ワンダーあざみ さん プロフィール

  •  
ワンダーあざみさん: ワンダーあざみのブログ
ハンドル名ワンダーあざみ さん
ブログタイトルワンダーあざみのブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/azami_tabi/
サイト紹介文年を重ねても美しく、優しく、楽しい毎日を心がけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/09/01 16:48

ワンダーあざみ さんのブログ記事

  • 思いもかけぬ人からのお便り
  • ポストに見慣れぬ人からの手紙が入っていたあらつ、どなたかしら?今どき携帯やメールのご時世なのにTさん?はて?読んでいるうちに、高校か中学の同窓生かもと想像がつきました内容は読んで居て切なくなりました「私も独りになりました。毎日が寂しいです。旅に出られる時に誘って下さい」私の旅行好きを良くご存知だ彼女の現況がわかる内容でしたしかし  私の勘違いも良いところ中学時代のNさんちの裏に住む中学時代のTさん [続きを読む]
  • 車事故を起こしました
  • 食欲が有ろうが無かろうが時間は過ぎてゆく一日経ち二日たち、そして1か月が過ぎる気分が良い時は食事も美味しい気分が悪かったり体力が失せた時は食欲はないこんな時に食べられる人が不思議でならないなどと云いながらも暑い中でお盆を迎えた御盆は仏様と年に一度会える日だと子供の頃、母が教えてくれたお墓でもお仏壇の前でも、お線香を立てながら何かしら心の中でブツブツ呟いて手を合わせるその盆の最中に事故が起きた全く も [続きを読む]
  • 少し早いお墓参り
  • 浴衣を解いて湯あがり上下を作りました(最後に写真を入れましたが、何故か又トップに入ります度々こう言う事が起きます)体調を崩していました熱中症です水分を摂り、部屋は涼しくしいましたが、疲れも溜っていたようです3日間食欲もなく、体は、だるくぼーっとしていましたそれでも混雑を避けて早めに先ず実家の墓参りに夏休みの孫二人と二女と4人で行って来たガヤガヤと何時に無く賑やかな墓参りであった蚊とり線香を4か所に [続きを読む]
  • 孫姫の浴衣を着せました
  • 昨日の8月1日はPLの花火大会であった妹孫姫から「浴衣を着せて」とメールがあった娘は仕事で留守なのだ昔からPL花火大会は有名で河内長野へと続く道路は渋滞、渋滞で車で出かけた人も電車で出かけた人もフィナレーが終わる9時にはもう動きがとれなくいずれも帰宅は深夜になるでも若い人たちは出かけるんです〜〜電車も浴衣姿の若い女性で賑わう日本の良き「和」を感じますあどけなかった顔が、お化粧映えして眩しい程の娘に [続きを読む]
  • 拙い作品を恥ずかしながら載せます
  • アッと言う間に一週間が過ぎてしまったパソコンが動かなくなり、婿殿の休みである日曜日に見てもらおうと思っていたが直った矢印が出なく、丸いわっかがぐるぐる回ってばかりで開けられなかったのである切るにも切れず昨夜電源を抜いて置いたら今朝開ける事が出来たあらっ 不思議テコでも動かなかったのに着物リホーム教室に通い出して4回の授業を受けて3枚が出来上がった一回目、とても縫いにくかった二回目、春先秋口に羽織る [続きを読む]
  • いろいろ多忙な1週間でした
  • ブログの更新を怠っていました暑さも有るがいろいろ、お尻に火が付いてきて慌ててする事ばかりが溜ってしまったのです日中はとても畑へは行けません2日置きに行って見ますと草はボウボウ、トマトは熟して落下ナスは摘まんで見ると、水が欲しいと言って硬くなっているきゅうりはお化けのよう。市販の3倍の大きさになっていた畑仲間もまばらで、あまり会う事がない長袖、ズボン、帽子に、ほうかぶり、手袋、何かしらの商売にそっく [続きを読む]
  • 招かれざる客と同居
  • 老いの体に堪える毎日の暑さですブログの更新も儘にならない今日この頃です午前中に買い物や用事を済ませると午後からは横になってテレビタイムそしてウトウト、これが怖い、うっかり寝てしまうと徹夜になってしまう先日恐怖を味わいましたピーの餌、ひまわりの種が入っている袋が食いちぎられて皮が辺り一面に散乱していました鳥カゴの上に棚をこしらえて置いていたのである「なんだろう」「ゴキブリかな、いやビニール袋を食いち [続きを読む]
  • 着物リホーク教室3回目
  • 雨が降ったりカンカン照りになったり忙しい天気予報に振りまわされます7日は3回目の「着物リホーム教室」でした新人さんが一人入いられました定員4名です一人辞めたのか、姿が見えない代わりに来られたのは50代ぐらいかとお見受けした2着めは、仕上げてしまうと先生は機嫌が悪いのでしつけと仮縫いして、持って行った縫い代3.5が邪魔で仕方がない端かがりは1秒で出来る、専門の工業ミシンを使っていたので(スカートの脇 [続きを読む]
  • 鞍馬寺と、貴船川床料理
  • 旅友と兼ねてより一度行って見たいと思っていた鞍馬神社へ行って来ました鞍馬と言えば貴船神社に川床料理も離して語れません先ず京都に出て地下鉄で国際会館まで行く国際会館で降りて地上に出ればすぐ鞍馬行きのバス停がある細い道をクネクネ30分も乗れば到着。仁王門(山門)ここより鞍馬寺の聖域に入って行く鞍馬寺(くらまでら)は、京都府京都市左京区鞍馬本町にある寺。1949年まで天台宗に属したが以降独立して鞍馬弘教総本 [続きを読む]
  • 三輪自転車
  • 三輪自転車にも慣れました最初は、近所を走るのも何だか気恥かしい思いをしましたが今ではスイスイ、ルンルンで走っていますゆっくり走っていますと全く知らない人に声を掛けられます「楽ですか」とか「曲がる時 危ないとか聞きますがどうですか」とか勿論高齢者のお方です急いでおりましたが自転車を停めてご質問に答えますそこへ話しかけたお婆さんの夫さんが来られました「お父さん、お父さん、三輪車」「お〜ええなあ〜」「幾 [続きを読む]
  • 食欲不振ながら外食は美味しいネ
  • 一日置きに雨が降ってくれて、畑は水やりしなくて良いので助かっています遠く離れた友と会うのは大変ですが近くに気の合う友がいればそれが一番良い昨年夫さんを失ったOさんは今年になって急接近元から仲良しのSさんと3人が最近どちらかの、自宅開放で楽しい日々が過ごせています昔の青春時代に逆戻りしたかのようです先週のランチ会は勘違いして出かけてしまったOさんでしたそこでやり直しを昨日実行したマイカーを足の悪いO [続きを読む]
  • ウオーキングと農園
  • よいお湿りがあったので畑は水やりに行かなくて良かったそれでも気になってウオーキングの帰りに寄って見た遠くからでもトマトが赤くなっているのが分かったキューリ、ナス、赤かぶ、春菊も、びっくりするほど大きくなっていて収穫したばったり会った知人に少し分けて上げたこれだけ残った用水路にシラサギが一羽、餌を探していたお前も一人なのか?お連れはいないのか?汚かった川がボランティアさんのお陰で少しづつきれいになっ [続きを読む]
  • いろいろあったお食事会
  • 「20日の金曜日ね」「分かった、帰ったらカレンダーに印しておこう」ご近所仲良しSさんと怖〜いOさんと隣町の”とても美味しいお寿司”のランチに行く約束をしていました前夜にSさんには「確認」のメールしましたがしっかり者のOさんは間違いない、と確認入れませんでした当日車を出してSさんが乗り込みOさん宅チャイム鳴らすが出ないSさんが携帯鳴らし私が固定電話鳴らすお隣の奥さまに出会った「Oさん朝早くお友達と奈 [続きを読む]
  • 殴り込みに遭いました
  • 昨日の事ですピンポーン、ピーンポン、ピーンポン、ピーンポン、ピンポーン5回鳴り響きました子供のいたずらかと思い掃き出し窓から庭へ出た。「こら〜、やかましい!何回鳴らすの!」(とは、言えなかった)植木の陰で誰か分からないからである階段まで行くと(道路から我が家の玄関は階段上にある)なんと近所のOさんでは有りませんか「もう、毎日毎日、何処へ出かけてるんや、何回来たと思ってるの!」今日もこれで二回目よ。 [続きを読む]
  • 着物リホーム自宅教室の初日は頭乱れる
  • 着物リホーム展示会を見学してその素晴らしさに惹かれて、生徒さんである近所のEさんに先生を紹介して頂き、ご自宅での教室の初日を迎えました最近亡くなったと見られるご主人のお仏壇を授業部屋に置いてある私は初日なので、ご挨拶のつもりで菓子箱を持参していたそれを仏壇の前に供えた私が一番早かった(時間10分前)1時過ぎて3人の生徒さんも来られた「お父さんこんにちは」  とか挨拶して何かしらお菓子を供えている月 [続きを読む]
  • 淡路洲本温泉の旅 2
  • 地平線から朝日が昇る眩しい光の中で目覚めた体力的に温泉は昨夜一度だけ浸かったSさんは二度めの朝湯この宿の良い所は金庫が6人分、個々に鍵がかかる小さな金庫が有ったと言う事です若い頃苦い思いを経験しました5人全員が一つの金庫に貴重品を入れました数人の財布からお札が減っていたのです「何に使ったのだろう」各々考えました(誰だと言う事は後ほど分かりましたが)それから金庫のカギを開ける時は誰かと一緒に、もしく [続きを読む]
  • 淡路洲本温泉の旅 1
  • 良き天候に恵まれて近所の隣組さんSさんと淡路洲本温泉へ一泊で行って来ましたとにかくどこでも良い、旅に出たいSさんの要望です岡山ベンガラ街へ一緒に行った人です梅田からだと高速バスで乗り換えなし2時間で到着する洲本バスセンターで宿へお迎えを依頼した10分程で着てくれました笑ったら損をするらしく 乗る時も降りる時も笑顔が無かった少し早く着きすぎてロビーで少し待った大きな窓から海が一望でき遠くに船が見える [続きを読む]
  • 古き良き友と、お誕生会を兼ねた、恒例お食事会
  • 昨日6月2日は毎年恒例の中学3年の時の仲良しグループのお食事会(お誕生祝い)でしたお住まいの地域に依って家からバスで最寄りに駅へそして、大阪へとなれば2時間以上かかるTさん神戸から京都へ相当時間がかかると言うYさんそして私も大阪なら1時間かからないが京都へは2時間かかりますなので交互に大阪と京都に食事処を移動します今回は京都でした一人都合が悪く欠席、4人で、それは、それは楽しい食事会でしたいつも集 [続きを読む]
  • 梅田までお出かけした
  • 昨日は野暮用で梅田(キタ)まで出た阪急電車のりばの広場でこんな事をしていた親子連れが長蛇の列を、なしていた何んだろうと行って見ると昨日は日本ダービーの日で有ったそれに因んで馬に乗っての撮影会だった私は競馬に全く興味が無く家に帰って丁度中継の最中だったので観た。当たり、外れのルールも知らないそれはさておき用事を済ますと11時半だったのであまり入る事の無い三番街のレストラン街へ行って見た美味しいお店は [続きを読む]
  • ステーキ食べて大変な目にあった
  • 昨夜から久しぶりの雨が降っている朝起きて窓から外を眺めたしっとりと道は濡れ、草木が生き返ったように尚一層 新緑が鮮やかで目に眩しい庭木の葉先からポロリと丸くなった水滴が落ちるこれを真珠のような、とでも表現するのだろうか文才のない私には、ありきたりの乏しい表現しかできない少し明るくなってきた畑は春菊と赤丸大根の種を撒いたところだった恵みの雨で2日ほど水やりはお休み出来るそこで今日は水彩画のお稽古日と [続きを読む]
  • あざみさんに(ホの字)だって。
  • なんとなく忙しい5月今年は組長の役が回ってきている今月は町会費の集金があった月200円で年2400円の集金であった両親とも会社勤務で子供だけ、のお宅に何度も伺った「親はいません」とチャイム、マイクで言うだけ帰宅の時間も決まって無いそうだ中学生ともなれば「何度も集金に来ているからお金預かって置くわ」と位言えば良いのに。やっと日曜日にもらえた。訪ねると「ああ、はい、」と言ってまるで私が貰っているかよう [続きを読む]
  • 着物リメイク展示会
  • 近所に住むEさんは着物リメイク教室に通われてもうかれこれ5年位になるようです先日の町会のお食事会に素敵なリメイクされた服を着用されていました最初の頃は、ジロジロ、チラッ、チラッと見ていました先日は隣に座られたのを良い事に後ろ側をひっくり返してまで見ました本人は気が付いていません裾スリットの角も額縁仕上げでとても丁寧に仕上げられていました教室は電車かバスで行かないといけませんが先生のご自宅が長女の家 [続きを読む]
  • エンドウ豆の収穫と夏野菜の支柱立て
  • 昨日久々に夕方5時頃から畑へ行って見た向かって右隣の畑に新顔がみえた前に借りていたのはお爺さんでしたが、もうご高齢で畑仕事が無理のようで区切りの良い3月に退きました似たりよったりの年齢の方ばかりです新顔は私より若そうなご婦人でしたが顔が合っても、挨拶が無かったので「こんばんは」とだけ私の方から言いましたすると「こんばんは。」は言われましたがつぎつぎと矢継ぎ早に話しかけられた知らない人との会話が苦手 [続きを読む]
  • 着物のリメイク
  • 今朝は5時起きだったさてっと、晴れマークだけの天気予報だ何をしようそうだ春の陽射しをあびて一気に背が伸びた僅かばかりの樹木の剪定をした多い茂ると外から何も見えないのも良し悪しせめて風が通る位に間引き横一列に整列させたそう垣根のように「ようやりますな〜。落ちなや」とご近所さん実は一番低い脚立でも、もう怖いでも自己流でさっぱりしたその後デッキで汗ばんだ体に冷たいコーヒーが美味しかった一服してやりかけの [続きを読む]
  • 小さな命がまた我が家で散った
  • 昨日の事である 表の雨戸を開けて、そのまま新聞を取りに行こうとデッキから降りようとした時何故かゴミ用のネットが棚から落ちているのに気付いた風で落ちたのなと思った途端何やら二匹が動いて素早い走りがあった良く見ると子猫だった 一匹残っている全部で三匹がこのネットの上で寄り添って夜を過ごしたようだこの辺りを徘徊する野良猫の赤ちゃんだった触ることは出来ないが可愛い顔をしている目があっても逃げようとしないそ [続きを読む]