アオゾラ さん プロフィール

  •  
アオゾラさん: That's
ハンドル名アオゾラ さん
ブログタイトルThat's "Hokkaido Nippon-Ham Fighters" Entertainm…
ブログURLhttp://t-hnf-e.seesaa.net/
サイト紹介文東京時代からの日ハムファンです。日ハムのハナシを。
自由文ブログタイトルが入りきりませんでしたが、ホントは「That's "Hokkaido Nippon-Ham Fighters" Entertainment!!」と言います。
URLが変わりましたがコレからもよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供282回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2009/08/28 14:52

アオゾラ さんのブログ記事

  • [07/22]対埼玉西武、at所沢。
  • 000 000 000 =0 Fighters101 000 20X =4 Lions[投/F] 白村-石川直-田中豊-マーティン[投/L] 多和田-武隈-増田[HR/F] -[HR/L] メヒア(16号)[勝] 多和田 (2勝2敗)[負] 白村 (1敗)【投手】この試合の先発は、白村。先発調整も早々に1軍で初先発となった白村でしたが、この試合も前試合に続いて初回に被弾で失点スタートとなってしまいました。しかしその後は犠飛による1失点のみ、三振も良く奪って良く踏ん張っていたと思います。も [続きを読む]
  • [07/21]対埼玉西武、at所沢。
  • 010 002 011 =4 Fighters100 223 000 =8 Lions[投/F] メンドーサ-公文-鍵谷-谷元[投/L] 菊池-牧田-シュリッター-増田[HR/F] レアード(22号)[HR/L] 浅村(10号)[勝] 菊池 (9勝4敗)[負] メンドーサ (2勝7敗)【投手】この試合の先発は、メンドーサ。メンドーサは初回からの被弾とかもあったものの、最終的な感想としてはなんか不運だったな、と。そんな感想を持ってしまっているのが正直なところです。中盤以降の怒濤の四球ラッシュ [続きを読む]
  • [07/20]対東北楽天、at札幌。
  • 000 003 000 00 =3 Eagles000 000 030 01x =4 Fighters[投/F] ?田-谷元-鍵谷-田中豊-マーティン-増井-宮西[投/E] 塩見-福山-高梨-久保-金刃-戸村[HR/F] レアード(21号)[HR/E] -[勝] 宮西 (2勝3敗)[負] 金刃 (1敗)【投手】この試合の先発は、??田。今年2度目となる先発登板はイースタンで結果を残しての堂々たる再昇格でしたが、その内容は初回からピンチの連続の投球でした。ただソレでも粘って粘って無失点で投げ続けたと [続きを読む]
  • [07/19]対東北楽天、at札幌。
  • 010 001 010 =3 Eagles000 000 020 =2 Fighters[投/F] 上沢-宮西-石川直-田中豊[投/E] 岸-ハーマン-松井裕[HR/F] 西川(5号)[HR/E] ウィーラー(20号)・アマダー(8号)[勝] 岸 (8勝3敗)[負] 上沢 (2勝3敗)[S] 松井裕(3勝1敗28S)【投手】この試合の先発は、上沢。この試合でも上沢はいつも通りに低めにまた大胆にと言う投球で、大胆に投げたストレートが甘く浮いたときには長打と言うそんないつものパターンで被弾での失点はあった [続きを読む]
  • [07/18]対東北楽天、at函館。
  • 001 001 030 =5 Eagles000 001 00X =1 Fighters[投/F] 有原-公文-鍵谷[投/B] 辛島-高梨-ハーマン-松井裕[HR/F] レアード(20号)[HR/E] ペゲーロ(21号)[勝] 辛島 (7勝4敗)[負] 有原 (5勝7敗)【投手】この試合の先発は、有原。有原はソレなりの投球は出来ていたと思います。最終的な結果を見ると失点が嵩んでしまってもいたものの7回終了までは2失点のみ、でしたからね。試合はしっかりと作るコトが出来ていました。8回は交代機を逃 [続きを読む]
  • [07/12]対オリックス、at京セラ。
  • 001 020 000 =3 Fighters050 100 00X =6 Buffaloes[投/F] 大谷-メンドーサ-谷元-宮西-田中豊[投/B] 金子千尋-大山-東條-黒木-平野[HR/F] -[HR/B]-[勝] 金子千尋 (7勝6敗)[負] 大谷 (1敗)[S] 平野 (2勝4敗19S)【投手】この試合の先発は、大谷。1軍では今年初登板となった大谷ではあるもののその実情は調整登板、ですから試合に出せる状態であると言う判断こそあれども先ずは結果よりも内容が大事と言う登板だったんだと思います [続きを読む]
  • [07/11]対オリックス、at京セラ。
  • 000 100 000 =1 Fighters133 100 00X =8 Buffaloes[投/F] 斎藤佑-公文-田中豊-石川直[投/B] 西-赤間[HR/F] -[HR/B]ロメロ(16号)[勝] 西 (4勝4敗)[負] 斎藤佑 (1勝3敗)【投手】この試合の先発は、斎藤。斎藤は甘い球とか打たれても仕方ないような球もありましたが、個人的にはフォークが打たれていたのがちょっと気になりました。なんかボール球とかでもすんすんと打たれてましたよね、狙われていたような部分もあったんでしょう [続きを読む]
  • [07/09]対オリックス、at京セラ。
  • 000 000 000 =0 Fighters302 020 40X =11 Buffaloes[投/F] 浦野-上原-田中豊-石川直[投/B] 山崎福[HR/F] -[HR/B] 吉田尚(1号)・ロメロ(15号)[勝] 山崎福 (2勝1敗)[負] 浦野 (3勝3敗)【投手】この試合の先発は、浦野。初回から2被弾で3失点と言う立ち上がりになった浦野でしたが、純粋に球威で負けてしまっていたような雰囲気もあったでしょうか。本塁打を打たれたのは吉田にロメロと共に大きい当たりが打てる打者ではありますが [続きを読む]
  • [07/10]対福岡ソフトバンク、at札幌。
  • 000 000 000 =0 Hawks000 010 10X =2 Fighters[投/F] 上沢-マーティン-増井[投/H] バンデンハーク-嘉弥真-五十嵐[HR/F] -[HR/H] -[勝] 上沢 (2勝2敗)[負] バンデンハーク (7勝4敗)[S] 増井 (3勝1敗14S)【投手】この試合の先発は、上沢。上沢は前回と同様にこの試合でも「ストレートは大胆に、変化球は低めに」と言う吉井イズムな内容で、甘く入ったストレートもありましたからソレでピンチを招くコトもしばしばあったもののしか [続きを読む]
  • [07/08]対福岡ソフトバンク、at札幌。
  • 201 000 110 =5 Hawks000 101 000 =2 Fighters[投/F] 井口-田中豊-公文-マーティン-上原[投/H] 千賀-森-嘉弥真-岩嵜-サファテ[HR/F] ?レアード(19号)[HR/H] 柳田(23号)・デスパイネ(21号)[勝] 千賀 (7勝2敗)[負] 井口 (1敗)[S] サファテ (1勝27S)【投手】この試合の先発は、井口。井口の失点についてはとにかく柳田に尽きると言うところでしょうか。本人の弁の通りに立ち上がりには確かにばたばたしていた部分はありましたが、 [続きを読む]
  • [07/07]対福岡ソフトバンク、at札幌。
  • 003 100 000 =4 Hawks001 000 000 =1 Fighters[投/F] 有原[投/H] 東浜-嘉弥真-五十嵐-モイネロ-岩嵜-サファテ[HR/F] -[HR/H] 柳田(22号)・松田(15号)[勝] 東浜 (8勝3敗)[負] 有原 (5勝6敗)[S] サファテ (1勝26S)【投手】この試合の先発は、有原。有原は内野ゴロも三振も少ない立ち上がりでちょっと最近の中では不安もある立ち上がりではあったものの2回までは無失点、しかし3・4回と被弾で失点を重ねる結果となってしまいました [続きを読む]
  • [07/06]対埼玉西武、at札幌。
  • 004 003 000 =7 Lions012 110 010 =6 Fighters[投/F] メンドーサ-宮西-石川直-田中豊-公文[投/L] ファイフ-平井-大石-牧田-シュリッター-増田[HR/F] -[HR/L] 源田(3号)[勝] 平井 (1勝)[負] 宮西 (1勝3敗)[S] 増田 (1勝3敗17S)【投手】この試合の先発は、メンドーサ。メンドーサは状態自体は悪くなかったと思います。3回の4失点にしても炭谷・金子の連続安打についてはメンドーサ的には致し方ないゴロ安打でしたからね、ただその [続きを読む]
  • 惜別、エドウィン・エスコバー様。/歓迎、黒羽根利規様。
  • 日ハムと横浜DeNAのトレードが発表になりました。何とも珍しいトレードが発表されました。日ハムから移籍するのは外国人のエスコバー。NPB的にはロメロ(G→H)以来、日ハム的にはオビスポ以来と言うコトで他球団よりは珍しくはありません(笑) ただ入団1年目の外国人選手、となるとやはり珍しいトレードと言えそうです。そんなエスコバーは、乾・勝さん・金平・須永に吉川とどんどんどんどん減っている左腕の補充のためにと今年から [続きを読む]
  • [07/04]対埼玉西武、at東京。
  • 211 000 000 =4 Lions000 100 000 =1 Fighters[投/F] 加藤-白村-谷元[投/L] 野上-牧田-シュリッター-増田[HR/F] -[HR/L] 中村(18号)・メヒア(14号)[勝] 野上 (5勝6敗)[負] 加藤 (3勝5敗)[S] 増田 (1勝3敗16S)【投手】この試合の先発は、加藤。加藤は今までの投球からすればそう違わないような内容ではあったと思いますが、ただ西武打線が甘い球を見逃してはくれず、容赦なく飛ばされてしまったような感じだったでしょうか。西武 [続きを読む]
  • [07/03]対埼玉西武、at東京。
  • 013 001 105 =11 Lions200 100 100 =4 Fighters[投/F] 高梨-井口-公文-上原[投/L] 岡本-大石-牧田-シュリッター-小石[HR/F] 中田(11号)・レアード(19号)[HR/L] 中村(16号)・中村(17号)[勝] 岡本 (3勝)[負] 高梨 (3勝7敗)【投手】この試合の先発は、高梨。高梨は序盤はカーブが使えなかったか使わなかったかストレートとフォークの投球で、幅がやや狭い投球と言う中でストレートを打たれてしまっていました。中盤からはカーブ増 [続きを読む]
  • エスコバーと玉井と大累の抹消と、上原と井口とドレイクの登録。
  • 本日の公示が発表になりまして、本日も試合のある日ハムは大量3選手ずつの入れ替えとなりました。ナニより新加入のドレイクの昇格が一番のトピックスになるんだと思いますが、その前にユーティリティーの大累の抹消でベンチの偏りは些か不安なところです。ドレイクの起用法こそ分からないもののベンチにいる内野手は杉谷と賢介のみ、賢介が指名打者起用になれば杉谷のみと言う内野手の少なさですからね。大累がベンチにいるのとい [続きを読む]
  • [07/02]対千葉ロッテ、atZOZOマリン。
  • 000 002 051 =8 Fighters000 001 002 =3 Marines[投/F] 上沢-宮西-白村-玉井-公文[投/M] 石川-益田-有吉-松永-大谷-藤岡-宮崎[HR/F] 大田(10号)・松本(3号)・レアード(17号)[HR/M] -[勝] 上沢 (1勝2敗)[負] 有吉 (4敗)【投手】この試合の先発は、上沢。上沢は丁寧に且つ大胆な投球で、ソレは吉井コーチじゃないですが“変化球は低めに、ストレートは大胆に”と言う投球で抑えるコトが出来ていた感じでした。得点の直後には失点も [続きを読む]
  • [07/01]対千葉ロッテ、atZOZOマリン。
  • 000 000 300 =3 Fighters001 024 00X =7 Marines[投/F] 村田-白村-エスコバー-玉井[投/M] 唐川-有吉-大谷-内[HR/F] 石井(2号)[HR/M] 加藤(2号)[勝] 唐川 (3勝7敗)[負] 村田 (1勝2敗)【投手】この試合の先発は、村田。村田は立ち上がりこそ上々の内容でしたが、3回からは毎イニングのように失点を喫してしまって6回途中3失点と言う内容でした。まぁ3回の失点なんかは仕方がないようなものでしたけどね、長いイニングを投げていく [続きを読む]
  • [06/30]対千葉ロッテ、atZOZOマリン。
  • 000 000 610 =7 Fighters100 000 003 =4 Marines[投/F] 有原-玉井-増井[投/M] 涌井-宮崎[HR/F] -[HR/M] 中村(1号)[勝] 有原(5勝5敗)[負] 涌井 (3勝6敗)【投手】この試合の先発は、有原。有原は立ち上がりこそ球も高くイマイチの内容で初回には1失点こそ喫しはしましたが、その初回を最後は併殺で切り抜けて1失点のみで踏ん張るとその後は落ち着いた投球で最後まで失点を許さないで8回までを投げ切っていました。初回の最後の併殺 [続きを読む]
  • [06/29]対福岡ソフトバンク、at福岡。
  • 000 000 000 =0 Fighters100 000 00X =1 Hawks[投/F] メンドーサ-宮西-谷元-白村-公文[投/H] 松本裕-嘉弥真-森-岩嵜-サファテ[HR/F] -[HR/H] -[勝] 松本裕 (2勝2敗)[負] メンドーサ (2勝6敗)[S] サファテ (1勝22S)【投手】この試合の先発は、メンドーサ。メンドーサは時折四球を許すコトはありながらも内野ゴロを打たせ、またチェンジアップも効果的に使って打ち取っていくなど良い投球となっていました。ですから不運な適時打 [続きを読む]
  • 獲得、ヤディル・ドレイク様。
  • 日ハムが新外国人選手を獲得しました。その選手はヤディル・ドレイク選手、右投右打の外野手とのコトです。1990年生まれと言うコトで日ハムで言うと中島や大田と同じ世代、大田とは利き手・ポジション・世代とまんま同じと言うコトになるんですね。確かに今の日ハムは近藤や大谷の故障もあってちょっと打線は停滞気味ですが、ただ右投右打の外野手とは正直なところ最も補強ポイントとは違うように感じてしまうのも事実ではあるんで [続きを読む]
  • [06/28]対福岡ソフトバンク、at福岡。
  • 003 010 010 =5 Fighters021 110 01X =6 Hawks[投/F] 加藤-白村-公文-マーティン[投/H] 武田-嘉弥真-五十嵐-森-岩嵜-サファテ[HR/F] -[HR/H] 川島(3号)・甲斐(3号)・今宮(4号)・デスパイネ(19号)[勝] 岩嵜 (4勝2敗1S)[負] マーティン (2敗1S)[S] サファテ (1勝21S)【投手】この試合の先発は、加藤。加藤はこの試合でも相変わらず積極的にストレートをがんがん投げる投球でしたが、2回にはそのストレートが外角高めにすっといっ [続きを読む]
  • [06/27]対福岡ソフトバンク、at福岡。
  • 000 000 000 =0 Fighters200 400 00X =6 Hawks[投/F] 高梨-エスコバー[投/H] 柳田-岡本-モイネロ[HR/F] -[HR/H] 柳田(19号)・松田(12号)・甲斐(2号)[勝] 石川 (3勝2敗)[負] 高梨 (3勝6敗)【投手】この試合の先発は、高梨。高梨は投球自体は頗る悪いようなものではなかったと思います。ストレートは甘く入るコトもちらほらとあったものの球威はありましたし、変化球も決まっていましたからね。ただその甘いストレートに打ち負けな [続きを読む]
  • [06/25]対東北楽天、at札幌。
  • 300 010 020 =6 Eagles000 000 000 =0 Fighters[投/F] 浦野-公文-白村-エスコバー-玉井[投/E] 岸-久保[HR/F] -[HR/E] -[勝] 岸 (6勝2敗)[負] 浦野 (3勝2敗)【投手】この試合の先発は、浦野。浦野は先頭打者の島内を早くから追い込むもののフォークで決められずに最終的には死球で歩かせてしまうとソコから3失点、立ち上がりに大失敗と言う初回の投球でした。犠飛での最後の1得点とか勿体なかったですね。ただその後のイニングは [続きを読む]
  • [06/26]対東北楽天、at札幌。
  • 100 000 000 01 =2 Eagles100 000 000 00 =1 Fighters[投/F] 有原-宮西-マーティン-増井-谷元-玉井[投/E] 美馬-ハーマン-松井裕-福山[HR/F] -[HR/E] ぺゲーロ(16号)・ウィーラー(14号)[勝] 松井裕 (3勝1敗21S)[負] 玉井 (1勝1敗)[S] 福山 (3勝1S)【投手】この試合の先発は、有原。有原は初回からの被弾はあったもののその後は貫禄の投球で8回途中までを投げて1失点と言う内容でした。前回のヤクルト戦と続けてのこの内容ですか [続きを読む]