かもす さん プロフィール

  •  
かもすさん: そうだ樹海、行こう
ハンドル名かもす さん
ブログタイトルそうだ樹海、行こう
ブログURLhttp://ameblo.jp/woncul/
サイト紹介文青木ヶ原樹海、廃墟、B級スポット探検家のブログです
自由文樹海というと多くの人は「心霊・自殺スポット」という感想を持っている。

しかし実際に樹海に行って、幾度の探索と経験をしてきて、何度も鳥肌が立つようなすばらしく美しい景色をこの目で見てきた。樹海は「魅力的なすげえ面白い自然」なのだ。
それはスリルとサスペンスも含めた命がけの冒険ができる、すばらしいスポットという意味でも。

ブログではそんな樹海の新しい魅力を伝えていけたらと思っている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/09/21 20:57

かもす さんのブログ記事

  • 山梨県天上山から霜山まで往復登山
  • 富士山がとてもよく見える、山梨県富士河口湖町や富士吉田市にある天上山から霜山まで往復してきました。訪れたのは10/26。この前日、富士山に初冠雪があり、頂上付近には少しだけ雪が積もっています。 河口湖の東側にある県営の無料駐車場に車を停めて、カチカチ山ロープウェーで一気に150mほどあがります。山道で登る方法もありますが、手抜きをしました。ロープウェーは9時の始発でしたが、結構人が並んでいて、お客さん [続きを読む]
  • 樹海映画『fuji_jukai.mov』に出演しました
  • 告知が遅れてしまいましたが、樹海ホラー映画『fuji_jukai.mov』に実は出演したり、舞台挨拶をしてきました。映画をご覧になった方はすでにご存じかもしれませんが、映画の最初と最後に思いっきり私が登場して、いろいろしゃべっています。映画は樹海探検家の私以外にも、民宿や売店のおばちゃん、お坊さんや監視員といった実在の人物によるインタビューを所々はさみつつ、山里亮太さんが樹海のロケ中に見つけたスマホに残された [続きを読む]
  • 霧ヶ峰八島ヶ原湿原の草紅葉
  • 10/16の日曜日に、長野県の霧ヶ峰を訪れてみました。私は中学生の頃に林間学校でこのあたりの高原地帯を歩いた記憶があり、友達と楽しく過ごした記憶、とてもきれいなところだったこと、トンボがたくさん飛んでいたのを覚えていますが、どこをどう歩いたのか全く覚えていません。やはり自分の意思で訪れないと、人間は記憶に残らないようです。ビーナスラインを通って、八島ビジターセンター前駐車場に車を停めてから出発です。ビ [続きを読む]
  • 子の権現天龍寺の山風景
  • 時間が空いてしまいましたが、またブログを再開したいと思います。といっても最近しているのは登山ばかりなので、そんな日記ばかりになりそうですが。今回は、埼玉県飯能市にある子の権現天龍寺。山の頂上にある神仏習合のお寺です。標高は640メートル。登山と撮影をしたのは6/11でした。写真はこのとき一番よく撮れた門前の大杉。上部は落雷のためか焦げてしまっています。 入口には2体の仁王像が待ち構えてあります。この [続きを読む]
  • 東京都道・埼玉県道28号線廃道と畑トンネル
  • 東京都青梅市と埼玉県飯能市を結ぶ、東京都道・埼玉県道28号線の廃線区間が埼玉県側の山中に残されている。廃線区間はおよそ600mほど。地図でみるとこのような形。南北(上下)を結ぶ道路で、右側の28とある道が現在の28号線。左側の無名道路が旧道区間。点線であらわされているトンネルが、この廃道区間で最も有名な畑トンネル(後述)。旧道区間の南側は市道として現在も普通に使われている。今は使われていないタイプの道路標 [続きを読む]
  • さいたま緑の森博物館付近の狭山丘陵雪散歩
  • 今年の1月末、関東地方に雪が降った時に、狭山丘陵へ行って友達のzunnさんと野外ランチとトレッキングをしてきた。ランチをしたのは、さいたま緑の森博物館近くの展望広場。写真はそこにある大きなエノキ(榎)の木。興味がある方はgoogle mapなどで場所の確認を。自分が作ったのはトマトチーズリゾット。zunnさんは自宅で取れた狭山茶と、コーヒーを入れてくれた。どちらもおいしくいただくことができた。展望広場。天気も良く [続きを読む]
  • 樹氷より霧氷降る青木ヶ原樹海を歩く
  • 今年初めて富士山麓の青木ヶ原樹海へ行ってきた。前日に霧がでて、さらに冷え込んだため霧が木々に凍りつき樹氷となったのが、気温0度をわずかに上回ったために氷が一斉に木々から落ち始めるという、絶妙にして初めての経験をすることができた。木々はすっかり樹氷となって、まるで白い葉をつけたかのよう。富岳風穴駐車場から、この景色。遊歩道を歩く。文章はのちほど。 [続きを読む]
  • 東京都奥多摩山系、御岳山・日の出山登山
  • 東京都青梅市とあきるの市にまたがる、奥多摩山系の御岳山と日の出山を正月に登ってきた。今年初登山。このルートは高校生以来。しかし高校の頃は登山部だったため、ケーブルカーのような軟弱なルートは許されるはずもなかったが、今回は息子を連れているため、もちろんケーブルカーを使用。ちなみにこの記事を書いている現在(2/24)では、保守点検のために3/31まで運休中。要注意。ケーブルカーで上に登れば、いきなりこの絶景 [続きを読む]
  • 狭山丘陵いきものふれあいの里センターと荒畑富士
  • 昨年(平成27年、2015年)12月のとある日に、年賀状用の写真を撮りに子供を連れていつも通っている狭山丘陵へ行ってきた。今回は私も入っているトトロ財団が運営している、埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センターと、明治のころに地元で作った人工の富士塚である荒畑富士へ行ってきた。この日は心地よい風が吹く日で、風が吹くたびに枯葉が次々と舞っていた。センターの中では、歴史や環境展示があり、交通事故などで亡くな [続きを読む]
  • 冬の在日米軍府中基地廃墟・現役施設
  • 東京都府中市にある米軍府中基地の廃墟を散歩してきた時の写真。この一帯は、日本陸軍の調布飛行場の燃料廠だったが、太平洋戦争での敗戦後アメリカ軍の管理下となり、昭和40年頃から50年代にかけて順次アメリカ軍部隊の横田基地等への移転と、日本政府への返還が行われた。返還地区の大きさは南側の3分の2程度。そのうち西側が「府中の森公園」、東側が航空自衛隊府中基地になったが、北側の地区だけは未返還のまま、アメリカ軍 [続きを読む]
  • 雪の狭山丘陵、六道山公園から高根山往復トレッキング
  • 関東地方に珍しくまとまった雪が降ったので、子供を連れて狭山丘陵の西側を散策してきた。近くの米軍横田基地に戦闘機のF-22ラプターや、F-16ファルコンのアグレッサー部隊(エリート仮想敵部隊)が飛んでくるという情報があったので、山で昼飯を食べ、雪山を散策しつつ、運が良ければ飛行機の撮影でもできれば、という欲張りなプランだった。久しぶりに山用コンロを持ってきて、保存食を調理。雪の中での暖かい食事は、家で食 [続きを読む]
  • 埼玉県深谷市のホフマン式レンガ輪窯
  • 明治21年(1888年)に日本煉瓦製造株式会社が完成させたレンガをつくるための窯が、百年以上経った今でも埼玉県深谷市に現存しているので行ってきたときのこと。「ホフマン輪窯」と呼ばれる円形のレンガを製造する窯が、各区画ごとにレンガを24時間体制で連続製造し、そのレンガは今でも東京駅などでも使われている。メイドイン深谷のレンガが、明治の近代建築や、トンネルなどの構造物を支えたのである。この窯は昭和43年(1968 [続きを読む]
  • 米軍横田基地のF-22ラプター戦闘機と航空機
  • 近所にあるアメリカ軍の横田基地に、アラスカのエルメンドルフ航空基地から、世界最強のステルス戦闘機であるF-22ラプターが飛んでくるという情報があったのでちょっと行ってみた。路上駐車の車も多かったが駐禁が怖いのと住民に迷惑なので、近くの運動公園に車を停めて、基地の滑走路が見えるポイントに向けて歩いていると。初めて聞くエンジン音とともに、ラプターが突然飛来(この写真はトリミング)一分もしないうちに、次々 [続きを読む]
  • 埼玉県飯能市、ヤマノススメと天覧山・多峰主山登山
  • 今年が終わる前に、今年の1月4日に、新年初めての登山となった、埼玉県飯能市にある天覧山、多峰主山(とうのすやま)への記録をアップ。飯能は漫画・アニメの『ヤマノススメ』の舞台ということで、どこもヤマノススメ一色だった。ちなみに漫画は今でも連載していて、コミックアーススター公式ページでは何話か見ることが可能。現時点での最新話では「鎌倉アルプス」を歩いていた。アクセスは飯能駅から、国際興業バスにのり天覧 [続きを読む]
  • 「妖怪朽木倒し」を体験したときのこと
  • 漫画家にして妖怪の大研究者である水木しげる先生が亡くなった。そこで私が実際に「妖怪」を体験したときのことを書いてみたい。前回書いた「とある半島の謎の池と水道遺構」の直後に、この山のすこし開けた場所で昼食休憩を取っていた時のこと。ここには、すぐ近くにキツツキが作ったのか、どこか不気味な穴だらけの木が生えていた。特に気にすることもなく休憩していたら、突然「ドガーン!」と大音響と衝撃が襲った。てっきり [続きを読む]
  • とある半島の謎の池と水道遺構
  • 私は地図を見るのが好きなのだが、前々から気になる地形が存在していた。関東地方某所のとある半島に池があるのだが、この池が変な場所にあるのだ。池は普通へこんだ場所にある。しかし見ての通り、半島の尾根筋にこの池はある。こんな地形は自然では噴火口ぐらいしかありえないが、ここは火山ではない。となると人為的なものとしか考えられない。事前の文献調査によると、二次大戦中に対空高射砲と、それに連動した当時最新の対 [続きを読む]
  • 富士山の噴火鉱物まんじゅう石
  • 自然科学の師匠と一緒に散歩している時に見つけた激レア鉱物「まんじゅう石(マンジュウ石、饅頭石)」。大きさは直径1〜2センチの円形。主成分はSiO2(二酸化珪素、石英)と酸化アルミニウム(AlO3)、酸化鉄(FeO、Fe2O3)に、水など。場所によっては天然記念物指定もされている。およそ15万年から10万年前の富士山が噴火したときに落ちてきたもので、火山灰が作った関東ローム層(赤土)の中でも、特定の噴火の地層にだけ入って [続きを読む]
  • M越鉱山選鉱場とトロッコ軌道
  • 昔の今ぐらいの季節に、住んでいる場所から南の地方にある、とある鉱山へ行ってきた。現在は採掘を停止しているが、木造の選鉱場は斜面にそのまま残されている。「選鉱場(選鉱所、せんこうじょ(う))」とは、鉱山から採掘された岩石を砕き、選別して、有用な金属を取り出していた施設だ。工場はあえて斜面を利用して作られており、工程が進むにつれて、工場の下の方へと重い鉱石が移動していく合理的な構造となっている。なお [続きを読む]
  • 長野西方寺、日本唯一のチベット式阿弥陀仏像
  • チベット人の仏師が作った日本唯一のチベット式の仏像がある、という話を中国政府によるチベット人への人権弾圧に対して支援を行っている探検仲間から聞いたので、以前長野県長野市にある西方寺へ行ってきた。西方寺は善光寺の門前にある寺院の一つで、善光寺が火災にあった時にご本尊が避難されてきたりと、ゆかりが非常に深い関連寺院の一つだ。明治4年には、お寺が長野県庁の仮庁舎になっていたこともあった。なおチベットでど [続きを読む]
  • 西武安比奈線の紅葉
  • 西武新宿線の南大塚駅から出ていた、西武安比奈(あひな)線の廃線跡を数年前に探索してきたときのレポート。この雑木林の中を行く廃線路と、紅葉の景色を撮りたいとずっと思っていたのだった。この線路は南大塚駅と、入間川の河川敷で砂利を採取していた貨物専用路線で、昭和42年(1967年)に休止された。休止線であり、復活の話もあるが常に話だけで、事実上の廃線となっている。なお現在は立ち入りを禁止されている場所もある [続きを読む]
  • 富士山青木ヶ原樹海に出現した幻の湖「赤池」続編
  • 『富士山青木ヶ原樹海に出現した幻の湖「赤池」』についての続編記事。水中にぎりぎり出る花。水深は1.5メートルといったところだろうか?一番深いところ、目視だと2メートルぐらいはありそうだ。まるっきり、水中に沈んでしまった同じ草の花もあった。赤池の全景。ススキとアザミ。風が止まった時に水面に写りこんだ瀬々波橋。たくさん撮影して満足したので赤池の西側へと移動開始。北、東、南側は急斜面だが、西側だけはゆるい [続きを読む]
  • 富士山青木ヶ原樹海に出現した幻の湖「赤池」
  • 2011年(平成23年)の9月に、10年に一度ぐらいしか現れない「幻の湖」「幻の富士六湖」と呼ばれる赤池が出現したという情報がきたので、週末探検隊の相棒zunnさんと行ってきた時のレポート。撮影は2011年9月26日だった。1980年以降では、1982年、1983年、1989年、1991年、1998年、2004年、そしてこの時撮影した2011年に赤池が出現した。運がよければ、10年に1度よりも頻繁に見られる可能性もある。この時は9月中旬に、2週連続で台 [続きを読む]
  • 埼玉県所沢市比良の丘と入間基地航空祭
  • 埼玉県所沢市の比良の丘で、航空自衛隊入間基地航空祭の飛行機を見てきた。といっても、実は去年の画像。当時はまだ前のカメラを使っていたので、少し写真が悪い。今年はもっと天気が良かったのだが、他の用事と体調で、今回は見ることができなかった。比良の丘は狭山丘陵の一角にあり、所沢市内では最も高い丘で、入間基地のある北側方面に開けている。標高157.9メートル。飛んでいるのは輸送機のC-1丘の一部には、名物の狭山茶 [続きを読む]
  • 埼玉県小川町立小川小学校下里分校(廃校)続 訪問記
  • 白と黒のとても人懐っこい猫がいた。なでる娘。校庭は地元の子の遊び場にもなっていた。教室の落書きというか、ファンが書いた絵。ニコニコ動画で『のんのんびより』を見たら、こういう雰囲気が出ているとても良い作品だった。子供たち。本当にそういう空間だと思う。猫がリュックの中に頭を突っ込んで食べ物を探したりしたので、自転車で小川町の道の駅近くにあるドラッグストアまで行き、猫用ペットフードをわざわざ買ってきて [続きを読む]
  • 埼玉県小川町立小川小学校下里分校(廃校)訪問記
  • 埼玉県比企郡小川町にある小川小学校下里分校に行ってきた。平成15年に休校し、平成23年に廃校。現在はNPO法人霜里学校が管理運営を行っていて、農業ワークショップや、子供の宿泊体験などを行っている。内部は立ち入り禁止になっている場所もあるが、校庭や一部内部は入ることも可能だ。今年訪れた中で一番思い出に残る雰囲気のいい場所だった。田舎日常アニメ『のんのんびより』、『のんのんびより りぴーと』に登場する「 [続きを読む]