凡人オヤマダ さん プロフィール

  •  
凡人オヤマダさん: にゃんまるらぼ〜その日暮らしの手帖〜
ハンドル名凡人オヤマダ さん
ブログタイトルにゃんまるらぼ〜その日暮らしの手帖〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/aindanet
サイト紹介文にゃんまるらぼ 鉄道模型記事専用ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2009/09/27 21:38

凡人オヤマダ さんのブログ記事

  • KATO旧製品+鉄コレ改造のクハ86300のHゴム色差し
  • KATOの旧製品クハ86300に鉄コレクハ76300の顔を移植する改造と塗装塗り直しですが、その仕上げというべき前面窓のHゴムにグレーを色差しする作業を行います。その前に黄柑色がやや赤みが強く感じられたので黄色味を足して吹き重ねしております。なんか酒に酔った赤ら顔のオッサンやトランプ大統領みたいに見えてしまい気になっていました。吹き重ねした後でもまだ赤みが強く感じますが、しばらく時間が経つにつれ落ち着いてくるか [続きを読む]
  • クハ86300を湘南色に塗ってみたが
  • KATOの旧クハ86300の前面を鉄コレクハ76300の前面に交換して塗り直す作業を進めていますが、とりあえず湘南色に塗ってみました。まずは黄柑色を塗り終わった後です。薄く希釈した黄柑色を何度もエアブラシで吹き付けながら塗装をしました。細かい修正も加えていきます。その後緑2号を吹き付けしました。いつものことですが前面の金太郎塗りは厄介です。おでこの塗り分けは特にです。塗り終わった後の感覚ですが、色味とか一部マス [続きを読む]
  • 国鉄クハ86300 切り継ぎと下処理
  • KATOの旧クハ86300の前面を鉄コレのクハ76300のものに交換する改造を行っていますが、その切り継ぎ加工と下地処理まで進めました。KATOの旧クハ86300の前面を切り落として鉄コレクハ76300の前面を最初はラッカー溶剤で仮止めし、位置決めをしたら瞬間接着剤で完全接着します。瞬間接着剤は目止めも兼ねます。そのあとヤスリがけをしますが、仕上がり具合を日光や蛍光灯の光の下で確認します。それから白い塗料をかなり薄目に希釈し [続きを読む]
  • 国鉄クハ86300の作り直し準備
  • スカ色旧形国電軍団の再塗装が一段落しましたので、クハ86300の作り直しをはじめます。昨年KATOの旧クハ86300の前面を改修したものですが、ボディ側にHゴム表現をした前面2枚窓がやや小さくて違和感を感じるようになってきました。そのため鉄コレのクハ76300の前面をKATOのクハ86300へ移植する加工を行うことにします。鉄コレ阪和線快速セットのクハ76300前面です。関西式のヘッドマーク受けを削って手すりを4つ付け直します。そ [続きを読む]
  • じらされているうちに買う気を無くしてしまう
  • 何度も見苦しい話をして申し訳ありません。鉄道模型やその関連ホビーグッズの販売方法のあり方についてどうしても申し述べておきたいことであります。ここ最近自分はTOMIXやトミーテックの鉄コレ・バスコレシリーズなどの商品企画について厳しく批判することが増えてきました。その理由は未だに購入希望者に「買えないかも」という焦りを与えて購入を煽ったり、セットによる抱き合わせ販売によって本来ほしくないものまで買わざる [続きを読む]
  • 煽り商法で需要を水増しする売り方はいつまで通用するのか。
  • 昨年よりTOMIXやトミーテックの商品企画について苦言を呈することが多くなってしまいました。先日トミーテックのバスコレをはじめとするジオコレシリーズが”ネタ商法”的になっていることや、JR各社のDE10を7種予約注文を受け付け、その数や同梱の製品化希望アンケートによって1種類のみ、DE10が牽引していた客車・電車・貨車を製品化するという「トミックスde選挙」という企画についてここで批判しております。そうした批判をす [続きを読む]
  • 飯田線旧形国電半流4輛 塗装終了
  • やっと工作記事が書ける〜。マスキングで時間がかかってしまいまいましたが、飯田線の旧形国電半流4輛の塗り替えを今日終えました。まだはめ込み窓の色差しが終わっていないのですが、TOMIXの商品企画担当者を悪者にしてブログを盛る(→ワタシもホント非人格者だね)ような流れをあまり続けたくもないので、簡単に塗り替えたボディの画像を撮影し記事を書くことにしました。塗装が終わったといっても明日明るい時間帯に色調の再 [続きを読む]
  • 「トミックスde選挙」についての愉快な予想展開
  • 前回TOMIXがJR各社が所有している・していたDE1110を7種製品化し、その予約状況と製品に同梱する投票用紙でDE11の併結相手である客車・貨車・電車の製品化希望のアンケートを行い、1番人気のものを来年夏に製品化するという「トミックスde選挙」という企画について批判しました。今回はその続きでありますが、この企画によって起きうる展開を予想してみました。どの車輛がトップになるかの予想ではありません。選挙参加者の購買行 [続きを読む]
  • あーかーべー商法で模型を売りつけるTOMIXの浅はかさ
  • もう既に始まっていますが、今週末は模型ファンにとってお待ちかねの静岡ホビーショーです。このイベントにおいて各メーカーが一気に多くの新製品を発表しますので、模型ファンは大きな期待を膨らませます。やはり今年も例外ではなく、KATOから碓氷峠シリーズでEF63/3次型・EF62/後期型・14系急行「能登」・完全新規金型の189系あさまと115系長野色の発売が予告されております。自分はED62やホキ5700・DD51842お召しが気になります [続きを読む]
  • 鉄コレ 飯田線 クモハ51929+クハ68042の製作
  • 作業が少し足踏みしていましたが、鉄コレベースの飯田線旧形国電シリーズの改造を続けています。いま半流4輛を手掛けていますが、仙石線セットの扉間5枚窓をベースとしたものをクモハ54111とクハ68414に改造し、扉間5枚窓でリベットつきの福塩線セットの方は最終的にクモハ51029とクハ68042に改造することにしました。クモハ51029とクハ68042は両車とも飯田線に最期まで残った車輛の中ではやや異端的な存在です。クモハ51は出力が [続きを読む]
  • 飯田線旧形国電半流 助士席側前面窓の問題
  • 鉄コレベースの飯田線旧形国電シリーズで半流4輛の改造をはじめたことを前回書きました。仙石線セットのクハ68086を助士席側前面窓が二分割になっているクハ68414に仕立て直しますが、テールライト上にあった足掛けを下に移設しました。さてここからが本題です。飯田線の旧形国電はほとんどが隙間風対策からか助士席側前面窓を二段式から一枚窓に改造しております。ところが鉄コレの旧形国電シリーズの半流で助士席側前面窓を一枚 [続きを読む]
  • 半流旧形国電4車改造開始
  • 鉄コレの旧形国電シリーズを飯田線で活躍していたものに改造する作業ですが、残す最低目標は半流車数輌と80形のやり直しのみとなりました。今回改造するのは仙石線40系セットと福塩線51系セットの4輛です。これらを飯田線に配属されていた車輛に改造しスカ色に塗り替えます。今回は仙石線セットの方だけIPAに漬けて塗装剥離します。福塩線の方は塗り重ね方式です。ピンボケ写真ですが改造前の状態です。加工途中の画像です。まず [続きを読む]
  • 鉄コレ 流電クモハ52 2編成再塗装終了
  • 飯田線旧形国電シリーズですが、トップスターというべき流電ことクモハ52入り2編成の塗り重ね作業が終わりました。狭窓の1次車入り編成(クモハ52001+サハ48021+サハ48024+クモハ52002)と広窓の2次車入り編成(クモハ52003+サハ75102+サハ75103+クモハ52005)の2本で8輛分となります。曲面の前面の塗り分けはもちろんのことボディと屋根が一体成型であるため今回最も手がかかった2編成です。1次車の方は最初飯田線快速色セ [続きを読む]
  • 飯田線旧形国電・半流と切妻の車体塗装が終わる
  • 鉄コレベースの飯田線旧形国電塗り重ね・塗り直しですが、ようやく半流クモハ54006・クハユニ56003と切妻クモハ43009・クハ47だけ終わりました。先に塗り終わった70形と極力色調を合わせ、一部車輛の併結に備えます。まずは半流クモハ54006・クハユニ56003からです。塗り分け線の凸凹をヤスリで削っておき、上から特製のクリーム1号と青15号を吹き重ねしただけですが、質感が上がりガラリと雰囲気が変わりました。鉄コレとは思えな [続きを読む]
  • KATOチップ貨車トラ90000などの購入と流電塗り替え状況
  • 昨日は名駅や大須へ出向いて買い物をしてきました。何か月かぶりです。今仕掛り中の飯田線旧形国電用のインレタやパーツ、やわ肌フィギュア用のシリコーンオイルの他に予約してあったKATOのチップ貨車トラ90000を引き取ってきました。KATOのトラ90000は昨年秋発売されたD51標準型長野式集煙装置つきと同時に製品化される予定だったはずですが、開発が難航したのか半年遅れでやっと発売されました。このチップ貨車は自分が子供の頃 [続きを読む]
  • 鉄コレ 飯田線旧形国電 塗り重ね中 その2
  • 鉄コレの飯田線旧形国電のクリーム1号吹き重ね作業ですが、順調よく進行しています。まずは切妻のクモハ43009です。国鉄42系セットのうち施工しているのはこの車輛のみで相棒のクハ47070はそのままです。やはり窓穴の断面にまでクリームの塗装が吹きわたっていると窓パーツ側との隙間も小さく見えます。本当に塗装で印象を悪くして損している製品です。前面です。吹き付け塗装後も窓パーツ側だけではなく前面窓穴断面にもクリーム [続きを読む]
  • 鉄コレ 飯田線旧形国電スカ色塗り替え進行中
  • 目下鉄コレ旧形国電のスカ色塗り替えを延々と続けています。飯田線快速色セットの方でクモハ52のうち1輛がドライヤーの熱で変形収縮し、廃車になってしまうトラブルを起こしたのですが、新たに流電クモハ52第1次車セットを買い直して塗り替え作業をやり直しています。とりあえずクリーム1号の塗り重ねだけ終えました。最初からスカ色塗装のセットだとはいえ、窓穴にクリームの塗料がまわっていないために、隙間が大きく空いたよ [続きを読む]
  • 商品種類を増やし続けることは購入判断を狂わせる
  • 今日も鉄道模型やバスコレ・トラックコレクション等のホビーグッズ販売の話です。今回は毎月のごとく数多くの種類の製品が市場に送り出される鉄道模型業界のことについて触れます。ある調べ事をしているときに次のような記事を見つけました。士業 集客ラボ 「ラーメン屋で『情報の非対称性』について考えた」表題どおり情報の非対称性について考察した記事であり、私の調べ事というのもそれでした。ですが今回自分がここで書くこ [続きを読む]
  • まだまだ終わらぬ鉄コレ流電クモハ52の再塗装
  • ずっとバスコレについての話を書いてきましたが、鉄コレの旧形国電再塗装作業報告を再開します。流電クモハ52第2次車ですが、何度かクリーム1号を調整し直しながら吹き重ねをしました。このセットにはサハ75が2輛挟まれておりますが、やはり前回塗りなおした70形とも共通運用(?)が組めるようにしたくなります。ウチの場合は4輛編成運行を主にしたいのですが、サハ75を含めた6Bもできますよということにするために70形側と色 [続きを読む]
  • 1980年代のバスは面白かった
  • バスコレについての話4回目です。今日は2回目の投稿となりますが、トミーテックの要望がてら想い出話をします。トミーテックのバスコレは「最近買いたいと思うのがない」「エルガやエアロスターばかりだ」「枝葉のことばかりこだわって幹の部分が疎かになっている」などという声を聞きます。今のバスコレの幹というべき主力商品はやはり路線型のいすゞエルガ・日野ブルーリボンⅡとふそうのエアロスター、観光型の日野セレガ・いす [続きを読む]
  • ニューモデルラッシュの機にのってほしいバスコレ・トラコレ
  • トミーテックのバスコレ・トラコレに関する話の3回目です。今回バスコレやトラコレのことを書く理由は今年春に各メーカーからトラックやバスのニューモデルが投入されることにあります。ニューモデルとはいえどエクステリアはフェイスリフトを行うに留めたものが多く、フルモデルチェンジではない(←メーカー側はそういうが)のですが、それでも日野レンジャー・プロフィアやUDのクオンは大きく印象を変えました。当然トミーテッ [続きを読む]
  • ネタ商法に傾いている最近のバスコレシリーズ
  • トミーテックのバスコレ・トラコレ・カーコレシリーズについての話2回目です。ここ最近このシリーズの商品企画の方向性に購入を続けている幾人かのファンが不安を感じるようになってきました。毎月洪水のように新製品を出してきて、どんどんアイテム数が増えているのに、買いたいと強く思うようなものがほとんどないという声がいくつも出ています。自分が最近のバスコレ新製品を見ても「いったいこれ買いたいと思うファンがどれだ [続きを読む]
  • ユーザーの意と離れた商品を膨張させ続けるバスコレシリーズ
  • 前回今年の春は平成28年排ガス規制強化対応に合わせて、多くのトラックやバスが一斉にモデルチェンジされる話を書きました。半ばトミーテックのバスコレやトラコレでこれらのニューモデルが製品化されることの期待をこめて書いたものです。Nサイズの世界でトラックやバスの模型を製品化しているのは実質トミーテック一社のみです。トラックやバスマニアだけではなく、情景模型を製作している人たちにとってもバスコレ・トラコレ・ [続きを読む]