golfkid さん プロフィール

  •  
golfkidさん: 究極のLesson
ハンドル名golfkid さん
ブログタイトル究極のLesson
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/golfkid
サイト紹介文「ゴルフは感性でするもの、理論に振り回されないで!」アメリカ東海岸よりあなたに贈る「感性のGolf」
自由文2年間ほどUSゴルフチャンネルのコメンテーターとして外側から勉強する機会をもつこともできました。

そういった経験が私の中のなにかを変えさせました。

「その人にあったスイングを見つけてあげたい」
「いままで私の理論をおしつけた人にもう一度レッスンしてみたい」それが文章をかくきっかけになったのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/09/07 09:38

golfkid さんのブログ記事

  • 第14回/誰も言わなかった【背すじの真実】④
  • かなり長めですが、動画で説明しますどうでしたか? 「そんな簡単なこと!?」と、皆さんは思われるかもしれません。でも、これまで私がやってきたレッスンを一つずつこなしていれば、それは簡単なことです。しかし、レッスンに『魔法の言葉』は存在しません。一つずつの積み重ねで完成するものです。理論では簡単でもそれを実行するためには多くの努力と時間が必要です。これまで雑誌などで行われてきたレッスンの多くはワンポイ [続きを読む]
  • 第14回/誰も言わなかった【背すじの真実】③
  • 真っすぐ背すじで正しいスイングするには?ハーフウェイバックでは、腕をまだ上げる必要はありません。上げないといっても、身体が前傾しているので自然に上がっていきます。インサイドに引いているように感じるかもしれませんが、腕はロックされているため、身体とクラブの距離は変わりません。ハーフウェイバック以降で初めて意識して腕を上げていきます。といっても、もう肩の捻転は90度位近く回転した後なので、そんなには大き [続きを読む]
  • 第14回/誰も言わなかった【背すじの真実】②
  • 前回のおさらい【背すじ真っすぐアドレス】の作り方前回は背すじを伸ばすことでボールとの正しい位置関係を知ることが出来ましたが、今回はスイングにおいても劇的な変化をもたらしてくれることにも注目していきます。その前に、前回の手順をもう一度再確認しておきましょう。【1】クラブを持って『気をつけ』の姿勢を作ってください。【2】年齢に応じて可能な限り背すじを伸ばして胸を張りましょう。【3】両腕を地面と平行に前に [続きを読む]
  • 第13回/アドレスで背筋を伸ばせ!
  • 第13回/誰も言わなかった【背筋の秘密】スイングは『でんでん太鼓』のような軸回転か?https://youtu.be/eUs1ACpQ5AM今回はPGAのトッププレーヤー達が見せる背筋の伸びた美しいポスチャー。なぜ彼らは一様に背筋が伸びているのか? 中高年者のアマチュアが彼らのように背筋を伸ばしても良いものなのか?それでは、皆さんがレッスン書で聞いた事のないような「背筋の秘密」に迫ります。これまでレッスン書やゴルフ雑誌で語ら [続きを読む]
  • 業界初の驚きの試み『フオーラム型レッスン』
  • FB上に於いて、業界初の驚きの試み『フオーラム型レッスン』https://www.facebook.com/groups/430731253937302/WEBレッスンに対してのフォローアップ、質問コーナー、そして動画をUPして戴ければワンポイントレッスンも!Yhoo閲覧者の皆さんもFBで是非登録ください!!元日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロ、異色の経歴を持つTOSHI HIRATAが30年のレッスン経験の集大成を語る。超DEEPな骨太スイング論をアメリカからお届け!TO [続きを読む]
  • 第12回/ベルトドリルで腕を同調させよう!
  • 第12回/ベルトドリルで腕を同調させよう!スイングの基本【ベルトドリル】にトライしよう前回は、正しいバックスイングを身につけるため、【壁ドリル】にトライしてもらいました。これにより、肩甲骨の緩みが取れたはず。そして、適正な位置にバッスイングが上がったでしょうか?それでもダメな人には先日述べたベーシックドリルの王道とも呼べる【ベルトドリル】があります。今ではゴルフメーカーが多くの種類を販売しています。 [続きを読む]
  • 第11回/カーリングと究極の縦振りが手に入る!
  • Play Video究極のLESSON 2【壁ドリルと究極の縦振りとは】前回のおさらい。あなたは肩甲骨が緩んでいませんか?前回、スイング中に肩甲骨をゆるめるな!と題してレッスンを行いました。この大切なスイングの要とも呼べる「肩甲骨を緩めない」とは?今回レッスンに入る前にもう一度動画で復習してください。これは数年前にYouTubeに上げた動画をご覧ください。(なにぶん初期のデジタルカメラでの撮影の為、かなり雑音が入りますが [続きを読む]
  • 第9回/カーリングマスタードリル【動画編】
  • http://www.alba.co.jp/sp/lesson/column/article?title_id=29&id=369文章で伝える限界を感じたため、今回動画を撮りました。前回の3つの【カーリング】のプロの事例、そして最後に【カーリング】を身につけるためのドリルを紹介しています。これまで説明してきた内容を理解している方は、動画終盤の【カーリングマスタードリル】をご覧ください。このドリルで【カーリング】を身につければ、スイング中の腕の操作は要らなくなり [続きを読む]
  • 第9回/カーリングマスタードリル【動画編】
  • http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=29&id=369"カカト軸ジャンプ"によって【重いインパクト】を身につけることが出来たなら、あなたのゴルフライフは激変します。もちろん、基本スイングが出来上がっているジュニアプレーヤーやツアープロにおいてはその即効性は類を見ません。ただし……一般のアマチュアプレーヤーには「高い条件」があります。それは3種類ある【カーリング】のうちの一つが出来ているか?ヒ [続きを読む]
  • 第9回/カーリングマスタードリル【動画編】
  • http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=29&id=369読まれて納得して頂ければ、リンク先の「いいね!」を押してくださいね!"カカト軸ジャンプ"によって【重いインパクト】を身につけることが出来たなら、あなたのゴルフライフは激変します。もちろん、基本スイングが出来上がっているジュニアプレーヤーやツアープロにおいてはその即効性は類を見ません。ただし……一般のアマチュアプレーヤーには「高い条件」があ [続きを読む]
  • ALBA.Net★究極のレッスン/FBグループ
  • https://m.facebook.com/groups/257594828032354?ref=bookmarksALBA.Netに於いてToshi Hirata★究極のレッスン【未来へ】がスタートしました。公式ホームページでのレッスンは当然一歩通行です。異論、反論、曲解、誤解が起きても私には伝わりません。そこでFBで新たにグループ設け質問を受け付けようと考えました。FBアカウントをお持ちの皆さんには是非参加をお願いします。 [続きを読む]
  • ALBA.Net★究極のレッスン/FBグループ
  • https://m.facebook.com/groups/257594828032354?ref=bookmarksALBA.Netに於いてToshi Hirata★究極のレッスン【未来へ】がスタートしました。公式ホームページでのレッスンは当然一歩通行です。異論、反論、曲解、誤解が起きても私には伝わりません。そこでFBで新たにグループ設け質問を受け付けようと考えました。FBアカウントをお持ちの皆さんには是非参加をお願いします。 [続きを読む]
  • 第5回/【カカト軸ジャンプ】の誕生秘話
  • 第5回/【踵軸ジャンプ】の誕生秘話がアップされました。もし読まれて納得して頂ければ、リンク先の「いいね!」を押して頂ければ幸いです。http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=29&id=279いよいよ今回は私の友人、そして「踵軸ジャンプ」の共同制作者でもある、Akihiro Hotta プロの登場です!それも動画付き....見逃せませんよ!!PSちょっと登場の仕方がカッコよすぎない??😓今度は私の動画も入 [続きを読む]
  • 第5回/【カカト軸ジャンプ】の誕生秘話
  • 第5回/【踵軸ジャンプ】の誕生秘話がアップされました。もし読まれて納得して頂ければ、リンク先の「いいね!」を押して頂ければ幸いです。http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=29&id=279いよいよ今回は私の友人、そして「踵軸ジャンプ」の共同制作者でもある、Akihiro Hotta プロの登場です!それも動画付き....見逃せませんよ!!PSちょっと登場の仕方がカッコよすぎない??😓今度は私の動画も入 [続きを読む]
  • NEW LESSON〜右手フリップの謎
  • 私の友人から個人的な質問が届いた。「右手フリップを治す方法がありますか?」以下、彼との会話から抜粋してレッスンを始めよう!「右手フリップの原因は一つではありませんが、ハードすぎるシャフトやロフトのないドライバーを使い続けると、こうした問題に突き当たります」「はい!確かに...シャフトもXでリアルロフト9度のドライバーです」私はスイングスピードを訪ねた。「トラックマンのデーターで52m/sですがコースでは48m [続きを読む]
  • NEW LESSON〜右手フリップの謎
  • 私の友人から個人的な質問が届いた。「右手フリップを治す方法がありますか?」以下、彼との会話から抜粋してレッスンを始めよう!「右手フリップの原因は一つではありませんが、ハードすぎるシャフトやロフトのないドライバーを使い続けると、こうした問題に突き当たります」「はい!確かに...シャフトもXでリアルロフト9度のドライバーです」私はスイングスピードを訪ねた。「トラックマンのデーターで52m/sですがコースでは48m [続きを読む]