湘南フィルハーモニー合唱団 さん プロフィール

  •  
湘南フィルハーモニー合唱団さん: 湘フィル練習日誌
ハンドル名湘南フィルハーモニー合唱団 さん
ブログタイトル湘フィル練習日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/eiokura/
サイト紹介文湘南地区にて「オーケストラ付き合唱曲演奏会の開催」を目的として活動しています。
自由文合唱団の練習風景、ステージの裏側などをつづっています。
来年5月に「カルミナ・ブラーナ」演奏会を予定しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/09/12 22:27

湘南フィルハーモニー合唱団 さんのブログ記事

  • 夏真っ盛り
  • 「暑いね〜」言ってもしかたないのだけれど、誰かと顔を合わせるとつい口に出てしまいます。練習場に上がってくるとみんな茹りそうな顔をしていて、ふうふう言いながら椅子を並べたり準備をしたり、毎度ご苦労様です。もう外に出るだけで勇気がいるくらいだから、ここまで来... [続きを読む]
  • お楽しみ満載
  • メンデルスゾーンのAve Maria、とても美しい名曲なのですが、練習するたびいつも最初はテンポ感が全然合いません。大人数で8声部もあるから、ということもあるのですが、8分の6拍子というのがなかなかの曲者なのですね。上品な貴公子メンデルスゾーンが優雅にワルツでも踊... [続きを読む]
  • 書いてあることすべて
  • 楽譜に書いてあることを全部実現する。歌い手としては当然求められることなのだけれど、やっているようで全然足りていないことがたくさんあります。見慣れたアクセント記号ひとつにしても、アクセントの表情〜強くした後弱くなってから回復する〜なんていうことがちゃんとで... [続きを読む]
  • 細部に宿るもの
  • 10番から1番への練習。ドヴォルザークの親しみやすさというか、わかりやすさというか、この曲みんな好きなんだなぁと歌っていて感じる。といっても、情に流されて歌いたいように歌っていていいはずがなく、マエストロは細かい部分にもたっぷりていねいに時間を割く。子音の捌... [続きを読む]
  • 暑さに負けず
  • 日曜日の昼間の練習。なんだか日射しがまぶしくて調子が出ませんね。玉縄の会場は大船駅から結構歩くので、到着するとみな汗だくゆでだこ状態で、しばらく何もできません。冷房が効き始めると、これまたよく冷えるので、だんだんに上着を羽織る人が増えてきます。日本の夏は... [続きを読む]
  • 大切な時間
  • 1度や3度の開きで倍音はかなり強く鳴る。いいなぁと思っていると、単純な裏打ちでも遅れが出てリズム感は良くない。人数が多くて豊かな年齢層の合唱団の特性なのかな〜。自分のことをよく知っておくのは大事なことなので、気をつけたいなと思いました。白井先生の発声でし... [続きを読む]
  • 合唱祭終了
  • 県の合唱祭、お疲れさまでした。朝からあいにくの雨模様でしたが、帰るころには雨も上がって、演奏も無事終了しました。会場にどのように聞こえたかはわかりませんが(講評が楽しみです)、舞台の上では集中して練習で創ってきた表情をやろうとしていることが感じられました... [続きを読む]
  • 「保存」
  • このところ合唱祭で歌う3番とメンデルスゾーンのAve Maria にかかりきりだったので、久しぶりに5番を歌ってみました。この曲も合唱祭候補だったこともあって結構歌ったはずなのに、音はともかく細かいニュアンスが失われていました。大事に入るところは大事に入りたいですね... [続きを読む]
  • 今月は合唱祭
  • 合唱祭で歌う県連の連盟歌「朝の光に」を練習しました。歌詞も信長先生のメロディーも明るく爽やかで、とてもいい曲です。いつもは外国語の宗教曲を歌っている湘フィルメンバーも、“歌う歓び”をストレートに熱唱。こういうのもたまにはいいものですね。服部先生がていねい... [続きを読む]
  • 積み重ねの力
  • メンデルスゾーンのAve Maria、まだ行き先の音程に自信がないので、音に芯がないし、前に進む推進力とか、響きの密度や輝きが足りない。なんとなく探りながらだとテンポも遅れ気味で合いにくい。歌い込んできたドヴォルザークの3番になると、俄然生き生きしてくるので、その... [続きを読む]
  • 目を使う、耳を開く
  • メンデルスゾーンのAve Maria、本日は急遽人数の足りないパートのお手伝いに。う〜ん、どちらでも歌えるようにと音は取ったはずなのに、いきなりだと全然ボロボロでちっともお手伝いにならなくて申し訳なかった・・・他のパートの音をもっと聞かなくちゃと思っていても、自分... [続きを読む]
  • 聴き合おう
  • 今年のゴールデンウィークは合唱連盟のコーラスワークショップ一色の私でした。高校生のメサイアコンサートを聴かれた方、ナイジェル・ショート先生の講座を受講された方、その他の講座も受けられた方、湘フィルメンバーのたくさんのお顔を会場で拝見しました。どの会場に行... [続きを読む]
  • 小さな魔法
  • 6月の合唱祭で歌う Eja,Mater 。だいぶ歌い込んできているのに、一回目を通すときはどことなく安定しない感じで、あちこちイマイチなできばえになってしまう。練習が始まり、出だしのバスのパートソロのリズム感を合わせるようにすると流れがよくなる。アルトのパートソロ... [続きを読む]
  • じっくり保存
  • 1週間前のことをちゃんと“保存”しておくのは結構難しい。あんなに練習してだいぶよくなったのに、次の週にやっぱりうまくいかないとちょっとがっかり。とはいえ、歌うときに使う筋肉は半分不随意筋のようなものだから、合図や合いの手を入れてもらったりしてやっとできるようになったことを、自分でできるようになるには積み重ねが必要なのですよね。自分が一番最後に出るくらいのつもりで、あちこちの筋肉を引き上げておく。こ [続きを読む]
  • スーパードクター
  • このマエストロのもとでなら必ずうまくなれる。そんな思いを改めて強くした時間でした。どの程度うまくなれるかはその合唱団の志や保存能力などによるけれど、状態に応じて必ず収穫がある、目の覚めるような練習でした。お題は7番 Virgo virginum praeclara。まずは一度通して状態を診断、音程もテンポ感もいまいち、ぐずぐずよれよれとした出来栄えに、瞬時に明瞭簡潔な処方が繰り出されます。前奏でリズムを感じ取り、声を出す準 [続きを読む]
  • 音取り順調
  • 音取りが順調ということなので(本当かなぁ〜)、プログラムにもう1曲追加が決まりました!メンデルスゾーンのAve Maria、とてもきれいな曲だそうです。ちなみに8声部とのことで、これはもう和音をきれいに歌う宿命の曲ですね。半分はソリストの担当になるかもしれませんが、とても楽しみです♪練習は7番。きれいなメロディーの合間に土臭いリズムが力強く顔を出し、これがドヴォルザーク、という感じを味わっています。。男声陣が [続きを読む]
  • 最後まで諦めない心
  • 3月26日今日は松村先生はお休みで、服部先生ご指導での練習。スターバト・マーテル第7曲「Virgo virginum praeclara」の音取りであった。いつものように、ユーモアを交えながら、とても丁寧に、各パート別に、あるいは全パートで、と多面的に音の確認をしていただいたが、単に音の確認だけではなく、曲想や歌詞のイントネーション、ニュアンスに則した歌い方のポイントをも教えていただき、またスターバト・マーテルの練習が1ステ [続きを読む]
  • 高校生のメサイア
  • マエストロからご紹介がありましたが、コーラスワークショップの高校生によるメサイアコンサート、本当にお勧めです。県立音楽堂で半世紀にわたって続けられているメサイアコンサートを未来につなげていこうと、5年前から県内の高校生が参加するプロジェクトが始まりました。毎年歌う曲や参加人数を増やしていき、昨年1月には全曲演奏を実現させました。昨年杜のホールはしもとで、高校生のみで行われたコンサートを聴きましたが [続きを読む]
  • 演歌も分析
  • ドヴォルザークのスターバト・マーテル、日本的抒情を感じることが多いのですが、とりわけてど演歌の要素がたっぷりの3番。でもなんとなく情に流されて歌うのではなくきっちりと分析することで、より表現が深まるという練習でした。同じようだけれど違うところのどこがどう違うかをきちんと把握する。音量の違い、流れ方の違い、違いをきちんと正確に歌う。伸び縮みを一緒にしているパートや和音を作っているパートを見つける。そ [続きを読む]
  • いいものを生み出す
  • 今週も5番の練習です。練習のたびに新たな表情が加わっていくのが楽しいですね。各パートでテンポ感を共有し、音程をきちんと取って運んでいくことで、波紋が広がっていくような展開が鮮やかになっていきます。フレーズのちょっとした切り替えを素通りしてしまわず、“ほら!”と何かいいものが出てくる手品のように大事に入る。そんな集中力が150人で発揮されたらとても魅力的!やりがいがあって楽しみです。合唱祭の曲は、タイム [続きを読む]
  • 和音の色変わり
  • 5番をみっちり練習しました。この曲のテキストは「傷つけられた貴方の子は 私のために受難されたもう その苦痛を私にもわかちたまえ」というもので、決して明るかったり楽しかったりという内容ではないはずなのですが、6/8拍子のせいなのか、ちょっとダンサブルで軽快な感じがあり、和音が変わっていく様子に高揚感のようなものも味わっています。半音の幅やら調性感やらを正確にステップを踏んでいくのはとても難しいのだけれど [続きを読む]
  • 期待
  • 新しいお仲間が増えてきてうれしい。練習中に見渡すと、新しい方が熱心に歌っているので心強い。そんな方たちに刺激されるのか、このところ男声の層が厚くなった気がするし、ソプラノの声がまとまってきたように感じる。アルトは相変わらずまじめで熱心。ミサソレのテクニックのむずかしさに比べれば、多少トリッキーなところもすぐに覚えられそうで、練習がぐんぐん進んでいく気配。この一巡目の練習で、いい響きのところに入る和 [続きを読む]
  • イメージをつなぐ
  • このところ待望の新入団員が増え始め、うれしい限りです。男声陣が充実してきて、並んでいる姿も頼もしく、厚みのある声が響いてきます。女声陣も喉がひっくり返りそうな高音にも果敢に挑んでいて、やる気が伝わるこの頃。今回はみんなで和音をきれいに響かせたい(叫ぶのではなく・・・)、というマエストロの願いをぜひ実現したいですね。ところどころ音を止めては調性や和音の構成を確認し、短3度や長3度、音の幅の感覚などを整 [続きを読む]
  • 体重を増やさずに筋肉を付ける
  • 1月28日今日は服部先生ご指導での練習。先週に引き続き、終曲のAmenコーラス部分のお浚いである。全曲中の一番の「難所」であるだけに、なかなか手強い。いつものように、ユーモアを交えつつ、丁寧にご指導していただいた。四分音符で細かく動くAmenがとてもトリッキーで歌い難いのだが、先週言われたように音節を分けて歌う等々、「攻略法」を確認。おかげさまで、何とか目途がついた気がする。あとは反復練習あるのみ!ともかく、 [続きを読む]