ヒラヒラ さん プロフィール

  •  
ヒラヒラさん: Green Blog クローバー (4号館)
ハンドル名ヒラヒラ さん
ブログタイトルGreen Blog クローバー (4号館)
ブログURLhttp://blog.ap.teacup.com/ashiomania/
サイト紹介文鉄道模型ジオラマ製作過程と、銅山・わたらせ渓谷鉄道でお馴染みの足尾町を紹介しているブログです。
自由文更新頻度は週1〜2回です。
チワワ犬を溺愛しております。
文章は下手なので、写真をたくさん使いカバーしております。
メインホームページ『Green Web Site』
http://ashiomania.choitoippuku.com/
も営業中です。
『昭和の鉄道模型をつくる』17号に私の製作したジオラマ「渡良瀬第二橋梁」を掲載させていただきました。
良かったら見てくださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/09/04 10:05

ヒラヒラ さんのブログ記事

  • 東武 SL 大樹 試運転動画
  • 5月14日 早朝 東武鬼怒川線 SL 大樹の試運転の様子を動画で撮影いたしました。コチラ←を するとyoutubeに行きますので、よかったら見てください^^ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その22
  • 『海と砂浜を作る』の巻みなさん5月ですよ〜^^連休をいかがお過ごしでしょうか?私は、5日のみ休日であと仕事です。まぁ、その分後半休みが多いんですけどね。どこに行っても混む連休より、ずらせて休めるのでお得です。[画像]前回はここまで出来ていました。山にフォーリッジがつくとかっこいいぜ![画像]砂浜を作って行きます。10ミリのスチレンボードをカットして、砂浜色に染めて接着。やや黄色が強い。[画像]シーナリーサン [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その21
  • 『植樹』の巻みなさんこんにちは。ヒラヒラ@管理人でございます。今日は、あまり製作時間の確保ができませんでしたが、植林だけはどうしてもやっておこうということで、作業いたしました。[画像]この前、横浜に出張に行った際、帰りに秋葉原にのタムタムによって購入してきた一品。1800円(だったと思う)のクランプフォーリッジ緑色です。量に対して値段は安いと思います。また、カトーのフォーリッジクラスターは、手でちぎって [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その20
  • 『信号場周辺の製作』の巻みなさん。こんにちはヒラヒラ@管理人でございます。この『週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる』シリーズも20回目を迎えました。まぁ、中には、これで1回分の内容か?・・なんてあまり進まない回もありましたが、地道に且つ確実に製作は進み、今日まで来ました。これも、皆さんの支えあって続けられたことで、本当に有りがたいと思っております^^ということで、本日の製作内容を・・・。[ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その19
  • 『民家追加』の巻みなさんこんにちは。ヒラヒラ@管理人でございます。[画像]線路わきの一番低い土地。中途半端に開いていて、どうしようか考えてました。当初、駐車場 or 空地にしようと思っていたのですが、のっぺり感が残るため、思い切って民家にすることにしました。[画像]実際、江ノ電のこのあたりに民家があるし、ちょうどいいということで早速土地を確保し、塀で囲う。[画像]民家は全部入らない(無理やり全部入れるとつ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その18
  • 『護岸工事』の巻こんにちは。ヒラヒラ@管理人でございます。3月も下旬だというのに、足尾は雪降ってますよ。まぁ、そんなことはおいといて、今日の製作内容をご報告。[画像]砂浜から、垂直に立ち上がるコンクリートの壁を製作。5mmプラ板を塗装して貼り付けております。[画像]鉄橋から海に伸びる崖もコンクリート壁で擁護。画面右の崖はトンネル脇の山の斜面が海までスムーズに続くように削った。[画像]高級住宅もついに本設 [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その17
  • 『路面区間のストラクチャーの設置』 の巻みなさんこんにちは。ヒラヒラ@管理人でございます。[画像]今までトンネルの中だけ敷いてあったバラストを延長してゆきます。トンネルから鉄橋を渡った辺りまでの線路にバラストを敷いてゆきます。トンネル両脇の擁壁も現物合わせでカットして接着済み。[画像]バラスト部に黄色い紙きれみたいのが写っているけどそれは、架線柱の土台にバラストが入り込まないようにしてあるマスキングテ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その16
  • 『お寺をつくる』の巻みなさん如何お過ごしでしょうか?3月になって、温ったけー。なんて思ってても、気温計を見ると3度とか・・・。3度で温かいと感じるなんて、いったいどんだけ寒かったんだ足尾は!!まぁ、そんなことはさておき、本日の製作内容をご報告。[画像]だいぶ前に、お寺の敷地を路面区間と同じにするか、高くするかなんて考えてたことがあったけど、やっぱり、少しだけ高くしてアクセントをつけることにした。どんだ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その15
  • 『本接着始まる』の巻まだ2月とはいえ、やっと少し暖かくなってきましたねぇ。待ち遠しかった春が、もうすぐそこに・・。・・ということで、本日の製作の様子をご報告。[画像]まずは、トンネル脇の八百屋を接着。裏口付近の土台をジオラマに収まるように少し切り欠いただけで、ストラクチャーはほとんどいぢっていない。大丈夫だとは思ってるんだけど、本接着をしてからの点灯テストで、LEDが光らなかったらどうしよう・・・( [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その14
  • 『お試し緑化と鉄橋の塗装etc・・・』の巻ネットで、とある模型製作の記事を見ていたら、異様に自分のジオラマを作りたくなったということで、熱が冷めないうちに製作再開。[画像]前回石膏を塗り終えた山所までだったけど今回はそこに、地面の色を塗っていいった。基本茶色でおk。[画像]う〜ん、模型の基本は薄くなんだけど、この山肌の茶色は些か濃い。肉眼で見るともう少し明るいんだけど、それでも濃い。のちに修正。[画像]塗 [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その13
  • 『延長線』の巻寒い日が続きますが、天候に関係なくできる模型は冬には最高のホビーといえるでしょうな。前回、駅舎を作ったんだけどあまりに塗装がひどく見せられないよ状態だったのでもう一回作り直した。↓[画像]とりあえず、教訓を生かして塗装は控えめに、シンプルに。後で色を付けくわえることはできるから、今の時点では少し物足りないくらいの塗装で止めておいた。駅舎というか駅員詰所の壁は白、屋根はグレーとした。[画 [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その12
  • 『駅員詰所をつくる(出来るとは言ってない)』の巻新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。ということで、今年一発目の製作。[画像]駅ホーム脇には、職員詰所というか、必要最低限の機器類が入っている小屋みたいなものの建設を予定しております。丁度、グリーンマックスの保線詰所があったので、これを使います。[画像]抜き勾配(プラモを成型する際に必要な勾配)のため、屋根の端部が垂直では [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その11
  • 『赤い橋をつくる』の巻今日の午前中にうpした記事は昨日の製作作業の報告でした。今日も少しだけ進めたので、良かったら読んでください。[画像]気分がノッているうちに、細かい作業を進めていく。今回は『橋』の製作。江ノ電といえば、極楽寺駅付近の赤い橋が有名っぽいので、さっそくソレに似せて作る。グリーンマックスからちょうどいいストラクチュアが出ているので、それを使用。長さを切り詰めてジオラマにちょうどいいサイ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その10
  • 『駅をつくる』の巻今年もあと僅かですねぇ。年の瀬にジオラマ製作の時間が取れたので、さっそく製作。ストラクチュア類は、ほぼそろったのだが、唯一全く手を付けていなかったのが駅だ。とりあえず、年内になんとか形だけでも全部のストラクチュアを揃えたいと思い製作開始。[画像]最初はトミーテックの駅シリーズのどれかを改造して使おうと思ったが、ちょっとモッタリ感が強いので、グリーンマックスの対向式ホームを使用するこ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その9
  • 『下路式スルーガーダーをつくる 前編』お久しぶりです。年末は何かと忙しくて製作できませんでした(汗前回江ノ電の路面区間を作ったところで作業が止まってました。今回は、小物の製作を進めてゆきます。GMのガーダー橋(未塗装)を用意します。今回は上路式デッキガーダーではなく、下路式スルーガーダーとして作ってゆく。イメージとしては鵠沼駅のすぐ近くにかかっている橋だけど、模型で設置される場所は全然違う。[画像]とり [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その8
  • 『路面区間の製作 後編』の巻こんちは。ヒラヒラ@管理人でございます。前回道路とトラムレールをツライチにした状態までお伝えしました。(画像↓)[画像]いよいよココから、マスキングの鬼になり無心で作業をつづけます。[画像][画像]江ノ電の路面区間は黄色で塗り分けられているので、それにならって、それらしい黄色を作り筆塗り。一回では筆塗り跡が目立つが、乾燥後根気よく二回三回・・・塗り重ねてゆくと塗り後が消えてゆ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その7
  • 『路面区間の製作 前編』の巻おはようございます。ヒラヒラ@管理人でございます。だんだん寒くなって来ましたねえ。日光の紅葉渋滞もひと段落し、いよいよ冬って感じですかね。まぁ、模型は冬でも夏でも出来るので関係ないんですけど。前回まで作っている住宅街を進めても良かったんだけど、気分を変える目的で、別な場所を進めてみる事にした。ということで、今回は路面区間。面積が結構あるから、ジオラマ製作が進んだ感を味わ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その6
  • 『気をとりなおして住宅街を作り始める』の巻前回、大失敗をやっちまってから、チマチマとストラクチュアを修正。[画像]ガラスも入り、なんとかこの状態まで戻ってきた。[画像]置いてみて確認。屋根はまだ家と接着していないから、どの壁とどの屋根を合わせた家をどの土地に置こうかな〜といろいろ考えてみる[画像]GMの門と塀セットから、現物合わせで家に合う塀をカット。この作業意外に手間がかかる(汗測っては切り、ヤスリを [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その5
  • 『住宅製作大失敗』の巻ここ数週間、仕事の日も休日も忙しくて、模型に手を付けられなかった(汗子供が寝静まってからモゾモゾ作業しようとしたけど、睡魔に勝てず自分も寝落ち。そんななか、やっと製作できる時間が出来たのでご報告を・・・。[画像]信号所の脇の一段高いところに住宅街を作って行く。住宅は線路沿いに4件建つ予定なので、建設予定地をプラ板で切りだす。[画像]いよいよ、ストラクチャー製作。あまり得意じゃない [続きを読む]
  • お知らせ
  • お知らせです↓↓↓↓↓新疋田ミニ鉄道公園開園と「幻のト20000形特別公開」 10月30日(日)開催。日本一小さな鉄道公園をめざして、私設公園・新疋田ミ ニ鉄道公園が福井県敦賀市に開園するのを記念して、同園で保存される「幻の ト20000形」を特別公開する。国内初の鋼製無蓋車であった国鉄ト20000形は1959年に形式消滅しているが、同形で現存唯一であった大井川鐵道ト111を解体から救済し、外観を幻のト27409として復元保存する [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その4
  • 『道路と壁をつくる』の巻言っちゃ悪いが、こんだけモチベーションが続いてるのは珍しい。たぶん、この作品を良いモノに仕上げることができる自信があるのかも?↑↑(自分でハードルを上げている(爆))[画像][画像]山は前回よりさらに低く削られた。寺側の低い丘のような山も、形が整ってきた。[画像]今まで道路の表現には800番くらいの紙やすりを使うことが多かったけど、今回の路地は、1mm厚のスチレンボードにそのままグレ [続きを読む]
  • 週刊昭和の〜・・を使って江ノ電ジオラマをつくる その3
  • 『山を基礎をつくる』の巻 ←今回から製作内容のタイトルを表示することにしました。前回からさほど間をあけずに製作する時間がとれたので、さっそく製作再開。[画像]最初にレールの塗装を行った。薄く数回に分けてスプレーした後、レール踏面を磨いた。ポイント部分は未塗装。通電不良が怖いから後で筆塗り。その後ジオラマに固定。走行テスト。クルクル回る江ノ電がかわいいゾ。[画像]前回の画像にもチョロっと映っているけど、 [続きを読む]