B&H さん プロフィール

  •  
B&Hさん: あーとランダム
ハンドル名B&H さん
ブログタイトルあーとランダム
ブログURLhttp://bummei-harada.jugem.jp/
サイト紹介文現代アートを中心に活動している原田文明のウェブサイト。
自由文現代アートを中心に活動している原田文明の公式ウェブサイト。
これまで制作してきた作品のほか、エッセイやブログでの発言、アートスクールでの活動などを紹介。
アートプロジェクトのディレクターとして地域ぐるみの運動としてのアートの可能性を求めてうろついている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/08/29 17:08

B&H さんのブログ記事

  • ぶどう
  • 中澤さんの描いた『ぶどう』。なかなかしぶいです。これはスミさんの『ぶどう』。あっけらかんとしていて独特のおもしろさがあります。この構図より前の方がプリミティブな感じでいいですね。 [続きを読む]
  • 子どものクラス
  • 久しぶりに顔を合わせた子どものクラス。夏休みも後半に入って顔の色も結構色っぽくなっています。今日はキュウリを並べて描いてみました。こんなことをしている子もいます。いつの時代にも必ずいますこういうタイプ。今日は3人がお休みでしたが秋の作品展が楽しみです。 [続きを読む]
  • 二人の『人生ものがたり』
  • 風が吹けば、枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。こつこつ、ゆっくり。人生、フルーツ。 何回か繰りかえされるこの言葉。昨日は、いま話題の映画『人生フルーツ』を広島八丁座にて鑑賞するために広島まで車を走らせる。いつもの駐車場に車を入れてPARCO辺りをぶらつくと岩国とは違って若い人が多いのにおどろく。それにおしゃれを楽しんでいる人も多い気がする。買い物をすませて八丁座に行く [続きを読む]
  • 小学中学の同窓会
  • 昨日は3年ぶりの小学中学の同窓会。先ずは物故者を偲んで1分間の黙とうで冥福を祈る。いつもは30人程度の同窓生が集結するのだが、今回はどういうわけか集まりが悪く大きく下まわった。60才代最後の同窓会なのでもう少しは期待していたのだが、健康面の不安やいろいろな事情もあってやむなしと言ったところか、、、、、。それでも、30年ぶりとの同窓生もいて一次会は大いに盛りあがり、あっという間の2時間が過ぎてしまった。 [続きを読む]
  • 里の四季4部作
  • 玉井康子さんの『里の四季』4部作が仕上がりました。なかなか良いですよ。ついでにこれ県美展に持って行ってみるかなぁ!おもしろいかも、、、、、 [続きを読む]
  • 暑〜っ、、、
  • 暑〜っ、、、POOHちゃん、もうバテたのか⁉ 食欲ないじゃないか、ダメだよ食べなきゃ。まっ、寝るのが一番だけどな。 [続きを読む]
  • 子どもたちとマーブリング
  • 今日は保育園の子どもたちとマーブリング。いろいろな模様が簡単にできておもしろい。空気が入って白く残っているところや一度失敗して水につかった模様がくっきりと残っている模様もあっておもしろい。そこには直線的な部分が残って逆に格好いい感じ。 白く残った模様も結構おもしろいがどうしてこんなことになったのか考えてみる。今度はあえて白い部分が残るように部分的につけてみることに。失敗して水に浸かった模様が残 [続きを読む]
  • 生誕110年企画『宮本常一と、私』
  • 昨日はNPO周防大島郷土大学主催による宮本常一生誕110年記念特別講義として行われた各種トークセッションやコンサートに出かけた。ちょうど大阪からの来客もあり楽しみにしていた企画だったのだ。猛暑の中、三人で朝早くから出かけると会場は多くの人が詰めかけていて振り返るとほぼ満席となっていた。前日には寺尾紗穂さんのコンサートがあったのだが、この日は彼女のわらべうたミニコンサートではじまり、そのあと民俗学者の赤 [続きを読む]
  • 達磨絵図
  • これは昨日、中村さんが描きあげた『達磨絵図』F10号です。ひょうきんな達磨の顔が画面全体に描かれていて均質な空間をつくっています。中村さんは今度は30号に描くと云っていますがとてもおもしろい作品だと思いますね。 [続きを読む]
  • 今度は徹と一緒にくる
  •   開演時間ぎりぎりに辿り着いてあわてて会場に駆け込むとすでに黒田さんが挨拶していました。やや落ち着きを取もどすと演奏は間もなくはじまりましたが、はじめから引き込まれるように心地いい緊張感に充たされたかと思えば1ステージ1時間のパフォーマンスはあっという間に過ぎていました。それは、たとえようもない素晴らしいライブでした。 今回のMLT(ミッシェル・ドネダ、レ・クアン・ニン、齋藤徹のトリオ)ツアー公演は [続きを読む]
  • 蓮根の花
  • 蓮の花が大きくてきれいです。今がちょうど見ごろなのかな?小方さんのアトリエの近くにある蓮田には大きな花が咲いています。おもわず写真を撮ってみました。 あははは、2枚目は浜桐さんの絵でした。 [続きを読む]
  • 『かぼちゃとゴーヤ』
  • 今日の子どもたちのクラスでは『かぼちゃとゴーヤ』を描きました。偶然にも香月ジュニア絵画大賞展の応募案内もきていて、今年の課題は『食材を描こう』ということでした。昨年もこの展覧会に応募して三人がめでたく入選。これまでにも大賞をはじめいろいろな子どもたちが各賞を受賞していますが、だんだん今年もやってみるかなという気持ちになってきました。次回は手づくりカスタネットをつくることにしていますが、絵画制作と [続きを読む]
  • 第3作目
  • F15号 油彩 前田くんの第3作目。のびのびと描いていてとても良いと思います。力強くて透明感もありますね。 この調子でどんどんすすめて良いと思います。 [続きを読む]
  • 「竹やり」的な避難訓練
  • 福田岩国市長は6月23日の議会において厚木基地所属空母艦載機の受け入れを表明した。この件に関する住民説明会では怒号が飛び交う中、時間切れで後味の悪い幕引きとなったがとても住民の理解が得られたとはいえない状況だった。11年前の住民投票の結果をみても有権者の約6割(投票率)のうち約9割が反対であっても地域振興策や米軍再編交付金を求めて判断したと思われる。このことは著しく思慮に欠けたものであり目先のことしか [続きを読む]
  • ヒロさんの『笑』ライブ
  • 今回の松元ヒロさんのライブは最高だった。打ち上げも大いに盛り上がり主催者のほかにもピースボートの関係者や絵手紙の金本さんたちともいろいろな話ができてよかった。二次会ではヒロさんとも大いに盛り上がり楽しい打ち上げとなった。アベ・スガ政権の独裁的な振舞いから戦後70年平和憲法の下つちかわれてきた民主主義が次々と壊されていく状況からしてヒロさんの憲法くんもリストラ寸前とあれば、必然的にフルパワーで笑い飛 [続きを読む]
  • 断片的なイメージと記憶
  • パラレル(長嶋有著、文春文庫) どういえばいいのだろうこの小説。『パラレル』はある意味で実験的でもあり野心的な作品といえるのではないか。この作家特有の文体といえばそれまでだが、なんでもない日常的な時間が大きな起伏もなくとりとめもなくつづくスタイルはこの時代の感覚をみごとに浮き彫りにする。だが、本編ではそこに奇妙な仕掛けを施しているような気がするのだ。何故なら、ここでは今・大学時代・離婚前後といった [続きを読む]
  • 新刊『春くんのいる家』
  • 春くんのいる家(岩瀬成子、坪谷令子絵、文渓堂) 新刊『春くんのいる家』(岩瀬成子作 坪谷令子絵 文溪堂)が出版されました。 テーマは家族。家族ってなんだろう?小学四年生の日向ちゃんが問いかける切なくもさわやかな物語。 『マルの背中』『ちょっとおんぶ』(いずれも講談社)が刊行されたばかりの岩瀬成子さんの最新作、どうぞお楽しみください。 [続きを読む]
  • 宮川淳 引用の織物etc.
  • ああ・・・やっと、『宮川淳著作集第一巻』(美術出版社)読了!積読していたままだったり、休み休みだから結構かかったなあ・・・。 でも、若いころ衝撃を受けた存在論的な思索や構造主義、本著は美術史論を軸に文学や建築などその周辺を横断する記号論のように思われるけれど、どういうわけか実は書棚の横に全三巻とも積んだままになっていた。いずれゆっくり読もうと思って安心し過ぎていたのかもしれない。 若いころ、制作を [続きを読む]
  • 米軍再編と岩国
  • 23日(火)はシンフォニア岩国において、岩国の将来をきめる厚木からの「空母艦載機移駐計画」について住民説明会が行われた。壇上のひな壇には市当局の幹部らと中国防衛施設局の数人がオブザーバーとして座っていた。福田市長の挨拶からはじまり、市長は用意した資料をもとに自らひとりで説明した。?市のスタンス ?安心、安全対策 ?地域振興策 ?国への要望事項など、これまでの成果として一方的にひと通りの説明をした後、つめか [続きを読む]
  • 街なかのアート
  • この迫力すごいでしょう。誰がやったか知らないが云われてみれば確かにみえる。ボーダレスアートの世界がみえてくる。 何なんでしょうね。やはり、素通りできないパワーと執念のようなものを感じます。聞くところによれば、この家の住人、毎朝ガムテープ貼っているらしい。それも白にこだわっている感じがありますね。 [続きを読む]
  • どくんご岩国公演
  • 『劇団どくんご』のテント芝居が日曜日(21日)、満員打ちきり大盛況のうちに終了した。暑くもなく寒くもなく程よい感じの天候に恵まれたのは幸いであった。マスコミ等々で報道され大劇場で上演する芝居とはちがって、日常と非日常を行き来する軽さがおもしろくも心地いいのだ。ただ、演劇表現において自前のテント劇場であるがゆえの可能性、一切の妥協を許さない徹底した演劇などということとは別に「今、なぜテントなのか」テン [続きを読む]
  • 新人前田くん
  • 先月から描きはじめたばかりの新人前田くんの作品です。 最近では珍しくなってきたこいうタイプ。ナイフをつかって大胆に描いていますね。面白いです。 [続きを読む]