pinot さん プロフィール

  •  
pinotさん: 食卓の風
ハンドル名pinot さん
ブログタイトル食卓の風
ブログURLhttp://studiopino.exblog.jp/i0
サイト紹介文家族の為のお料理から、お客様の為のテーブルセッテイング、季節の移り変わりと室礼を綴ってます。
自由文フード&テーブルコーデイネーターとして仕事を長い間やってきて、それらと少し距離を作ってのんびりとやってみたいと思ったのがBlogの始まりです。

現在、料理教室とテーブルコーデイネート教室に通ってきてくださる方々と楽しい日々を過ごしております。

2009年7月には料理本「おいしいから、何度でも」 がソフトバンククリエイテイブ社より発売されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/09/30 18:13

pinot さんのブログ記事

  • ケーク  サレ
  • この時期になると、どういうわけかケーク サレを焼きたくなります。ケーク サレとは塩味のケーキのこと。サラダやスープなどを組み合わせると、簡単な朝食や昼食になります。ほうれん草のケークサレほうれん草のペーストを入れたのですが、少々多すぎた感じです。レーズンとひよこ豆を入れてみました。モヒートお庭のわさわさと育っているミントを使って、大好きなモヒート。ライムを使いたいところですがレモンで  1/4切れ [続きを読む]
  • お教室では  卯月  春の色2017.4。
  • 4月のお教室が終わり、バタバタとしているうちに5月になってしまい、連休もスタートいたしました。手際の悪さが、自分でも感じるところが大です。遅れましたが4月のお教室のupです。4月は優しい春の色がテーマ桜から始まり、5月の新緑まで優しい色がいっぱいです。奈良の友人のお宅には、山桜が植えられています。モダンな外装と山桜、足元には優しい春色がいっぱいなのではとそんなイメージで。姫皮寄せ、ふきとうどのピクルス帆 [続きを読む]
  • 器 好きにとっては
  • 若い頃から器に興味があり、コーデイネートを仕事とし、器に盛るお料理まで幅を広げてきたわけですが、先週、古伊万里を主にした展示が原宿のギャラリーStyle Hugさんでありました。Towoantiquart古伊万里色絵茶碗五彩で羅漢らしき人物が描かれている茶碗です。手に取った時は、夫のと二客を決めましたが、娘夫婦のために更に2客、お教室でも使っってみたいと、結果8客購入致しました。用途は広そうです。今日はお茶のために。お [続きを読む]
  • 定番の調味料で春野菜
  • 桜が終わり、春の山菜から新緑の時期のお野菜とちょうど切り替わる季節です。そして自家製の調味料を常備し和洋に活用します。ウドをたくさんいただきました。酢水につけ水気を切ったウドはしゃりしゃりして、うーん  春の味です。玉味噌(白)で辛子酢味噌を作りウドに添えてます。常備している手つくり調味料のうち今日は玉味噌(白)と(赤)の二種。春だからこそ作る蕗味噌   。玉味噌に、酢と辛子を加えてつくる辛子酢味 [続きを読む]
  • 一汁一菜  30  牛肉とごぼうのご飯 
  • お久しぶりの一汁一菜です。なんと昨年の夏以来です。決して正式な一汁一菜ではありませんが、現代の食卓ではこれもありかなと続けてまいりました。今回は、前日のお夕食に炊いた牛肉、ごぼう、玉ねぎの炊き込みご飯を利用し昼食にとトマトとスパイスを加えて炒めたご飯です。一汁一菜  牛肉とごぼうのご飯夏みかんとコロコロ大根の甘酢和え刻みな花の吸い物前日のご飯にミニトマトとパプリカ、カイエンペッパーを加えたピラフで [続きを読む]
  • 甘夏ピールとシロップ漬け
  • 毎年、ご近所友達からお庭で収穫した甘夏みかんをいただきます。今年も、数日前に届きフレッシュな状態でまずは楽しみます。そして3日かけてまず作るのが甘夏ピールです。取り出した実はシロップ漬けにします。漬けて3日目のシロップ漬けと白玉団子(ココナツミミルク入り)シロップ漬けレシピ甘夏みかん    4個はちみつ        50g砂糖             50gシナモンステイック  1/2本カルダモン [続きを読む]
  • お掃除を楽しく
  • 昨年暮れから1ヶ月ほど娘の住む南カリフォルニアで生活していたですが、今までの2週間ほどの旅行と異なり、時間がありましたのでアメリカのごく普通の生活を覗くことができました。綺麗好きで、生活を楽しむための努力を怠りません。もちろん全てがそうとは言い切れないでしょうが。お掃除をテーマにしたサイトもたくさんあります。その中で、娘も実行してましたのが、こちらです。アメリカの水は日本と異なり硬水のため、シンク [続きを読む]
  • 豚肉とドライフルーツのワイン煮
  • 昨日、友人から大きな段ボールが届きました。中には、ル・クルーゼの白い鍋と、重ーい鉄製のフライパンです。断捨離を頑張っている友人から、断捨離が少しも捗らない我が家にやってきました。調べてみるとこのル・クルーゼは、七十年代に製作され今では作ってないもの。友人曰く、70年代の終わりにパリ土産でいただいたのですが、数回使っただけで仕舞いこんでしまったもの。21cmでデザインがとても良いし気に入り早速今日使い [続きを読む]
  • お教室では  弥生  春笑う 2017.3
  • 暖かな日と、ひんやりとした寒さを感じる日とが交互にやってきてまさに三寒四温です。そして毎年のことですが、ご家族の卒業、入学転勤などご家族や友人の話題で賑やかになります。3月のお教室は、そんな生活の変化を祝うように春の食材をたくさん使った食卓です。お花の色は強い色を使わず花器と合わせました。ラナンキュラス、チューリップ、スプレーバラ、紫陽花雲竜柳の枝で筏を作ります。分葱とホタルイカの酢味噌和え酢味噌 [続きを読む]
  • 今朝のジュース
  • 寒い冬の間、少々サボっておりましたジュースを再開いたしました。全く作っていなかったわけではないのですが、写真を撮る気持ちにならなかったり、寒くて、なんの工夫もしないでマンネりのようになっていたりと。先週から、開始致しました。無農薬の美味しい人参が手に入りましたので、ジュースの王様と言われている人蔘とリンゴのジュースです。人蔘(皮は剥かないで)、リンゴ、レモンジュース、ヨーグルト昨日のお教室でお出し [続きを読む]
  • 牛すじ肉と大根の煮物
  • とにかく肉とお野菜をコトコト炊いた料理が大好きです。すじ肉の煮込んだ料理も大好きなのですが、すじ肉は新鮮でないと味がかなり違うのです。で、いつも良いお肉を扱ってるお店で、すじ肉が出た時だけ買い求めます。お値段もびっくりするくらい安価です。いつも1kg、赤い部分が綺麗な色を選びます。手順スジ肉をボールに入れ水でさっと洗います。この時めだった脂を取り除きます。鍋に水とスジ肉を入れ、火にかけます。10分煮る [続きを読む]
  • 美味しいパンがあれば
  • ひな祭りが過ぎると温かくなりますとの予報でしたのに、朝晩は結構気温が下がります。でも確実に春が来ているのもわかります。   秋に植えた球根が芽を出し、5cmくらいまで伸びています。先日出かけついでに寄ったパン屋さんで見つけました。   シュバルツブロート     生地には10種類の穀物が使われ        サンフラワーシードが生地と表面に。今日の昼食冷蔵庫の中をゴソゴソと、野菜のテリーヌ、菜の花の昆 [続きを読む]
  • お教室では  如月 春したく  2017.2.
  • 12月、1月、とお休みをいただき、のんびり過ごさせていただきました。カリフォルニアでのんびり過ごした後は、当然アレコレとまとまりがつかない日々でした。3月に入り、少し寒さから解放された感がありますが、お教室の頃は冷え込んだ日があったりしてました。移り変わりの激しい時期でしたが、 心は春を迎えるための 春したく です。人参のソテー    ゴルゴンゾーラといぶりがっこ   菊芋のフリット玉ねぎのキッシュな [続きを読む]
  • お教室では  如月 春したく  2017.2.
  • 12月、1月、とお休みをいただき、のんびり過ごさせていただきました。カリフォルニアでのんびり過ごした後は、当然アレコレとまとまりがつかない日々でした。3月に入り、少し寒さから解放された感がありますが、お教室の頃は冷え込んだ日があったりしてました。移り変わりの激しい時期でしたが、 心は春を迎えるための 春したく です。 [続きを読む]
  • 金柑のふわふわゼリー
  • まん丸くて小さな果物、金柑。風邪をひかないようにと、母が進めるのですがその頃の金柑は、酸っぱくて種だらけで子供の頃は手が伸びませんでした。しかし今の金柑は甘くて、種も小さくていただきやすいです。いつの間にか、見かけると買い求め小さい金柑をいただいております。皮の部分にビタミンc、カルシウムが多く含まれていて風邪予防に最適な果物なのでそうです。アンテイークのガラスの器に盛って、金柑に感謝です。毎年寒 [続きを読む]
  • 南カリフォルニア便り
  • 寒いですね。日本中がすっぽりと寒気に包まれているようですね。立春も過ぎて、18日は雨水  草木が芽生える頃になります。こんな時は温かな、南カリフォルニアでの写真です。一眼を持って海までお散歩。お散歩中のシェパードが水遊びをしておりました。大きいので迫力があります。穏やかな日でしたので、水遊びをする方もいました。マイロは残念ながら水に入るのは苦手なようです。穏やかな1日でした。      [続きを読む]
  • 新しいオーブン
  • 昨年夏にオーブンを新しくして、気になりながら温度チェックをきちんとしていませんでした。オーブンと言えば、娘の家では大きなオーブンが頻繁に使われ、お肉を焼くという単純な調理でも、ふっくらと美味しく焼けました。ほとんどが、1kg以上のお肉を焼き残ったのは翌日の朝食、昼食、調味料を加えて夜に使います。二人とも働いてますから、この方法はなかなか良いなと感心しました。2月のお教室のメニューでもあるキッシュを焼 [続きを読む]
  • 帰国してまず第一に.....
  • 昨年12月半ばから1ヶ月、南カリフォルニアの娘の家へ行ってまいりました。クリスマスとお正月をあちらで過ごしたことは、特にクリスマスについては日本でお祭りのように扱われているのとは異なり、家庭を中心にした温かなごく普通の家庭のクリスマスを体験してまいりました。Sunset娘の家から、坂道を登ると海が広がります。美しい夕焼けが見られるところであり、わんこのMilo(マイロ)の散歩道でもあります。あちらでの生活の様 [続きを読む]
  • お赤飯を炊きました
  • 東北のお土産にいただいた天向豆。ささげの種類で色が黄色、白色、褐色とあるようです。水に3時間ほど浸してから茹でますが、普通のささげと黒豆を混ぜたような色が出ます。打ち水をしながら、今回は35分蒸し器で蒸しました。炊飯器で美味しく炊ける便利な時代ですが、蒸し器から立ち上がる湯気を見ながらの作業はなぜか、大好きです。赤いささげよりは色は少し濃く出てます。昼食はお赤飯、あさりのお吸い物、 いただいた岐阜の [続きを読む]
  • お野菜たっぷり   
  • 先日、いつも買っている甘酒とガーリックだけを買うつもりだったファーマーズマーケット。ぐるりと一回りしているうちにお野菜で荷物がいっぱい。でも頑張って電車で帰宅しました。サラダにしたレタスやベビーリーフのフレッシュな美味しさに感激。このところ、お野菜の高騰とフレッシュな美味しさに出会えずにいましたから。人参の葉は  ふりかけにしましたが、人参の葉は見た目優しくて繊細なイメージですがなかなか手強いので [続きを読む]
  • お教室では 小さなクリスマス 2016。11
  • 今日は、早朝から雪です。11月の初雪は54年ぶりだそうです。ここ数年の天候の動きには、とても気になるところがあります。そしてStudio Pinotの11月のお教室も終わりました。少し早いのですが、頑張らなくても楽しめる小さなクリスマスがテーマです。前菜柿と生ハムとフランボアーズビネガー、タコのピンチョス唐辛子ビネガーと白味噌ソース、イワシのロックホールチーズソース。蕪のスープ蕪がおいしい季節になりました。シーズ [続きを読む]
  • くるみ入りバナナブレッド  レシピ
  • ナッツ類は好きで、口寂しいとぽりぽりとよくいただいてますが、私の中では、このところくるみなのです。少し前まではカシューナッツだったのですが。くるみには、体に良いとされてる オメガ3 が多く含まれていて、美肌効果  血液サラサラ アンチエイジングにも効果が期待されるようです。くるみ入りバナナブレッド      レシピは最後に記します。[#IMAGE|f0032481_22572368.jpg|201611/06/81/|mid|550|367#くるみをた [続きを読む]
  • お教室では  秋の収穫でお弁当 2016.10.
  • 10月のお教室を早くUPしなければと思いながら、やらなければならないことがどんどん積み上げられて、11月に入ってやっと写真を整理するような状況でした。手順の悪さはいつまでたっても改良せず、ますます要領の悪さが目立ってきているようです。これって、? のせいなのでしょうか。さてさて、10月のお教室の頃は汗ばむような日が続いておりました。そして先月に続いて、お弁当です。設定は、古くからの友人をお招きして、秋の収 [続きを読む]
  • りんごのパウンドケーキ
  • 近くまで用事があるので、我が家に立ち寄ってくださるという友人からの知らせがありました。四日前に焼いたりんごのパウンドケーキがちょうどいい具合になっているはず。夏に、オーヴンを新しくして涼しくなってきたのでケーキを焼いて新しいオーブンの調子を掴まなくてはと思いながら、ここへきてやっと動き出しました。アップルパウンドケーキりんごをシロップで煮詰め、刻んだものと、キャラメルソースを加えたパウンドケーキで [続きを読む]
  • 栗   苦手ではありますが
  • 苦手な食べ物はどなたでもあることと思います。食材そのものがまったくダメとおっしゃる方と、調理方法によってこれはダメとおっしゃる方がいらっしゃいますが、栗に関しては素材からダメなのです。とは言っても、秋になると仕事柄扱いますのでレシピを考えたりと。定番の渋皮煮を今年も作りました。渋皮煮は本当に時間と手間がかかるものですが、大勢の方が作ってらっしゃいますね。渋皮煮に添えたのは、渋皮煮のちょっと崩れたも [続きを読む]