出水の秀ちゃん さん プロフィール

  •  
出水の秀ちゃんさん: 健康的で 明るく 笑顔のたえない ふるさとづくり
ハンドル名出水の秀ちゃん さん
ブログタイトル健康的で 明るく 笑顔のたえない ふるさとづくり
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/npohowto21
サイト紹介文日々の取り組みや経験、見聞したことから、多くの皆さんに、第2、第3のふるさとづくりを応援します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1495回 / 365日(平均28.7回/週) - 参加 2009/08/28 01:47

出水の秀ちゃん さんのブログ記事

  • 今度は竹林整備ですね。
  • 鹿児島県出水郡長島町蔵之元長島は、どんどん綺麗になっています。新しい道路も増えました。そして花壇が整備され、景観サポーターの手によって花が無い季節もなくなりました。今度は竹林整備ですね。川添町長。ジャガイモ農家の話によると、昔はイノシシがいても、ジャガイモは荒らさなかった。最近はそのジャガイモも荒らすようになったそうです。竹林が綺麗になれば、イノシシなどの食害対策立てやすくなります。竹林整備が行き [続きを読む]
  • 出水市と阿久根市の市境
  • 私は長島に行く時には、辺田目(へため)経由のルートを選びます。帰りは、脇本の宮崎神社を左折して…帰ってきます。いつも不思議に思っていたのが、出水と阿久根の市境。大ちゃん(古城大三さん)に尋ねました。「大ちゃん。辺田目はどこまでよ?船を上げてあっとこいまでや?」と大ちゃん『橋が架かっとっどが、あそこまで。手前に1軒家があっどが、あそこは八郷に入っといやっと。』ということでしたので、橋の上で車を止めて [続きを読む]
  • 平成29年6月24日
  • 鹿児島県出水市下知識町上村東 屋敷田よりおはようございます。6月24日。土曜日。午前5時33分出水のイマソラです。雨が降っていない。ラッキーと思って、加紫久利山(矢筈岳)に朝の挨拶に行ってきました。昨日。歌舞伎役者、海老蔵さんの奥さんがお亡くなりになり、にもかかわらず舞台にお立ちになった後の記者会見を見ましたが、涙を堪えて身を振り絞って話される姿を見て、流石だなぁと思いました。麻央さんのご冥福をお [続きを読む]
  • 平成29年6月23日
  • 鹿児島県出水市下知識町上村東 屋敷田よりおはようございます。6月23日。金曜日。午前5時30分。3日ぶりに傘が入りませんでした。加紫久利山(矢筈岳)に朝の挨拶。不都合なく出来て良かったです。昨日は江内地区の天ぷら廃油の回収。木牟礼自治会からいつもと反対周りで巡回。雨が降らなかったので良かったです。連尺野から西辺田の山越え、心配していましたが、雲の中を走るだけで、視界も良くつつがなく走れて良かったで [続きを読む]
  • ちょっと短いと思わん?
  • 江内方面に行くと必ず古城大三氏を訪ねることにしています。彼は、NPO法人Howto21Club。食の安全・安心を考える会の中心人物だから。今年も水稲の種籾消毒を、農薬を使わずにNT酵素海藻ミネラル配合1000倍希釈液で行われたので、その早苗の育苗状況を確認しなければ・・・と思って、苗場を覗いて写真を撮ってきました。写真を撮った後、自宅では私の到着を首を長くして待ってくれたようで・・・『今日は遅かったなあ』と言われ [続きを読む]
  • 今季の収穫は終りました。
  • 今季の収穫は終りましたと張り紙がしてありました。イチゴ農家の有得恒昭さんのイチゴ。今季の収穫が終わったそうです。最後のイチゴが、我が家前の無人販売所に品出しをしてありました。昨年は最後が6月10日。私の誕生日の頃でしたが、今季は10日長く収穫できたようです。他のイチゴ農家さんはどうかと云うと、だいたい5月1杯。NT酵素海藻ミネラル配合を散布された農家は、作物が元気が良いため例えばトマトはお盆過ぎまで収穫 [続きを読む]
  • 巨木は大切に保存しましょう。
  • 私だけだろうか?鹿児島県出水市向江町向江公園に聳えるエノキです。幹廻りは2m超え。樹齢はさてどの位だろうか。人々が慣れ親しんだ巨木が切られると、泣きたくなるのは、私だけだろうか。この向江公園は、元気な高齢者の方々の親睦の場なのです。天気の良い日。私がここに立ち寄るのは、第Ⅰ・第3の水曜日ですがグランド・ゴルフを楽しまれる人に出会います。そしてプレーの合間には、エノキの下の椅子に腰かけて休憩もされて [続きを読む]
  • お茶畑で使った農家の話
  • NT酵素海藻ミネラル配合をお茶に散布された農家の話です。これは出水市内の現在の茶畑です。NT酵素海藻ミネラル配合を散布されている農家では、お茶摘みをお盆過ぎまでされるかと思います。私がNT酵素を使って、有機農業の普及に取り組み始めた頃ですからひと昔前の話です。ざっくりと茶木を剪定してあったので思い出しました。お茶の場合、10a当り、生葉の収穫量は約800kgあるそうですね。その茶農家は、NT酵素海藻ミネラ [続きを読む]
  • 勿体ないことです。
  • 勿体ないことです。鹿児島県出水市高尾野町下高尾野あれっ・・・と思いました。幹廻り2m超えの銀杏がなくなっていました。銀杏は紅葉が始まると、暫くしてから、落葉が始まります。人によっては「迷惑」な木だとは思いますが、人々の心を和ませてもくれます。銀杏は成長が早いので、直ぐに大きくなります。でもこの木、樹齢10年は経っていたとのではないでしょう。地域の人の暮らしを見届けた木ではなかったのかな。葉が落ちて [続きを読む]
  • 眼の肥やしづくり
  • 天ぷら廃油の回収をしながら、眼の肥やしづくりをしています。鹿児島県出水市高尾野町下水流 東水流公民館の花壇です。シンプルな花壇ですが、赤と黄色と緑が調和しています。驚きました。草がありません。良く管理された花壇だと思います。表上公民館の花壇です。天ぷら油は出ていませんでしたが、花が慰めてくれました。本城公民館の花壇です。暫くすると、色鮮やかになるのだと思います。野添公民館の花壇です。プランター花壇 [続きを読む]
  • 平成29年6月22日
  • 鹿児島県出水市下知識町上村東 屋敷田よりおはようございます。6月22日。午前5時33分小雨が降る朝でした。出水では、「梅雨」のことを「ながし」、「雨が降る」と「良かうれじゃった」と云います。その「ながし」も「良かうれ」もほどほどに・・・と思いながら傘をさして加紫久利山(矢筈岳)に朝の挨拶をして来ました。昨日傘をさして歩いたので、今朝は全く違和感を感じませんでした。忘れていました。昨日は「夏至」だっ [続きを読む]
  • 眼の肥やしを増やすことが大事
  • 花づくりが花壇知らず     この言葉は私にとって恥ずかしいこの上ないものではないでしょうか。鹿児島県出水市野田町上名野田郷駅前交差点。以前十三仏交差点と呼ばれた交差点。その沿道にある花壇。四季を通じ、花を見ないことはありません。ドライバーの心を癒してくれる花壇に違いありません。熊陳通りの武家屋敷群。生け垣に松葉牡丹、似合います。これを見てNPO法人いずみ牛車の会 得永小夜子事務局さんに電話を入れま [続きを読む]
  • 平成29年6月21日
  • 鹿児島県出水市下知識町上村東 屋敷田より6月21日。水曜日。午前5時36分。出水のイマソラです。加紫久利山(矢筈岳)に朝の挨拶をやり続けて10年。初めて傘をさしていつもの場所まで歩いて来ました。手が不自由ですので、山に宿る神々に失礼な挨拶になったのでは・・・天気予報によれば、昼から晴れ間が覗くかもという予報。水曜日は広範囲な天ぷら廃油の回収だから、そうあって欲しいと思います。昨日は野田町と高尾野中 [続きを読む]
  • こんなのを見ると、声をかけたくなります。
  • 春町リサイクルステーションの前でした。鹿児島県出水市野田町下名50歳前後の男性が、花壇の手入れをされていました。大きな声で「綺麗にしやんなぁ(綺麗にされていますね)」と声をかけました。あえてご主人といいます。『ご苦労さん』と返事をされました。私が天ぷら廃油の回収に来たと思われたのでしょう。又声をかけました。「出水が綺麗になって良か。私も障がい者の手を借りて、3号線に花を植えています。するとご主人『 [続きを読む]
  • 野田路
  • 6月20日。天ぷら廃油を求めて野田町へ鹿児島県出水市野田町下名インフラは風景を変える。ここを高速道路が走るとは、時代が変わりました。噂では、この南九州道。川内原発の避難道路とか。そんな危険のあるものが造られるとは、利便性との矛盾した世界との熊野神社から肥薩おれんじ鉄道野田郷駅に向かう道路。野田町の街並み。整然として綺麗ですよ。無電柱化になればもっと綺麗なのに・・・と思いながら走っています。北薩オレ [続きを読む]
  • 平成29年6月20日
  • 鹿児島県出水市下知識町上村東 屋敷田よりおはようございます。6月20日。火曜日。午前5時20分。雨が降り出す前に・・・と思って、加紫久利山(矢筈岳)に朝の挨拶してきました。沖縄は梅雨が明けるというのに、大変な雨が降っているようです。梅雨には「ほどほど」というのは無いのでしょうか。何時、何処に、大雨が降るのか、神のみぞ知る・・・だから怖いですね。梅雨入り宣言があってから、雨が降らなかった。畑に水を撒 [続きを読む]
  • 上ノ原橋で季節を感じる
  • 鹿児島県出水市高尾野町大久保 上ノ原橋何月からだろうか。高尾野川に架かる上ノ原橋の欄干から下流域を眺めて季節を感じるようにしたことが慣例になってしまった。上ノ原から千間山公民館へ、天ぷら廃油の順路だから、月最低2回はこの橋を渡っている。単なる渡るだけでは勿体ない。何かを感じたい。そんな欲求があることに気づいたからだ。欄干に両腕をついて、川面を見下げるけど、鮎などの小魚の姿が見えないのが残念。洲の緑 [続きを読む]
  • ただ実は落ちるのみ・・・
  • 鹿児島県出水市高尾野町大久保 野平公民館付近北薩おれんじロード沿いの「野平公民館」付近です。道路沿いの畑の横に。「枇杷」がたわわに生っています。誰も千切る人はいないようですね。ただ実は自然に落ちるのみ・・・勿体ない話ですね。枇杷はみずみずしくて美味しいのに・・・私たちが育った時代。食べ物が無かったので、学校から帰ると競って、枇杷の木に登りたくさん食べたものですがね。今出水では、農家民泊を受け入れて [続きを読む]
  • 上り立公民館の花壇を見て
  • 鹿児島県出水市高尾野町大久保上り立公民館の庭です。長寿会や子供会(育成会)が競ってかだんづくりを楽しまれています。へえ〜と思いました。松葉牡丹。こうして植えると結構ボリュームが出るんだと思いました。今松葉牡丹の苗を約1000ポット育成中ですが、この花壇を見るまでは、私の頭の中は、石垣などで、上から下に這わせるものだとばかり思っていました。国道3号線沿道花壇で結構使えると思いました。犬も歩けば棒に当 [続きを読む]