あかーる さん プロフィール

  •  
あかーるさん: あかるいとうさんのお出掛け
ハンドル名あかーる さん
ブログタイトルあかるいとうさんのお出掛け
ブログURLhttp://hkma77y.blog81.fc2.com
サイト紹介文国内外の生活、旅行、イベント、季節の話題やトレンド、鉄道、音楽、絵画などの興味ある記事を載せます
自由文海外は、英韓露、マレーシアなど住んだ所や訪れた西欧、中欧、CIS、中東、一部アフリカや南米とアジアなど。国内は今の拠点の関東のみならず、沖縄から北海道まで行った全都道府県から、気になる所。お出掛けは、地域や旅行の切り口だけでなく、音楽や美術、舞踏、及び植物や食べ物も。休みの日も通勤途中にも気になるスポットに気ままに。では応援よろしく願います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2009/09/20 22:38

あかーる さんのブログ記事

  • 真夏は賑わう新横浜
  • 新横浜駅前は東急・相鉄相互直通の地下鉄工事が続く。7月末の進捗状況が公表されていて、駅周辺の地下工事は進捗している。駅ビルのキュービックスクエアは夏休み期間、ひつじのショーンで盛り上げる。ぐるめストリートの入口も中の通りもひつじ。 10階には家族向けのショーンのエリアも用意。 はらぺこあおむしも子供たちを迎える。夏休みモードがあちこち。夏休み期間、アリーナも日産スタジアムもコンサートで賑わう。 日産スタ [続きを読む]
  • 綱島駅近くの社とお寺巡り
  • 世はお盆休み。東横線急行停車駅の綱島駅の近くの五つの神社と寺巡りをした。5寺社の内4つは電車からも一部見掛けることが出来る。綱島街道を日吉寄りに歩くとすぐ左に急な階段があって、上に綱島神明社の祠。 帰りの階段を上から見ても急。 街道の向かいが諏訪神社。昔、信濃諏訪神社が綱島にやって来たもの。 街道からは車で入り、反対側が参道の階段。日吉寄りの次のバス停が長福寺。寺は東横線をくぐった先にある。 綱島駅の横 [続きを読む]
  • ピカチュウ大量発生中のみなとみらいへ(1)
  • 今年も子供達の夏休みに、横浜みなとみらいにピカチュウが大量発生チュウ。玄関口のJR桜木町駅は、ホームの駅名表示や階段横の案内が黄色だらけ。 駅舎入口もピカチュウのモード。そして真ん前には大きなピカチュウがランドマークタワーを背に歓迎。近くには小さなピカチュウなど色々。  信号を渡った先の帆船日本丸の前や芝生にもランドマークタワーを背にいっぱい。  水陸両用車も今はピカチュウ仕様。 コスモワールドに入る [続きを読む]
  • 真夏の渋谷
  • 渋谷駅前は複数の今流の宣伝が集結。ノンアル、格安スマホ、君の名は。のビデオ等々。世界的な名所のスクランブル交差点の真ん前のセンター街入口の夏は七夕飾りが迎える。その後盆踊りも行われた。増える外国人の中には、ロケしている光景にも出会う。 BUNKAMURAの美術館に向かうとベルギー奇想の系譜展がstart。現代までの500年間の絵が並び、空想から幻想への系譜が語られている。宗教や人間を風刺したボス、ブリューゲルの絵 [続きを読む]
  • 日本橋三越から高島屋方面へ伝統と再生と開発を探る
  • 地下鉄三越前駅の北口から出ると新日本橋駅付近は再開発真っただ中。一方日本橋方面は花壇の整備された歩道を挟んで、歴史的な建物の三井本館、三越と新しいコレド室町が向かい合う。 日本橋三越本館は中も歴史ある空間が迎える。但し顧客層拡大に向けて改造を予定。新館を出ると正面に首都高と日本橋の文字。お江戸日本橋は前の東京五輪で上を首都高が覆ってしまった。 江戸のシンボル日本橋に青空を取り戻す地元の運動が奏功し [続きを読む]
  • 真夏の現代アートを六本木で
  • 暑い夏は涼しい美術館でゆっくりじっくりが一番。地下鉄乃木坂駅は国立新美術館に直結。途中の通路に美術展のポスターが並ぶ。ジャコメッティと東南アジアの現代アート二つに足を運んだ。スイス生まれフランス育ちのジャコメッティは彫刻を見ればすぐ彼の作品が判る強い特色を現わす。それは細長い形と凹凸の表面。見ることと作る事の間に人間の本質を求め、同時代のサルトルら作家にも強い共感を得た。企画がそれを教えてくれた。 [続きを読む]
  • 六本木ミッドタウンの夏の夜
  • 夏休み期間を迎えて六本木のミッドタウンがイベントを用意。夜寄ってみた。六本木駅から向かうと入口から光る。館内を進むと芝生広場に光るものが見えて来た。歩道橋を渡ると道もテラスも明るいが光の川が見えて来た。 正面の芝生広場ではサマーライトガーデンの名で花火の映像が展開する。 清流の先に大輪の和が並び、色が青、暖色、ミックスと変化していく。 やがて打ち上げの線が延び、クロスし、ナイアガラも登場。 館内で [続きを読む]
  • 港横浜の光景の定番大桟橋と飛鳥Ⅱ
  • 象の鼻パークの小船の先に豪華客船が見える。象の鼻の桟橋越しに見えて来たのは飛鳥Ⅱの巨体。 停泊する大桟橋の屋内外はクルーズ船の乗船客や運ぶバスで賑わう。 大桟橋では食のイベントを屋内外で開催。 大桟橋の屋外は真夏の太陽でまぶしく暑い。飛鳥Ⅱの先端は海を挟んで迎える港と出入りする船のコントラストが良い。 船尾に回っても横浜の名所とコントラスト。水陸両用バスが近くを横切る。またの三塔がいっぺんに見える [続きを読む]
  • 赤レンガ倉庫広場が真夏はアフリカンリゾート
  • 7月末から赤レンガ倉庫広場が真夏恒例のリゾートに変身。今年はアフリカンリゾートとなり、ジャングルの象、キリンが迎えてくれる。 入口入るとカラフルな旗が上を覆う。アフリカに因んだ飲食の店も。 砂漠のエリアは白い砂で子供達が遊び、ハンモックも並ぶ。 アフリカの集落の熱帯らしい木も目に入る。初日、一帯ではイベントに合う店やウクレレコンサートで盛り上がっていた。 ウクレレの演奏者の向うには豪華客船の飛鳥Ⅱが停 [続きを読む]
  • 日本大通り駅付近は開港ゆかりの地
  • 地下鉄駅から地上に出ると日本新聞博物館があって、館内に大きな年代物の輪転機が迎えてくれる。建物の一部が重要文化財。 この一帯は文化財や横浜開港を担う建物が集積。真ん前には神奈川県本庁舎。向かいには横浜開港資料館があって、そこは日米和親条約締結の地。 横浜市開港記念会館は今年開館100周年を迎え、記念して2階にはスイーツカフェのワンハンドレッド倶楽部を臨時営業。 1階の4号室では関連の資料とレゴの模型が待っ [続きを読む]
  • 横浜駅東口から建設相次ぐベイサイドへ
  • 横浜駅東口のそごうの前は夏の装いで客を迎える。橋を渡って日産ギャラリーに向かうと、DATSUNのレトロな車が並んでいた。日産はルノー、三菱併せた連合で今年上半期の世界一の乗用車メーカーに躍り出たが、かつて海外ではDATSUNブランドで販売。時代は変わった。その先のみなとみらい地区は新ビル建設現場が広がる。真ん前は京浜急行の本社予定地。その先は資生堂のオフィスの建設が大々的に進行中。 その先はみなとみらい地区の [続きを読む]
  • 夏迎えて気になった食
  • ファミマのレジ横にファミマ商店街が出現。サークルKサンクスとの統合でセブン追撃に躍起ファミマだが、サンクスで人気なのに品薄だった焼き鳥が実質改善。割引セールで盛り上げていた。 ファミマでは他にも気になるコーナーがある。巨大なプリンも発見。 日清のカップヌードルは新作が続くが、夏向けにソーメンが登場。更に汁なしというカップヌードルの容器のシーフードヌードル味焼きそばも登場。 夏らしいヌードルではエー [続きを読む]
  • 夏の日本橋室町は金魚が主役
  • 日本橋室町は金魚がすっかり夏の風物詩。日本橋三越は新館入口に金魚の水槽。 本館入口もライオン像や中の鳥居の上など金魚に因んだ趣向を凝らしている。 通りや地下のディスプレイも金魚が絡む。 コレド室町では今年もアートアクアリウム展を開催中。これに合わせて福徳神社も賑わう。福徳の森では金魚すくいなど夏祭りを演出して盛り上げる。 参道の仲通りも金魚の描かれたぼんぼりが風情を誘う。 金魚で江戸情緒演出が一層 [続きを読む]
  • 夏迎えたマック
  • マックは6月からDポントに続いて楽天ポイントも対象。ところがシステムトラブルで何社かのポイントや電子決済ができない事態に陥った。復旧の案内やお詫びのドリンク無料の26日午後を実施。8月からはnanacoやsuicaなど対象がさらに広がる。 暑い日を迎えて爽やかなカルピスシェイクが登場。アイスの季節にはソフトツイストのタワーサイズ6回転半が登場。通常3回転半だから大きいが店員も客も溶けて崩壊しないか要注意。 7月中旬 [続きを読む]
  • 伊豆へのザロイヤルエクスプレスが横浜を出発進行
  • 東急と子会社伊豆急が横浜からの豪華列車ザロイヤルエクスプレスを21日から運行させた。東横線ホーム上の地下にクルーズプラン用ラウンジも新設。改札からの階段に矢印発見。 発車近く、ラウンジから乗客が出発ホームに向かうのを初日は東急の社長らがお見送り。横須賀線のホームからは隣に大勢の人出とその先の青い列車が見えて来た。7番線の東海道線下りホームが始発駅。最後部から豪華列車の顔が見え、隣に定位置の東海道線が [続きを読む]
  • 夏休み迎えて上野は寄せ絵アートなど多彩
  • 夏休みは家族連れの行楽や研究に好適で、博物館や美術館も企画に力が入る。上野動物園も真夏の夜の動物園を企画。国立科学博物館では中旬から深海の企画。上野公園には夏アートの看板が並ぶ。東京都美術館はボストン美術館展を7月20日から。東京国立博物館のタイ仏教芸術、芸大コレクションまで多彩。 国立西洋美術館ではアルチンボルド展公開から1か月経過して、足を運んだ。世界遺産の館のロダン像も招く。 16世紀のイタリア人画 [続きを読む]
  • 横浜のスパークリングトワイライトでアジアのパレード
  • 7月の海の日を迎えて、横浜では海を見る代表的spotの山下公園中心にこのイベントが毎年開催される。会場では消防局などのレスキューデモやシップパレード。噴水広場は花の向うの石像の先にマリンタワー。広場では横浜を代表する店やアジアの屋台が並び、氷の彫刻が暑さを癒す。 公園とマリンタワーの間の山下通りではアジアのパレード。周辺道路には車道の閉鎖を通知も。出発前に各国が待機。 先頭は中国。関帝廟ゆかりの三国志の [続きを読む]
  • 新宿駅東口から新宿3丁目へ
  • 新宿駅の南東側出口はルミネの下。その斜め向かいに絶好調のドンキホーテの店が又増えようとしていた。 真横の車道の下の飲食街はサナギ。ローソンが焼き鳥製品のキャンペーンを開催していた。 世界一クラスの混雑する駅だが東口は真正面からは人が流れていない。但し大通りに出ると賑やかな通りが広がる。新宿3丁目の交叉点も見えて、下層階が尚、工事中の丸井と交差点の先のもう1つの丸井が見えてくる。東横線が副都心線と相互 [続きを読む]
  • 新宿駅南口は新しい店続々
  • 新宿駅南口の歩道橋からはsuicaのペンギン広場や成田エクスプレスなど駅や電車がよく見渡せる。新南口の改札口から近づくとビアガーデンが正面。13日から期間限定でopen。 ペンギンの像が正面に出来た仮設の建物を眺めている。アガパンサスが夏のペンギン広場に咲いている。サザンテラス口も次々店が新しくなる。LINEなどの入る三越伊勢丹の店。こちらは7月末までの期間限定営業の予定。新宿サザンテラスには米国発のシェイクシャ [続きを読む]
  • 7月の中目黒〜代官山〜渋谷(2)
  • 代官山から渋谷の区間は4年前に地下化。出発点は代官山駅前のかつての同潤会アパート跡のアドレス代官山。渋谷に向かう区間の東横線跡地が今は商業施設ログロード。名前の由来の枕木も点在。 通り過ぎた先はJR線。かつて東横線がその上を跨いでいたが、橋は消え、その先のカーブする区間が工事中。渋谷代官山Rプロジェクトの名でA棟の保育所、B棟のオフィス棟が生まれる。 その先は東横線高架が横を走っていた渋谷川が延びる。こ [続きを読む]
  • 7月の中目黒〜代官山〜渋谷(1)
  • 中目黒駅改札を出ると正面に中目黒夏まつりの案内が目を引く。駅近くの通りもまつりの旗が並ぶ。 東横線の高架下が飲食店街になったのが昨年11月。その名も中目黒高架下。特色ある店が客を惹きつける。夏場はスペイン料理店でかき氷も売る。 6月末に新たな店も登場。 高架下の店を横目に次駅の代官山に向かい、振り返ると電車が中目黒駅に向かう。歩道橋の上からは代官山方面が見える。少し歩くとTENOHAの入口。 歩道橋の反対側 [続きを読む]
  • 山下公園の前に氷川丸、マリンタワー、そして県民ホール
  • 山下公園は関東大震災のガレキを埋めて整備した由緒ある西洋式庭園。潮風を浴びて船など見て歩くのが心地良い。 海際の未来のバラ園など花壇が美しい。7月に入ってもバラが残る。 前の海を眺めて、停泊する重要文化財の氷川丸を花壇越しに写すのがお決まりのアングル。近くには赤い靴の記念碑もあり、そこからも船と花と一緒のアングル。広いスペースでは大道芸が人を集める。公園前の通りに面して聳えるマリンタワーとも似合う。 [続きを読む]
  • 関内駅の南口の伊勢佐木町と大通り公園
  • JR根岸線の関内駅はホーム両端がスタジアムのある南口と馬車道寄りの北口。 北口は駅が綺麗になりつつある。程近くがハマの銀座、伊勢佐木町。少し進むと左側に恐竜が睨み、さらに行くと緑の一角が先に見える。そこは厳島神社。 境内には鳥居が複数。 少し近くには大通り公園。下は市営地下鉄が走る。 関内駅に戻り出すとロダンの彫刻。右に横浜市役所が見えて来た。 にほんブログ村神奈川県 ブログランキングへ東京都 ブログラン [続きを読む]