FRONTdesign 岩城由里子 さん プロフィール

  •  
FRONTdesign 岩城由里子さん: 女性住宅作家の日々ブログ
ハンドル名FRONTdesign 岩城由里子 さん
ブログタイトル女性住宅作家の日々ブログ
ブログURLhttp://favoritey.exblog.jp/
サイト紹介文奈良県生駒市の建築設計事務所FRONTdesign。無垢の木を使って心にも体にも優しい住まいをつくります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/09/13 18:05

FRONTdesign 岩城由里子 さんのブログ記事

  • 王寺の家 地鎮祭
  • 昨年より計画を進めておりました王寺町の家。先日、地鎮祭が執り行われました。土地の氏神の龍田大社は日本書紀にも記述の有る古社で、風神として古来より信仰を集めている神社です。皆様と一緒に、工事の安全とご家族のご発展を祈念いたしました。何もない土地に大きな建物が建つということは、設計者としては大変な使命を感じます。お施主様とのご縁と、この土地での建築に携わらせていただけることに... [続きを読む]
  • 生駒山の家 進捗状況14
  • 生駒山の家杉の天井板が張り終わりました。キッチンから見える景色もなかなか良い感じです。甘くて優美で大人しい目の吉野杉赤身上小板です。天井板が張り終わると空間が広々と感じるようになりましました。今日は事務所で照明器具を選びました。照明器具は、ベースになる目立たせない器具と、アクセントになる器具に分けて考えます。外部も数か所照明器具をつけます。和室から見えるこの壁にも一つ器... [続きを読む]
  • 天理の家 進捗状況22
  • 現場はキッチン周りの工事が先行して行われています。キッチンの後ろ側には細長いパントリーがあります。元は6畳間だったところをキッチンとパントリーに区画しました。キッチン側。手元の隠れる腰壁でキッチンを囲います。天井から垂れているダクトはレンジフード(換気扇)を設置するためのものです。部屋の真ん中にキッチンを設置する場合、構造体を避けながら外部までダクトを導かなければなりません。... [続きを読む]
  • 生駒山の家 進捗状況13
  • 樋が取りつきました。周囲には建物よりも背の高い大きな木がたくさんあり、樋が枯葉で詰まる可能性が高い環境です。樋は外壁を守るためにも取り付けることが好ましいのですが、樋の詰まりはかえって外壁を痛める原因にもなりますので、軒を低く、深くしたうえで樋は出入り口の部分だけに取り付けることにしました。玄関ポーチの竪樋は鎖樋に。室内は床板がもうすぐ張り終わります。吉野杉の床板です。天井... [続きを読む]
  • 天理の家 進捗状況21
  • 主屋の工事と並行して門屋横建物の改修工事も進んでいます。敷地内に車を入れることが出来る入口をつくり、北の庭に通り抜けのできる車路を計画しています。出入りの際の利便性と景観を考慮して、入口には木製電動シャッターをとりつけることになりました。設計寸法がシビアでしたが、無事に取りつきました。シャッターの板の面材は現場塗装にしたかったのですが、メーカーの色見本の数色の選択肢の中から選... [続きを読む]
  • 生駒山の家 進捗状況12
  • 外部廻りの工事が終わり足場が取れました。方形屋根、焼き杉板張りの平屋の住まいです。背景が山の場合、黒い建物は樹々の色彩に吸収されがちですが、程よく収まったように思います。外構と植栽計画はこれからです。足場が取れて木を植える位置を検討できるようになりました。後ろ側は自然の山で借景が素晴らしい敷地です。静かな時間帯に耳を澄ますと、滝の音も聞こえます。寝室にはル... [続きを読む]
  • 法華寺町の家 
  • 久しぶりに法華寺町の家にお伺いしました。お引き渡しからもうすぐ2年になります。お庭の植栽が大きくなり、緑の豊かな住まいになっていました。窓辺には、緑のカーテンもされていました。小一時間ほど食卓で過ごさせていただきましたが、ペンダントライトの光も柔らかくてとても居心地が良かったです。玄関回りの植栽も一回り大きくなりました。西側道路の敷地ですが、玄関前の木は西日よけの他に... [続きを読む]
  • 建築士の定期講習会 ”森は木で溢れている”
  • 昨日は建築士の定期講習があり、朝から夕方まで一日講習を受けてきました。この定期講習は平成20年施行の改正建築士法により、”建築士事務所に所属する建築士”に対して受講が義務付けられたもので、3年に一度、受講しなければなりません。建築基準法等の建築関係法令は社会情勢の変化とともに頻繁に改正されています。確認申請を出す際に書式が変わることで関係法令の改正について知る機会がありますが、この講習で直... [続きを読む]
  • 天理の家 進捗状況20
  • 部屋内の荒壁パネルの設置が始まりました。限界耐力計算で耐震の検討をしており、内部の耐力壁は荒壁パネル、外周部は竹小舞下地の土壁です。建物を固める方向ではなく、柔らかく粘りのある構造です。先週から京都建築専門学校の学生さんがインターンシップで来られていて、現場も同行してもらっています。造り付け家具の打ち合わせのあと、伏見さんが現場のことを説明してくれました。現場にもとても興味... [続きを読む]
  • 生駒山の家 進捗状況11
  • 工事は着々と進んでいます。今日は塗装部分の色の打ち合わせをしました。外壁は焼杉板ですが、軒裏やその他の木部は塗装を施します。事前に指示した色の塗装サンプルを見ながら、現場で調整していただきました。素材の違いで色のノリや発色が変りますので、現場で見るのが一番です。外部の塗装が終わると足場が取れます。足場が取れないと屋根の全景は見えないのですが、ちょうどお隣側の養生シートが一... [続きを読む]
  • 生駒山の家 進捗状況10
  • 着々と工事が進んでいます。外壁の焼杉板もほぼ張り終わりました。道路側は方形屋根で奥は寄棟になっています。角の軒先は1.5Ⅿほど出ておりシャープな印象になりました。屋根勾配は3.5寸です。ガルバリウム屋根の横葺。長尺もので継ぎ目を少なくし、できるだけ役物は使わず手仕事でしていただきました。頂部の三角帽子も取りつきました。居間の奥の和室の開口部から外壁の焼杉板が見えるよう... [続きを読む]
  • 天理の家 進捗状況19
  • 現場の方は着々と工事が進んでいます。お盆休み前に職人さん達の質疑を受けてきました。1階は床の下地がほぼ出来上がり、床レベルが整いました。差鴨居の通る基本の構造は荒らさずに間取りを形成しています。新たな区切りは基本区画に箱を入れ込んだような形にして、構造には関係のない間仕切り壁にしています。対面式キッチンの壁下地が出来上がり、コンセントやリモコンの位置と高さを確認しま... [続きを読む]
  • 生駒山の家 進捗状況9
  • 現場は着々と工事が進んでいます。外壁の焼杉板張りの工事が始まりました。道路側から張り進めて頂いています。艶が無く吸収するような黒で、しっとりと落ち着いた黒壁になりそうです。雨がかりによる痛みを防ぐためにも軒を深く低くしました。サッシも黒、軒裏も黒に塗ります。窓ガラスはLowEガラスで、普通ガラスに比べると光を多く反射しますが、吸収する黒の焼杉との相反する質感の対比... [続きを読む]
  • インターンシップ
  • 今年もインターンシップの学生さんが就業体験に来られています。今日はさっそく模型作りをしてもらいました。明るく快活な女生徒さんで、一生懸命作業をしてくれました。子どもの頃に大きな木を見て木を伐ってみたいと思ったそうで、木が好きで木に触ることのできる木造建築の仕事をしたいと思い朱雀高校建築学科??を志望されたと話をしてくれました。建築物からの興味ではなく木が好きで木に触りたいから木造... [続きを読む]
  • 天理の家 進捗状況18
  • 現場は着々と工事が進んでいます。食堂とキッチン部分は床の下地板が張り終わりました。今日は大工さんと電気屋さんと打ち合わせをしました。縁側のある住まいは庭に面して開口が大きいためエアコンの設置場所や室外機置場が課題になりますが、今日の打ち合わせで経路や納まりも検討出来ました。玄関まわり。とても大きな欅の大黒柱。このあたりは部材の貫禄を綺麗に現わしで納めたい部分です... [続きを読む]
  • 夏休み 小学生向け 山と木の体験イベント
  • 夏休みが始まりましたね。生駒の市民プールは数年前から無料で開放されているそうで、近くを通ると子どもたちの楽しそうな歓声が聞こえてきます。さて、夏休み後半の8月20日(日)に、(一社)奈良県建築士会青年委員会さんが小学生向け(3年生〜6年生)イベント「五感で感じる木の事業」を開催されるとのことです。(子どもたちの伐採体験の様子)開催日時:8月20日(日)8時45分... [続きを読む]
  • 生駒山の家 進捗状況8
  • 毎日暑い日が続きますね。現場の方は着々と工事が進んでいます。構造に関わる筋交や金物が取りつき、建築基準法の中間検査が終わりました。L型に曲がる中廊下には、明るさを取り入れるためのトップライトを隅角部に設けました。完成すると上部の窓は直接は見えなくなりますが、周りの壁が光を反射をしてやわらかな間接光になると思います。屋根葺きの工事も残すところあと少しになりました... [続きを読む]
  • 天理の家 進捗状況17
  • 内部は床下地の工事が進んでいます。座敷の床下地は杉板張りです。断熱材も入れていただいています。板の間部分は根太を敷き、その上に吉野桧の厚板を張ります。今日はお施主さんと現場で打ち合わせをさせていただきました。奥の間の天井は、既存の丸太梁の天井をそのまま現しにすることになりました。2階の納戸の床土も撤去して床を張りますので、綺麗に納まりそうです。熟練大工さんが若... [続きを読む]
  • 生駒山の家  進捗状況7
  • 屋根葺きの工事が始まりました。屋根はガルバリウム鋼板の横葺きです。敷地の奥側は葺き終わりました。こちらは施工中の面です。既製品の役物を使わず手仕事をお願いしている部分も多く、ご苦心いただいております。板金屋さんと細部の納まりの打ち合わせをしているときに、「完成が楽しみです」というと、「僕も楽しみです」と仰ってくださいました。内部は窓の下地の工事が進んでいます。... [続きを読む]
  • 生駒山の家 進捗状況6
  • 生駒山の家 着々と工事が進んでいます。今日は筋交金物の設置と間柱の設置、軒先の鼻隠しの取付けをされていました。方形・寄棟の屋根で軒の出を深くしています。軒裏は軒天を張ります。垂木の矩手に鼻隠しをつけますので、隅部は鋭角になります。軒裏に張る軒天は水平張りで鼻隠しに対して角度を持ちますので、軒天を納める溝は斜めに入れていただいています。細かなところも丁寧に造作していただい... [続きを読む]
  • 生駒山の家 進捗状況5
  • 久しぶりの青空です。現場では屋根の野地板張りが始まりました。今日は上棟式をしていただき、上棟をお祝いして工事の安全を祈念しました。そのあとお施主さんとの初めての現場打ち合わせをしました。まだ軸組みの状態ですが、間取りや室内の高さ関係がわかるようになりました。お施主さんと一緒に室内を歩いて、実際の広さを見ていただきました。木のことや手刻みの仕事のことを喜んでいただけて、設計者... [続きを読む]
  • 天理の家 進捗状況16
  • 現場は着々と工事が進んでいます。間仕切り壁の柱が立ち、部屋の区切りが分かるようになりました。元は2間幅の通り庭(土間)でしたが、南側は玄関にして北側は水回りを設けることになり床を上げました。今日は2階の納まりの打ち合わせをしました。1階と違い丸太で作られているため各箇所の凹凸に合わせて調整が必要になります。2階の床下地の隙間から1階が見えます。既存の丸太張りに今回の床梁が... [続きを読む]
  • 生駒山の家  上棟
  • 生駒山の家は昨日から建て方が始まり、今日、無事に棟が上がりました。道路側は方形屋根の平屋の住まいです。構造材は全て吉野材を使っています。(奈良をつなぐ木の家仕様)柱は吉野桧、梁などの横架材は吉野杉、地松の丸太梁も2本掛かっています。構造材は大工さんによる手刻みです。方形屋根の頂部もぴしっと納めていただきました。垂木の取り付け中。垂木がたくさんあります。垂木は吉野... [続きを読む]
  • ミュージックツリー音楽教室 コンサート
  • 昨日は、3月に完成したミュージックツリー音楽教室(耳成教室)で開催されたコンサートへ行きました。ミュージックツリー音楽教室様では、ピアノ、ヴァイオリン、チェロの他、鍵盤ハーモニカの教室も6月より開講されました。昨日のコンサートは、前半は鍵盤ハーモニカ講師の常田陽子先生の独奏で、後半はピアノ(ミュージックツリー代表古田ほづみ先生)とヴァイオリン(古田葵先生)の演奏でした。鍵盤... [続きを読む]
  • 河井寛次郎記念館  
  • 先月の事になりますが京都の河井寛次郎記念館へ行き、そのあと河井寛次郎氏のお孫さんの鷺珠江さんと鞍田崇さんのトークセミナーに参加しました。河井寛次郎記念館。昭和12年に寛次郎氏自身の設計で建てられたもので、寛次郎氏が大変好んでいた信州の民家と朝鮮の民家の良さを取り入れたそうです。中央の吹抜け。板間の床は1階2階とも朝鮮張りです。2階は階高の高い本二階で、椅子座の板間と和室があり... [続きを読む]