pole pole さん プロフィール

  •  
pole poleさん: Bun meets man.
ハンドル名pole pole さん
ブログタイトルBun meets man.
ブログURLhttp://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/
サイト紹介文EOS 5D Mark 3 EOS 5D EOS 7D を駆使してネイチャーフォトを撮っています。ニホンテリア 植物画。 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/09/10 09:53

pole pole さんのブログ記事

  • :ぶんちゃん 改めてありがとう!:
  • 7年前 の今日 愛しいぶんちゃんは 急に旅立ってしまいました。今でもいなくなってしまったことが信じられないでいます。でも もう 7年 も経ってしまったんですね。ぶんちゃん〜! もんちゃんと仲良くやっていますか〜?私たちはいつまでも あなたのことは忘れないからね! そんなぶんちゃんにノリウツギ(糊空木)を手向けます。アジサイの仲間ですが 開花期はアジサイより遅く 円錐形の花序をもつため 一般のアジサイと [続きを読む]
  • :ノアザミも紫色!:
  • 昨日は涼しくって肌寒いくらいだったのに 今日は一転真夏日! いいお天気です。まったく梅雨らしくないですね〜紫色のお花シリーズ 今回はノアザミ(野薊)です。名前の由来は ”アザミ” は 古語で ちくちく痛いことを ”あざむ” と言っていたことから転訛したもの というのが通説です。山野に普通に見られるので ”野” がつきます。花の色は紅紫色のものが多いですが 白いものもあります。アザミは秋に咲くことが [続きを読む]
  • :ハマナスの赤紫色が映えて!:
  • 梅雨らしくないお天気が続いていますね〜例年 こんな感じなのでしょうが・・・さて ハマナス(浜茄子)です。名前の由来は 浜(海岸の砂地)に生え 秋にナシ(梨)の形に似た果実(偽果)をつけることから ”ハマナシ” が転訛して ”ハマナス” となったようです。多くのバラの品種改良に一役買った原種のバラのひとつです。 去年のハマナスの記事です。・ハマナスの美しい花!1.今年も出会えたハマナスのこの美しいお花 [続きを読む]
  • :ハナショウブの真っ盛り!:
  • 梅雨入りしたとはいえ ほとんど雨らしきものは降っていません。日中は気温が上がっても 毎夕 さわやかな風が吹き 夜は肌寒いくらいです。そんななかで今を盛りと咲き誇っているハナショウブたちを撮ってみました〜ハナショウブは 日本に自生する野生のノハナショウブを改良してつくられた園芸品種で 特に江戸時代に盛んに改良され 育成地別に 江戸系 伊勢系 肥後系 他に長井古種 外国系などが作られました。 花の色  [続きを読む]
  • :ムシトリナデシコです!:
  • ついに関東地方も梅雨入りしました〜雨はほとんど降りませんでしたけどね。今日は 我が家にもん ちゃんを迎えた記念日です。いろんなシーンが走馬灯のように思い出されますが 今はいないのが寂しいです。ムシトリナデシコ(虫取り撫子 虫捕撫子)です。名前の由来は 茎上部の葉の下に粘液を分泌する部分が帯状にあり ここに虫が付着して捕らえられることから来ていますが 食虫植物ではありません。受粉の手助けをせずに花の蜜 [続きを読む]
  • :ヤエドクダミを手向けます!:
  • 昨日の夕方 突然の雷鳴とともにゲリラ豪雨!だんだんと気候が温暖化して来ているようで この先はどうなっちゃうのでしょうね〜今日はもん ちゃんの月命日。白い花と思い八重のドクダミを手向けます。何年か前にブロガー さんから頂いたものですが 地植えにするとたいへんなことになるので鉢植えにしておいたら 年々 花の数が減って来ているような・・・名前の由来は・・・ドクダミの生葉の特有の臭気から 何かの毒が入って [続きを読む]
  • :キショウブのライフサイクル!:
  • 6月 のカレンダーです。イワガラミの咲く谷中のお寺 さんで。もん ちゃんは ちょうど 1週間前 に我が家に迎えたばかりで 緊張していたことでしょう。 '08.06.15さて 明け方の雷鳴にはびっくりしました〜昨日からの不安定なお天気は 今朝も続いていましたが 午後になって眩しいほどに晴れてきました。梅雨入りも近いのでしょうか・・・キショウブ(黄菖蒲)です。名前の由来は 芳香のある根茎を風呂に入れて用いたサトイモ [続きを読む]
  • :イタチハギのシックな色合い!:
  • 朝のうちはお天気が不安定でしたが 午後からは晴れて 暑いけど爽やかでした〜気温の乱高下は 体調を崩しやすいですね。イタチハギ(鼬萩)です。名前の由来は 花穂がイタチの尾に似ていることから来ています。別名 クロバナエンジュ。別名のクロバナエンジュは 葉が エンジュに似ていて 花が黒色であることから来ています。道端 河川敷 荒地 海岸など幅広い環境に生育し 高温や乾燥に強い植物です。日本の侵略的外来種 [続きを読む]
  • :シロアザミゲシは 眩しく!:
  • 今日も日中は気温がぐんぐんと上がりました。でも 日陰は風がとてもさわやかです。今日は ぶん ちゃんの月命日です。清楚な白い花を手向けようと思ったのですが なぜか 毒々しいケシの花になってしまいました〜ぶん ちゃん 許してね。アザミゲシ(薊芥子)は 北アメリカのコロラド州からニューメキシコ州のロッキー山脈の砂礫地などに自生する一年草。名前の由来は  花がケシ(芥子)に トゲトゲした葉がアザミ(薊)に似て [続きを読む]
  • :ピッカピッカ つやつやのサクランボ!:
  • このところのお天気は全国的に不安定なようで 体調を崩す人が多いようです。今日は曇り空! でも蒸しますね〜梅雨入り前だというのにね。春に咲いていたシナミザクラ(支那実桜)のサクランボがたくさんできていました。シナミザクラは 中国の湖北省や湖南省などが原産の落葉小高木で 日本には明治初期に渡来。名前の由来は ”中国(支那)からやってきた 実の生る桜” からで カラミザクラ(唐実桜)ともいいます。 1本 の [続きを読む]
  • :地味な花ですが・・・フタリシズカ!:
  • 昨日の涼しさから一転して 今日は夏日で 朝から暑かったです〜体が暑さに慣れていないので 熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいね。さて フタリシズカ(二人静)です。名前の由来は 2本 の花序を静御前とその亡霊の舞姿に例えたことから来ています。 2本 の花序なのですが 実際には 1〜5本まで様々あります。とても地味なお花ですが 味わいがあります。過去のフタリシズカの記事です。・フタリシズカはにぎやか!1.フ [続きを読む]
  • :伝法院のお花たちともんちゃんの月命日!:
  • GWも今日明日で終わりですね〜4日の日に根津神社へと出かけてみたのですが 駅に着いた途端に人の行列!神社の入り口は拝殿する人たちが長蛇の行列をなしているのを見て そそくさと退散!GW中は どこへ行ってもすごい人なのですね〜皆様はどのようにお過ごしでしょうか?さて 今回はもう一つのブログでご紹介した 浅草伝法院のお庭に咲いていたお花たちです。また 今日はもん ちゃんの月命日でもあります。1.フジの花が満開! [続きを読む]
  • :今春 ラストのシダレザクラたち!:
  • 六義園の立派なシダレザクラは 見ごたえ満点でしたが・・・近所や戦没者慰霊塔のそばにも見事なシダレザクラが咲いていました〜この春のサクラは これでラストかな〜最新のシダレザクラの記事です。・花万朶なシダレザクラ! @ 六義園1.千鳥ヶ淵 戦没者墓苑の並びに咲いていたシダレザクラ。2.反対側から。3.靖国神社に通ずる道路際に咲いていたシダレザクラ。4.かわいらしいサクラでしたよ。5.近所に咲いていたシダレザクラ [続きを読む]
  • :ゴテンバザクラでハッピーバースデー!:
  • まろう君 フレヤちゃん ぶんちゃん お誕生日おめでとう! 3頭 ともこの世には存在しないことが悲しいです。生きていてくれれば 16歳 になったのにね〜今日はサクラの花でお祝いしてあげました。昨日はぶんちゃんの月命日でしたが お祝いのほうにアップしました〜一つは銘がわからないのですが ひとつはゴテンバザクラです。ゴテンバザクラの方は まだかろうじて咲いていますが 名無しのサクラはほとんど散っています。去年 [続きを読む]
  • :コブシが眩しく!:
  • まだ 4月 だというのに 昨日 今日と夏日です〜温度変化に体が順応していませんです。この調子で行くと この夏が思いやられます。さて 今回はコブシ(辛夷)です。日本原産の植物で 学名や英名もそのまま ”コブシ(kobus)” で 名前の由来は 蕾が開く直前の形が 子供の握り拳に似ていることから 拳(コブシ)。秋にできる果実は集合果で にぎりこぶし状のデコボコがあることから来ています。小枝の先に芳香のある白い花を [続きを読む]
  • :咲き初めの初々しいオオシマザクラ!:
  • 熊本地震から 1年 が経ちましたが 復興はまだまだのようです。熊本城を復元するには 20年 もかかるとか・・・政府には 福島や熊本などへの有意義な復興支援をしてほしいです。ソメイヨシノ まだ頑張っていますが 今日の強い風でどうでしょう。そのソメイヨシノの片親であるオオシマザクラ(大島桜)です。緑の葉と白い花とのコントラストはとても美しく 散り際には 花芯が赤みを帯びてきます。オオシマザクラの葉といえば  [続きを読む]
  • :素敵なツバキたち!:
  • 今日は 朝から花散らしの冷たい雨が降り続いています。真冬の寒さに逆戻りするのも 今日を限りのことだそうですが・・・明日からは暖かい日が続くとうれしいですが。ソメイヨシノと同時にツバキの花たちもそろそろ終盤を迎えそうです。あちこちで見かけたツバキたちです。1. 1本 の枝で先分けするツバキ。 銘 不明。オンマウスしてね!2.こんな風にね。ツバキ(Camellia japonica L.)ツバキ科 ツバキ属3.顔の大きさくらいあろ [続きを読む]
  • :コヒガンともんちゃんの月命日!:
  • 都内のソメイヨシノ 昨日満開宣言が出ましたが まだ蕾の方が多いような気がします。立地条件によっては 早くも花びらが散り始めているところもありました。さて 今日はもんちゃんの月命日なので コヒガン(小彼岸)を手向けたいと思います。名前の由来は 花期が早く 彼岸頃に咲き始めることから来ています。別名 ヒガンザクラ(彼岸桜) センボンヒガン(千本彼岸)。サクラの品種の一つでエドヒガン(江戸彼岸)とマメザ [続きを読む]
  • :ハヤトミツバツツジとサクラツツジと・・・:
  • ソメイヨシノの開花は 寒さと雨とで足踏み状態のようです。その分 長く楽しめるということでしょうか・・・サクラの前に咲くツツジを 2種。ツツジは漢字では 躑躅。”躑躅(てきちょく)” とは ”足踏みをする” とか ”たたずむ” の意味があり 花の美しさに思わずたたずむ あるいはツツジは有毒なので 羊がこれを食べて足踏みをして苦しんだことによるなど諸説あります。ハヤトミツバツツジ(隼人三葉躑躅)の名前の [続きを読む]
  • :ウグイスカグラが満開!:
  • やっと真冬の寒さから解放されたような・・・でもまだしばらくは寒暖をくりかえるのでしょうね〜さて ウグイスカグラ(鶯神楽)です。名前の由来は この花や実をついばむウグイスの姿が 神楽を舞っているように見えるためとか この木が ウグイスが隠れやすい薮の中に自生しているので ”ウグイスが隠れる木” → ウグイスガクレ→ウグイスカグラに変化したという説などありますが はっきりとはしていないようです。過去の [続きを読む]
  • :ぶんちゃん!ケイオウザクラが咲いたよ!:
  • 寒くなったり暖かくなったりと春へ向かっての特有なお天気が続いています。ソメイヨシノも戸惑っていることでしょうね。さて 今日はぶん ちゃんの月命日。ぶん ちゃんのサクラとしたケイオウザクラは 昨日 満開になりました。先に咲いたもん ちゃんのカンヒザクラは終わりかかっていますが まだ頑張って咲いています。それでは・・・過去のケイオウザクラの記事です。・ぶんちゃんのケイオウザクラ!1.可愛らしいでしょ!2.表 [続きを読む]
  • :足元の春 フキノトウとセリバオウレン!:
  • 穏やかな 3連休 いかがお過ごしですか。風は冷たいですが・・・明日はまた冬に逆戻り。体がついてゆけませんね〜足元からやってくる春 フキノトウ(蕗の薹)とセリバオウレン(芹葉黄連)です。フキの名前の由来は・・・春一番に生き生きと 生が吹き出す ”フフキ(生吹)” と言う古語が ”フキ” に転訛。”フキノトウ” を ”冬の葱(フユキ)” と呼び これが転化して ”フキ” となったとする説。”フキ”は ” [続きを読む]
  • :春の妖精 さん フクジュソウ!:
  • 朝から小雨でしたが 寒いです。明日はもっと寒くなりそうです。さて 足元からの春 フクジュソウ(福寿草)です。フクジュソウの名前の由来は 旧暦の新春に開花することから めでたい ”福” と ”寿” の字をあてたもので 元日草(ガンジツソウ)や朔日草(ツイタチソウ)とも呼ばれています。これもいわゆる春の妖精 さんのひとつで 林床で囁いている愛らしい姿をご覧下さいね。去年のフクジュソウの記事です。・春は [続きを読む]
  • :もんちゃん! カンヒザクラ咲いたよ〜!:
  • このところ冬に逆戻り状態でしたが 今日の日中は暖かに過ごすことができました。さて 先日のカンヒザクラの続きです。もんちゃんのカンヒザクラも咲いたよ〜!多くのサクラの親となっている早咲きのカンヒザクラ(寒緋桜)。名前の由来は 開花する時期が寒い時で 緋色の花を咲かせることから来ています。沖縄では サクラと言えばこのカンヒザクラを言うそうです。普通のサクラと違って 花後 ツバキのようにポトンとそのまま [続きを読む]
  • :お茶目なもんちゃんの 1周忌!:
  • 今日は朝からどんよりと曇っていますが まだ雨は降っていません。もんが旅立った去年の今日は 夜になって雨が降ってきました。今日は そのもん ちゃんの 1周忌!まだ 1年 しか経っていないのに ずいぶん昔のことのようにも思えます。いろんなことがありすぎて その分 この 1年が長かったのでしょうかね。女の仔と違って 男の仔には お茶目な部分があります。そんな在りし日のもん ちゃんを アップしてみました。悲しみが [続きを読む]