くささん さん プロフィール

  •  
くささんさん: 933style的な日々3
ハンドル名くささん さん
ブログタイトル933style的な日々3
ブログURLhttp://sea.ap.teacup.com/933style3/
サイト紹介文パート3になります。 KAWASKI ZRX1100のカスタムとメンテナンスをメインにブログに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/09/10 10:21

くささん さんのブログ記事

  • ダウンチューブ補強kitの装着その2
  • 未だに冬休みが取れる状況に無く、忙しく日々を過ごしておりますのでバイクに乗る事を含め、ブログ記事を書く事も滞っていまして何とかならないものかと・・・素晴らしいブログが沢山ありますのでカスタムのヒントが見つかるかも?[にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ]にほんブログ村まずは、ダウンチューブ補強kit装着後の状態(左側)から。以前の仕様からの変更点としては以下の通り。・エンジンハンガーブラ [続きを読む]
  • ダウンチューブ補強kitの装着その1
  • だいぶブログ記事の間隔が開いてしまいましたが、ワンオフ製作をお願いしていたエンジンハンガーボルトが類が届きまして先にリニューアル作業を行っていた、ダウンチューブ補強kit、サブフレームと、概ね揃いましたので、装着作業再開です。まずは、ZRX1100に装着してある部品の脱着から行います。TUKIGIサブフレームkit専用のエンジンハンガーボルトを取り出す為に先にサブフレームを取り外している所です。[画像]今回使用するワ [続きを読む]
  • サブフレームのプチリニューアルその3
  • 2月になると梅の花が見頃になりますね。近場の桜の名所にも梅の木が植えてあるので撮影してみました。[画像]それと、ちょうど水仙も見頃の時期なのかな?[画像]近場の桜の名所も今はまだ冬の景色のままです。[画像]以前に塗装した強化ダウンチューブと同じ塗料「TOP HEAT:トップヒート」の艶アリ黒で塗装していきます。ちょうど日差しも出ていたので、サブフレームはベタ置きにしてまずはトップヒートを一吹きして、塗装のノリ具 [続きを読む]
  • サブフレームのプチリニューアルその2
  • サブフレームの方は少しづつでも作業を進めておかないと完成予想図が中々見えてきませんので、例え、小刻みではあってもブログ記事を書かないといけませんね。サブフレーム本体のアルミ地は、鏡面バフ仕上げになっていますがこの後は黒く塗装する予定で作業を進めるので、塗装の密着を良くする為とサブフレームの小さい傷(中古品なので扱いキズが多少あります)を耐水ペーパー#600で、ナデナデしておきます。こうしておけば、塗 [続きを読む]
  • サブフレームのプチリニューアルその1
  • 「ダウンチューブ補強kitのリペア6」のブログ記事から半年以上も間隔が空いてしまいましたが、その続きになります。最終的な仕上がり目標というか、努力目標としてはバイクの見た目の印象は、あまり現状と変わりない様にしたいと考えています。既に再塗装まで漕ぎ付けたダウンチューブ補強kitと一緒にサブフレームの方も一部加工を含めてプチリニューアルを施してサブフレームを黒く塗装してみるつもりです。[画像]現在使用中のTUK [続きを読む]
  • 2017年初走り
  • 私の場合、一般的な正月休みと言うのは無くて、通常の仕事休みの日がたまたま1月2日だった・・・と言う事になります。冬の時期の山間部は、気温が低く、路面コンディションも今一つで気持ち良く走れないことが多いので、もっぱら近場をパトロールするのがいつもの事なんですが、ちょうど箱根駅伝開催日に休みなものですから普段よりは交通量が少ない主要国道も、交通規制が入りますのでこれまた気持ち良く走れない。と言う事で、公 [続きを読む]
  • 2016年のまとめ
  • それでは2016年1年間のまとめです。1998年モデルのZRX1100(C2)は18年目となりました。2016年度末での走行距離は14万3325kmでした。2015年度末から2016年度末までの1年間の走行距離はどれ位か?と言うと・・・「約2993km」でした。前年度(2015年度)の走行距離が「3086km」だったのでもうこれ以下は無いだろうと思っていたんですが更に今年は走行距離が落ち込み、年間走行距離が2000?台になってしまいました。今年は6月頃より、 [続きを読む]
  • 今シーズンの道志みち方面は最終
  • 中々仕事も忙しく、バイクも近所のパトロール程度でして本当に動態保存の状態になりつつあります。私の仕事が休みの日に、久し振りにお天気が良さそう!?と言う事で宮ケ瀬湖〜道志みち〜山中湖方面へと行って来ました。平日なので、通勤の混雑を避ける為に遅めの出発です。11月と言う事も有り、早朝はかなり冷え込んで路面温度も低いので転倒のリスクを減らしたい意味合いもありましての遅めスタートです。途中、自宅〜宮ケ瀬湖を [続きを読む]
  • プチメンテナンス
  • バイクシーズンの秋を満喫する前に、季節が秋から冬へと変わりつつあるのでここでプチメンテナンスをしてみます。フロント、リアのスタンドを使用して車体を持ち上げておいて[画像]フロントフォークが伸び切り状態のままにしておきます。ついでにインナーチューブは汚れを落としておきましょう。表面に軽くシリコンスプレーを拭きつけておきます。[画像]フロントフォークのトップキャップを左右とも緩めておいて大気解放させておき [続きを読む]
  • 外装のプチリニューアルその8
  • さて、Petty Painters PARADISEにZRX1100の外装一式を塗装依頼してまして未だに塗装の仕上がりの連絡が来ないので、前回、仕上がり状況の確認に行ったのが半年前の事でして、その時は7合目位の仕上がり状況との事でした。その後、未だに塗装完成の連絡が有りませんでしたので、時間を設けてPetty Painters PARADISEに足を運んでみました。[画像]私はバイク関係の仕事しか見た事が無いのですが、バイク以外の仕事(スーツケースやダ [続きを読む]
  • リアブレーキのフルード交換
  • フロントブレーキマスターとクラッチマスターのフルード交換を行い、リアブレーキマスターのフルード交換も行う予定でしたが、ちょうどゲリラ雷雨が頻発している時期でして、天気が良くない時は青空ガレージでの作業出来ませんので、天気が安定するまで待っていました。ブレーキフルードは吸湿性が有るので、心情的になるべく湿度が低い日にフルード交換作業を行いたいとの思いも有りました。それでは作業に入ります。リアブレーキ [続きを読む]
  • 宮ケ瀬方面をパトロール
  • 久し振りに、宮ケ瀬湖〜道志みち〜山中湖方面に行こうと思い宮ケ瀬湖まで来てみましたが、山々に掛かる雲がかなり低い所に有り気温も今の時期にしては低めに感じます。このまま進んでも、道志みち辺りで雨に降られそうな気がしたので潔くパトロール終了(笑)[画像]時間に余裕が出来たので、宮ケ瀬湖に来る途中に気が付いた撮影ポイントに立ち寄る事にしました。見渡す限りの向日葵がちょうど満開を迎えていて見応えが有ります。で [続きを読む]
  • ダウンチューブ補強kitのリペア6
  • 軒下の簡易塗装ブースにダウンチューブを吊るして塗装作業に入ります。先に塗装した連結パイプと同じ塗料、「TOP HEAT:トップヒート」の艶アリ黒で塗装していきます。まずは全体的に薄く塗装してみて、塗装のノリ具合を確認。[画像]塗装条件は悪くなさそうなので作業を進めます。比較的入り組んだステー部分は、塗装ムラが出来易いのでダウンチューブ全体を塗装する前に、ある程度、先に塗装をしておきました。[画像]S字フックで [続きを読む]
  • ダウンチューブ補強kitのリペア5
  • 錆落とし作業に入ります。連結パイプの作業時と同様に、耐水ペーパー#400を使い錆を落とします。ダウンチューブ本体の方が大きい割には錆は少ないので意外と錆落としには苦労しませんでした。[画像]ステーの黒皮部分、部材のカド、等、気になる部分には全てペーパーを当てて塗装後に、なるべく凸凹が目立たない様にと心掛けて作業しました。まあ、塗装してしまえば、作業した本人にしか判らない違いですがきっと良い仕上がりにな [続きを読む]
  • ダウンチューブ補強kitのリペア4
  • 一連の作業の流れとしては、ダウンチューブ補強kitの連結パイプ、エンジンハンガー2枚、ダウンチューブ本体を、ほぼ同時進行で行っています。各パート毎にブログ記事を分けておいた方が判り易い為、撮影してある画像によっては、ちょっと作業が前後しております。さて、ダウンチューブ本体の塗装剥離です。塗装剥離剤を満遍なく塗ってしばらく放置。[画像][画像]1回目の塗装剥離剤を水洗いで落とします。概ね8割〜9割の塗装は剥離 [続きを読む]
  • ダウンチューブ補強kitのリペア3
  • ダウンチューブ補強kitの再塗装です。手軽に塗装出来て、ZRX1100の黒いフレームにマッチする色合いが有るので耐熱性、耐ガソリン性が有る「TOP HEAT:トップヒート」の塗装色:艶アリ黒を使う事にしました。TOP HERThttp://area.osaka.jp/service.htmこのトップヒート、過去に使用した事が有りまして、何度かブログ記事にしております。あれからだいぶ時間を経ていますが、塗装後の経過も申し分なくオイルパンの塗装は、そのうち補 [続きを読む]
  • ダウンチューブ補強kitのリペア2
  • 2回目の塗装剥離剤を塗り、水洗い後の状態。やはり、純正品の塗装は密着が良て、市販の剥離剤では完全に落ちませんでした。これは、ここまででOKとして、次に移ります。[画像][画像]次は、左右連結パイプの錆落としです。#400の耐水ペーパーを使い、水研ぎしながら錆落としを行います。[画像]錆落とし、かなり時間を要しまして、概ね錆が落とし終わる頃には茶色い水へと変色していました。[画像]凄い錆でしたが不幸中の幸いだった [続きを読む]
  • ダウンチューブ補強kitのリペア1
  • 中古品をゲトしたダウンチューブ補強kitですが、観察したところ、塗装の下地の状態には疑問が残るので(サビが出ているのではないか?)全体的に塗装剥離してみる事にしました。シリンダーヘッドカバーのちぢみ塗装の時に使用したDAYTONAの強力剥離剤の残りを使います。まずはエンジンハンガープレート2枚(これは純正部品)それと、ダウンチューブ補強kitの左右を繋ぐ連結パイプ。[画像]塗装剥離剤を刷毛で塗り広げて、全体的に行 [続きを読む]
  • ダウンチューブ補強kit
  • 私のZRX1100に装着してあるダウンチューブ補強kitは、純正品ダウンチューブ(アルミ素材)に補強を施して左右を繋ぐ補強パイプが有るタイプの製品でして、純正ダウンチューブを製造元に送り、加工を施して送り返してもらうこの手の製品の中では、最初期にリリースされた物になります。使い始めてから随分年月が経つので、補修を考えていたところですが予備のダウンチューブが手元には有りませんので中々、ダウンチューブの補修には [続きを読む]
  • 宮ケ瀬湖ふれあいの館
  • 宮ケ瀬湖経由で道志みち〜山中湖方面へとパトロールに出ました。宮ケ瀬湖ふれあいの館駐車場で、休憩を取っていたんですがどうも、天候の回復が遅く、道志みち〜山中湖方面の空は雨が降り出しそうな位、雲が低く、山間部特有の霧も立ち込めていたので途中雨に降られると、その後のバイク清掃も面倒になるので道志みち方面には行かずに、本日はここまでとしました。ちなみに、気温は17度しかなく、日中の予想最高気温(24度)に合わ [続きを読む]
  • 箱根登山2016ですが・・・
  • 仕事の休みと晴れの日が、タイミング良く揃いましたので真鶴旧道〜椿ライン経由で、箱根の大観山に登山してきました。大型連休後の平日の早朝は、いくら観光地と言えども交通量は少なくバイクが5〜6台、クルマが数台程度なので、のんびりと景色を見ながらバイクを走らせました。普段、クルマばかり乗っていると、バイクの加速の良さに焦りますね。[画像]標高1011mの気温21度、5月末としては気温高めですがマツダスカイラウンジから [続きを読む]
  • KTC nepros1万人体感キャンペーン
  • KTCと言うと、バイクをメンテナンスする上では有名な工具メーカーですね。3月末の事になりますが「KTC nepros1万人体感キャンペーン」が有りまして応募者1万人に、KTC nepros(KTCの高級ブランド)の9.5sq.ソケット10?をプレゼントすると言う事で、応募していましたがようやく送られて来ました。このキャンペーン1万人を遥かに超える応募が有ったとの事で応募は予定を早めて終了したとの事です。ここからが、ちょっと凄いと思うん [続きを読む]
  • サーモスタットカバーの交換
  • 大型連休中に発注していたサーモスタットカバー(樹脂部分側)ですが連休明けの早々に手元に届いたので部品交換します。カワサキの純正品名は「キヤツプアツシ」と、ちょっと判り難いのでサーモスタットカバー(樹脂部分側)と、ブログ記事には書いておきます。純正品番:14075-1068純正品名:キヤツプアツシ税込み価格:7452円サーモスタットカバーとラジエターキャップのASSYでしか部品設定が無いので部品価格が、思いの外高めで [続きを読む]
  • シリンダーヘッドカバーのプチリニューアルその8
  • 2次エア導入システムがZRX1100には無いので、これはダミーになりますが前のシリンダーヘッドカバーに装着していたカバーを移植します。カーボン板から切り出した自作ダミーカバーで、極薄の厚さ(0.2?)です。2次エア導入システムが無いので、ダミーカバー自体に強度は必要無いですが穴に埃や水が溜まらない様にする為にも、カバーは有った方が良いと思います。[画像]ダミーカバーの固定には、今まではステンレス製ボルトを使用し [続きを読む]
  • シリンダーヘッドカバーのプチリニューアルその7
  • シリンダーヘッドカバーガスケットを取り外して、シリンダーに付着している液体ガスケットの残りカスを取り除いていきます。液体ガスケットは付着している面積はそう多くないので少しづつ取り除きます。ところで、このノックピンの台座みたいなのは何ですかね?機械加工で穴を削った後が有りましたが、特に使う部分では無いのでシリンダーヘッド加工時に使う作業穴とかですかね?この穴の中には、エンジンOILの飛沫が長年に渡溜ま [続きを読む]