美禰子 さん プロフィール

  •  
美禰子さん: 深見東州の「神霊界」
ハンドル名美禰子 さん
ブログタイトル深見東州の「神霊界」
ブログURLhttp://divineworldmate.blog99.fc2.com/
サイト紹介文ワールドメイトと深見東州先生について紹介しています。深見東州先生の著作からご紹介いたします。
自由文お蔭って何?守護霊って何?運がいい人って?恋愛すると霊界はどうなるの?運を良くするにはどうしたらいいの?生まれ変わりは本当にあるの?運命の相手って本当にいるの?こんな感じです。私のお友達のブログはこちら→http://luckynoriko.blog78.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2009/09/24 11:38

美禰子 さんのブログ記事

  • 気が凝結せず、神が宿らない理由1455
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(56)その四 セックスのやり過ぎはへばる元 性交過剰、これが気水を枯らす第四の原因だという。もっとも、中にはこれが第一の人もいるかも [続きを読む]
  • 黙っていること、それが気水を保つ1454
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(55) これは、出番の前に気を溜めて凝結させるために、誰とも一言も話さないのだ。 話をすると気水が枯れていく。だから、エネルギーを凝 [続きを読む]
  • しゃべり続けたら、くたびれる1453
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(54)体がくたびれるよりも、気のくたびれ、雑念によるくたびれのほうが先なのだ。俗に「病は気から」と言うが、まさに真理をついている。気 [続きを読む]
  • 休みなしでは消耗する1452
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(53) まだ起こりもしないことを、ああだろうか、こうだろうか、と思い煩えば人はくたびれるものだ。一番気水が枯れるのは、この「取り越し [続きを読む]
  • 思い煩うことが疲れの最大の原因1451
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(52) 人が気力を失い、疲れてしまう第一原因は、雑念妄想を抱くことにある。何かを行う前から心配し考え疲れてしまう人がいるが、これなど [続きを読む]
  • 11時から1時の間に就寝した人は翌朝元気になる1450
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(51)「気水」とは人間の気力そのもののことである。人は気力が尽きて疲れると、横になってよく休もうとする。これは、まさに気水を補給する [続きを読む]
  • やる気が失せる理由9個1449
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(50)凡人の陥る落とし穴 九ヵ条「気水の枯れ」は、こうして起こる では、神人合一を目指す上でマイナスとなる、人が陥りやすい意欲減退の [続きを読む]
  • 不退転の精神状態を持つ1448
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(49) その下の士とは、武士や、教養ある階級の人間のことである。その者たちは賢者を見習って、ああいう賢い人間になりたいと思って勉強し [続きを読む]
  • 聖人・賢人・凡人の違い1447
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(48)聖人・賢人・凡人の違い「人知を集むるなかれ」が聖人の境地である。 偉才、聖人、道はじめの人というのは、皆「人知を集むるなはれ」 [続きを読む]
  • コツやノウハウを日常生活から学ぶ1446
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(47) たとえば、「コーヒーは、ブルーマウンテンが8でモカマタリが2の割合が一番うまい」というようなポイントが一厘である。私は神霊研 [続きを読む]
  • 良著に触れると天来の叡智が降り来る1445
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(46)「次元の違う本を読め。無駄な駄本は不要なり。天と日常から学べ」 と。 逆説的に聞こえるかも知れないが、本を読んで得た叡智とは、 [続きを読む]
  • 次元の違う本を読め1444
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(45) さらに時代をさかのぼり、日蓮上人の御遺文だったら、やはり『開目鈔』だろう。 日蓮上人の代表的著作には『開目鈔』と『本尊鈔』が [続きを読む]
  • 大塩中斎の『洗心洞剳記』1443
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(44) お釈迦様の言葉も、ほとばしり出た言葉である。そして、そのほとばしり出た言葉を勉強して、ほとばしり出る前のお釈迦様の境地を推し [続きを読む]
  • ほとばしり出た言葉1442
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(43) たとえば、トマス・アクィナス。この人は中世ヨーロッパにおいて、『神学大全』を著し、キリスト教精神の体系を基礎づけた偉人中の偉 [続きを読む]
  • 習作の労を惜しむなかれ1441
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(42) 私が開発した一つ一つの祈祷会(現在、三百種類以上ある)も、神法悟得会(神人合一の法伝授の会)の神法でも、何の苦労もなくすらす [続きを読む]
  • 圧倒的な量の習作が大作につながる1440
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(41) プロポーズでも、何回か習作の労で失敗して初めて、一番素晴らしく感動的なプロポーズの方法を会得し、いつか「これは」という人と結 [続きを読む]
  • 習作の労を惜しむなかれ1439
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(40) 私が書く書の作品の一つにしてみても、何百枚も書きつぶした中の、いい作品を一つだけ書の先生に選んでいただいたものだ。幾つもの中 [続きを読む]
  • 習作を繰り返して大作ができあがる1438
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(39) もちろん何も努力していない者には、神仏も私に口を閉ざして何も教えては下さらないので、私自身にいい発想が出てこない、ということ [続きを読む]
  • 高級霊はむやみに名乗ることはしない1437
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(38) 高級霊は人間の魂の育成と自由なる意志を尊重しているので、その人間がぎりぎりまで努力した後でないと絶対にお出ましにならない。い [続きを読む]
  • 霊媒と神人合一とは似て非なるもの1436
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(39) 一個人として、今世、自分の魂や芸術性の向上や、世の中への貢献がどれだけ出来たかということが、人間がこの世に生まれてきた第一の [続きを読む]
  • 貴重な人生を他人の霊に貸してしまった1435
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(38)高級霊能者と低級霊能者−ショパンの霊?それがどうした! 分野によっては、私にも初めから神がかられることもある。しかし書の場合は [続きを読む]
  • 高級な人格に高級霊が合一する1434
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(37)第2章 吾輩は霊能者である−正しい霊能力の獲得法−神人と凡人はここが違う!高級な人格に高級霊が合一する 私の行うご神業のひとつ [続きを読む]
  • たたり霊は追いかけて行けない1433
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(36) 怨まれた本人が霊界に行っている期間は、たたり霊は前述したように、追いかけて行けないのだから、たまたまその家に生まれた子孫にた [続きを読む]
  • 前世から怨み続けている霊など存在しない1432
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(35) また、怨んでいる者と怨まれている者の両方が死んで、両者とも土地因縁の地縛霊や浮遊霊になった場合にも、「こんちくしょう」とばか [続きを読む]
  • 前世のたたり霊が今世たたるというのは嘘1431
  • ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「宇宙からの強運」を紹介しています。運の強弱について、自力と他力、運・不運の分かれ目、などが解説されています。深見東州の「吾輩は霊である」(34)前世のたたり霊が、今世たたっているというのは嘘だ しばらく悪霊を追い払う話から脱線して、「神仏への願い事のしかた」について述べ [続きを読む]