ドクター・すー さん プロフィール

  •  
ドクター・すーさん: ペンギンとも潜在意識とも話す女医
ハンドル名ドクター・すー さん
ブログタイトルペンギンとも潜在意識とも話す女医
ブログURLhttp://ameblo.jp/shizukanaki/
サイト紹介文カウンセリング・ヒプノセラピーなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供388回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2009/09/15 17:38

ドクター・すー さんのブログ記事

  • がんばった結果、傷ついた人へ
  • すごくがんばったのに、かえって人から傷つけられた。 そういう経験のある人、いると思うんです。 がんばって、うまくいったのに、正当に評価されなかった。それどころか、ひどいことをいわれた。 そうなると、やる気、なくしますよね。むなしくなりますよね。 そういう方に申し上げます。 あなたは、いったんその経験をする必要があったんです。 なぜ? それは人によるし、理由はひとつじゃない。 ただ、どれだけ不当な扱いを [続きを読む]
  • ご先祖様たちと季節を巡る
  • 和暦(月暦)。 月の満ち欠けで日付をあらわす。 数年前から、私、「今日は和暦の卯月七日」のように、毎朝確認しているんです。 そして、ついに来ました! 閏月(うるうづき)。 きょうが新月だということをご存知の方は多いと思いますが、閏皐月(うるうさつき)の一日であることをご存知の方はあまりいないのでは。 なんだかね、興奮しているんですよ、私。初めてなんですもの。閏月を意識するのが。 閏月って? 大辞林を [続きを読む]
  • 一番怖いものは何ですか
  • 怖いものがあると、人生に制限がかかります。 足におもりをつけているみたいに。 一番怖いもの、なんですか。 それ、「怖くない」にしませんか。 魂きらきらっ 私たち ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆不安だらけ。生きる意味もわからない。そこから始まった人生を歩んできました。今は、生きる意味をお伝えし、魂の使命に気づくお手伝いをしています。 →  サイキック・カウンセリングskype でもお受けいただけます。☆  [続きを読む]
  • 大丈夫と信じつつ備えること
  • 心配し過ぎはよくありません。 思いが現実を作るのだから、悪いことが起きると強く思うとそうなる。 でもたとえば、災害時用の持ち出し袋を用意しておかないのはまずいですよね。 (大きな震災を経験したのに、用意していない家庭が多いそうです。) ということで、大丈夫と信じつつ備えは万全にすること。 むずかしいですかね。 そう感じるかもしれませんね。 なぜ「大丈夫」なのかが理解できれば、むずかしくないのですよ。 [続きを読む]
  • とことん後悔したあと
  • テレビドラマの中で、「後悔しない人生はない」というセリフがありました。 そうですね。そのとおりですね。 後悔して後悔して、で、そのあとどうするか。 そこだと思うんですよね。 人生において、まったく同じ状況というのは巡ってきません。だから、「よし、次こそは」とはいかないんですよね。 後悔をどう活かすかは、もっと深いところにあるはず。 もっと深いところの何なのかは、そのときそのときでちがうけど。 少なく [続きを読む]
  • 夜中に110番通報。で、私の結論は。その2
  • 大好きな祖母は、80過ぎてシャキシャキでした。 風邪をこじらせて亡くなりましたが。(老人は肺炎になっても症状が出ない。) それまで、背筋はシャン。頭はハッキリ。ニコニコ、ハキハキ。スタスタ歩く。速い! 老人らしいところのない人でした。 きのう、マンションに住む奥様の徘徊に遭遇して、祖母のことを思い出しました。 明治生まれの祖母は、子どもの頃から勉強が大好き。 家から女学校まで片道一里(=4キロ)を歩い [続きを読む]
  • 夜中に110番通報。で、私の結論は。その1
  • ☆☆☆本日、別ブログ「竹の女」を更新しました。 「次」は必ず用意されている☆☆☆ きょう、午前3時過ぎ。 ガチャガチャガチャッガチャガチャガチャッという激しい音で、目が覚めました。 何事??! 外?いやちがう、うちだ。玄関のドアノブ! 不気味です。 するとこんどは、ピンポーンを何度も鳴らし、「開けて! 開けて!」という年配女性の声。 ドアホンの画面を確認。誰も写っていません。 徘徊だ。そう感じたので、ド [続きを読む]
  • 心の底から治りたい人が治る
  • 病気でいたい人。 なんていないと思いますよね。 ところがいるんです。 たとえば、自分が悪いことをしたと思い込んで、「自己処罰」の念から病気になる。 あるいはたとえば、病気でいると人がやさしくしてくれる。その方がいい。 さらにたとえば… やめておきます。怒られそうだから。 「私は好きこのんで病気になってるわけじゃない!」って。 もちろん、病気の方全員のことをいっているのではありません。 そういう人もいると [続きを読む]
  • 相手の立場に立つのは余裕の産物…
  • ☆☆☆ありがとうございます。残席1 です! 「動物・植物としあわせに対話する講座」 楽しい世界はすぐそこに。 ☆☆☆ 自分がいっぱいいっぱいのときは、とても相手の立場に立つ余裕などない。 そうでしょうか。 昔、高名なお坊さんが弟子におっしゃったそうな。 「飢饉のときほど托鉢しなさい」 飢饉で食べるものがない里へ托鉢に行き、食物をもらってきなさい、ということです。 そんな無茶な…?! このお坊さんの真 [続きを読む]
  • その夢をかなえたい理由はなぁに?
  • かなえたい夢を持つのはすてきなこと。 ぜひ、夢を持ってください。 ただし、夢をかなえたい本当の理由は何なのか、まずは自分に尋ねてみて。 異性にモテたい。人から賞賛されたい。 そんなふうに他者からの評価を得たいのなら、その夢はかなっても、むなしくなります。 モテる、賞賛されるは副産物です。 夢をかなえるのは真の自分らしさを発揮するため。 それによって人にもよい影響を及ぼすため。 そういう夢なら、かなった [続きを読む]
  • 早朝5時の、大撮影会!
  • ☆☆☆ありがとうございます。残席2になりました。 「動物・植物としあわせに対話する講座」 お申し込みについてはこちら をご覧ください。 ☆☆☆ 桜さんです。この公園唯一の。 今朝、会ってきました。友だちなんです。 花が終わってからはただの木としか思われていない、桜さん。 でも、「毎年のことなので慣れてる」そうです。 じっくり観察していたら、こんなかわいいお客さんが。 てんとう虫? よくわからないので [続きを読む]
  • あじさいさんが教えてくれた
  • 何を撮ったかわからない写真。 お隣の外階段の向こうにあじさいさんがいるんです。 今朝、お話ししてみました。 原:こんにちは。きれいね。 あじさい:双眼鏡で見て。 〔なんで?と思いつつ双眼鏡で見ると… 私があじさいだと思っていた一部が、クレマチスだとわかりました。〕 あ:ね?  私は私。  クレマチスさんと  一緒にしないで。 は:わかった。 あ:人間は、  私たちがたくさん  咲いているところに  [続きを読む]
  • 枕はやっぱり大事だった
  • 最近、寝つけない夜が増え、寝てもちょくちょく目が覚めることも増え。 年齢のせい。更年期障害の症状のひとつ。 と、あきらめないのが私。 もう7、8年前になりますか。やっと合う枕に出合い、以来ずっとそれ。 もしかしてヘタってきたのかも。感じないけど。 そう考え、次はこれにしようと目をつけていた枕を注文しました。 使ってみて合わなかったら、お金がもったいない。 でも、以前、枕専門店へ出向き、あちこち計測して [続きを読む]
  • 祝(?)食べたチーズ200種超え
  • ☆ 別ブログ「竹の女」本日更新いたしました。ー 運命を変える肝心なことー  2005年の1月から、食べたチーズを記録しています。 味を表現したり、感想を書いたりもしていましたが、それは面倒になって。 かろうじて記録しつづけ、 あれ? 200種超えました。 たいていの日本人が「くさい!」といやがるであろう、ウォッシュチーズ。 臭さがたまりません。 ブルーチーズにも、うっとり。 今年にはいってから、ワインを飲 [続きを読む]
  • 量子論、いかが?
  • 医者ですが、科学にこだわりません。 そんな私が量子論の本を読みました。 「量子論」を楽しむ本 とてもわかりやすい文章です。おもしろい。 こう書いてありました。 「量子論を利用できる人はたくさんいるが、量子論を理解している人は一人もいないだろう」 静かな樹の講座で量子論について少し触れるんです。 講座については→ こちらを。 科学はすでに有るものを発見する。あるいは、すでに有るものを使って新しいものを作 [続きを読む]
  • 今の私、2歳の頃より私らしい。
  • 「変わる」とは「本当の自分を出す」ことだと書きました。 25歳のときに変わった私は、2歳の頃より無邪気です。 2歳ですでに、大人の顔色をうかがう必要があった私は、のびのびなんかしていませんでした。 今は、社会人として負うべき責任は多いけど、 無邪気です!!ここ1、2年、さらに。 まだまだどんどん自分を出しますよ。 まわりを気にして、人からの評価を気にして生きて [続きを読む]
  • 強く生きられるあなたになるから
  • 悩める方へ。どんなときもあなたのそばにいて支えます。 なんてことはいいません、私。 お手伝いします。問題の本質を見つけるお手伝いです。 たとえば、彼との間がうまくいかないというお悩みだったとして、あなたと彼のことだけ聞いて、「こうしたら?」「ああしたら?」とはいいません。 人間関係、育った環境、潜在意識、過去世。 そのどこかに原因を探し当て、その原因を転換させます [続きを読む]
  • 「変わる」とは「本当の自分を出す」こと
  • 変わることに恐れを感じる人がいます。 今までがんばってきたことがすべてパーになると思うから。 あるいは、どんな自分になるのかわからなくて不安だから。 「変わる」とは、自分で気づいていない本当の自分を出すことです。 しかも、それは100%、善。 なぜそういえるのかって? 人の本質は善だから。そういう前提でいくと、物事すべての説明がつくから。 あ、私が考えたんじゃ [続きを読む]
  • 20代の頃…なりたかったのは保養所の管理人
  • ひとりになりたい。ひとりになりたい。そう心が叫んでいた22、3の頃、会社の保養所の管理人さんになれないかと真剣に考えました。 会社の人たちにしか会わなくて済むから。日頃はひとりでいられるから。 いやいや、若い独身女性を管理人に雇う会社などない。女性ひとりでできる仕事ではない。それはわかっていました。 当時の私は人とつき合うのがとてもつらくて。 ところが外では、前向きで、積極的で [続きを読む]