酒倶楽部ステップ さん プロフィール

  •  
酒倶楽部ステップさん: すてっぷ酒クラ!!ブログ「ピッカイチ商品紹介」
ハンドル名酒倶楽部ステップ さん
ブログタイトルすてっぷ酒クラ!!ブログ「ピッカイチ商品紹介」
ブログURLhttp://www.stepstep.biz
サイト紹介文ピッカイチ商品紹介!!
自由文酒屋の大酒飲みで、ややアル中ぎみのトレビアーン!?なスタッフによる「ピッカイチ商品紹介」や「お得な商品」等の紹介。

ワインのこと、焼酎のこと、清酒のこと、洋酒のこと、チーズのこと、ワイン会のこと、おつまみのこと、ちょっと体を気にして健康飲料のこと、全然関係ないことなどイロイロ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2009/09/18 15:40

酒倶楽部ステップ さんのブログ記事

  • 白ワインの女王 ベルデホ
  • 先日 スペインのワイン産地 ルエダ のセミナー に 参加してきました。 原産地呼称の DO ルエダ と言われる産地はマドリードの北西部 カスティーリャ・レオン州にある全74市町村にまたがる産地。 高品質な白ワインの生産に特化している産地で特にこの地域の固有品種  「 ベルデホ 」 の保護と促進に 努めているそう。 このベルデホ、ルエダの栽培総面積の 85%以上を占めるということですからまさに  [続きを読む]
  • 「紀州の梅漬け」梅雨と梅風味のマリアージュ
  • キューリやニンジンを入れるだけで簡単に梅風味の漬物ができる「紀州の梅漬け」が、今年も入荷致しました。 和歌山県南高梅100% 【紀州の梅漬け】600g 800円+税梅雨に入りジメジメとした日が続きそうですね。そんな梅雨においしいのは、なんといってもビール系(ビール、発泡酒、第三のビール、ホッピー)でしょうか。そして、そのアテならこの「紀州の梅漬け」でこしらえた漬物でしょう。蒸し暑い梅雨+良く [続きを読む]
  • 辛口シェリーとホッケ
  • 父の日の昨日、「なにが食べたい?」と聞かれたものですから、中年のちょい悪じゃないオヤジらしく、地味にホッケの焼いたのをリクエスト。焼き魚が最近は大好きなんです。・・・・・で、どんなお酒を合わせたら「う〜む、うまいな!」と唸るような相乗効果をもたらしてくれるのかと考えました。長期熟成されたスパークリングワイン、辛口の日本酒、芋焼酎のお湯割り、地中海っぽくウゾ、魚介類に合わせることが多いというシチリ [続きを読む]
  • ニュージーランドワインの魅力
  • ニュージーランドワインの試飲会に参加させていただきました。あらためて感じたのは、ニュージーランドワインの完成度がほんとうに高いこと。 ニュージーランドを代表するワインと言えば、まず白ワインのソーヴィニョンブランでしょう。どのワインを試飲しても安定感あるフレッシュなニュージーランドらしさがあります。飲む人の期待をまったく裏切らない、ニュージーランドのソーヴィニョンブランならではの個性ある完成さ [続きを読む]
  • 「酒屋の株話」Shake it off
  • 「しぇーく、しぇく、しぇく、しぇく、しぇけお、しぇけお♪♪」・・・・・・うちの息子が最近好きっぽい金髪美人が歌ってる曲。その曲を聞くたびに頭に浮かんでくるのが、株式市場や為替市場で、弱いポジションが上下にゆさぶられて泣く泣く振り落とされるような状況だ・・・・・ツライ。。 取引量が活発になってくれば、価格のシェイクは大きくなる。空売りや空買いの反対売買、プログラミングされたリスク回避のための反 [続きを読む]
  • 「お父さんありがとう」オリジナル贈答シール
  • 酒倶楽部ステップの父の日用オリジナル贈答シールのご紹介です。 手書きのオリジナル「父の日ラッピング・シール」です。当店スタッフが書きました。数には限りがありますが、ご希望により父の日の贈りものラッピングに使わせていただく予定です。より特別感ある贈りものになるのではないでしょうか。お酒好きなお父さんに贈って喜ばれるのは、やはりお酒なのです。それも、「お父さんが自分自身で購入することはないかな」 [続きを読む]
  • バローネ・コルナッキア 試飲セミナー
  • イタリアのアブルッツオ州北部、小規模ワイン生産者の多いテラーモ県のトラーノ・ヌオーヴォの生産者である、バローネ・コルナッキアの試飲セミナーに参加させていただきました。その昔にナポリ王国よりバローネ(男爵)の称号を与えられた名門であり、16世紀末から代々ワイン造りを行っている歴史ある生産者さんです。また、日本市場へは1991年に入って来たとのことで、そのインパクトのある味わいに日本でのモンテプルチアーノ [続きを読む]
  • 「ハイサワー パクチーレモン」満を持して登場です
  • どこで盛り上がっているのか、ますます盛り上がっているというパクチー味のサワーが登場しました。 【ハイサワー パクチーレモン 200ml 業務用リターナブル瓶】モヒートをつくるのにミントではなく、パクチーを加えたような味わいの、うす緑色がなんとも微妙なサワー。パクチーですから、好きな人は大好きだが、ダメな人はまったくダメな味わいです。サンプルを試飲させていただいて感じたのは、おつまみによってはかな [続きを読む]
  • 「会津ほまれ播州産山田錦仕込」父の日の酒
  • 「ほんとうは日本酒が好きだ!」というお父さんは少なくないようです。そんなお父さんへの、父の日の贈りものをご提案させていただきます。 【会津ほまれ 播州産山田錦仕込 純米大吟醸酒】720ml @3000円+税 ・ 1800ml @5000円+税 (桐箱入り)播州産山田錦を贅沢に40%まで精米し、霊峰飯豊山の伏流水である喜多方名水で仕込んだ純米吟醸酒。果実を思わせるような華やかでフレッシュな香り。辛口ながらも [続きを読む]
  • 「酒屋の株話」心づもり
  • 「子育ての秘訣とは、自分の子ではなく親戚の子だと思うことだ」と、ずい分前に呼んだ本に書いてあった。株式投資もまたそんなふうに、やや冷めた目で見た方が良いのかも知れない。 個人的には今週、体調が悪かった。またバタバタとしていたため株式相場どころではなかった。それでも考えてみれば、もし体調が万全で、株式相場に集中できる環境が整っていたとしても、ただ株価とにらめっとしている他に方法がない。つまりは [続きを読む]
  • どうやっても休肝日
  • いや〜たいへんでした。急に冷汗が出て来てお腹もうずく。そしてすごい寒気。・・・・・油断しました。子供とお昼ご飯を食べてて「食べきれないから食べてくれないかな?」って言われて、子供の残した食事を食べちゃったんです。後から聞けば、なんでもクラスでは胃腸炎が流行っているのだとか。子供は免疫ができているのか、まったく平気な様子。子供を飛び越えて、ふだん酒で胃腸がひょっとしたら荒れているオヤジに胃腸炎が襲 [続きを読む]
  • 新世代の自然派ワイン シャトー・レスティニャック
  • フランス ベルジュラック地方の 生産者シャトー・レスティニャックの 来日記念試飲会に行ってきました。 2008年に カミーユとマチアスというカップルが スタートしたワイナリー。 ワインに対して 一直線で パッションがたっぷりのマチアスとそれを 支える 肝っ玉かあさんの カミーユというのが 私がお話させていただいた印象。 カミーユは 肝っ玉かあさん という表現に 反して とても 美人でしたが(笑) [続きを読む]
  • コップ酒で気さくにうまい
  • ワイン(カジュアルワイン)でも日本酒でも焼酎でも、個人的にはコップで飲むのが好きです。鹿児島へ行ったとき、芋焼酎のお湯割りは必ず透明なコップで飲まれておりました。流石は本場です、一杯は二百円でした。その楽しい雰囲気からコップ酒が大好きになったのかも知れません。コップで飲む芋焼酎のお湯割りはなんだかおいしいんですよ。また、この周辺でも立ち飲みの酒場にでも行けば、ひやの日本酒はコップに注がれて出て来 [続きを読む]
  • 「高級ワイン市況」ブランドとバリューとポテンシャル
  • 中華系が主導した2011年6月のボルドーワイン・バブルのピークから6年経過。2014年7月に底入れしたとみられるボルドーワインをメインとする高級ワイン市場は、再び上昇傾向にある。ワイン価格を上昇させた一因の背景には、英ポンド安や人民元安によるマクロ経済からの影響がある。そんな金融市場の混乱は、ワインの収集や投資にどう影響を与えるのか?また、高級ワインの業者間取引サイトであるLiv-exでは、いったい何が起きてい [続きを読む]
  • 「酒屋の株話」あれ、2万円超えてた
  • 「あれ、気づいたら日経平均株価が2万円超えてた!」強固なレジスタンスとみられていた20,000円はまったくスルーされ、何の抵抗もなく通り過ぎてしまった印象。次のターゲットは大波乱相場に至る前の2015年の夏場の高値である21,000円レベルだろうか。来週中にでも21,000円レベルに達しても不思議ではないぐらいに急に上値が軽くなった印象をうける。歴史的な低水準にあったボラティリティも回復すると予想され、 [続きを読む]
  • 安売り規制のゆくえ
  • 新聞記事によれば、6月1日に多くのスーパー店頭でビール類の価格が1割ほど値上がりしたとのこと。しかし、国内スーパー最大手のひとつだけは値上げしなかったのだとか。街場の酒屋としては、「すわ、お上と豪商の・・・・・・・勃発か!?」みたいな印象でした。時代劇では必ずお上と豪商が手を組んで庶民をイジメて、「おぬしもわるよのぉ〜」みたいなのがお決まりなのですが、それほどシンプルではなさそうです。何 [続きを読む]
  • 「オーヘンリー15年」父の日の酒はこの一本
  • もっともお得感を持って国内で買える酒類といえば、間違いなくそれは焼酎でしょう。それはたとえ高級品であっても状況は同じなのです。また、男社会で人気のある酒といえば、これまた焼酎。父の日にお父さん、もしくはお義父さんと酌み交わすお酒は決まりましたでしょうか。酒倶楽部ステップからのご提案は今年もこの焼酎です。 麦焼酎 【O.Henry 15years (オー・ [続きを読む]
  • 「・・反応はいまひとつ・・・」NHKさんが来た
  • 明日の6月1日から施行される酒の安売り規制法案を前に、NHKさんが取材に来店されました。「・・・なんでうちなのか?」という疑問はありましたが、もちろん真摯に対応させていただきました。 「・・・反応がいまひとつなんですよね・・・・・」たぶんビール系価格の実質販売価格としては、過去最大の値上げとなるのですが、なんだかこの値上がりの理由がいまひとつピンとこないた [続きを読む]
  • 「琉球ハブボール 業務用」楽しく飲んで元気に
  • 医食同源という言葉があります。もしホッピーやハイボールを飲んで元気になるとすれば、それは素晴らしいことではないでしょうか。そんな元気になるホッピーやハイボールの「なか」をご紹介させていただきます。 【琉球ハブボール用原液(業務用)】Alc35% 1500ml @3,300円+税水だけで100 日以上生きるといわれているハブの不思議な生命力。その神秘的な生命力を持つハブのエ [続きを読む]
  • ホッピー・アートランド2017-06
  • 世界で活躍するアーティストによる、ホッピーを題材にしたアートカレンダーの6月です。 【2017-06のアーティストはカナダ在住のマーク・マーティン】マーク・マーティンはオーストラリア・メルボルンを拠点に活動するアーティスト。WIREDやMonocle、GQなどハイクオリティマガジンに作品を提供するほか、絵本作家としても「A Forest」(2012)をはじめ、 [続きを読む]
  • 「酒屋の株話」始まったばかりの業績相場
  • 業績相場が強烈に始まったようだ。急激な値上がりでも割高感はまだない。そんな急激な値上がりは、その後に起こるかも知れない調整の下落に対する、底知れぬ恐怖を時として感じさせる。それでも、その心持こそがまさに「恐れ」の市場心理であり、多面的にみれば健全な値上がりなのだろう。つまりは、まだ始まったばかりの上昇であり、つまらないかも知れないが、明らかに割高になったり、投機的な売買が膨らむようなこ [続きを読む]
  • ボルドー メドックワイン試飲セミナー
  • メドックワイン委員会が主催された「メドックワイン テイスティングセミナー」に参加させていただきました。左岸高級ワイン産地を含むメドックワインの生産量はボルドー全体の15%ほどですが、輸出金額はボルドーワイン全体の約半分というから圧巻です。ちなみにメドックはボルドー左岸と表現されることが多いのですが、ジロンド川の川幅が広いため現地では左岸というよりも、半島と認識されており、実際に水の影響の [続きを読む]
  • 国産シードルで気分すっきり!
  • いよいよ ムシムシする 梅雨が近いですね。こんな時期 飲みたくなるのがスッキリとした味わいのスパークリング。今回おススメするのは国産のシードル。 長野県産のふじ林檎を使用した辛口シードルはりんごのほのかな甘い香りと ほどよい酸味が抜群のバランスですっきりとしていて 食中酒としても おススメ。かすかに濁っている 味わい深いシードルです。 [続きを読む]
  • スペイン農家さんの協同組合ワインで「コスパ家バル」
  • ゴールデンウィーク、母の日と、イベント続きだった5月。頑張りました。そんな、おつかれさんな後半の5月には、「家飲み」がなんと言っても最高でしょう。そこで、昨年のこの時期にも書かせていただきましたが、自宅で楽しむ「家バル」のすすめです。それも「コスパ家バル」。 <キノコのコスパ・アヒージョ>バルといえばタパス、タパスといえば簡単に出来てワインにとても良く [続きを読む]