kurogane-hide さん プロフィール

  •  
kurogane-hideさん: 鉄で創る空間づくり  鐵屋+Cafe
ハンドル名kurogane-hide さん
ブログタイトル鉄で創る空間づくり 鐵屋+Cafe
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kuroganeyacafe
サイト紹介文鉄と木の家具や廃材・古材で暮らしに溶け込んでゆくアート作品を創作。鐵屋+Cafe、ギャラリーを運営。
自由文鉄アート作家の気まぐれな日々ブログ・・・。街でみかけた鉄アート作品や空間をご紹介したり、創作過程を綴っております。カフェ情報も随時アップ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/09/29 09:01

kurogane-hide さんのブログ記事

  • 慰霊の日
  • 今日は、慰霊の日。この世の平和を祈り、命どぅ宝という言葉の重みを今、この胸に刻みます。今一度、沖縄戦を知っていただきたく、分かりやすい記事がありましたので、貼り付けさせていただきます。以下、関連記事抜粋。一般住民を巻き込み、20万あまりの尊い命と財産や、沖縄の文化財、自然がことごとく奪われた沖縄戦は、太平洋戦争で、唯一、日本国内の一般住民が地上戦を体験したという、まさに地獄そのものでした。沖縄戦にお [続きを読む]
  • 大きな樹の下で 阿倉川市場。
  • 阿倉川市場。暮らしの営みを感じる風景と偶然に出逢った。沖縄の市場を思い出す。大きな樹の下には、人が集まるんだね。市場には、お肉屋さん、八百屋さん、お惣菜屋さん、服屋さんから靴屋さん、乾物屋さんに喫茶店、みたらし団子や饅頭、パンまで。懐かしくも、とても、正直で、人間臭くて、その営み感に、ポンと背中を押されるものを感じた。何て言うのか?沖縄の市場もだけど、気持ちがスッと楽になる感じ。カメラもって、次訪 [続きを読む]
  • 不完全燃焼
  • ある出品審査用提出物の〆切。ポートフォリオの一つ一つの画像容量が大きく、添付データ容量制限でエラー。画像サイズを一つ一つ縮小し、入替えていく。4時間の作業。ファイル圧縮しても、容量制限エラーって、どれだけの画像を使ってるのか?今後の課題となる。また、容量制限エラー。一つに纏めたファイルを諦め、分割送信することに。やっと送信完了出来たと、ひと安心し、控え用にと印刷したものを労いのビールを呑みながら、 [続きを読む]
  • 凪がれゆく雲にのって。
  • [作品/凪がれゆく雲にのって]size/H1700 W1500 L600 使用しなくなった梱包材を使って立体造形を作ってみた。全国各地を旅していた梱包材は、いつも?どんな空を見ていたんだろう?凪がれゆく雲にのってみたら?どんな町が見えたんだろう?そんなことを考えてる時間そのもののが、とっても、綿雲のように優しかった。青空の下で、写真撮影したいな。鉄作品に比べて、とにかく、軽い!(笑)身軽に撮影へ出掛けられそうだね。 [続きを読む]
  • Seed to cup(シード トゥ カップ) 後編
  • 手焙煎。(後編)カカオ同様に、珈琲豆からも、世界情勢や資本主義経済の縮図を考えさせられました。seed to cup(シード トゥ カップ)心?いや、志に、響く言葉でした。カカオワークショップの後で、特別に珈琲豆の手焙煎のワークショップ♪カカオの焙煎で、腕がパンパンだったけど、薫り立つジャージーなダンディズムな音に夢中になってしまいました。鉄仕事のハンマーワークも、カフェ仕事のフライパンワークも、どこか、通ずるも [続きを読む]
  • bean to bar (ビーン トゥ バー)
  • カカオワークショップ♪(前編)いつもお世話になっております焙煎工房999さんのカカオワークショップに参加させていただきました。二人展の際に、そのお話をお聞きして、木野さんの熱いお言葉『bean to bar (ビーン トゥ バー)』『これがチョコレート!』に惚れ込んで、ぜひ♪と、夫婦で参加申込みしました。bean to bar (ビーン トゥ バー)。僕たちが今まで知っていたチョコレートって一体?なんだったんだ。木野さんのお言葉通り [続きを読む]
  • 伊勢大橋を伝えるプロジェクト
  • 先日、伊勢大橋についての第一回となる意見交換会のような話し合いがありました。架け替え工事に伴い、その姿、鋼橋が消し去ろうとしている今、様々な視点から、考えてみることで、何を遺せるのか?どう、人々の記憶に遺していけるのだろうか?そんなことを模索しながら、先ずは、それぞれの伊勢大橋に対する想いを語り合いました。第一回は、『伊勢大橋を知っていただこう』というイベントを開催しましょうということで、前へ進む [続きを読む]
  • そこで何が始まるんだろう。
  • ここから何が始まるんだろう。僕は、正直なところ、映画も音楽もアートも食も、語られるほどの知識はない。何気ないことだけど、そこには、いつも『鉄』があって、そんな『鉄』が好きなんだろうなと近頃、純粋に想えてきた。僕が少年時代に観た風景や匂いが、ここで表現出来たらと思ってます。そんなことがはじまります。あっ、この場所の目の前は、いつも、電車が走ってます。こんなとこも、『鉄』なんです(笑)鐵屋+Cafe。#始まる [続きを読む]
  • プロジェクト
  • 作品/鉄の雨の詩2017〜鉄打つ僕と鉄の雨に打たれた君〜三重県文化会館へ、観に行ってきましたよ。皆さんから、沢山のメッセージ、お手紙、お電話をいただいてます。こんなに、この作品の持つテーマが皆さんの心へ届いたんだ、響いてくれたんだと、とても嬉しいです。[鉄の雨の詩]二人展インスタレーション作品に繋げたこの作品[鉄の雨の詩〜鉄打つ僕と鉄の雨に打たれた君〜]シンボル的な作品となってくれそうで、作品創作は、 [続きを読む]
  • 5月24日
  • 今日は父と酒を交わす日。そんな日に息子が工場にやって来た。その儀式的なことは、一切、知らせず、触れず、語らず。妻も母も、姉も知らないこと。変わらないまま変わって行く。無責任のようで、無責任でなく、とても真の強さを感じる言葉です。そんなことを肴に、宮沢和史氏の言葉を思い出す。戦争を知らない、体験していない者が増えて行くなんて、現実から逃げてるだけ、今も尚、基地はあるし、地を掘れば人骨、不発弾が出てく [続きを読む]
  • 県立美術館とみえ県展。
  • みえ県展へ、行ってきました。文化会館へ行く前に、県立美術館へ。野外彫刻がカッコ良かったです。やっぱり、新緑と錆鉄に似合うね。野外彫刻いいなぁ。ちょうど、県民ギャラリーで、三重の作家の6人展が開催中で、良いものを魅せていただきました。皆さん、こうやって、発表し続けてるんだなぁと、僕も発表することの意義を改めて、感じました。やはり、製作と発表ありきです。そして、県展の会場へ。入賞、入選作品を拝見して、 [続きを読む]
  • チルチンびと広場♪
  • チルチンびとさんのチルチンびと広場に掲載いただきました。ありがとうございます。全国発信なので、とても嬉しいです。イベント情報など、定期的に投稿して参ります♪http://www.chilchinbito-hiroba.jp/CategoryDetail.php?p=1&pref=24&cl=1&cic=24_01_0012 [続きを読む]
  • ローカルの濃さ。改装へ。
  • 島だからこそ、田舎町だからこそのプロジェクト。空間改装へ。南西諸島や瀬戸内海の島とは違うけど、島は島の独特な文化、風習があることを感じてる。正直、最初は、窮屈だった。今でも、慣れないところはある。閉鎖的、干渉的、内向的と、一見、マイナスイメージだけど、閉ざしてるからこそ、外界との壁は厚く、ボーダーラインがハッキリしていて、内界は濃いものになってる気がする。その濃さは、温かくも、冷ややかさも秘めてい [続きを読む]
  • 鉄の雨の詩2017 繋ぐ
  • 受賞作品[鉄の雨の詩〜鉄打つ僕と鉄の雨に打たれた君〜]は、2017年2月の二人展で発表したインスタレーション作品、[鉄の雨の詩]に続く、繋げる作品として、制作しました。[鉄の雨]に見立てた小さな錆鉄花器はそのまま使用し、雨を降らせた物体をカタチにしたいと思い、ストーリーを作っていきました。二人展で綴ったメッセージにこの題名の意味があります。実物は、写真では伝わらない、審査評でも触れられていた『重厚な、 [続きを読む]
  • 作品創作を続けること
  • 平成29年度 第68回みえ県展三重県美術展 審査結果のニュースリリースがありました。出品数、入賞者、審査評など展内容詳細が公開されています。ご機会ありましたら、ぜひ。*会期/5月20日(土)〜6月4日(日)三重県文化会館*名張移動/6月10日(土)〜14日(水)名張市武道交流館いきいき[審査評抜粋]最優秀賞に選ばれた今岡秀則[鉄の雨の詩 〜鉄打つ僕と鉄の雨に打たれた君〜]は、即座に賞が決定したスケール感の大きな作品である。題 [続きを読む]
  • 再会を待つ。
  • 次作品製作への手がなかなかと動かない。自分が創っておいて、こんなお話は少し滑稽だけど、作品[鉄の雨の詩]の完成を見れたのは?ほんの数時間だった。とても光栄な評価をいただいたものの、作品そのものをずっと眺めたことがないのだ。重量運搬の条件もあり、分離スタイルで製作したので、完全なる完成形は、運搬積載前と審査前に見ただけ。なので、なんか?日に日にモヤモヤと燻ってくる。どんな作品だったのか?どんな感触だ [続きを読む]
  • 5月の島ごはんランチ。
  • 5月の島ごはんランチ。○5月4日(木)、5日(金)○5月18日(木)、19日(金)○5月25日(木)、26日(金)で予定しております。尚、4日(木)、5日(金)は、ご予約受付終了しました。ご予約は、水〜土 9:00-17:00の間、お電話にて承っております。○写真のメニューは、4月の島ごはんランチです。5月は、少し、メニュー内容変更があるかもしれません。鐵屋+Cafe [続きを読む]
  • 若手の個展。
  • 若手の個展。頼もしい。○石坂浩輔 絵画展[どぶちょうちん 底しらず]2017年6月3日-7月2日会場/ブラジルコーヒー名古屋市中区金山4-6-22 コスモビル1F ○MITOS solo exhibition[波浪 −Hello−]2017年6月1日-11日13:00-19:00(最終日17:00)レセプションパーティ*6/3月 火 水 休廊会場/THE BLUE-BOX GALLERY岡崎市朝日町4-98制作しつづけること、発表しつづけること、そして、個展。どんな名の知れた者だろうと、名も無き表現者 [続きを読む]
  • みえ県展へ あなたが選ぶ作品賞投票
  • 第68回みえ県展の優待割引、招待チケットを置いてますので、必要なお方は、スタッフ迄、お声掛けくださいませ。※数に限りあります。 ○本展 5月20日〜6月4日○名張移動展 6月10日〜14日彫刻部門 最優秀賞受賞作品[鉄の雨の詩 〜鉄打つ僕と鉄の雨に打たれた君〜]が展示されてます。日本画、洋画、書、工芸、彫刻、写真各入賞、入選作品の力作にこの機会にぜひとも、触れてみてください。[あなたが選ぶ作品賞]は、入選作品の中 [続きを読む]
  • 鐵屋+Cafe 島ごはんGW
  • 鐵屋+Cafeの『島ごはんランチ♪』 4月/島ごはんのリクエストにお応えしまして、急遽、島らっきょうの入荷可能になり、5月4日(木)、5日(金)で決定しました。メニュー内容は、4月/島ごはんと同じを予定しております。※若干の変更があるかもしれません。ご予約優先となりますが、宜しくお願いします。 ご予約/水-土 9:00-17:000594-42-5860 ※数量限定[メニュー]○長島産レタスと沖縄産ハンダマのサラダ○小豆島の長命草ドレッシン [続きを読む]
  • ありがとうございます。みえ県展 最優秀賞受賞
  • 作品 鉄の雨の詩 〜鉄打つ僕と鉄の雨に打たれた君〜 第68回みえ県展(三重県美術展)彫刻部門 最優秀賞(知事賞)を受賞しました。ありがとうございます。尊敬する彫刻家の一人、 小清水漸氏が審査員ということもあり、評価いただけたこと、この上ない喜びです。この緊張感高まる社会情勢へのメッセージを込めた二人展発表のインスタレショーン作品より繋ぐ鉄彫刻作品であり、空間を浮遊する[存在]そこに生まれるものとは?それを祈 [続きを読む]
  • 島ごはんランチ♪はじまります。
  • 4月27日、28日♪新メニュー[島ごはんランチ]。○1550円(税込)+ドリンク 250円+デザート 250円+セット 400円○数量限定、ご予約様優先となります。○ご予約は、水〜土/9:00〜17:00の間。お電話にて承っております。○定番!パンものランチセット♪(1350円 ドリンクとデザート付)と島ごはんランチをお選びくださいませ。品数は変わりませんが、メニュー内容が一部変更となることもあります。鐵屋+Cafe [続きを読む]
  • 新作
  • 新作。個展。の製作中は、無職となる。(笑)二人展で発表したインスタレショーン作品[鉄の雨の詩]に繋げる鉄の雨の詩を降らした空飛ぶ鉄の飛行船。〜鉄打つ僕と鉄の雨に打たれた君〜size/H1800 W1900 L700Hidenori Imaoka 2017鉄造形家 今岡秀則 [続きを読む]