firepit さん プロフィール

  •  
firepitさん: 薪ストーブ 熾壺日記
ハンドル名firepit さん
ブログタイトル薪ストーブ 熾壺日記
ブログURLhttp://firepit.jugem.jp/
サイト紹介文北海道函館市で薪ストーブ、暖炉の販売設置工事メンテナンス、薪の販売等
自由文薪ストーブバカ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2009/09/18 08:30

firepit さんのブログ記事

  • 蓄熱体は高性能住宅にハッキリ向いている
  • 蓄熱体のヒーターで冬を過ごしたことによって、いや、正確に言うと、薪ストーブと2台で過ごしたことによって、凄く実感したのが、「家の性能がある程度ないと、暖房のことは語れない」 って、、、身も蓋もないこと(笑) 俺が今まで見てきたメイソンリヒーターは、そんなに断熱気密の性能でいえばいいところではなくって、イメージでいうと、大きな蓄熱体を持ったヒーターは高性能住宅に合わない、って思ってたし、 [続きを読む]
  • 銀座と赤川
  • 昨日銀座にいた。 東京ストーブのT嬢と 「今日寒いけど東京さくら咲いてるもんね」「今までホントあったかかったんでよぉー」「北海道なんて、緑って言ったらまだフキノトウしかねーよ」「えーーっ、フキノトウってずーーっと見たことなーい」「そこいらじゅうフキノトウだらけだよ!」 なんて会話を銀座でしたのさ。 今日は銀座でなくて函館の赤川にいる。 ジーユーもアップルもヴィトンシャネルブ [続きを読む]
  • マルチの刃
  • 蓄熱の間に小ネタはさみます(笑) マルチツールで刃ってダメになってダメな刃ってたまっていくんだよね。数えたら今ダメなやつ8枚あった。 これ、高いさ。2000円とか3000円する、一枚。ま、切るのは主に木。突っ込み切りができるから便利なんだよね。 左なんて全く無くなってるね(笑) でこれをイイトコで切る。刃を落としちゃう。 いっぱいあるね。 で、ゼットソーとかの刃を切っ [続きを読む]
  • 針葉樹が超向いている。
  • ストーブが送られてくると木のパレットで梱包されてくるんだけど、 このストーブは大きくないのにバレットに木がふんだんに使われている。 いいね、その為にこのストーブ買いたくなるわ(笑) オイシイパレットだね。 これをこなすと、 これになる。 今時期の二日分はあるね。 何回も何回も書いてるけど今時期はホントパレットがイイんだよね。 で、先日ご紹介申し上げたアレで焚く。 [続きを読む]
  • 蓄熱体、という選択  始めました。
  • 下の写真は、リプラン北海道2017春夏号なんですが、、 「上質なあたたかさを手に入れる、蓄熱体という選択」、ファイヤピットでも始めました。 リプラン見てみて。 いや、実物見に来てよ(笑)!! 自宅に併設している事務所に設置したの。1.6トンという、小さめ(笑)のヒーターです。 薪ストーブと蓄熱体と二つで暮らしている人、日本にいるかな(笑) たぶん日本にファイヤピットだけだ思う。 今 [続きを読む]
  • 実験を終えて
  • いやー超面白かった。 いろんな実験コソコソしてるけど、これはとても面白かったね。 煙道火災時における、煙突表面、煙突囲い内温度、ボードの裏面の温度を1分ごとに計測。 っていうか全然終わってなくて(笑)、課題とやりたいことがいっぱい出てきた。 それが最大の成果だって言ってしまえばそれまでだけど(笑) これって色々複雑に考えなきゃいけないなかで、建築の使われてる工業製品の中で数字と規格 [続きを読む]
  • 断熱二重煙突の耐熱実験
  • 断熱二重煙突、断熱二重煙突いうけど、 実際どれくらいの耐火性、遮熱性、耐久性があるのか。 カタログ数値だけ信用して安心するんじゃなくて、今は断熱二重煙突をちゃーんと仕入れして、、ぶっ壊してみる時代だと思う(笑)! ということで、耐火性、遮熱性の実験、ひいては、煙道火災時における延焼の実験をします。 すげー面白そうじゃない?(っていうか、こういう実験が今まで俺の知ってる限り無い)&nbs [続きを読む]
  • 完璧な煙突囲い板金編
  • もともと、屋根上の "煙突囲い"っていうのは既成のカバーが800mm□なので、それよか小さく作るのね。790mm□とか。で、被せるんだよね。 俺の全くの主観なんだけど、ストンとその寸法で立ち上がってくると、なんかかっこ悪いんだよね。汚れるし。 で、俺が好きな寸法は、710mmとか720mmとかなんだけど(一番カッコイイ)、わかるかな(笑)? 水が切れて、煙突囲いの壁が汚れないしね。 雨や雪が入るんじゃないかっ [続きを読む]
  • 気持ちが先走れ
  • 予約分して承ってない、、玉薪の絶賛配達中だね! 今年は求めてないのに殆ど楢。。 そんなことにプレミアム感とか出さないよ。たまたまだから。今まで何回も言ってる通り、そういうのもう古いから(笑) 生えてるものをうまく焚きこなそう。 壮観だね。 太いヤツが割れないかな、、、なんて気になる人は玉薪なんて買わなくていい。割れたヤツでいいよ(笑) 出来るか出来ないかじゃなくて、やりたい、割 [続きを読む]
  • WIFH
  • 倉庫の整理をしていると、"ウォールナットの板" と "古いハンドル" が目に留まり、突発的にくっつけてみた、ピコタロウみたいに。あえていうならWIFHかね。 穴をあけてネジキリしてみた。硬いから切れるんじゃね? って感じ キレイに切れるもんだね(笑) あえてカドをピンピンに残してやった。 転がらなくてイイ。 キーホルダーもいいかもしれない。 こんなこと参考にしたらダメだ(笑) [続きを読む]
  • 美容室と薪ストーブ店は似ている。
  • 美容室と薪ストーブ店は似ている。 前々から思っていたけど長くなりそうで、文章にするのが億劫だった。 仕事の "範疇" は、美容師もストーブマンも自分で決めることができる。 例えば、お客様と会わずにカタログで選んだストーブを新築につけるのを主にするストーブマン。 のような画一的な薪ストーブ店もあれば、、 沢山打ち合わせをして、ストーブも炉台も色々なものがある中からじっくり話して [続きを読む]
  • 王様の遊び
  • ねえ、山から木を伐るとこから薪を作ってるリアルストーブマン達に聞きたい。 山に生えている木が薪になるという一連のプロセスの中で、 玉になった薪を割るって 作業の割合としてはどれくらいだと思う? 俺もそういう作業するけど、ソコって10パーセントあるかな? まあ俺の感覚だけど、1割だとしよう。 9割は他の人がやってるってことだよ。 でも玉割ってる人は「割ったった感」と [続きを読む]
  • 目を澄ませば
  • 北海道も春っぽい。 大沼の現場に行くと、今まで何回も書いてきたけど春の気配に目がとまってしかたない。 春の色気 2015.2.27 モノトーンに光るオレンジ 2011.3.9 木々の顔色 2013.3.10 こう見ると毎年同じくらいに同じこと思ってんのね(笑) たぶん来年もまた思うんだと思う。 これは女王、イタヤだね。 これはエンジュかな。 これはアサダ [続きを読む]
  • ガラスを灰で拭く、っていう表現
  • "ガラスを灰で拭く"、っていうのは薪ストーブ生活の中では日常的な表現なんだけど、誤解も生むことなので、、正確に復習しておこうかね。 灰で拭く、っていうのは正確には間違いで、灰汁で拭くんだよね。灰の汁(しる)と書いて、これで"アク"っていうんだよね。 アク抜きの灰汁だね。 じゃ、灰汁ってなに? 上澄みのことなんです! (熾壺日記2010.6より) ただ、こんなんやってられないし、これ作 [続きを読む]
  • どさんこワイドでチェックすること
  • おしさしぷりっす!! 今日 夕方ね、どさんこワイド(STV)に薪ストーブ界のイケメンランギング、第2位の加藤くんが出るらしいから見て! イケメンランキングと言えば、、、なんで2位なのかって!? 嫌な予感がするね、、違うよ、そんなこと考えてないよ(笑)、、1位は誰かって(笑)? 1位は、ダッチウエストのS部長!! スタイルからしてガチのモデルみたいなんだよ。 札幌の加藤くんと言えば、、 最近もWBCで活躍中の筒 [続きを読む]
  • B薪
  • "B薪" を倉庫から運んだ。 B薪とは、薪ステーションで保管状態が良くない数か月を送ってしまったせいでカビたり、ドロドロだったり、形が悪かったハネモノだ。 それが、積んでおくと、A薪までとはいかないけどいつの間にか あの頃の"B"ではなくなる。 AB薪ってのかな。 時間ってすげえ。 何もしてないのにカビは何事もなかったように消え、泥も消え、汚い思い出も消え(笑)、火をつけると温かい。&n [続きを読む]
  • 地球温暖化神話 終りの始まり
  • 前からこの手の論調は気になってて、ようやく今回の出張の移動中に読んだ。 この手の論調っていうのは、"CO2は増やしてもよい!!" とか、"それどころか減ったらマズイ" とか 。 太陽光パネルのオカシナからくりとか、世界のこれに対する認識とか、作るのに大量の二酸化炭素を出しちゃうプリウスとか、20兆円今まで使ったけどCO2が減った事実は無いこととか、アメリカは京都議定書からぬけているとか、ロシアはCO2排 [続きを読む]
  • チームストーブ野郎
  • 前々からその存在はもちろん知ってたし、数年前に参加する予定だったんだけど行けなかって、、ようやく長野県のストーブアートさんが主催する「チームストーブ野郎」に参加してきた。 静岡、長野(伊那、諏訪)、茅ケ崎、って感じの出張でした。 そんなチームストーブ野郎、、今年で第9回になるらしい。 恒例の集合写真にやっとのれたね(笑) 顔出しNGにしてた熾壺日記も今年からバンバン出していくからね( [続きを読む]
  • 焙煎機の煙突
  • 今年に入って全然ブログのペース遅いなあーと思って読み返してたら、2016、っていう今年これこれやったけど来年は地固めだな的な2016最後の記事に書き忘れてたことがあった。 焙煎機の煙突やったんだった。 焙煎機の煙突ってそりゃやるだろ、煙突屋だもん。 じゃなくって、世界のコーヒーマンとコラボというには恐れ多くて、世界の珈琲マンの仕事に触れさせていただいた、っていうのが正しいかな。楽しい工事 [続きを読む]
  • 岡田は許さない。
  • 久し振り! (笑) なんだか忙しいね! 焚き付けしててさ、これ火がそのままおがる(育つ)かなー、消えちゃうかなー、なんて時たまにあるでしょ? この熾火にこの量の焚き付けでそれがちゃんと火が回るかなーーみたいなね。 その時の大原則は、「調子のイイ時はいじるな」だよね。よかれと思って空気とか色々いじってダメになる時はよく思う。あ、調子のいい時は触らないのが一番だったって。 これ [続きを読む]
  • 10月10日の縁
  • 会社を作るのには創立日っていうのがある。司法書士さんに登記してもらうんだけど、個人創業して会社にしたときのなんていうか感慨っていうのかな? それは今でも覚えてる。 だからと言ってやる事(仕事)は全く変わりないんだけど、なんていうか、、感慨だったな。32歳の時にモンキーレンチ1本で始めたからね。 俺の場合、色々考えて有能な従業員を雇用していきたい、その為には会社じゃないと、みたいな気持ちが一つ [続きを読む]
  • トラックが最高2
  • 想像してごらん。 このトラックに薪満載にして走りたくね? ホント、トラックよりイイ車ってあるかなー。 乗用車、、俺にとっては意味不明。(5 7 5) 新車から20万キロ以上走ってるけど全然これから、って感じする俺のトラック。タフだね。(幌外して、平ボデにした。) しかもこれ、薪ストーブ屋らしく煙突と同じ色の艶消しブラックに塗ってやったぜ!! しかもハケで!!!(笑) アオリの縞鋼板が [続きを読む]
  • 富山と北海道の関係
  • 12月に富山に行って色々気が付いたんだけど、 富山の人は"ザス"って食い物を食べるのね。(ザスとかサスとか言ってました) こぶ締めの刺身なんだけど、「なんの魚? 」ってトリコノートの柴さんに聞いても、「ザスはザスでしょ」って感じでなんの魚かわからないので、スマホで調べてもらうとカジキだって! まめのまでイイやつを用意してくれて昼食にいただいた。 いや、あっさりしてるんだけどこぶの旨みたっぷ [続きを読む]
  • 最初と最後はカラマツ
  • 昨日ウチの薪を作っていただいている一人の厚沢部の蛯名さんと話していて、蛯名さんの何気ない一言がとてもイイ。 もちろん蛯名さんもずっと薪ストーブで暮らしているわけだけど、 スタートと終りはカラマツなんだって。 いいねえ。 解説したくないくらいいいね(笑) 蛯名さんはみにくいアヒルの子を焚いているんだけど、俺もあれで暮らしたことあるけど、凄い熾火の残るストーブなんだよね。 でも炉 [続きを読む]