Xingfu さん プロフィール

  •  
Xingfuさん: 中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅
ハンドル名Xingfu さん
ブログタイトル中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅
ブログURLhttp://ameblo.jp/jkochaye/
サイト紹介文中国&台湾茶教室−Tea Salon Xingfu主宰。中国・台湾へ中国茶研究の旅、日々の中国茶を紹介しています。
自由文中国史、中国の文化が好きで、大学で中国史を専攻。現在、身体によく、本物の中国茶を求め、年に10回ほど中国、台湾へ行き、現場茶師、茶芸師たちと交流しています。池袋カルチャー、よみうりカルチャーなどや杉並の自宅サロンでの中国茶教室を通し、中国・台湾の文化・歴史も含め楽しめる教室を運営しています。
「中国&台湾茶教室―Tea Salon Xingfu」
http://chineseteasalon-xingfu.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/08/30 00:03

Xingfu さんのブログ記事

  • トン族村で作ったマイ紅茶とお手製クッキー
  • 先日、台湾茶マスターⅠの生徒様から美味しいお手製のクッキーを頂きました。美味しいスイーツを頂くと、まず食べてみてから、どの中国茶&台湾茶にしようかな??と考えます。中国茶は和洋中、どのスイーツにもよく合うので、スイーツに合う茶葉を考えるのも楽しい時間です。今回決めた中国紅茶は・・3月26日、トン族村で茶師たちと作った紅茶。この日作った一つが烏牛早種の紅茶。今回はこの爽やかな甘みのある紅茶にしました。 [続きを読む]
  • 開化龍頂の旅
  • 莫干山、安吉の旅を終え、その足で開化龍頂の旅へ行っていました。開化龍頂を作る同級生との10年ぶりの再会。そして、開化龍頂の定義をひも解くための旅でした。行ってみると、同じ浙江省とは思えない光景との出会いばかり。特に食に関しては驚きの連続でした(怖いもの見たさの生徒様はレッスンでお見せしますね) 街までは自力で、そこから町から村へ、山へ行くには6時間以上。数年前までよりはだいぶ楽になったとはいえ、 [続きを読む]
  • 芽摘みの龍井茶
  • ジメジメとした日が続いていますね。こんな日は中国緑茶が飲みたくなります。芽で摘んだ龍井茶。うっすらと開いて浮かぶ姿もまた美しく、癒されます。これは3月に行っていたトン族村の龍井茶の一つ。旧正月の直後に作った龍井茶です。芽摘みの茶摘みは今回もしたけれど、心が折れそうなぐらいツライもの。茶師たち、茶摘みの人たちに感謝しながら、ゆっくり、じっくり味わってもらいたい龍井茶です。今月の「はじめてみよう!中国 [続きを読む]
  • 二つの莫干黄芽への旅
  • 二度目の中国茶研究の旅のスタートは莫干黄芽から。アクシデントがあり、やむを得ず白タクを二度乗り換えての莫干山入り。(白タクはかなり中国に精通している人でもおすすめしません)毎年訪ねる莫干山の茶師の茶畑へ。ここ莫干山で莫干黄芽を作っている同級生がほかにもう1人いることがわかったのが2年前。10年ほど前、初めて参加した中級評茶員の時、たった一人の外国人で緊張していたわたしに気軽に話しかけてくれた同級生でし [続きを読む]
  • 評茶
  • 中国から帰国し、昨日より5月のXingfu中国茶&台湾茶講座も始まりました。Xingfuの中国茶講座は初級講座、中級講座とステップアップし、その後、台湾茶、岩茶、そして、緑茶&紅茶と特化するマスター講座になります。マスター講座から各々の評茶が始まり、深く面白い中国茶の世界が広がります。品種、産地、時期。それぞれの特徴を評茶を通し、理解する。そのうえで、特徴を生かし、美味しく淹れるにはどうするのかを追求していき [続きを読む]
  • 中国、茶の研究の旅、第三弾から帰国しました
  • 昨晩、2週間に渡る中国、茶の研究の旅から帰国しました。到着後、南京に入り、南京農業大学での日本茶文化の講義を通しての、日中友好交流から始まりました。茶芸科の大学生をはじめ、たくさんの人が参加してくださいました。こんなにたくさんいるとは思わず、初めは緊張しましたが、最後は質問も出て、和気あいあいとした交流ができ、本当に楽しい貴重な経験ができました。拙い中国語、また、専門外の日本茶関連ではありましたが [続きを読む]
  • 中国へ、茶の研究の旅、第三弾へ行ってきます
  • 本日で、4月のレッスンはすべて終了しました。今月も楽しみにお越しださり、ありがとうございました。2度にわたる茶の旅の話、茶師たちのお薦めお菓子なども楽しんでくれていたら、うれしいです。そして、明日より、中国へ茶の研究の旅、第三弾へ出発します。今回は南京からスタートです。南京雨花茶を作る同級生の茶師を訪ねる旅。その前に・・急遽、南京農業大学で1講義をすることになりました。4月10日の帰国後決まり、レッスン [続きを読む]
  • 幸せXingfuな台湾茶時間
  • 先日、うれしいお写真を頂きました。台湾茶研究科の生徒様から頂いたお写真。3月4日に開催しました「楽知茶祭」の日が結婚記念日だったということで、大好きな張茶師の鉄観音を淹れてくれました。楽知茶祭で購入された、茶席の布と茶巾、そして、マクロビスイーツの生徒様が販売されたお芋のスィーツをお共にご家族で楽しんでいるお写真です。『普段の日も「お茶したいなー」と家族からのリクエストがあったり、台湾茶時間が一家団 [続きを読む]
  • トン族伝統茶「打油茶」
  • 茶の旅の楽しみの一つが茶師やその友人たちが作ってくれるご馳走です。中国各地を旅しながら、茶とともにその土地の食文化に触れるのも楽しみの一つ。レストランでなく、家でふるまってくれるご馳走がなにより美味しい。今年4年目となる、トン族の村での製茶のお手伝いから、今年も茶の旅がスタートしました。トン族の家は「打油茶」という伝統茶から朝がスタートします。茶を炒め煮出す、少数民族らしい茶の食べ方です。中身はな [続きを読む]
  • 今年はトン族村での龍井茶作りからスタート
  • 中国茶は現地のスーパー、お茶屋さん、市場などどこでも手に入ります。手に入れやすいものはそれなりのものになる可能性が大きい。現場に近く、そして関係性を含め、すべてが近くなればなるほど驚くような極上のものに出会えます。それが一番難しいこと、貴重な中国茶を飲める幸せを今回の旅で更に実感しました。現場へ行けばいくほど感じる品質の差の大きさ。 茶を含め、中国の大きさ、人口や貧富の差と同様、日本の感覚で [続きを読む]
  • Xingfu中国茶&台湾茶 4月講座開始しました!
  • 帰国後してから、日々、レッスンを開始しています。4月からスタートした初級講座、中級講座をはじめ、既存クラスの皆さんと出来立ての新茶を味わえて、幸せな時間です。レッスンで飲む茶葉はすべて茶師たちが丹精込めて作った作品のようなものばかり。共に作り、一つ一つに物語があります。レッスンを通じ、彼らの想いや物語も伝えながら、より中国茶を、そして、中国に興味を持ってもらえたら嬉しいです。これは4月初旬に浙江省付 [続きを読む]
  • 修論「日本統治期における台湾茶業の変遷」が受賞しました
  • 3月末、無事、立教大学文学研究科史学専攻の修士課程の学位を取得できました。20年以上ぶりの大学生活とそれ以上に大学生と大学院生の違いを実感した2年間。なんとか2年で無事終了できたのも子供ぐらい年下の同級生をはじめ、先生方のご指導のおかげだと感謝しています。そして、同時に、今回提出しました修論「日本統治期における台湾茶業の変遷」が立教大学文学部設立100周年記念で受賞しました。10年以上茶師の下、寝食を共にし [続きを読む]
  • 中国へ、茶の研究の旅、第二弾から帰国しました
  • 昨晩、中国より茶の研究の旅から帰国しました。毎年恒例の、浙江省の茶産地にいる中国の茶葉学校の同級生たちを訪ねる旅。莫干山からスタート。緑茶と黄茶作りのお手伝い。そして、安吉へ、安吉白茶の旅。そして、開化龍頂の旅。茶摘みをメインにお手伝いし、製茶のノウハウまですべて知ることができました。そして、恒例の梅家塢での龍井茶の旅。最後は、九曲紅梅。10年来の同級生たちのおかげで、今年も品種の違い、製茶の違い、 [続きを読む]
  • 中国へ、茶の研究の旅、第二弾へ行ってきます
  • 一昨日28日に、広西チワン族自治区トン族の村から帰国しました。20年近くぶりに、ここで39度近い熱を出してしまいました。茶師の友人の漢方と針治療で、なんとか乗り切って、製茶もして無事帰国しました。4年目となるこのトン族での製茶の旅。広い中国でも、内陸部に位置し、まだまだ発展から遅れたこの村は豊かな自然、生活、そして、心の豊かさが残っています。今年も待っていてくれた茶師たちのおかげで、数種類の品種の緑茶、 [続きを読む]
  • 中国へ、茶の研究の旅へ行ってきます
  • 中国茶の新茶の季節到来とともに、中国茶研究の旅が今年もはじまります。茶摘みから製茶まで。茶師たちの人手が足りないところをお手伝いするというのが目的の一つです。明日からの旅は広西チワン族自治区の三江へ。ここ数年、同級生である茶師を訪ねながら、トン族、ヤオ族の村々での製茶をしています。少数民族の村々を訪ね、共に生活をしながら感じる漢民族とは違う習慣や伝統。高床式の住宅に、囲炉裏だけの生活。製茶もですが [続きを読む]
  • 謝謝!各マスター講座Ⅰ
  • この3月で初級講座をはじめ終了したクラスがいくつかあります。2016年4月からスタートしました各マスター講座Ⅰもこの3月でみなさん、無事終了となりました。マスター講座からは、台湾茶、中国茶と各々特化していくので、より深くなります。その分、より面白く感じて頂けたら嬉しいです。緑茶&紅茶マスター講座は中国の緑茶、そこから広がる紅茶の世界を1年間学びます。龍井茶といっても産地、品種、時期によって違うものとなりま [続きを読む]
  • 中国&台湾 鉄観音
  • 台湾茶研究科は共に台湾茶の深さ、楽しさを探求していくクラス。茶葉の特徴を理解しながら、最後まで美味しく淹れるを学びます。台湾の茶畑で出会った、季節に合った一つの茶葉を3か月間、しっかり向き合うレッスンとなっています。1月からの3か月間は冬にふさわしい鉄観音茶でした。見た目は同じ茶葉。共に鉄観音種のものです。一つは中国生まれ、一つは台湾生まれ、そして、台湾で共に焙煎されたもの。なにが良いとか悪いとかで [続きを読む]
  • Xingfu中国茶&台湾茶全講座募集中です
  • 4月より開講しますXingfuの中国茶&台湾茶講座のお知らせです。Xingfuの中級講座は飲む知識、淹れる知識をしっかりと身に着けるのが中級講座となりますそのため、1年間で、50種類ほどの中国茶&台湾茶の基本的な茶を飲み、その特徴を理解します。茶葉は中国&台湾の現地で茶師たちとともに作った自然で美味しい茶葉たち。 併せて、その中国茶&台湾茶を淹れ、基本的茶藝を習得します。 中国茶、台湾茶とも飲まず [続きを読む]
  • 謝謝!岩茶マスターⅡ
  • 先日、岩茶マスターⅡのレッスンが無事終わりました。毎月1回、1年間は長いようであっという間だったかもしれません。毎月、忙しい中用事を調整し、元気にお越し下さりありがとうございました。最後は発表会。それぞれがお気に入りの品種&産地を淹れて、茶友たちにふるまう茶会です。この1年間、茶葉と向き合って淹れることで、自分の好みがおぼろげながら見えてきたかと思います。岩茶の世界は深いもの。貴重な正岩茶から、各地 [続きを読む]
  • 博士課程試験に合格しました
  • 現在、中国茶&台湾茶研究の一つとして、立教大学の史学科の修士課程に所属し、台湾茶業史を研究しています。1月には無事、修論「日本統治期における台湾茶業の変遷」を提出し、修論セミナーも開催することができました★★。そして、先日、同校史学科の博士課程の受験をし、無事、合格することができました。大学時代も同じ東洋史を専攻していたものの、20年以上のブランクでのスタートだったこと、それ以上に、大学時代の受動的 [続きを読む]
  • 謝謝!楽知茶祭2017
  • 3月4日(土)、春の訪れを感じるお天気の中、楽知茶祭2007、無事開催することができました。会場の一欅庵さんのお庭の梅もちょうど満開で、楽知茶祭の花を飾ってくれました。評茶、ワークショップ、茶席などすべて満席で、200人近くの方にご参加頂き、大盛況の中、開催することができました。張良先生の二胡と阮茶師の東方美人茶との極上の茶会茶則作りのワークショップ中国六大分類の評茶、台湾紅茶作り、そして、台湾紅茶の評茶X [続きを読む]
  • 3/4(土)楽知茶祭2017 西荻窪のおすすすめランチ&地図
  • いよいよ明日3月4日(土)、「楽知茶祭 2017」です。遅くなってしまいましたが、明日、楽知茶祭を兼ねて西荻窪のおすすめランチをご紹介します。一欅庵さんが南口なので、南口を中心にご紹介します。一つ目はぷあんさん★★ タイ料理なのですが、台湾のルーローファンもあります。コトコト煮た豚をどうぞ。ほかは・・フレンチカレースプーンさん★★ 一欅庵さんに行く途中にあります。身体にやさしいカレーで、とても美 [続きを読む]
  • 3/4(土)楽知茶祭2017 ガラス茶器&マクロビスイーツ
  • 3月4日(土)の「楽知茶祭 2017」まで、あと2日。皆さまが楽しみにされている2つの販売をご紹介します。一つはガラス作家一條朋子さん★★のガラス茶器です。今回の新作が一條さんのセンスがあふれた、可愛い茶筒です。茶席に使う茶筒だけでなく、茶会のときにお菓子を入れたり、自分らしくアレンジができそうなのも一條さんの作品ならでは。茶荷や茶杯も使い易く、1点ものの作品となっています。ほかにも蓋碗(個数限定)、ピッ [続きを読む]