてトンネルの穴の数が少ないでしょう葉っぱの形がまん丸で勢いがよすぎる今年は土が乾きすぎて発芽しなかったのがあって後から水やりで遅れて発芽したのが小さくてドカスカの出来になってしまいました。それでも調子がよすぎるのは路地蒔きのオクラのようにこんな葉っぱのオクラも2本くら [続きを読む]
  • 苗箱洗浄器を買った
  • だんだんと耕作面積を増やしてきた我が家の稲作今年は農協の苗を206枚使ったから反当9枚とちょっと苗箱はきれいに洗って10枚づつの束にして返す。今までは百均で買ったタイヤブラシを使ってたけど近所の人の話で手動の苗箱洗浄器があるのを知って農家の店で見てきたけど結局ネットのほうが安かったので楽天で買いました。用水に持って行って洗ったけど、早くて楽に出来てしかもきれいになった。しぶとい根っこは苗箱に穴に刺 [続きを読む]
  • 田植え終了 ひと工夫で浮き苗なしになった
  • 4月6日からほぼ1週間おきに4回に分けて田植えをしましたが4月27日に最終の田植えをして終わりました。初日は息子に手伝ってもらったけどそれ以外は全部一人でやった苗を先に田んぼの周りに配ってたんだけど効率良くするために軽トラから直接苗だけを田植え機に乗せた。根切り板で苗だけを取って苗箱はそのまま残しておけばいちいち拾いに行かなくていいし、風で飛ばされることもない。予備苗も田植え機には積まないでいけた [続きを読む]
  • すごく大きい高低差の田んぼ
  • まあ変わったお百姓さんもいるもんで田んぼを耕すのにコンバインで稲刈りするようにしてる田んぼがあった。これはハンドルを切る回数が多くて大変だろうと思ってみてたんだけどもうひとつ問題があったみたいですね。田植えした後の田んぼですが真ん中のほうは水が深いのに四隅はものすごく高くて苗は干し上がってました。トラクターで耕すと耕し始めに土が後ろに飛んで高くなる往復耕だと高いのと低いのが相殺されて問題ないけど四 [続きを読む]
  • 代かき翌日の田植えで転び苗がいっぱい出た
  • への字稲作ではぎりぎり少なく植えてるのでチョットしたことでも田植えに大きく影響します。最近は浮き苗が少なくなると考えて代かき翌日に植えてたんです。田んぼの固いところでは苗が刺さっても土が寄ってこないから浮き苗になる穴になったままに見えるでしょう。だから土が柔らかいほど浮き苗は減るんじゃないかと考えてました。ところが4月20日に3回目の田植えをした時田んぼの土質にもよるんだろうけど 転び苗が多発した [続きを読む]
  • ジャンボタニシ除草の田んぼに雑草が生えてきた
  • 4月13日に植えた田んぼはジャンボタニシが毎年たくさん発生するので今年は除草剤をやらずに様子を見ていたけどふと気がつくと条間にだいぶ草が生えてきた。小さい写真だと分かりづらいですかね。田んぼに入って引っこ抜いてみたら去年落ちたモミから発芽してるようで問題なさそうでした。ずっと浅水にしてたんだけど少し水位を上げて今は2,5cmくらいにしてみた。ジャンボタニシは田んぼの片隅にうじゃうじゃといるようだっ [続きを読む]
  • 今年も薄植えの田んぼは哀れな姿
  • ずっと続けてきた(8年)への字稲作ですが基本は何度も書いてる薄植え疎植でしたよね。先日の大雨で冠水したから野萎えてしまった我が家の田んぼ赤い→の2枚がそうです、写真を すればよく分かる。よそはちゃんと苗が見えてるのに我が家だけ何にも植えてないみたいでしょう。近くで見るとこんな感じで苗はべたっと寝てるのが多いそれにしてもみすぼらしい姿です。除草剤をやって3日目に大雨が降ったから水をあまり落とし [続きを読む]
  • 稲に乾燥オカラを使ってみる
  • 菜の花栽培後の田んぼは毎年無肥料で稲を作ってるけど今年は2,3反の田んぼのうち5畝ほど菜の花を植えてない部分があって無肥料ではバランスが取れないと思い有機肥料を入れたんだけど友人からもらった乾燥オカラを試しに入れてみた。新たの町にある大きな豆腐屋さんが作ってるという肥料豆腐を作る際に出来るオカラは処分に困ってるらしく乾燥すれば肥料と使える。グランドソワーに入れてみたらサラサラのふかふかでした。反当 [続きを読む]
  • オクラ マルチ穴の雑草を取る
  • 今年は種蒔きの時に乾燥して発芽が悪かったオクラですが4回くらい水やりをしてなんとか生えてきたけど2割くらい欠株になった。発芽のばらつきがひどく 大きさがまちまちになってしまいトンネルに穴あけの時期を迷ってます。遅れると徒長してしまうけど、小さいのは温度が低いといじけたように大きくならない。最後のほうで雨に当たってから蒔いたところはマルチの穴が大きいのもあって雑草がひどくなってきたのでトンネルをまく [続きを読む]