maverix さん プロフィール

  •  
maverixさん: harmonixコトダマ発信
ハンドル名maverix さん
ブログタイトルharmonixコトダマ発信
ブログURLhttp://ameblo.jp/hitori-ookami/
サイト紹介文大自然の本質。自分と社会を観察し全体と部分の関係を模索する。「美愛善神」を通して真理探究を目指す
自由文限定された愛や美や善や神は存在しえない
愛や美や善や神は部分に切り離せないし
数えられないし計ることもできないから
割合を意味する確率や効率や比較や順番や競いや争いや%を出すこともできない
例えばその答えは「10%が愛や美や善や神で90%が罪で醜で悪で悪魔だ」
などと言う表現は嘘だし詭弁だからだまされてはいけない・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/09/05 12:23

maverix さんのブログ記事

  • ウェブ時代の暗号 熊谷直樹 ちくま新書
  • ウェブ時代の暗号―ネットセキュリティの挑戦 (ちくま新書) Amazon ウェブ時代の暗号 熊谷直樹 ちくま新書 ネット時代になって身近になった暗号がパスワードIDは名前とかニックネーム私利私欲で相手をだまして何かを奪う悪巧みがなければ守るための暗号もパスワードもいらないし嘘や秘密もだまそうとする邪心がなければ必要ない 食物は無機物の鉱物を有機物の植物が摂取しその植物を動物などが摂取しその草食動物を肉食動物が食 [続きを読む]
  • ウェブ時代の暗号 熊谷直樹 ちくま新書
  • ウェブ時代の暗号 熊谷直樹 ちくま新書 ネット時代になって身近になった暗号がパスワードIDは名前とかニックネーム私利私欲で相手をだまして何かを奪う悪巧みがなければ守るための暗号もパスワードもいらないし嘘や秘密もだまそうとする邪心がなければ必要ない 食物は無機物の鉱物を有機物の植物が摂取しその植物を動物などが摂取しその草食動物を肉食動物が食べ動植物を昆虫などが食べ全ての生き物を菌類やバクテリアが分解し無 [続きを読む]
  • 民主主義への道はけわしい170715
  • 民主主義への道はけわしい 170715 原爆と無差別爆撃という地獄の沙汰も金次第の暴挙による第二次世界大戦が残した傷跡は心に重い負担を残した世界中の市民は真から民主主義を模索しだ出したのだけれども資本家たちは大衆の心の定まらないうちに騙し騙し修正資本主義という形で社会主義化を逃れ福祉国家として戦後を立て直してきたがその間に銀行家達は密かに世界中の中央銀行と貨幣の発行権を抑えてしまいNWOによる経済のグローバ [続きを読む]
  • トーラスとレシプロ 170719
  • トーラスとレシプロ 170719 振り子やシーソは円運動の一部分レシプロ運動も円運動の変形 仮に北を未来とすると南が過去になり北の映しとなる東と西が今現在という転換点であって全てを写し込んでいる混沌なる無限場である これはトーラスの中心軸と中心点となってレシプロ運動に集約されているこの特異点である中心点に無限の可能性を見ることもできる [続きを読む]
  • 2050年衝撃の未来予想 苫米地英人 TAC出版
  • 2050年 衝撃の未来予想 Amazon 2050年衝撃の未来予想 苫米地英人 TAC出版 政治の目線は過去に照らし合わせた今現在や5年10年の話で右往左往するものではないもっと確かな未来につながる広い視野と全体観を目指す根本的な議論によって集うことの抽象度の高い意味を構築することをベースとして具体的な今の選択を提案していくことなのだ 支配者達の力や洗脳力に侵されている近未来でなくそれを超えた30年50年先に焦点 [続きを読む]
  • 民主主義への道はけわしい 170715
  • 民主主義への道はけわしい 170715原爆と無差別爆撃という地獄の沙汰も金次第の暴挙による第二次世界大戦が残した傷跡は心に重い負担を残した世界中の市民は真から民主主義を模索しだ出したのだけれども資本家たちは大衆の心の定まらないうちに騙し騙し修正資本主義という形で社会主義化を逃れ福祉国家として戦後を立て直してきたがその間に銀行家達は密かに世界中の中央銀行と貨幣の発行権を抑えてしまいNWOによる経済のグローバ [続きを読む]
  • 日本人だけが知らない戦争論 苫米地英人 フォレスト出版
  • 日本人だけが知らない戦争論 Amazon 日本人だけが知らない戦争論 苫米地英人 フォレスト出版 結果的に題名がイマイチずれていると感じたけれど読んでみて正解だった戦争は人間が農耕を始めることによって起きた所有意識がもたらした全体観の消失と目先のジレンマに溺れた貪欲故だろうと私は思う 戦争の発生は隣に住む者同士での線引を争って本人同士が奪い合う直接対決だったがお金が物の価値を代表し更には目減りしないどころ [続きを読む]
  • ◎可塑性 170710
  • ◎可塑性 170710 糠に釘でも暖簾に腕押しでもなく濡れた砂のようにカタクナに反応することもなく水のように跡形もなく流れてしまうことでもなく 適度に水を含む粘土のように圧力に対して程よく受け止め作用に反作用を起こすこともなくゴムのように跳ね返すことの少ないあたかも調和点を維持するかのような状態を可塑性と呼ぶ 振り子の頂点の折り返し地点のように真空状態の無重力感これから迎える新しい意識の時代に飛躍す [続きを読む]
  • 保守とは何だ 170710
  • 保守とは何だ 170710 過去の利権に依存する体質の群れを保守というそれは自律を目指す信頼関係による客観的な進歩や変化や飛躍である前向きな行動を嫌い主観的な縄張りを頼りに弱い立場の仲間を盾にして肩を怒らせ後向きに遠吠えをすることで用心棒という居場所を確保し搾取と支配の片棒にありつくヤクザ稼業のことである 彼らにとって最大の利権は生産する代わりに税金をくすねることであるそのためには役人を巻き込んでつ [続きを読む]
  • ◎抑止力は危険な押し競饅頭 170710
  • ◎抑止力は危険な押し競饅頭 170710 水入りの押し相撲の状態を保てば平和がおとずれると言う詭弁の論法で出す答えを抑止力という それがどれほど理不尽で危険なことか例え一時人柱によって小康状態をつくれたとしても誰かが息をしたり足を滑らしただけの蟻の一穴から一気に臨界点が崩れてしまう それだけではないその本音は増税して軍備の利権に膨大は捨て金を注ぎ込むための口実にすぎない更には軍産官学複合体の果てしな [続きを読む]
  • ◎悲観論の発生 170709
  • ◎悲観論の発生 170709 誕生以来前を向いて自分を確かめ歩んできた後ろを振り返り登ってきた下を見下ろし過去という結果を知ることで自分と相手の存在に対する答えを求めた時視点が下がり視野が狭くなり先が見えなくなることで心に不安恐怖がつのり益々過去の遺産である亡霊にしがみつく悲観論は自我に目覚めたが故の人間のみが作り出した現象である それは農耕から始まる所有意識やステイブルな縄張りを取り込んだ搾取や支 [続きを読む]
  • ◎天に唾吐く末法からの解放 170707
  • ◎天に唾吐く末法からの解放 170707 物質環境における無限に近い情報をほぼ網羅できるAIが誕生しようとしている現在この新鮮な風を遡れば前後左右すらわからない闇に包まれて来た末法3000年からの出口をそう遠くない先に見つけられるかもしれないその第一歩はベーシックインカム制度の導入から始まるだろう ソレは人間が視野を広げ意識を成長させる場として十分に役目を果たすだろう今度こそ人間は底なしのクレパスであった [続きを読む]
  • ◎幸福度100%の社会 170706
  • ◎幸福度100%の社会 170706 生産と消費における歪の最も少ない分配を目指すだけであなたを含めた全ての幸福度を加速度的に上げることができる お互いが調和で満たされていれば過不足なく幸福度を100%にして永久運動状態に飛躍することができる これほどリアルに答えを得ているにも関わらず信頼できなければだめだと分かり切っている利己心に溺れてしまうついウッカリと悪魔が囁く不安に誘い込まれて奈落の過去に振 [続きを読む]
  • AIの遺伝子 山田胡瓜 秋田書店
  • AIの遺電子 1 (少年チャンピオン・コミックス) Amazon AIの遺伝子 山田胡瓜 秋田書店 ヒューマノイドや人形ロボットや産業ロボットの医者が主人公得にAI人工知能の専門家腕の良い町医者で須藤新医院を経営している看護婦というか事務員というかリサと二人で何でもこなすラーメン屋の大将は味に拘るヒューマノイド落語家の弟子もヒューマノイドだけれど空腹感をもっとリアルに感じる人間に近づきたいと相談に来るが師匠にいっ [続きを読む]
  • ばからもん ヨシノサツキ スクエアエスニック
  • ばらかもん コミック 1-13巻セット (ガンガンコミックスONLINE) Amazon ばからもん ヨシノサツキ スクエアエスニックマンガ書道家の家に生まれすくすくと跡継ぎと成り偉い先生に盾突き辺境の地で頭を冷やすことに成りそこで素朴に育った子供たちとの出合いがあり人情豊かな村に馴染んでいく過程で多くを学ぶ兎も角奔放な《なる》と言う6才ぐらいの女の子がめっちゃカワイイ [続きを読む]
  • 地形で読み解く古代史 関裕二 KKベストセラーズ
  • 地形で読み解く古代史 Amazon 地形で読み解く古代史関裕二 KKベストセラーズ 物証の少ない古代史を今に残る地形と地理の関連性と現場に立って当時を思い起こしながら人間の選択肢を拾い起こしていくのそ状況証拠から当時何が起こっていたかを洗い出すまるで探偵のように手足で物証を探し求めると言う実態のある研究方法で読み解いた日本古代史である 政治的な編集が歪めている日本書紀と古事記や風土記とか魏志倭人伝とは別の姿 [続きを読む]
  • 機能美 170702
  • 機能美 170702 生命は自らが一部分となっている全体を見つけ出し姿形に表現するために在るのだと仮定してその向かうべき方向を目的として定めて進むことの全てを機能と呼ぶ この世という具象界で具現化した姿形を得てその摩擦による五つの感覚でディテールを持った個性的なリアリティーを理解しその抽象化された美のトータルを集合意識として全体をつかんで行く多分この行為を目的として多様な生命の集合である相対性時空間 [続きを読む]
  • ◎愛の勇気と情の力 170701
  • ◎愛の勇気と情の力 170701 人間は精神的な勇気と物質的な力の二つの作用でその瞬間の生き方を選択する愛は完全に無条件の自在な状態であり情は責任と義務と権利の自由勝手な社会的縛りを伴う自在というのは無限である大自然の集合意識とつながる自己責任による利他的な判断の委ねであり自由とは利己的で視野の狭い物的のみの判断でありこの世では意識の狭いほどあるいは咀嚼されていない知識の力が大きいほど生き残ること [続きを読む]
  • グーグールに学ぶディプラーニング 日経 BP社
  • グーグルに学ぶディープラーニング Amazon グーグールに学ぶディプラーニング 日経 BP社 人工知能と機械学習とディープラーニングの違い人工知能をつくる上での方法と具体性の違い ウエブ上におけるビッグデーターと言われる間違いをも含めたあらゆる会話と文を片っ端から呑み込んでその言い回しをつかむことで翻訳機能を向上させて行く仕組人間がプログラムを作ることなくコンピューターが自分で多くの情報から学んでつくりあ [続きを読む]
  • 日米合同委員会の研究 吉田敏浩 創元社
  • 「日米合同委員会」の研究:謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5) Amazon 日米合同委員会の研究 吉田敏浩 創元社 日本の独立国は建前であり国民を騙すための嘘と秘密で塗り固められた実質未だにアメリカ軍による日本の官僚を傀儡とする占領状態であることを暴いた本である この本は研究者による専門書に近いものであるが国民の暮しにとって最も根幹となる憲法と法律を差し置き国民を支配する社会の秩序に関わる問題で [続きを読む]
  • 日本はなぜ基地と原発を止められないのか 矢部宏治 集英社
  • 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか Amazon 日本はなぜ基地と原発を止められないのか 矢部宏治 集英社 編集者が研究者となって本を書いたもの内容も深いし論文に近いが読みやすい311の福島原発事故以来大きな疑問に目覚めた日本人矢部さんは沖縄問題から地位協定を本格的に調べだし2011年の地震と原発事件で日米合同委員会の存在にのめり込んで行く明治維新と名付けられた前後の時代から紐解き始め戦後の不平 [続きを読む]
  • ◎強欲と飢え 170626
  • ◎強欲と飢え 170626 本能と呼ばれるモノは自律へと向かう自分を見失った強欲故の飢えを意味している 飢えは自分と相手や全体と共鳴した自然の流れからよそ見してはみ出し二兎を追う迷子の迷子になっている状態である 自分で選んだあるがまま足るを知る満ちた心に比較という飢えはない [続きを読む]
  • 信頼と依存 160726
  • 信頼と依存 160726 お互いに腹を割り自分に責任を持った者同士による対等で自在な切磋琢磨する関係にあるならば信頼の関係と呼べるしかしそれが片流れの付き合い方になるほどお互いに共食いする依存と癒着を含むことになり今を選択する際の自律性と思考が鈍り責任転嫁した浅はかな投げやり状態が濃くなっていく 真剣味を欠くことでオーラを薄め外目線の損得感に目が眩みケジメのない行き当たりばったりの判断となって後悔を [続きを読む]