佐藤 成桧佐 さん プロフィール

  •  
佐藤 成桧佐さん: 砂の錬金術師
ハンドル名佐藤 成桧佐 さん
ブログタイトル砂の錬金術師
ブログURLhttp://sbsalchemy.blog87.fc2.com/
サイト紹介文サンドブラスト工房の日記 営業本部長の奮戦記
自由文サンドブラスト工房を経営する店長の日記で
すが、時々、営業本部長のアインシュタイン(犬)
も活躍しています。
サンドブラストに関する事なら、なんでも挑戦!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2009/08/27 11:34

佐藤 成桧佐 さんのブログ記事

  • 蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ 大人気でした 
  • 河鍋暁斎シリーズ、売れたんDEATH!。本日は地元蕨市の旧中仙道で行われた「旧中仙道・苗木市」に参加しました。昨年は自社ブースを借りて販売をしていたのですが、今回は市役所設置の蕨ブランド商品ブースにての出店でした。毎年出している500円均一の商品は、例年通りの好調な売れ行きでしたが、今回の中心商品、蕨硝子・河鍋暁斎シリーズは、¥5400/個という価格なので、お祭りイベントにしては高額過ぎる、という [続きを読む]
  • 4/29は、中仙道蕨宿苗木市に出店します。
  • グラス¥500円で販売します。またまたブログをサボリまして申し訳ありません。ウルトラ級に多忙なもので、どうぞご了承ください。世の中はもうすぐGWですが、4/29(祝)昭和の日は埼玉県蕨市で行われる「苗木市」に出店します。中仙道蕨宿苗木市・わらび藤まつり蕨市観光協会HP http://www.warabi.ne.jp/~kankoukyoukai/naegi.html出店場所は、歴史民俗資料館分館前です。毎回目玉商品として、サンドブラストで加工し [続きを読む]
  • 切り絵作家のダークサイド
  • クロスロードで契約をするのは・・・・・・・・普段は完全に忘れているのですが、いつもこの季節なると思い出すのは、私は切り絵作家でもあった、ということ。(ヒドイねえ)一応「日本剪画協会」という所の会員でもあるのですよ。今年は、美術展に出品する作品を2点作らねばならないので、仕事に追われつつも、日々作品と闘っております。美術展の全体のテーマが「道」となっていたので、まず頭に浮かんだのが「クロスロード」で [続きを読む]
  • 約束の川
  • 2012年夏 元気だった頃のアインシュタイン今日はすべての予定を振り払って、約束を果たすために、東京の山間部にある「養沢毛鉤専用釣り場」へ行ってきました。天気も良く申し分のないコンデションでした。きれいな山女魚ちゃんにも会えました。養沢へは、昨年亡くなった愛犬のアインシュタインと毎年遊びに来ていました。老齢で遠出が厳しくなるまででしたから、通算で13年間通った事になります。川に降り立つと一目散にプ [続きを読む]
  • 蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ 三味線を弾く骸骨 瑠璃色
  • 埼玉県蕨市に居住していた、日本を代表する画家、河鍋暁斎の画 三味線を弾く骸骨 をロックグラスに彫刻しました。反対側に、ゆったりとした時の流れを表現する 流紋 を彫刻しました。蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ の販売を開始しました。今日紹介するのロックグラスで、三味線を弾く骸骨 赤銅色 です。江戸切子などにも使用されている高級硝子素材、色被せガラス(いろきせがらす)を使用して、サンドブラストの技法で彫刻をし [続きを読む]
  • 蕨硝子の紹介 動画
  • 先日,地元のケーブルTV・ウインクさんで放映された、蕨市の広報番組「ハローわらび」で、ブラスト工房のブランド「蕨硝子」をご紹介頂きました。蕨市の広報番組ですので、一日5回・一週間も放映されていたという、恥ずかしくもありうれしくもある体験でした。概要だけですが、蕨硝子というブランドが何を目指しているのかが、ご理解いただけるのではないかと思います。ご覧になった感想、疑問などありましたら、お気軽にコメント [続きを読む]
  • 蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ 三味線を弾く骸骨 赤銅色
  • 埼玉県蕨市に居住していた、日本を代表する画家、河鍋暁斎の画 三味線を弾く骸骨 をロックグラスに彫刻しました。反対側に、ゆったりとした時の流れを表現する 流紋 を彫刻しました。蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ の販売を開始しました。今日紹介するのロックグラスで、三味線を弾く骸骨 赤銅色 です。江戸切子などにも使用されている高級硝子素材、色被せガラス(いろきせがらす)を使用して、サンドブラストの技法で彫刻をし [続きを読む]
  • 蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ 骸骨の花火見立 瑠璃色
  • 埼玉県蕨市に居住していた、日本を代表する画家、河鍋暁斎の画 骸骨の花火見立 をロックグラスに彫刻しました。反対側に、ゆったりとした時の流れを表現する 流紋 を彫刻しました。蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ の販売を開始しました。今日紹介するのロックグラスで、骸骨の花火見立 瑠璃色 です。江戸切子などにも使用されている高級硝子素材、色被せガラス(いろきせがらす)を使用して、サンドブラストの技法で彫刻をした逸 [続きを読む]
  • 蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ 骸骨の花火見立 赤銅色
  • 埼玉県蕨市に居住していた、日本を代表する画家、河鍋暁斎の画 骸骨の花火見立 をロックグラスに彫刻しました。反対側に、ゆったりとした時の流れを表現する 流紋 を彫刻しました。蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ の販売を開始しました。今日紹介するのロックグラスで、骸骨の花火見立 赤銅色 です。江戸切子などにも使用されている高級硝子素材、色被せガラス(いろきせがらす)を使用して、サンドブラストの技法で彫刻をした逸 [続きを読む]
  • 4/9は国際フォーラム
  • 今回の自信作、犬と少女 草原で遊ぶ、犬と少女を描いています。明日、4/9(日)は第2日曜日ですので、東京国際フォーラム広場でのフリーマーケットに出店します。しかし心配なのは天気で、小雨決行・雨天順延となります。東京国際フォーラム フリーマーケットhttp://www2.recycler.jp/hall_detail.php?eventautonum=904170409会場は、有楽町駅から徒歩0分です。銀座や皇居の観光の、ついでに立ち寄られる方が多く、毎回とて [続きを読む]
  • 蕨ブランド認定品 ブラスト工房
  • 一番左端が私。お隣の女性が、フリーアナウンサーの町さん。真ん中の笑顔の方が、蕨市の頼高市長。だいぶ遅くなりましてのご報告ですが、ブラスト工房の商品が、地元蕨市の蕨ブランド認定商品に選ばれまして、2/19に、これまた地元のイトーヨーカドー錦町店の正面玄関で、披露会がありました。ブラスト工房を含めて5件の商品が選ばれ、今後は認定商品を通して「日本で一番小さな市・埼玉県蕨市」を全世界に(大げさな)広める [続きを読む]
  • 多言語の販売対応
  • 気温が上がったので、桜も満開になりました。4/9、今度の日曜日は、また国際フォーラムのフリーマーケットに出店します。前回の出店の時にちょっと問題に感じたのは、外国語対応という事です。場所柄、英語圏・中国語圏のお客様が多くいらっしゃいます。周りの出店者に聞くと、銀座や皇居からやってくる観光客の方々のようです。残念ながら、英語にも中国語にも素養のない私としては、でたらめな接客しか出来ない事を不甲斐無く [続きを読む]
  • BABYMETAL 東京ドームライブ
  • 昨日は都内某所で、発売されたばかりのBABYMETALの東京ドームライブの映像を見ていました。大きな画面に、音質の良いAVシステムでしたので、それはそれは素晴らしい時間でした。1日目 RED NIGHT縦横無尽に色々な角度から撮られた、とても素晴らしい内容で、いままでの画像の中で一番、MOAMETALが可愛く撮られていました。(わーい)2日目 BLACK NIGHT表情に美しささえ感じられるようになった、SUーME [続きを読む]
  • 着々と新作を製作中
  • ムーンキャットの新作完成。4月にテスト販売を行います。ちょっとブログをサボりましたが、相変わらず朝から夜までバタバタしています。4月にはまた、フリマで手作り商品販売をしますので、その為の新作の製作も進めています。パターンとしては、実際の販売でお客様の反応を生で確認して、状況に応じて修正を加えながら、ネット販売を展開する、という方法も有効なのでは?と思い始めています。未だにリアルとネットを分けて考え [続きを読む]
  • 京極夏彦と暁斎
  • とっても面白かったです。本日は仕事の合間に、河鍋暁斎のシンポジウムへ行ってきました。(と言っても、半分以上は仕事がらみなのですが)京極夏彦氏の考える河鍋暁斎とは・・・とても興味深い話でした。・妖怪とは何か・暁斎とはどんな人物か・暁斎は何を考えていたか今までも暁斎に関する講演を数多く聞いてきましたが、そのどれとも違う視点の話は、感心しつつも爆笑しつつ、とても楽しい時間でした。暁斎美術館の館長の「暁斎 [続きを読む]
  • 勤務3周年!
  • ガラスの靴に赤いバラ本日3/23で、ブラスト工房デザイン担当のMちゃんは、勤務期間が3年になりました。私のようなポンコツオヤジの所へ、3年も通うとは、それだけで本当にエライ!。パチパチパチ・・と表彰でもしてあげようかと思ったのですが、当の本人はインフルエンザでお休み中なのです。今週の出勤は無理そうなので、来週から復活となるでしょう。で・・・・Mちゃんがいないと、本当に仕事が大変な事になっておりまし [続きを読む]
  • 出産祝いに!お名前プレート
  • お子様の、お名前・日付・体重・身長 をガラスプレートに彫刻して塗装で仕上げます。新しい命の誕生は、周りの方々を明るく照らす、素晴らしい出来事です。そんな幸せを記念して、お子様のお名前を彫刻したガラスプレートを製作いたします。サイズは5mm厚で120mm×120mmサイズで、4面10mmの面取りガラスです。ガラスの透過性の美しさと、アクリルやプラスチックにはない重量感が高級感を演出します。ご注文いた [続きを読む]
  • Bunkamura 暁斎・ゴールドマンコレクション
  • 逆上して、いろいろとグッズを購入しました。(笑)本日やっと、Bunkamuraのザ・ミュージアムで行われている河鍋暁斎のゴールドマンコレクションを見てきました。どれも素晴らしい作品でしたが、特筆すべきは3点だと思います。1.鴉図  百年鴉で有名な暁斎ですが、これだけの種類の鴉図を一度に  見る機会は中々ありません。  必見です。2.幽霊画  段々と痩せ衰えて行く妻の様子をデッサンしたと言われる、  妖気漂 [続きを読む]
  • 蕨硝子 埼玉県庁で展示中!
  • 写真とは違うグラスが展示されています。埼玉県庁で、ブラスト工房のロックグラスを展示していただいております。埼玉県庁第2庁舎1F北玄関のロビーで、埼玉県警PRセンターの横に「市町村物産コーナー」があり、そこに蕨ブランド商品が展示されています。埼玉県警本部のある建物ですので、入り口にはおまわりさんが立番していますので、ある意味とーっても安全な所です。(笑)蕨硝子 河鍋暁斎シリーズの「骸骨の花火見立」で [続きを読む]
  • 蕨硝子 蕨商工会議所で展示中
  • 蕨商工会議所ロビーにて、蕨ブランド認定商品を展示中です。ブラスト工房のブランド「蕨硝子」の河鍋暁斎シリーズも展示いただいております。蕨商工会議所で、ブラスト工房のロックグラスを展示していただいております。蕨硝子 河鍋暁斎シリーズの「骸骨の花火見立」で、銅赤色と瑠璃色の2種類です。高級素材の被せガラスを使用して、サンドブラストで加工したものですが、一般的にみられるサンドブラスト商品とは、明らかに違う [続きを読む]
  • 蕨硝子 蕨市役所で展示中
  • 蕨市役所正面玄関にて、蕨ブランド認定商品を展示中です。ブラスト工房のブランド「蕨硝子」の河鍋暁斎シリーズも展示いただいております。蕨市役所の正面玄関という、一番人目に付く場所に、ブラスト工房のロックグラスを展示していただいております。蕨硝子 河鍋暁斎シリーズの「三味線を弾く骸骨」で、銅赤色と瑠璃色の2種類です。高級素材の被せガラスを使用して、サンドブラストで加工したものですが、一般的にみられるサン [続きを読む]
  • 忙しいのは良いのですが・・・
  • 今日もお酒のご注文!ありがとうございます。しかし、なんやかんやと忙し過ぎて、全く収集が付かなくなっています。「もう少しで余裕ができるかな?」などと思ってると、急ぎの仕事がいろいろと発生して、結局もっと悪い状態になるという、なんとも困った事になっています。やっぱり抜本的に仕事の進め方を変えなければ、状況を改善できないのでしょうが、それさえ無理な現状では、なんとか持続させるのが精一杯です。特にショッピ [続きを読む]
  • ガラスの靴のお酒
  • 今日は、販売予定の新商品の紹介です。ガラスの靴というと、女性のあこがれシンデレラですが、靴ではなくハイヒールとアンクレットもセットにされたリカーボトルの商品です。つま先の部分に、お祝いのメッセージ・デザインを彫刻できます。写真のボトルは、ピンクレッドですがこれは、ルビーグレープフルーツのリキュールの色です。その他にも、いろいろなリキュールの種類がありますので、販売までにバリエーションを増やして行き [続きを読む]
  • 東京国際フォーラムフリマ終了
  • 白に青が目立ったみたいで、結果的には〇。本日も、たくさんの方にお立ち寄り頂き、誠にありがとうございました。今日は少し暖かいかな?と予想していたのですが、ビルの谷間は寒かった!。コートを持参して本当によかったと思いました。しかし3月になったせいか、人通りは先月の2倍くらいもあり、多くのお客様にブラスト工房の商品をご覧頂きました。売上的には・・・まあ、なんとか(笑)という感じですが、これからはより一層 [続きを読む]