テッシー さん プロフィール

  •  
テッシーさん: 少年野球「晴耕雨読」
ハンドル名テッシー さん
ブログタイトル少年野球「晴耕雨読」
ブログURLhttp://t-tessey9694.blogspot.com/
サイト紹介文理想は「晴耕雨読」 少年野球チームのコーチ兼スコアラをやっています。 チームや個人をめぐる雑文集です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/09/05 00:06

テッシー さんのブログ記事

  • 中学生版「春のセンバツ」(追記)
  • 昨夜のブログ執筆から一夜明け、Ohmoriオヤジのタイムラインが更新されたので、今朝その写真を追加して良いかAyumumちゃんに了解をとり、追記掲載しちゃうんである。勝手に写真を使ってはいけないと忖度(そんたく)し、いや斟酌(しんしゃく)し、いや慮(おもんぱか)り、一応掲載は控えていたんである。※「忖度」は今年の流行語大賞の候補になるんではないだろうか。まずは有馬を出発する前の有中ナインたち。中学生とはいえジャージ [続きを読む]
  • 中学生版「春のセンバツ」
  • 一昨年は宮前区有馬から我が有馬フレンズが高円宮賜杯全国大会に出場した。昨年は我が宮前区少年野球連盟から富士見台ウルフが同大会に出場した。ともに宮前、川崎、神奈川を制しての全国なんであった。春のセンバツがたけなわである。さて、今年はまた有馬から川崎市立有馬中学校が「文部科学大臣杯全日本少年春季軟式野球大会」に出場しているんである。こちらは小学生と同じ「全軟連」主催で、高校生の甲子園、春のセンバツに相 [続きを読む]
  • AM2:30なう
  • 今、深夜の1:30、サッカーW杯予選UAE戦のハーフタイムなんである。仕事もさることながら頭の中のto doリストにもフレンズやQueensいろいろあって。更に悪いことにMacにまつわる凶事が次々と襲いかかり、もうゲンナリなんであるナリ。新旧2台のMacを使って仕事その他をやっているん.....!!!ぬお〜!日本今野の2点目ゴーーーーーール!で、新旧2台のMacを使って仕事その他をやっているんだけれど、古い方のMacがとうとう天に召されたの [続きを読む]
  • 桜咲かずに散る早春
  • 春季2回戦、VS向丘サンダースなんである。今年の宮前春季大会は春の嵐のごとく、大荒れに荒れて、大番狂わせや下克上や参勤交代や(ちょっと違うか)、何しろ意外な展開が待っていたのである。このブログは今日月曜の準決勝の結果も分かったうえで書いている。白幡台イーグルスが宮崎モンスターズを6X:5で破り、また花の台フラワーズは向丘サンダースを10:0でコールド勝ちの圧勝。なんということでしょう。決勝でイーグルス、花フラ [続きを読む]
  • 春季初戦は特別
  • 春季大会開幕なんである、って、すでにずいぶん時間が経ってしまったけれど。昨年は一週間以上経ってしまった試合はほとんどお蔵入りにしていた。しかし春季は特別、更に初戦なら尚更なんである。VSフォルコンズ戦であった。その前にサンダース対メイツの数枚を。始球式はライオンズクラブの方がマウンドへ。サンダースエースYamadaくんは昨年でもすでに速かったが、年が明けて観てみると更に球速が急速に増したようだ。メイツには [続きを読む]
  • WBC版特別延長戦
  • もう痺れるような展開、WBC。かつて少年野球の世界では幾度となく「特別延長戦」を経験し、筆者の息子の代の神奈川県大会決勝の時には苦い思いもあったけれど、他の記憶の中ではおおむね延長死闘を制し、歓喜に沸いたものであった。特別延長で勝つか負けるかの重みは、普通の勝ち負けとは全く次元の違うものである。 今TVでWBCでこの特別延長をやっている。プロの試合でしかもWBCで同じ手に汗握る経験をするとは思わなかった。特別 [続きを読む]
  • 深夜の弁明Part...
  • 先ほど23:00頃、熱海のリゾートマンション店舗の図面の件で、クライアントに質疑のメールと電話。相手はあとでスケッチを描いて送るとのこと。それまで粛々とTVもつけずにスティービー・ワンダーやエルトン・ジョンやエリック・クラプトンや、気分を変えてEXILEベスト盤や邦楽ベスト盤をMacのiTunesで聴きながら仕事する。「アメトーーーク」を観そびれてしまったわい。今深夜の1:30。明日の昼までにアップさせなきゃなんである。 [続きを読む]
  • 宮前春季大会開会式
  • ブログなんて書いている場合ではないんである。このところ土日も含めて仕事、今日も先ほどまで(23時)やっていた。確定申告も迫ってきちゃったわけで。確定申告のデータとにらめっこしながら、WBCの中継を観戦する。途中JAPANの山田の幻の本塁打を見た方も多いだろう。-38.6°の入射角でフェンス際に飛び込んだ打球は、少年の差し出したグラブにすっぽり収まった。これがビデオ判定となり、結果二塁打となる。スローを見た筆者の見 [続きを読む]
  • 春季トヨダカップ開幕
  • 球春なんである。全世界が待ちに待った球春なんであった。宮前少年野球の熱い戦いの火ぶたが切って落とされた。と、本来ならば「晴耕雨読」史上、連綿(れんめん)と続く開会式行進の子どもたちの勇姿を掲載するところなんであるけれど、今日日曜夜は飲み会の帰りにて、ヘベレケ(死語ではある)なので後日に回したい。申し訳なし。最近フレンズではオヤジ飲み会が激減していたんである。この春季を契機にして、初戦祝勝会兼オヤジ飲み [続きを読む]
  • 申告は深刻
  • 困ったもんだなんである。このところの仕事の詰まり具合もさることながら、この時期は自営業者にとっては確定申告・青色申告の季節なんであって、3/15までに税務署に提出せにゃいかんのであった。申告は深刻なんである。なぜか?去年まではめっちゃ使いにくい申告用ソフトを駆使してやっていたんであるが、昨年Macを新しくして当然OSもバージョンアップして今に至るのだけれど、そのアプリケーションソフトがOSに追いつかず、ついに [続きを読む]
  • ちいさな一歩は大きな一歩
  • 土曜日はGreeeeenCupの開会式であったけれど、半ば予想していたとおり朝は起きれず第一公園ドームには行けなかったんであった。しかしそのあとのミッションがあって、Queensの第四公園ドームには行ってきたんである。あらら、第四公園、どしっちゃったの。しばらく見ぬうちに公園が整備されていた。以前もグランド周囲の遊歩道が整備されてされて見違えるようになったけれど、今度はグランドそのものが改良されて、新しい砂が敷き [続きを読む]
  • 「騎士団長殺し」購入
  • 土曜も日曜も仕事になりそうだ。明日の土曜はグリーンカップ開会式である。宮前区少年野球の、プロで言えばオープン戦のようなものと筆者的には位置づけている。このあと第四公園ドームでのQueens練習に顔を出して、午後はまた仕事になる。朝から村上春樹の新刊本「騎士団長殺し」の入荷を知らせる書店からの電話を待っていたんである。熱海の物件で高さ2600mmの自動閉止式建具(引戸)ドアの1/2スケール詳細図を描いていたので、没 [続きを読む]
  • 「騎士団長殺し」予約
  • 予約の電話を入れたなんてえのは何年ぶりだろうか?レストランとかの予約なんかは別として。予約の話を要約しないでようやく書くことになったんである。7年ぶりの複数巻の長編小説が明日発売されるのだ。村上春樹の「騎士団長殺し」1部+2部同時発刊。ワクワクドキドキなんである。筆者はハルキストというほどのマニアではないものの、村上春樹の小説は全て読んでおり大ファンなんである。今回の「騎士団長殺し」というタイトルもど [続きを読む]
  • 小説「月に雨降る」38
  • 翌日の日曜日は娘の野球で車出しをして同じ区内の小学校へ遠征に出かけた。大事な試合だった。今日の試合に勝てば予選ブロックリーグを抜けて決勝トーナメントへ進めるはずだった。結果は五対四の惜敗。子らの何人かは泣いていたし、親たちも沈痛な面持ちだった。高知で野球をやっていたあの頃を思い出す。甲子園出場のかかった県大会準決勝の一戦。公立高校でベスト4まで登りつめたことは快挙だったし、親や学校関係者など周囲の [続きを読む]
  • 少年野球の啓蟄
  • このところちょいと忙しい。茅ヶ崎と熱海の物件を同時並行路線で仕事、更に来週末からは新浦安の物件が入ってくるわけで。昨日はとうとう代々木の仕事を断らざるを得なかった。ヒマな時はヒマなのに忙しい時に限って更に忙しくなるのがこの業界の常と知りつつも、いやんなっちゃうんであった。忙しいのが嫌なのではない。仕事を断ってしまわねばならない状況が哀しいのであった。忙しいことは大好物なのに。遠い将来受給されるであ [続きを読む]
  • 小説「月に雨降る」37
  • 突然ずかずかと足音がしたかと思うと、のっそりとトイレに行く息子が見えた。すでに龍一の身長に肉薄するほど背が伸びた。用を足しトイレから出てくるともの凄い勢いで顔を洗いまた自分の部屋に駆け出して行く。「おい、おまえ、今日の部活は」「ん。だから今焦ってんじゃん。遅刻しそうだよ」そう言うなり踵(きびす)を返してベランダに突進し、野球の白い練習着を取り込みそのままリビングで着替え始めた。「あのなあ、もう少し計 [続きを読む]
  • 2017体験会2月
  • 団体競技はヒトがいなくっちゃ始まらないんである。始まるどころか定員に達しないとスタートラインにさえ立てないわけで。そんでもって出来ることなら定員よりも多くのヒトが集まれば尚良しってわけだ。近年の野球離れが叫ばれて久しいけれど、それでも波があって今はどうなんだろうか。宮前の中では一部チームを除き、やはり子どもたちの減少傾向に拍車がかかっているチームが多いように見受けられるのであった。でもって体験会な [続きを読む]
  • 「傷だらけの天使」
  • ずいぶん昔にもここで書いたけれど、「傷だらけの天使」なんである。筆者田舎の高校生だった頃に、このドラマを見てなんてカッコいいんだろうと大感激したものであった。これを観て更に高校3年の頃「俺たちの旅」という中村雅俊のドラマで東京への憧れはピークに達したのであった。もちろん「太陽にほえろ」もそのひとつであるし、「前略おふくろ様」もそうだった。「傷だらけの天使」が今日2/7火曜からBS12で再放送なんであった。 [続きを読む]
  • 小説「月に雨降る」36
  • 翌日の土曜日は遅くまで寝てしまった。昨晩黒坂と別れたあとバーMakiに行って、真壁相手に深夜まで飲んで軽い二日酔いだった。いつになく早いピッチの酒に真壁は何かを感じたようだったが、最後まで龍一の胸の内を詮索することはなかった。昼近くになってから起きて歯を磨いていると、サチコがみゃあと鳴いて、ゆっくりと歩み寄り、龍一の足元を八の字を描くようにくるりと回ったあと、しっぽをふくらはぎにしゅるりと絡ませてきた [続きを読む]
  • 梅にメジロ
  • 筆者は自宅を仕事場にしている個人事業者である。かなり昔に連日家に閉じこもりっきりで仕事に没頭していたら、こともあろうに脚がむくんできてブヨブヨのプヨプヨのプニプニになっちゃったことがあった。調べたら体内の老廃物が下の脚に溜まってしまい、皮膚を指で押しても元に戻らない症状で、あとになって知ったことだけれどいわゆる「エコノミー症候群」に近いもので、悪くすれば死に至る病気の前兆だったんである。速攻仕事の [続きを読む]
  • 川崎少年野球ブログのこと
  • 少年野球ブログランキングというのがあって、全国の少年野球ブログにアクセス数などでランキングをつけちゃうサイトなんである。以前にも書いた覚えがあるけれど、例えば「晴耕雨読」が登録しているサイトは、「にほんブログ村」という超巨大なランキングサイトがある。ありとあらゆるカテゴリーのブログを種類分けし、細分化した果てにあるのが少年野球ブログというカテゴリー。野球のカテゴリーだけでも8177サイト。例えば「旅行 [続きを読む]
  • 小説「月に雨降る」35
  • 黒坂の長い話を聞き終えると龍一は言った。「それで私の名前と会社の番号を知っていたんですね」「そうです」「でもなぜ、今頃になって」「長年探偵事務所をやっていた新宿のビルが老朽化で取り壊しになりましてね、まとまった金も入る予定で。いい機会だから年も年だし思い切って廃業して、鎌倉へ引っ越すことにしたんです。古民家を借りてのんびりやろうかなと。ゆくゆくは一階を改装してカフェにしようかとも考えてます。それで [続きを読む]
  • 2017宮前区少年野球連盟大新年会
  • 宮前区少年野球連盟総会、及び新年会なんである。新年会には宮前各チームから監督コーチなど愛すべき宮前の野球オヤジたちがわんさと詰めかけて、大いに盛り上がるんであった。連盟の公式ではないけれど公認ではある筆者広報担当としても参加し、毎年この模様を内外に報じるべく会場を彷徨するのも恒例となった。ここで言うところの「内」とは、野球に現(うつつ)を抜かして夜は飲み会で家にいない亭主、という誤った認識をまれに持 [続きを読む]
  • 小説「月に雨降る」34
  • 富山に車で来ていた黒坂は、滑川から国道8号線と併行している北陸道を走り金沢東インターで降りた。郷土資料館や図書館へ立ち寄り、市役所や東京の仕事仲間など何本か電話をかけた。希伊の実の父母、氷室家の墓所を調べるためだった。滋賀に住む旧知の友人にも訊いてみた。通称トミケン、冨沢健司郎という男だった。彼は黒坂の三歳下の後輩で以前金沢にある会社に勤務していたことがあり、転勤で実家のある滋賀へ戻ったのだった。 [続きを読む]
  • Queens卒部式Part2
  • ※前回は(昨日)大変失礼しちゃったんである。志半ばで挫折し、連夜のブログ執筆となった。今日はだいぶ風邪将軍も鳴りをひそめており、そろそろ近日中に退却してくれるであろう。というわけで、QのPart2なんである。前半の2016卒部生を送る会に続き、後半は2017年今季の新メンバー紹介である。ところが監督Koshimizuさんが風邪のため早退しちゃったのであった。勢い、29番を背負うOB、Noeri父、Satohコーチが選手紹介。Sさんは人の [続きを読む]