redtalecat さん プロフィール

  •  
redtalecatさん: 日が暮れぬうちに
ハンドル名redtalecat さん
ブログタイトル日が暮れぬうちに
ブログURLhttp://ookomachi.blog22.fc2.com
サイト紹介文山歩きの話題と、好きなハーブや家庭菜園・ペットのことなどを気ままに書いています。
自由文何にも気を使わないで、気ままに楽しく過ごせるようにしたい!30年かかわってきた仕事を辞め、全くの異業種に飛び込んで得た楽しい毎日。人生って変えられるものなんですね??
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/09/12 09:50

redtalecat さんのブログ記事

  • ニンニクと玉ねぎの成長日記 追肥と今頃マルチ
  • 暖冬の為、雪がなくて寒風に吹きさらされてしまい、土も凍み上がり、ひび割れだらけの畑となってしまった。苗も持ち上がってしまい、特に玉ねぎはほぼ全滅。( ノД`)シクシク…ニンニクは根が太い為か、かろうじて土の中にとどまっていてくれた。でも地温が上がらないので成長不足の状態。化成肥料を追肥して土で覆い、水をかけてマルチで覆うことにした。縦横約15cm間隔で種を植えたので、約10cmに成長した葉をカッターで開けた穴 [続きを読む]
  • 会話成立
  • 退所してちょうど1週間が過ぎた。昨日、帰宅してすぐに寝室に入ると、私の顔を目でおっているし、顔も左右に動かして「・・・・・」と何かを言っているではないか。手を握って、簡単なやりとりをしてみると、その都度、何かを語ってくる。とても小さな声で活舌も悪いが、コンタクトできたのは間違いない。今日は訪問入浴の実調があり、明日には入浴もできるようになるだろう。どんどん回復していく母。そして、愛しくなってくる。 [続きを読む]
  • 暖冬 タマネギとニンニクの越冬が心配
  • 楽しみにしているニンニク例年であればたっぷりの雪に覆われ、雪の下で寒風を免れてしっかり根をはらす時期だけど、むき出しになった土は凍結してひび割れの中から苗が出ている状態。こちらは、タマネギ。 昨年は苗不足で、やっと見つけてきて植えたのになぁ・・・10本に1本程度の割合で、実の部分が完璧に地表に露出していて、中には枯れてしまったものも多い。土をかけてあげれば良いのだろうが、コチコチに凍結しているのでで [続きを読む]
  • 母、特養退所の準備
  • 3.11震災直後に父が亡くなり、四十九日が過ぎると、母の様子に変化が始まった。あの時から5年半が過ぎた。レビー小体型認知症の特徴と言われる幻聴や幻覚そして徘徊に振り回され介護申請。深夜に家を抜け出してしまう事がないように家中の出入り口に細工をしたり・・・投薬が合わない度に体調や表情もどんどん変化し、母ではなくなっていった。母も変わったが、自分自身も怒りっぽくなり大声まではりあげてしまう程変わってしまっ [続きを読む]
  • ありゃぁ〜Σ(・□・;)
  • なんと!ひび割れ!年取ったなぁと実感の瞬間!昨日まではなかっら左足の痛み。ぶつけた記憶はないし、その記憶すら忘れてしまっているのかとさえ自分を疑っていた。そろそろ風呂に入って寝ようと靴下を脱ぐと、痛みの正体が分かった。これでもクリームを塗ってスベスベ状態。その前の状態はとても公開できないパサパサの皮膚。油っ気がなくなってきているのだなぁ・・・中性脂肪はたっぷりあるのに、皮下脂肪は・・・間違いなく老 [続きを読む]
  • 変わりゆく里山 メガソーラー
  • 今年もあと2日。福島市郊外をナビに従って走行中、見慣れない風景にでくわした。平場一面のソーラーパネル。その先の里山も裸山になって、山までもがソーラーパネルに覆われ、拡大し続けていた。どこまでパネルが設置されるのだろうか?ソーラー発電は震災復興の象徴となった。脱原発に舵をきるという意味は、身近な風景も大きく変えてゆくことなのだろう。違和感はあっても、受け入れていくしかない。汚染廃棄物ゼロの時代になっ [続きを読む]
  • ニンニクと玉ねぎの成長日記
  • 文化の日(11/3)、昨年に継ぎ今年もニンニク栽培にチャレンジ。今年の青森産のニンニク種は昨年の2倍の価格。台風被害の影響だったのだろうか?断念しました。今年は福岡産とあまり評判は良くないけど、安価な中国産も購入。中国産を福島で作れば福島産になるのかな?(笑)福岡産が231 片、中国産が262片 薄皮は残すように慎重に分解。昨年はマルチを張ってから植え付けしたけど、追肥がしにくいので、マルチ無しでやってみまし [続きを読む]
  • 忠臣蔵に積雪 冬の到来
  • 久々の休日。早朝から庭を散策四季咲きのバラ昨年も咲いていたのだろうか・・・忙しくて、気がつかなかっただけかな?バラは剪定をしっかりやってあげないとダメなんだけど、時期はいつだったかな?昨年のことさえ忘れてしまうなぁ・・・ [続きを読む]
  • 親愛なる叔父 ありがとう
  • 帰宅する宅急便が二つ。叔父から届いていた。越後駒ヶ岳が99座目で、凍傷寸前に下山。その後、手のしびれが続き診察を受けて知る「パーキンソン病」それから2年。「これが残っていた登山用具の最後だよ。でも、99座目に登った時の登山靴だけは離せない」と言う電話をもらったのが2日前だった。主に、雪山グッズと40枚ものシャツ。どれも、欲しくてたまらなかった物ばかり。体型がほとんど同じ甥の自分にとっては宝物と化した。 [続きを読む]
  • 先輩Zさんが逝ってしまった
  • 大学を4年間で予定通り卒業し22才で10人目の所員として建築設計事務所に就職。38年も前の事。いつも苦虫をかみつぶしたようなド近眼鏡をかけたAB型の先輩が、ビンボ揺すりしながらドラフターに向かって図面を書いていた。とっつきにくい方。神経質そうで、分からなくて聞いても、ツッケンドンの返事。自分のドラフターは新人だったのが幸いに、ビンボ揺すりの先輩から一番遠い場所だった。隣は日大卒のAB型の先輩。さらに隣 [続きを読む]
  • 11.22 福島県沖M7.4発生 続く余震
  • 前日から長男家族がやってきて、翌日にせまったマイホーム購入の最終取引の準備確認をして楽しく会食し早めに就寝。福島第1原発から直線65kmも離れた福島市内でも高濃度の放射性物質が飛散し、特に小さな子供を持つ方が多く県外に去っていかれた。当時、初孫の出産準備でお嫁さんは実家の相馬に帰省する予定だったが、3.11はその直前に発生した。2ケ月後に家族が避難した郡山市の病院で無事に誕生。その郡山市も汚染されてしま [続きを読む]
  • ニンニクの発芽と柿収穫
  • 一気に寒くなり、柿の葉がゴソッと全て落ちた。オレンジのまん丸の柿は野鳥に狙われて何個か食べられていたけど、まだ渋いとみえて、約30個程度無傷で収穫できた。今年は昨年の半分位の数しかならなかった。柿って、そういうものなのだろうか?渋柿なので、焼酎で渋抜き。実を綺麗に洗った後に、ヘタの部分に焼酎を垂らす程度付けてビニル袋の中に重ねて密閉。約2週間程度で渋が抜けるそうだ。手際よく作業する細君に「こんなテク [続きを読む]
  • アルミ缶の風車
  • 以前、仕事先のご主人が手作りされていたアルミ缶の風車を道の駅でも見かけた。自作してみたくなり、1ケ譲っていただけないかと願っても断られてしまった。店内に入ってみると、1ケ300円で販売されていたので、1ケ購入。早速、作り方の観察を開始。同じ「のどごし生」です。シルバーとゴールドのツートンの方がスーパードライよりも回り出すと綺麗に感じます。針金を輪っかに曲げた内側に羽根状にスリット加工した空き缶宙吊り [続きを読む]
  • 玉ねぎとニンニクの植え付け
  • 1週間前に玉ねぎ(約400本)とニンニクの種(ニンニク片約500個)を植え付けした。でも、7畝作ったうち、2.5畝も余ってしまった。たっぷり堆肥と専用肥料を混ぜ込んだ畝を何も作らずに放置するのももったいない。そこで、玉ねぎをもっと植えることに決定。でも、今年のこの時期になると、その苗が見つからない。コメリに行って聞くと、今年は気温が高くて良い苗が育たないらしく、昨日入荷した40束は即日完売してしまい、 [続きを読む]
  • 安達太良 湯川渓谷の紅葉
  • 今年5月22日に安達太良ピークハントをしました。下山ルートはくろがね小屋から塩沢温泉に続くルート。 別名:湯川渓谷と言われ、紅葉が綺麗だと聞いていたので、秋に再訪したいと思って、細君と二人で出向きました。 風も無く、だんだんお天気も良くなりましたが、くろがね小屋周辺は防寒着が必要な寒さ。カップ麺で空腹と寒さをしのぎ下山。 良い所いっぱいいっぱいあって、毎年登っていても新鮮な山:安達太良です。デジブックを [続きを読む]
  • 今年最後の作付け準備
  • 11月にはニンニクとタマネギを植える。その前には土作りと畝立をやっておかなければならない。平日は仕事があるので、天候の良い休日をねらってやるのだが、水はけの具合は良くなかったけど、午後からやることにした。堆肥にもいろんな種類があり、化成肥料もチッソ・リンサン・カリの配分比率も様々。けっして安いものではないので、無駄なく耕したいので、最初に鍬で畝を大まかに作ってから施肥。便利な耕運機を動かしてよく耕 [続きを読む]