Garyo さん プロフィール

  •  
Garyoさん: 見上げれば、そのすべては自由なのだから
ハンドル名Garyo さん
ブログタイトル見上げれば、そのすべては自由なのだから
ブログURLhttp://thegoldexp.blog99.fc2.com/
サイト紹介文ファッションデザイナーが世界を旅するバックパッカー旅行記、ハーレーダビッドソンと過ごす日々。
自由文旅が好きで、仕事やプライベートで様々な国を訪れました。

1人のバックパッカーとして、世界の国々を旅したり、異なる文化や価値観を持った人々と出会う事に旅の魅力を感じます。

時には愛車のハーレーダビッドソンで旅に出ることも。

そんなライフスタイルの“黄金の体験”を、様々なアングルから記事にしていきたいと思っていますので、よかったら見て下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2009/09/14 02:37

Garyo さんのブログ記事

  • キラキラ光るネコたちの眼差し、その視線の先には・・・
  • 期待で目がキラキラ輝いているびゃく。その視線の先には・・・。もうすぐ1歳になる “びゃく”。たしか・・・4月20日頃だったよね、誕生日。さて、びゃくはおもちゃで遊ぶのが大好き。好きすぎて、木登り中でもおもちゃを見せると駆け下りてくる。特に釣り竿タイプのものが好きなのだが、現在我が家のオモチャは壊滅状態。見事なまでに2匹のネコたちによって破壊されてしまった。それでこれまで人気があると言われているその手のオモチャ [続きを読む]
  • アジアンリゾート感溢れる、テラスインテリア
  • テラスライフに最適!アジアンリゾートなテーブル&ラウンジチェア。リーズナブルでオリジナリティ溢れる家具をリリースしている “IKEA”。僕もなんだかんだでシーズン毎に足を運んでいるのだが、今期のコレクションはヤバイ。“JASSA”(ヤッサ)という期間限定のコレクションなんだけど、アジアンリゾートなテイストが、これまでのIKEAの商品とは一味違うんです。ちょうどテラスでリラックスできるテーブルチェアを探していたの [続きを読む]
  • 10匹の勇士たちが勢ぞろい
  • カフェ・ヴェローチェのふちねこキャンペーン第2弾!グラスに入った大量の「ふちねこ」───カフェ・ヴェローチェ(シャノアール系列店)で、今年2月から新たなふちねこキャンペーンをやっていて、ドリンク3杯分のレシートとレシートでふちねこがもらえるのですが、全5種類のふちねこが、なんと前回とはポーズが違うんです。欲しい・・・けど、ヴェローチェの店舗ってエリアが限定されてるから、なかなか行く機会がないんだよなぁ・・・ [続きを読む]
  • こんな車で旅したい!小型電気自動車の可能性
  • 名車「イセット」が小型電気自動車として現在に蘇る。チンクチェントやビートルを彷彿させるヴィンテージな佇まいがたまらない。でもこれ、中身は最新の電気自動車なんです。1950年代にイタリアの自動車メーカー “Iso Autoveicoli” が発売し、その後 “BMW” によりライセンス生産された名車「イセッタ」をデザインベースに、スイスのメーカー “Micro Mobility Systems” が電気自動車として蘇らせた “Microlino”(マイクロリ [続きを読む]
  • はじめてのシャボン玉
  • 久しぶりのびゃく!今日も元気です。ちょっと体調を崩してしまい、すっかり記事の更新が滞ってしまいました。風邪未満な感じで、花粉の影響かもしれません。まずはネコたちの近況。しばらく更新しない間に、おぼろのエリザベスカラーが外れました。抜糸も終わって、ほとんど回復したみたい。カラーを外した日のおぼろのうれしそうな顔が忘れられません。びゃくも遊び相手が戻ってきたのがうれしいのか、2匹ですごい勢いで家の中を [続きを読む]
  • レモンメレンゲパイ
  • 日本ではマイナーなレモンメレンゲパイ、食べたことがない人も多いのではないだろうか。先日の僕の誕生日に先生が焼いてくれた “レモンメレンゲパイ”。日本ではほとんど目にしないレモンメレンゲパイなのですが、アメリカではスーパーの冷凍食品コーナーなどで売られていて、気軽に食べることができるメジャーなスイーツです。アメリカのスーパーなどで売っているスイーツは、一見美味しそうに見えるのですが、どれも激甘だった [続きを読む]
  • おぼろの避妊手術
  • しばらくはエリザベスカラー生活のおぼろ。我が家にやってきてもうすぐ7ヶ月、生後8ヶ月になる “おぼろ” の避妊手術をしてきました。メスの場合、子宮を取り出す手術になるので、手術後お腹に5?くらいの縫い跡が残ります。お腹を舐めないように、抜糸までの間エリザベスカラーが外せないんです。カラーを付けての生活は、ネコにとってはかなりのストレスになるので、世話をする側も大変。でもなにより、まずはおぼろが無事手術 [続きを読む]
  • テラス用のローテーブル
  • ちょっとした閃きからテラステーブルが。真冬なのにネコたちの影響で、テラスで過ごす時間が増えている今日この頃。テラスで飲物を飲んだりオヤツをつまんだりするのに、雰囲気のあるテーブルはないかなと探していたんです。通常サイズのガーデンテーブルとチェアは一応あるのですが、やっぱりロータイプのものが落ち着くんですよね。で、ある日閃きました。我が家の軒先に放置されている建築資材の余りのような木材があったのを。 [続きを読む]
  • 澄みきった夜明けと木のぼりネコ
  • 夜明け・・・と言っても冬なので、たぶん6時前後だったと思う。明け方、なんとなく目が覚めて窓の外を眺めると、澄み切った青紫色の空が広がっていた。まだ太陽がのぼる前で、室内は冷気で満たされた冷凍庫のようだった。布団の外に出るか少しだけ悩んだけど、あまりに綺麗な空だったので、思い切ってベッドから飛び出し、カメラを取りに行った。いつものようにベランダで写真を撮ったんだけど、空気が澄んでいたので新宿の高層ビル群 [続きを読む]
  • アジア側へ、フェリーから見たイスタンブール
  • 舞台は再びイスタンブールへ。イスタンブールの美しい街並みを、フェリーから望む。久しぶりのイスタンブール。雑踏の中を進んでいく。まずは “Motor”(モトル)と呼ばれるフェリーの発着場である “エミノニュ” を目指す。エミノニュの近くにエジプシャンバザールがあるため、途中の通路は人でごった返していた。エミノニュに到着。ここにはフェリーの桟橋がある。エミノニュはガラタ橋の手前にある港で、ここから様々な場所に [続きを読む]
  • ストウブのグリルパンでミスジステーキを焼いてみた
  • 重量感のあるストウブのグリルパン。自宅で美味しいステーキが食べたくて、前々から気になっていた “staub”(ストウブ)のグリルパンを買ってみた。ストウブの製品を買うのはこれが初めて。ストウブは “ピコ・ココット” というカラフルな鍋が有名だけど、シチューなどの煮込み料理には大振りの圧力鍋を使うことが多い我が家では今ひとつ使い道が見当たらず、購入までには至らなかった。肉を焼くのに、あえてフライパンではなく [続きを読む]
  • これは画期的!ソーラーパネル道路の可能性
  • ソーラーパネル道路に、エネルギー問題解決の可能性を見いだせるか。(Citylab)もしかしたらエネルギー問題を解決へと導くかもしれない大きな可能性を秘めているのが、昨年あたりから話題になっている『ソーラーパネル道路』だ。名前の通り、アスファルトの代わりにソーラーパネルを敷き詰めた道路で、まだ実験段階ではあるが、昨年12月にフランス北西部ノルマンディー地方のトゥルーブルという町で、世界初のソーラーパネル道路 [続きを読む]
  • びゃくとおぼろ、初めてのお正月
  • 大晦日の静かな午後に、テラスで過ごす我が家のネコたち。ずいぶん大きくなったな〜、もうすっかり成猫だな・・・と思うけど、よく考えたら生後1年はそれぞれ今年の4月と6月で、生まれてからまだ1年も経ってないんですよね。先生が、人間にすると18歳と14歳とか言ってたけど、今がちょうど無茶する年頃なのかなぁとか思ったり。2匹とも我が家にやって来た頃と比べると、キャラクターがかなり変化した。特におぼろ。びゃくは、好奇心旺 [続きを読む]
  • Happy New Year 2017
  • あけましておめでとうございます!昨年は育ち盛りのネコたちと格闘の日々でした。毎日共に食べ、共に寝て、彼らの考えていることや心身の成長を見守っているうちに、彼らもまた、僕たちを見て育っていることに気がつきました。特に少しだけ年上の “びゃく” は、ドアも開けるし、お風呂に入るし、布団から顔だけ出して寝ている姿なんか人間そっくり。僕たちを観察して、真似してるんだと思います。あ、ついネコの話ばっかり・・・。 [続きを読む]
  • 旅でも使えるLEDフラッシュライト
  • コンパクトなフラッシュライトは旅先でも重宝しそう。裏山で木の上から降りられなくなった “びゃく” を救出した夜、フラッシュライトの重要性をすごく感じました。我が家には、25年以上前に購入した旧式の大型マグライトくらいしかなく、しかも急な状況だったあの夜には見当たらず、やむをえずiPhoneの「懐中電灯アプリ」で、夜の草むらを照らしたのですが、それで事足りるはずはなく、やはり有事の際に使えるように、ライトを準 [続きを読む]
  • せっかくのクリスマスなのに風邪!
  • クリスマスツリーの下でまどろむ “びゃく”。クリスマス直前に、ピンポイントで風邪をひいてしまった。まぁ鼻風邪程度なのでそんなに重くはないんだけど、なんかだるい。年末に風邪をひくパターン、なんか多い気がする。そんなわけで、せっかくのクリスマスだけど、薬を飲んで寝てました。びゃくとおぼろの2匹は、僕が風邪で寝てるのが不満らしく、相手をしてくれとばかりに鳴き叫んでいました。すまん、風邪なのよ・・・寝かして・・・ [続きを読む]
  • サハラ砂漠で降雪、なんと37年ぶり!
  • なかなかお目にかかれない、幻想的なサハラ砂漠の積雪風景。(Mail Online)アルジェリア北部のサハラ砂漠で19日に、37年ぶりの降雪があったそうです。歴史上、過去に降雪が観測されたのはたった一度きりだそうで、1979年2月18日の30分間だけなのだそう。撮影したのは、同じくアルジェリア北部の、アイン・セフラという砂漠の町に住むアマチュアカメラマン “Karim Bouchetata” さん。近隣で暮らす住民たちは皆、砂漠に降り積もる [続きを読む]
  • びゃくがピンチ! ついに救急隊が出動に・・・
  • 3階のベランダの手すりから景色を眺めるびゃく。我が家のキジトラ “びゃく” は好奇心旺盛で、警戒心が弱いネコです。我が家にやってくる来客にも怖がらず、すぐ懐いてしまいます。そのびゃくが、ついにやらかしました。一歩間違えば死んでしまうところでした。その日は晴天で、でもすごい強風でした。午前中、いつものようにネコたちとテラスで過ごしていたのですが、途中、びゃくの姿が見当たらなくなったんです。我が家では先 [続きを読む]
  • えっ、ネコ用のワインが発売!?
  • ネコ用のワインってどんな味なのだろうか。(Dude)近年の世界的なネコブームのせいなのだろうか、ついにアメリカでネコ用のワインが発売されました。ネコ用ワインを開発したのは、アメリカ・コロラド州の “Apollo Peak” というベンチャー企業で、ワインとは言っても、アルコールは入っておらず、主原料にビートを使用し、マタタビと似たような効果があるキャットニップのエキスが入っているのだそう。このワインを飲むとネコは [続きを読む]
  • クロネコ号のタイヤ交換
  • クロネコ号のタイヤ交換。できるだけコストを抑えたい!クロネコ号のリアタイヤがすり減ってきたので、交換することにしました。リアタイヤは交換のタイミングなのですが、フロントタイヤも経年劣化が気になっていたので、ついでにリニューアルすることに。空冷ポルシェの場合、推奨されるタイヤがある程度決まっていて種類が絞られるので、タイヤの種類はあまり悩まず無難なものに決めたんだけど、4輪交換するとかなりの出費にな [続きを読む]
  • 今年のテラス・イルミネーション
  • 夜のテラス・イルミネーションを “G7 X Mark II” で撮影。今年のテラス・イルミネーションを撮影してみた。基本的に使ったLEDは去年と同じなんだけど、今年は木の幹や枝を利用して導線をちょっと変えてみたのと、アクセントにIKEAの提灯タイプの照明を追加してみました。導線を変えたことで、よりこなれ感は出たような気がするけど、目が慣れたせいか彩りが欲しくなった。来年はカラフルな照明を追加しようかな。続きはこちらか [続きを読む]
  • 今年のIKEAのもみの木は・・・いろいろ変更アリ
  • 今年のIKEA立川のもみの木は、いつもと違う!?今年のIKEAの『もみの木』の販売は12月1日からと、例年より10日ほど遅めになりました。いつも数日で売り切れてしまうので、僕もなんとか時間を作って2日目の午前中に行ってきました。すぐに売り切れてしまうとはいえ、例年だと2日目の午前中ならまだ結構山積みにされているのですが、僕が行った時には上の写真のような状態で、選べるほどたくさんの数は無かったです。例年に比べ販売時 [続きを読む]
  • イスタンブール、ルーフテラスで過ごす朝のひととき
  • 早朝のイスタンブールの街は、まだ眠っていた───。早朝の路地裏を歩く。ひしめく店も、そのほとんどが閉まっている。僕たちは宿泊予定のホテルを目指して歩いた。イスタンブールは大きな街だが、その気になれば徒歩で移動することが可能な距離感だ。巨大だが、街が引き締まっているのだ。建物の合間から見える、朝陽に輝く海。しばらく歩くと、建物の合間から海が見えた。遠くの海が、朝陽を浴びて輝いていた。目指すホテルは海 [続きを読む]
  • 初めての雪
  • 春頃に生まれた2匹にとっては、雪を見るのは初めて!早朝、目が覚めて窓の外を眺めたら、真っ白く積もった雪。まさか11月下旬の東京に、雪が降るなんて。近年暖冬が多かっただけに驚きです。我が家のテラスにもしっかり降り積もっていました。さて、我が家には、『雪』を見るのが初めての2匹がいます。いつもの遊び場に、見慣れない白いものがいっぱいで、かなり驚いた様子。窓を開けたら、時折首を長くして外の様子を伺っていまし [続きを読む]