maverix さん プロフィール

  •  
maverixさん: harmonixコトダマ発信
ハンドル名maverix さん
ブログタイトルharmonixコトダマ発信
ブログURLhttp://ameblo.jp/hitori-ookami/
サイト紹介文大自然の本質。自分と社会を観察し全体と部分の関係を模索する。「美愛善神」を通して真理探究を目指す
自由文限定された愛や美や善や神は存在しえない
愛や美や善や神は部分に切り離せないし
数えられないし計ることもできないから
割合を意味する確率や効率や比較や順番や競いや争いや%を出すこともできない
例えばその答えは「10%が愛や美や善や神で90%が罪で醜で悪で悪魔だ」
などと言う表現は嘘だし詭弁だからだまされてはいけない・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供385回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2009/09/05 12:23

maverix さんのブログ記事

  • ◎水は低きへ流れる 170529
  • ◎水は低き流れる 170529 政治も学問も宗教も文化すらもが弱いものへと触手を動かす部分感によって依存し搾取して相手を食い尽くそうとする一方的で脅迫的な力の働くのが有限である物質界の摂理のようだ その一方で大自然の生命体には意識という一成る高みへとフォーカスする全体観に根ざす集合的な意志もあるらしい 生命体の核となるタネは一成る全てである抽象的な集合意識でありそれを具現化させる為に生 [続きを読む]
  • 異界への旅1 水木しげる 中央文庫
  • 異界への旅1 水木しげる 中央文庫 水木しげる作品集 異界への旅 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミック... Amazon 異界への旅1 水木しげる 中央文庫水木しげるが傷痍軍人として片手を失い戦後復員して何十年かの後作家としてデビューした当時の短編読み切りの作品を集めたものだシリーズ4まであるがその一巻には6編修められている最初の《テレビくん》がデビュー作でもあり講談社 [続きを読む]
  • 人体5億年の記憶 布施英利 海鳴社
  • 人体 5億年の記憶: 解剖学者・三木成夫の世界 Amazon 人体5億年の記憶 布施英利 海鳴社解剖学者 三木成夫の世界 人間には感覚と運動の営みがあって栄養と生殖という植物的な部分と餌を取るとか異性に近づくと言う知覚や運動の動物的な従属する部分があり基本は植物的身体なのだという 動物的な器官は脳感覚系と伝達系と運動系の3つから成る五感で外部とつながる感覚系を受けて神経から脳を経る伝達 [続きを読む]
  • ◎切磋琢磨と意識の関係 170528
  • ◎切磋琢磨と意識の関係 170528 今を選んで出合う相手と対等で自在な相互関係が成り立った場合にはその相手と切磋琢磨する心満たされた間柄となるそこにはウソと秘密による駆け引きを必要とする競争原理の入り込む隙間はない 厳密にはお互いの存在を可能とする距離感以外の所有という過去に執着する考え方はなくなり棲み分けという関係で自律を求めて相互に補い合う調和を目指す冒険の旅へ向かうことになる [続きを読む]
  • ◎対等性と暴力の関係 170528
  • ◎対等性と暴力の関係 170528 出合う双方の自律を基本として対等で自在な関係は成立つこの相対関係をつなげていくことで民主的な社会を広く構成することができるそれはお互いの対等な自己責任でありこの関係に第三者や法律の関与する余地はない 例えば自己成長するAI人工知能ロボットと人間との関係を対等だと認め合えればお互いに一人の存在として認識する必要が起こる相手の許可なしに相手に関することに関わる [続きを読む]
  • ◎民主主義の基本 170528
  • ◎民主主義の基本 170528 義務も責任も相手に問うものではなく己の問題であり権利のみが相手に対して与え合うモノである以上の関係を前提にすることでのみ自律で成立つ直接民主主義を実行することができるこの義務と責任と権利の関係を真逆にしたのが所有権を盾に取る競争原理社会である という訳で競争原理でのみ成立つ資本主義が市民の納得を得るために建前として取り入れたのが間接的民主主義であるこれは所有 [続きを読む]
  • ◎成長のメカニズム 170527
  • ◎成長のメカニズム 170527 人間は他力の外力によるアメとムチでほめられたり鍛えられたりして育つのかあるいは自力の好奇心によって冒険することに喜びをもって育つのかそれとも自己催眠による思い込みに押されて育つのか 現実にはこれら全ての総合的な環境をバックボーンとしながらもどれかを中心軸として何らかの社会的価値観に依存しながら育つのだろう しかし産まれたばかりの赤ん坊は与えられた環境を [続きを読む]
  • 好奇心の大きさと進化 170526
  • 好奇心の大きさと進化 170526 大きさとは遠い未来へ思いを馳せる夢でもあり中心の奥深くにフォーカスする元素への旅でもあるし更なる未知の真理を探求する意識でもある 例えば春先にクマンバチが頭上でホバリングしている時そこに何を見ようとするかでその好奇心の大きさが決まりそこで学ぶ対象が選ばれる ホバリングの音に注目するか次の行動に備えるかハチの思いにチューナを合わせるか 刺されるとい [続きを読む]
  • 守るも攻めるも大自然 170524
  • 守るも攻めるも大自然 170524 この世は弱肉強食による侵略関係なのかそれとも食物連鎖による棲み分けなのか あるいは弱肉強食と競争原理の危うい関係を体験しながら食物連鎖によるお互いの自律を模索し調和の関係と補い合う棲み分けを目指して程々の距離を感じ取りながら自らを管理していくことなのか もしも自衛を覚悟しなければならないとすれば攻めてくるであろう仮想の侵略者が居ることの裏付けがなけれ [続きを読む]
  • ◎相対投票選挙システムの提案 170524
  • ◎相対投票選挙システムの提案 170525 立候補あるいは推薦による選択の投票方法を人気投票と不人気投票の二本立てにしてプラス側の投票数からマナス側の数を差し引くことで担当者を決めればより日当たりの良い正当な人事を行うことができる筈 現状の選挙制度は民主制を建前とし実質的に阻止し専制政治を本音としているこの選挙制度を変更することで高い市民の社会参加を可能にできれば多数決選挙においても市民の [続きを読む]
  • 男と女から父性と母性に 170523
  • 男と女から父性と母性に 170523 部分性を発揮する男は生きるという摩擦の中で内面に持つ全体観を目指す父性性を育み同じように部分性を受け持つ女も生きるという摩擦の中で内に秘めた全体観を担う母性性に目覚めていく 誰しもが今という未知に対する前向きな好奇心と後向きの不安恐怖にはさまれ自主性と依存性のどちらを選ぶかによって視野の狭い部分にしがみついているかより視野の広い全体観に旅立つかが決まる [続きを読む]
  • 信頼のバックボーン 170523
  • 信頼のバックボーン 170523 考え方も好みも生き方も違う人間同士は集うという冒険で自分の凸凹を補い切磋琢磨して相手から学ぶことで自分が持つ部分性と全体性のあり方をそれぞれのペースで発見していく このとき自分と似て非なる相手を否定してしまえば集うこと自体が自分の育てた全体観を破壊してしまうことになるそのぶん部分同士の摩擦だけが増大して不満というシコリになって相手を非難したつもりが鏡に映る [続きを読む]
  • 未完でもあり完結でもある 170522
  • 未完でもあり完結でもある 170522 人生のどこで切ろうがどこで死のうと例え大往生したとしてもその人生は未完だとも言えるし完結したものだともとれる そもそも無限とも言える果てしないこの世においてすべてに終わりなどなく常にその先があり又一瞬一瞬が別のものであって完成されているのである 点と点は続きだとも言えるしそれぞれが一つのものだと感じることもできるあなたと私は相似形でもあるけれどど [続きを読む]
  • 星を継ぐもの ジェームズホーガン 創元SF文庫
  • 星を継ぐもの (創元SF文庫) Amazon 星を継ぐもの ジェームズホーガン 創元SF文庫 原題:Inherit the Stars1977年36歳に出版された処女作これ以後連続して書き下ろす全てがピットする50年代に起こるニューウエイブと共にピークを迎えたSFもその後ファンタジー化している中70年代に復活する硬派のSF作家ストーリは単純である死後5万年を経過しているミイラを月面の人工洞窟で発見することから始ま [続きを読む]
  • 原発ゼロ社会へ! 広瀬隆 集英社
  • 原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論 (集英社新書) Amazon 原発ゼロ社会へ! 広瀬隆 集英社新エネルギー論 電気は買う時代から自分でつくる時代へニホンの電力は十分に足りている停電とか摂でと言う脅し文句311位後に広まった自家発電オフグリッド=独立電源装置天然ガス発電の魅力=ガスコンバインドサイクル原発の政治的矛盾と危険・リニア新幹線発送電分離による電力自由化と政府と繋がった独占企業コジ [続きを読む]
  • ◎生涯学習の勉強会 170518
  • ◎生涯学習の勉強会 170518 人生の日々は学びの場であり続けるそのためにこそ自ら何かを選択して切磋琢磨する家族や社会の集いがあり前向きな切磋琢磨には信頼感と調和という思いもしない相乗効果による飛躍が生まれるものである お互いに磨き合うためには対等に自分の特徴を同じ土俵に持ち寄って自由自在に吸収し合い凹みを埋めて土台を丸く固めては更なる凸凹をつくり出し成長と咀嚼を繰り返していく これ [続きを読む]
  • ◎秩序にも二面性 170514
  • ◎秩序にも二面性 170514 他力による秩序か自力による秩序か外力により一成る方向性を持たせることで個の意識を密封したパニックをつくりだし群集心理による秩序で群れを動かす こうした依存による秩序は頼りとする外圧が揺らぐことで不安を煽りバラバラの利己心を浮き彫りにすることもできる 依存と対を成す自律を目指す自主的な倫理観による秩序は個々が選択した意思によって集うものであるからあらゆる外 [続きを読む]
  • 貨幣制度の問題点 170514
  • 貨幣制度の問題点 170514 自然界に変化しないモノなどない全ての存在が対等で自由自在で全体を構成する関係の中で風化したり腐ったり熟れたり成長する時間とともにあるいは場所とともに形が変わり意味が変わり関係もその都度で変身し続けていく 時空の流れに沿って今をトータルで賄い発見したり学んだり老いたり壊れたりしては産まれて育ち循環し続ける満腹の時に食欲は起こらないし喉が渇けば何よりも水が美味し [続きを読む]
  • タネをまく縄文人 古畑弘己 吉川弘文館
  • タネをまく縄文人: 最新科学が覆す農耕の起源 (歴史文化ライブラリー) Amazon 最新科学が覆す農耕の起源 圧痕法ともレプリカ法ともいわれる技術による新たな発見と証明がもたらした最新情報これもいつ覆されるかわからないがより事実に近づいている事は確かなのだろう 土器を作る過程でタネや昆虫などが粘土に紛れ込んだ痕跡を暴き出すことによって当時をより具体的に偲ぶ方法である この発見によ [続きを読む]
  • しっかり汚した手をキレイに 170513
  • しっかり汚した手をキレイに 170513 出合いをつくって愉しくまみれて遊び転んでは気付きを得て噛み砕いて確かめ気が済んだら一息ついて辺りを片付け身繕いをして手を洗う手と目と耳と鼻と口と頭と心を使った後は次の出合いをフルに活かすために祓い清める 新しいことに挑戦するごとに出合ったあなたの全ての言葉を聞き取れるようにいつだってこの七つをクリアーにしてからまっすぐ向き合って手を握る そのと [続きを読む]
  • 生き甲斐 170513
  • 生き甲斐 170513 生命体が日々を生きる行為に励むのは何に突き動かされてのことなのだろうか死ぬことへの恐怖なのか破壊することへの衝動なのかそれとも生産することへの期待と喜びなのか 生まれながらに背負う目的を持った意識を司る右脳の存在に手段である肉体を牽引する左脳が導かれているのか 生きる目的とは何なのだろうやり甲斐というモチベーションは具象的で終わりの見え透いた手段でしかなさそうだ [続きを読む]
  • ◎神と出会ったと言う人 170512
  • ◎神と出会ったと言う人 170512 一成神に選ばれたとモーゼは言うほかにも沢山の出会いが搾取と支配の宗教を生み出してきたしかし選民思考は思い込みと依存による自己満足でないのかその対面したという相手が神だと何を以って言い切れるのか 超能力を現すならば悪魔で在ってもおかしくないしむしろ完璧でない奇跡や霊験や魔法という姿形の矛盾に納得も行くがそれを一成る神だと公言するとなるともはやそこに完璧は [続きを読む]
  • 「神道」の虚像と実像 井上寛司 講談社
  • 「神道」の虚像と実像 (講談社現代新書) Amazon 「神道」の虚像と実像 井上寛司 講談社 神道はその昔中国から輸入した言葉であって「じんどう」とか「しんどう」と発音されていたのが当時のヤシロ・ミャ・モリ・ホコラなどの縄文アミニズムから天皇支配の古代律令制度による神社となることとならんで天武天皇の名において民衆の心を一つに結ぶため古事記が作られ日本書紀を独立国として諸外国に顕したそれ [続きを読む]
  • 王道 170509
  • 王道 170509あなたは裸の王様になることを選びますか?それとも自らに恥じることのない道を歩むかあるいは権力に媚びて傀儡に溺れ後ろ向きに依存して姑息に生き延びるか前を向いて切磋琢磨する冒険をみんなで愉しむかここまで分析できれば考えるまでもなく前向きに進むことで心身ともに多様な好奇心で満たし一人ひとりの幸福をそれぞれに補い合いながら紡いでいく王道を選ぶしかないはず [続きを読む]
  • 出合いを選択するという解 170508
  • 出合いを選択するという解 170508 全体観という方向性とより部分であるディテールを絞り込む線が交わる所にその場の解が発生する 俯瞰して全体観に偏ればドットが荒くなり部分に執着すればするほど前後左右が見えなくなりどちらに転んでも方向性を見失うか交点を見失って迷子になる 全体観と部分感の両方を同時にとらえられなければ正解を得ることはできないこの不可能を可能にするにはそれぞれの現場を体験 [続きを読む]