あかーる さん プロフィール

  •  
あかーるさん: あかるいとうさんのお出掛け
ハンドル名あかーる さん
ブログタイトルあかるいとうさんのお出掛け
ブログURLhttp://hkma77y.blog81.fc2.com
サイト紹介文国内外の生活、旅行、イベント、季節の話題やトレンド、鉄道、音楽、絵画などの興味ある記事を載せます
自由文海外は、英韓露、マレーシアなど住んだ所や訪れた西欧、中欧、CIS、中東、一部アフリカや南米とアジアなど。国内は今の拠点の関東のみならず、沖縄から北海道まで行った全都道府県から、気になる所。お出掛けは、地域や旅行の切り口だけでなく、音楽や美術、舞踏、及び植物や食べ物も。休みの日も通勤途中にも気になるスポットに気ままに。では応援よろしく願います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/09/20 22:38

あかーる さんのブログ記事

  • 梅雨の日に品川高輪のホテルの緑の庭で
  • 品川駅高輪口前はホテルが並ぶ。梅雨の中、振り返ると緑の先に品川駅の高層ビル群。そこに遊歩道入口の冠木門。 階段を昇り始めるとアジサイが緑の中に現れた。 一帯は庭園になっていて、さくらはしの先の山門や池の畔が絵になる。 滝や石燈籠も現れる。 池の先にもアジサイが点在。その先は改修の終わったグランドプリンスホテル新高輪。幾つかのホテル棟に囲まれた庭園や散歩道が高輪エリアのプリンスホテルの魅力になってい [続きを読む]
  • JR新宿駅出入口あれこれ
  • 新宿駅は日本一、或いは世界一の混雑駅。それだけにJR線だけでも出入口は多く、混乱する利用客も多い。東口の前に立つと東西を結ぶ工事現場も見えた。 今ある狭い地下通路で西口に出ることが出来、抜けた先には狭い飲み屋街。西口飲食街とかやきとり横丁とか言われていたが、全体に思い出横丁の名が付いていた。 西口を正面から見ると小田急・京王のターミナル駅と百貨店が連なる。後ろを見るとすぐ超高層ビル街が続く。 最近変貌 [続きを読む]
  • 横浜駅から東横線各駅停車で菊名駅へ
  • 横浜駅は工事が続くので有名だが、今月中旬に西口の中央通路のアクセスの場所が変更。馬の背とも呼ばれる地下通路と西口地下街の間の1階の一部を地下のまま直結する計画への第一歩のようだが、高島屋・ジョイナス方向へは狭く遠回り。 その横浜駅から東横線で菊名駅に向かった。階段にはROYAL EXPRESSのポスターが並ぶ。来月誕生する豪華列車だが、東急と子会社の伊豆急が、横浜からJRを通って伊豆急の終点下田まで運行。ポスタ [続きを読む]
  • 新宿区役所の東の味わいのある一角
  • 歌舞伎町の新宿区役所から東に散策すると中々味わいのある一角が現れる。細長く長く曲がりくねった遊歩道の先は木が生い茂る。ここはかつて都電の通った跡地。違う方角には新宿ゴールデン街の名前が現れる。戦後の闇市から移ってきたのが由来で、再開発で消滅する危機を乗り切ってきた。その先の隣接する場所には花園神社。偃月は例大祭出賑わったが、通常は近くの喧騒も聞こえず静か。 鳥居をくぐるあたりは一大繁華街新宿にいる [続きを読む]
  • 川崎市に伏見稲荷を発見
  • 東横・目黒線の神奈川県最初の駅が新丸子。駅から程近くに、大きめの鳥居を構える京浜伏見稲荷神社がある。創建は比較的新しい戦後。京都の稲荷が戦後復興の願いで京浜にも誕生。鳥居の左には文殊稲荷。 その手前にたくさんの鳥居。あの伏見稲荷のミニ版。その鳥居の先にキツネが見えて来た。それが池を囲んでたくさん。 本殿の両側にキツネ。土台に富士山の溶岩を使う江戸造り。 キツネは総勢108体も配置。それにここは神社が幾 [続きを読む]
  • 新宿歌舞伎町を昼間に散策
  • 新宿区は安心して楽しめる歌舞伎町ルネサンス計画を推進していて、昼間体感して来た。歌舞伎町のエリアは西側が西武新宿駅、東側は新宿区役所。 新宿駅東口からはモア二番街を通ると靖国通りに出て、その先が歌舞伎町。 左側の繁華街の通りは歌舞伎町一番街。 右側はセントラルロードだったが、道端の塔を見ると名称はゴジラロードになっていた。 正面の高層ビルの途中階にゴジラの顔が迫る。辺りはコマ劇場跡だが広い空き地が [続きを読む]
  • 銀座4丁目から6丁目へ
  • 銀座4丁目の交差点から中央通りを南に向かった。角にどっしり構える白い建物が銀座プレイス。最近はその先に銀座SIXも少し見えてくる。銀座プレイス1階では車を写す人が大勢。日産車のショールームは好立地でインパクトがある。 銀座SIXの一番手前がFENDI。店内の飾りが目立つ。その先の入口から銀座SIXの館内に入ると賑わって、すっかり東京の名物になっている。2階から見上げる草間カラーも健在。 通りに出て銀座通りを振り返 [続きを読む]
  • 横浜の三ッ沢でたっぷりアジサイを愛でる
  • 横浜市営地下鉄で横浜の北方向の次駅が三ッ沢下町。駅のすぐ近くから延びる三ッ沢せせらぎ緑道はアジサイがちらほら。次駅三ッ沢上町付近のせせらぎの近くに豊顕寺と赤門が構える。 赤門の先はアジサイと長い階段。階段の途中から振り返るとアジサイは少ないが遠くの赤門への階段は絵になる。一帯は市民の森としてアジサイが目に付く。 その先は戦没者慰霊塔と乗馬のエリア。 そこから先は三ッ沢公園のアジサイが増えてくる。大き [続きを読む]
  • 銀座4丁目から3丁目へ
  • 銀座4丁目の交差点から中央通りの北に向かって左が和光、右は三越が構える。和光のディスプレイは父の日向けだった。  歩道を進むと建替えたミキモトのビルが今月open。 店の入口手前にはそこが由緒ある地を示す石碑。銀座通りの反対側の松屋銀座は外壁がVITTONを前面に出し、以前はモナリザだけだったのが複数の西洋画に増えていた。増えたのはティツィアーノ、フラゴンナール、ルーメンス、ゴッホ。インパクトがあるし、歩道か [続きを読む]
  • 緑一色の田園調布せせらぎ公園
  • 東横線から多摩川線の分岐する多摩川駅は、両側が公園で緑に恵まれている。今の季節は街にはみ出るような新緑に覆われていて心地良い。改札を出て多摩川も近いが、東横線高架の正面が田園調布せせらぎ公園。住宅街に抜ける木道の階段が緑の中を進む。 傾斜地を登る長い階段も緑の中。登り切った先には滝が構える。滝の下は池になっている。 かつては多摩川遊園地だった賑やかな園地が、緑の溢れた静かなせせらぎ公園になっている。 [続きを読む]
  • 武蔵小杉は新緑が目に付くspot
  • 武蔵小杉の東急駅は駅上が商業施設。今レインボーカラーの花の撮影spotもある。その先に展望デッキも用意。 元住吉方向の眼下を東横線と目黒線が走る。駅前に立つと小杉名物のタワマンが林立。正面は建設中のビル。全国有数の人口増加が続く。 南側の先にはタワマンの前に商業施設のグランツリー。外壁に溢れる緑が濃く見える季節。  イトーヨーカドーなど多くの店から成り、子育て世代向きの店やエリアが館内で目立つ。特に人気 [続きを読む]
  • あじさいと初夏を訪ねる多摩川〜田園調布
  • このタイトルが東急の6月のPR誌の表紙。駅にもポスターで紹介。多摩川駅を出て少し歩くと田園調布カトリック教会。大聖堂は日曜日以外近づけない。前の坂の向かいには植物だらけの緑の家もあった。 PR誌はその前に多摩川台公園を紹介。やはり6月なのでアジサイを取り上げている。公園には今菖蒲や睡蓮の咲く水生植物園や亀甲山古墳がある。 多摩川や対岸の神奈川県の眺望がきく見晴し台もある。その先の赤い虹橋も渡ってその先で公 [続きを読む]
  • 多摩川台公園のアジサイが見頃
  • 東急多摩川駅の真ん前は多摩川に沿って台地が広がる。そこは多摩川台公園になっていて桜と並んでアジサイの名所で親しまれている。改札出るとすぐアジサイの見える階段と入口。 最近までの改修工事も終わって、新しくなったが、アジサイの丘は見た目の違いが伝わらない。 6月中旬を迎えて見頃に成って来た。あずま屋の手前が最も密集している。 あずま屋からは落ち着いてアジサイの種類を確かめることが出来る。多摩川や東急線の鉄 [続きを読む]
  • アークヒルズとスペイン坂のアジサイ
  • 六本木一丁目駅を降りてアークヒルズに向かうと、広場はクラフトビールが提供されている。一角にはカラヤンも関わったサントリーホールがイベントをPR。横の階段を昇ると緑の木が溢れていた。 霊南坂は緑の並木道。反対側に高層ビルの方に進むとスペイン坂に通じる。辺りはアークヒルズとアジサイを組み合わせて見える。 桜の名所でもあるが、今は坂に沿って色んな種類のアジサイが咲いている。 車道は駐車中の車が並んで、すっ [続きを読む]
  • 馬場花木園で花菖蒲など6月の植物を楽しむ
  • 6月の植物を求めて花木園に足を運んだ。鶴見区の馬場花木園は季節毎の花の変化が楽しめる。池の畔には見頃の花菖蒲が待っていた。 真ん前に行くと色とりどりの花菖蒲。 八ツ橋を渡って振り返っても花菖蒲が目に入る。池には睡蓮が広がるが夕方行った時、花は見れず。夜はホタルが飛ぶらしい。 園の入口や池の先でアジサイもいっぱい。 アジサイの先は竹林。 近くには可憐なナデシコや月見草も合奏。 一部にはまだツツジも咲いた場 [続きを読む]
  • 6月入りした横浜駅西口をビル屋上から
  • 工事が何十年終わる事のない、ハマのサグラダファミリア、横浜駅。今月出入口が少しリニューアルし、開始前の無人の様子を写しておいた。但し終わりの無い駅に変わりはない。 駅ビル工事の鉄塔が高く成り出したので、現役駅ビル側のジョイナスの屋上に向かった。工事の様子が眼前。 屋上はジョイナスの森彫刻公園。緑や彫刻越しに工事の鉄塔が目立つ。 屋上の6月と言えばビアガーデン。ここは昨年開始の野菜がテーマのファーマーズ [続きを読む]
  • 日吉、新綱島、新横浜の東急新線ルートを歩く(2)
  • 東横線の急行停車駅、綱島駅の脇は工事が続く。一方新線の駅は綱島街道を渡った先。新綱島駅を駅ビル付きで建設中。 用地の向うは工事基地として確保したゴルフ練習場跡や東海道新幹線が見える。その新幹線に沿って新横浜へ。新幹線ホーム高架下は店舗が並び、入口ドアにテイルズオフフェスティバルの文字のアニメのイベント案内。4月に飲食店が一部入れ替えてねぎしが来た。とろろ、牛たん、麦飯の店の壁は麦やとろろ芋を飾る。牛 [続きを読む]
  • 日吉、新綱島、新横浜の東急新線ルートを歩く(1)
  • 日吉駅前は慶応大学のキャンパス。駅ビルの東急百貨店からも新緑の並木が真ん前。 東急線から相鉄への新線はここから延びる。 東横線から覗くと地下化する新線や引込み線の整備が少し覗ける。 綱島街道に沿って歩き出すと、慶応校舎の先は大規模な寮建設工事。その先ユニーのあったサンテラス日吉跡地も殆どさら地。奥の方は取り壊し工事が続くのが見える。 やがて松下通信跡地の再開発現場が広がる。まずはユニーが移転してここ [続きを読む]
  • ベランダ花壇は6月入っても花盛り
  • 6月が近づくと我が家のベランダではバラが元気なくなり、ほかの植物が取って代わる。ゼフィランサムは茶色い芽が細井派の合間から急にニョキニョキ目を出しピンクの花を咲かせた。 イソトマも5月から次々咲く。アジサイとサンパラソルはガクや花のつぼみが広がって来た。咲くのは間近い。 その後はキキョウ、グラジオラス、ハイビスカスと期待できるが、その前に朝顔が育ち出した。一方野菜ではミニトマトが実を付けて、アイコと [続きを読む]
  • 最近気になるお菓子やスイーツ
  • カール発売終了が話題になった。明治製菓は約50年間発売し、現在5種類を発売中。それを四国の工場を除いて今夏製造中止を発表。生産をチーズとしおあじ2種類に限り、販売も近畿以西に限定する。発表翌日のスーパーに向かうと品薄でチースが欠品していた。その後も店により在庫は異なるが、消える日を前に関東での人気が続きそう。中止の理由はポテト系に比し、トウモロコシ系の苦戦という。別の日はチーズだけあった。しばらく家で [続きを読む]
  • 国分寺の駅巡り
  • 国分寺市の中心駅は国分寺駅だが、西隣には中央線と武蔵野線が交差する西国分寺駅。 武蔵野線は南隣の府中市が西の起点。2つ先の府中本町駅が起点でそこは南武線と繋がる。 国鉄時代は東京競馬場前の駅が近くにあり、今も臨時改札口がある。西国分寺発の乗った電車は東京行きだった。埼玉県を横断し、南船橋から京葉線で東京に向かう。一方国分寺駅は特別快速も停車し、既に南側は駅ビルCELEOも構えて通路も賑わっている。今北側 [続きを読む]
  • 横浜開港記念日に学ぶ
  • 6月2日は毎年横浜の開港記念日。公立の横浜市内の学校は休校日なので昼間は街に子供達が溢れる。そこで祭りの会場の1つの臨港パークは親子連れで大賑わい。ステージのパフォーマンスや出店も盛りだくさん。 臨港パークは青空と青い海で気持ち良い。救命具を付けたボートの運行もあった。 大人も嬉しいのがこの日の無料開放。その1つが横浜美術館。企画展のファッションとアート 麗しき東西交流展を鑑賞出来た。 日本での洋装の広 [続きを読む]
  • 国分寺の庭園と史跡
  • 国分寺駅南口の駅ビルのすぐ先に殿ヶ谷戸公園がある。 今の時期は展示室の窓辺もその先の芝生も辺りは青もみじがまぶしい。紅葉亭からも池の周りに青々とした樹々が広がる。階段を降りて振り返ると小さな滝が流れ落ちている。 西国分寺駅近くには最近オープンした多摩図書館が構える。その先は武蔵国分寺公園の広場。 公園の南には武蔵野台地の崖が連なり、その下はあちこち湧水が出て、その場所に武蔵国分寺が建てられた。今も国 [続きを読む]
  • 横浜ベイサイドが心地良い初夏を迎える
  • 横浜駅東口を出て右に進むと日産ギャラリー。5月も日産スカイライン60周年の年代物の車が並んでいた。建物を出るとみなとみらいの建設現場が広がり、真ん前に新たな光景。京浜急行本社予定地にブルーシートを敷いて調査作業中。海側に行くとパシフィコ横浜の手前で増設工事。 さらに進んで赤レンガ倉庫に着くと、すぐ手前の遺構であちこち花が咲く。 振り返ると花越しにみなとみらいのノッポビル群や、旧横浜駅港のレールやホーム [続きを読む]