maverix さん プロフィール

  •  
maverixさん: harmonixコトダマ発信
ハンドル名maverix さん
ブログタイトルharmonixコトダマ発信
ブログURLhttp://ameblo.jp/hitori-ookami/
サイト紹介文大自然の本質。自分と社会を観察し全体と部分の関係を模索する。「美愛善神」を通して真理探究を目指す
自由文限定された愛や美や善や神は存在しえない
愛や美や善や神は部分に切り離せないし
数えられないし計ることもできないから
割合を意味する確率や効率や比較や順番や競いや争いや%を出すこともできない
例えばその答えは「10%が愛や美や善や神で90%が罪で醜で悪で悪魔だ」
などと言う表現は嘘だし詭弁だからだまされてはいけない・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2009/09/05 12:23

maverix さんのブログ記事

  • ◎全体か部分か・卵か鶏か 170322
  • ◎全体か部分か・卵か鶏か 170322 全体である社会という仕組が完璧ならば社会を構成する部分である一人ひとりもおのずと完璧になるのか?それとも部分が先に悟ることで全体の仕組を工夫して育て上げることができるのか? この答えはどちらでもない何故なら全体と部分の関係はタマネギのようなもので入れ子状態の無限連鎖であって全体として見たシステムを部分として見れば更なる大きな全体があり部分として見た現 [続きを読む]
  • ◎一成る普遍性と留まる事のない相対性 1703021
  • ◎一成る普遍性と留まる事のない相対性 1703021 無い物ねだりのパラダイスという普遍性を求めれば独裁か全体主義による対立と競争原理が働き嘘と秘密が蔓延して物欲に走り所有権を主張するために破壊と戦争のよって共食いしながら奪い合うことにしかならない何故ならばこの世は有限を建前とする相対性時空間であり常に変化し続ける流れの中にあるからだ だとすれば安住である筈の絶対環境を目指して真理を模索す [続きを読む]
  • ゼロを目指す 170321
  • ゼロを目指す 170321 この相対の世に無限であるゼロは存在し得ないけれど振り子の頂点のように一瞬の解放で集合意識を垣間見ることができるだからこそそこに住む私たちは誰しもゼロを目的として目指している この旅は永遠にたどり着くことにない冒険でありながら一成るも元のゼロに一歩一歩限りなく近づくことに心満たされ喜びとなる しかしこの永遠に不安を感じて近道しようと焦り物欲に取り憑かれると意識 [続きを読む]
  • ゼロを目指す 170321
  • ゼロを目指す 170321 この相対の世に無限であるゼロは存在し得ないけれど振り子の頂点のように一瞬の解放で集合意識を垣間見ることができるだからこそそこに住む私たちは誰しもゼロを目的として目指している この旅は永遠にたどり着くことにない冒険でありながら一成るも元のゼロに一歩一歩限りなく近づくことに心満たされ喜びとなる しかしこの永遠に不安を感じて近道しようと焦り物欲に取り憑かれると意識 [続きを読む]
  • ◎暴力の発生 170321
  • ◎暴力の発生 170321 相対する摩擦の関係においてお互いの選択と納得のない自分本意な出合いを求めて相手を自分の一部部ととらえられずに対立し一方通行の状態で相手のオーラに侵入し侵略して略奪する行為を理不尽な暴力と呼ぶ又傍観者も暴力を幇助する仲間でしかない 完全に暴力性のない状態は自律を目指す者同士の一体感にある切磋琢磨によって相乗効果を発揮している調和による自律の瞬間にあるそれ以外は多か [続きを読む]
  • オーラは発光現象なのか? 170321
  • オーラは発光現象なのか? 170321 暗闇の中ではオーラを見れないのだろうかオーラは五感の一つである視覚のみしか受け付けないのか人間が感じる範囲の熱もなく摩擦もなく匂いも音もなく唯一視覚に対して発光しているのか反射しているのか どうやらそれとも違うらしい意識的な条件が揃った時にだけ視覚に入る波動なのかもしれないそれはテレパシー感覚と同じ範疇のものだろうか五感を研ぎ澄ましさえすれば本音だけ [続きを読む]
  • 相乗効果と共食い 170321
  • 相乗効果と共食い 170321 競争原理は嘘と秘密で成り立ち対立の関係で永遠の共食いに陥り終わりのない堂々巡りの不安恐怖に追い立てられる それに対して似て非なる信頼関係の切磋琢磨はお互いの意識を磨き出す相乗効果で目的を発見して未来を開く 知識と知恵という生命活動の手段を手にした生命体ほど目的となった意識の自律を目指すことを可能にすると同時に日々の出合いである体験による発見と理解を繋ぎ合 [続きを読む]
  • 貧困なき世界 ジャスティン・リン 東洋経済新報社
  • 貧困なき世界―途上国初の世銀チーフ・エコノミストの挑戦 Amazon 貧困なき世界 ジャスティン・リン 東洋経済新報社 途上国初の世銀チーフエコノミストの挑戦混沌の時代の台湾に生まれ混沌からの脱出を体験し中国に渡って同じ種類の体験をすることと合わせて台湾の大学卒業の後北京大学で修士号を取得しシカゴ大学で博士号取得という道を歩み理論と実践の両面で裏付けられた上で北京大学の享受になるが20 [続きを読む]
  • トイレ 屎尿下水研究会 ミネルヴァ書房
  • トイレ:排泄の空間から見る日本の文化と歴史 (シリーズ・ニッポン再発見) Amazon トイレ 屎尿下水研究会 ミネルヴァ書房 江戸のまちは循環型のエコシティーだったトイレから見るニホンの文化と歴史人間が街を構成して大きな社会を作るほど自然界全体の流れによる自然循環から外れてしまいゴミや屎尿の処理を人工的に工夫しなければならなくなる こうした問題が表面化するのはすでに定住生活を始めてい [続きを読む]
  • 善と悪=切磋琢磨と競争 170317
  • 善と悪=切磋琢磨と競争 170317 あの世は兎も角相対していることがこの世に存在することの条件であるしかし相対の前提となる私は私の中心としての善なる核であるこの核に肉付けされて真球性をはみ出し姿形を表出したのが私という肉体を持つ意識であり同時にその鏡となって私の姿を映し出す相対相手でもある 悪は鏡に映る自分と言う裏表の半面であり影の部分でもある反面教師としての切磋琢磨の相手でもありそれは [続きを読む]
  • ◎金融支配によるグローバリズムの履き違え 170316
  • ◎金融支配によるグローバリズムの履き違え 170316二足歩行や言語を得た人間は集うことで狩猟採集の雑食から未来を見据えた計画的な牧畜と農耕栽培による依存経済を発展させ全体観を失いながらも社会的な分業体制を進めることで組織を大きくしお互いの対等な信頼関係から未来を売り買いする契約というギャンブルを秘めた建前の対立関係に変化してきたそこには余剰生産物という余分が生まれ狩猟採集による補い合う家族の絆 [続きを読む]
  • 面と化粧 170316
  • 面と化粧 170316 素顔の舞台に呑み込まれることはないけれどデフォルメされた面とか化粧というものはオソロシイその写真だけでも静かに向き合っていると不思議な空気が漂うものだ 面には限らず無表情でありながら佇む抽象性に対して外に気に散った隙きだらけの人の心は感情移入しやすい例えば空を流れる雲や打ち寄せる波やポッカリと穴の空いた古井戸とかふと河原で手に取った小石や手作りの工芸品などと共に居合 [続きを読む]
  • ◎ベーシックインカムの実施プラン 170315
  • ◎ベーシックインカムの実施プラン 170315 BIを日本語に翻訳するならば《無条件基本生涯年金制度》でどうだろうか揺りかごから墓場までお互いの暮らしを保証し合う 現状のニホンでは多くの専門家によって予算等の考慮と推量で5〜8万円が妥当だとされている しかしBIがもたらすであろう税金の節減と合わせて競争原理に洗脳された状態からの解放それに伴う対等性と自由自在性の獲得によって自発的に起るであ [続きを読む]
  • 生きる目的 170315
  • 生きる目的 170315 明日を視野に入れて今を選択するその目的と成るものは大自然の法則の解明に挑み日々の暮らしに投影していくことで嘘と秘密の少ない透明度を高くした集いを目指し現象する個々の具象性をリアルに描きだし抽象的な全体を創造していくことへの参加である [続きを読む]
  • 円の中心と振り子 170315
  • 円の中心と振り子 170315 ブランコや振り子は円や球から弧を切り取った状態にある振り子の支点はその元となる円全体の中心に当たる無限環境にある つまり振り子の頂点と見なされる折り返し地点は外力によって変化し続けるもので人間で言うところの五感による情動を現す又振り子の底となる通過点は中心点の写しであり仮の無限点と見なすことができる ここで情動からなる外力が右側のみに偏り左側にブレーキが [続きを読む]
  • ◎苦は反面教師として必要悪なのか 170314
  • ◎苦は反面教師として必要悪なのか 170314 もしこの世が相対する摩擦によって気付きを得真理の悟りに向かう場であるならばそれが他力によるものであれ自力によるものであれ暴力が一掃された社会に悟りへの道は残されているのだろうか? そそのかされて対立する戦争がない世界を創造できたとして人はどうやって調和の瞬間に気付けるのだろうか?人々がテレパシーで集えるようになると依存心の波に誘惑されることも [続きを読む]
  • 三すくみ 170311
  • 三すくみ 170311 調和はお互いの自在性の中における出合いの状態であって寄り添う依存の関係でもなく不動の状態でもなく余分なりきみを捨てて自律を目指す満たされた瞬間にあること過去に執着したり未来に望みをつないだモノではない 息を殺した三すくみは平等というお互いの依存や搾取によって離れがたく固まっている状態を意味するもので力が緩んで少しでも依存が偏ればすべてが総崩れしてしまう 連鎖する [続きを読む]
  • ◎自分意識 170309
  • ◎自分意識 170309 他を意識するから対立が起こり利己的な自分意識が生まれる出合いで選択した相手は他でもあり自分を確認するためのカガミともなる 出合いを押し付けられたと感じている時には相手が他の存在であり出合いに参加できていると感じている時には相手も自分の一部分である 相手を所有するという思いはおのずと自分を所有する囲い込みにもつながる相手をモノとして縄張りに閉じ込めれば自分もその [続きを読む]
  • ◎ベーシックインカムの次に来るモノ 170309
  • ◎ベーシックインカムの次に来るモノ 170309 全てを対等とする自由自在な民主主義を求めながらも金融という依存と物欲だけの競争世界から抜け出せずにいた人類がやっと見つけ出したベーシックインカム制度は物欲の迷路から意識を伴う環境へと飛躍する本音の民主主義への入口となるはずだ この実践によって人々が迷い込んできた依存心から多様な自主性による解放された光に目覚め一人ひとりが求める様々な目的に気 [続きを読む]
  • 見てる知ってる考えてる 中島芭旺 サンマーク出版
  • 見てる、知ってる、考えてる Amazon 見てる知ってる考えてる 中島芭旺 サンマーク出版 哲学的な自己啓発本と言われる10才の子がブログで書いた詩確かに言葉も文書的だったりしてその中途半端さが面白くこれから思春期を向かえて競争社会の価値観の中で自分をどう育てて行けるかそこにこの子の勇気を注いで行けるか未来は未定である 自分で出版社に電話を掛けて交渉したと言うが適切な選択には何らか [続きを読む]