草笛 さん プロフィール

  •  
草笛さん: 草笛日記
ハンドル名草笛 さん
ブログタイトル草笛日記
ブログURLhttp://kusabue514.blog117.fc2.com/
サイト紹介文どんなことでも、好奇心の赴くままに・・・猫のこと、シャンソンのこと、身の回りの草花のこと・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供289回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2009/10/02 15:47

草笛 さんのブログ記事

  • (無題)
  • 2016年の秋ごろにNHKから『ひよっこ』の企画について打診され、作中の昭和(1960年代)の雰囲気をポップに再現して欲しいということで、あのオープニング映像が完成したようです!さて、それでは次に田中さんの作品群の数々を見ていきましょう!NHK連続テレビ小説『ひよっこ』田中達也さんの [続きを読む]
  • 意見操作・・
  • 右翼的発言を隠そうともしないで、北朝鮮の脅威を煽る安倍首相。妻の日本会議寄りの信念を隠ぺいして、籠池一家だけを悪者にして肝心かなめの国有地低価格取得の疑念を忘れさせようとする。そんな危険で独裁的安倍内閣の支持率が50パーセントを超えるとか。「駄目だけど‥いやだけど・・・仕方ない」の世論は【野党がだめだから!】に集約される。今日は鎌倉市議会議員の選挙投票日。一体、誰に投票すればよいのさ。野党議員さ [続きを読む]
  • 踏切に飛びこむ 
  •    77歳の紳士。若い人を巻き込んでの覚悟?北朝鮮より、不倫騒動より、哀しく切ない。。老いてくれば、身体的に弱くなり、行き交う人々の動きに敏感になる。転びたくないからね。前はもちろんだが、背後の気配にも気を使う。このところ上京して気づいたこと。総じて、東京の人の方が優しい。高齢者へのマナーが出来上がっているようだ。電車に乗ってもシルバー席が空いているし、さもなくば、無関心を装って、席を譲ってくれる [続きを読む]
  • 歌ってきましたよ・・2
  • 新宿の向こう、目白にシャンソンを歌えるキャフェが。  長年の親しい歌仲間が誘ってくださったので遠いとはいえ、腰が重いとはいえ、断固、行きました。「籠っていても、オモシロくないから行ってくるネ」の憎まれ口に、夫も笑いながら黙認。久しぶりのロマンスカー。小田急ホームページより。気分良いです。新宿までのグリーン券と変わらないお値段なのになにかしらゴージャス。(^_-)-☆日本一乗降客が多いという新宿駅。目白は [続きを読む]
  • 後期高齢者になります。
  •    脊椎管狭窄症の最悪の症状は、神経に触れる硬化した軟骨の周囲が炎症を起こしたときに、強い痛みと共に歩け無くなる。3mを、トトトと歩くと、痛みとしびれで一歩も足が出ない。しばらく休んで、またトトトという状態。90度に近く前かがみになれば痛みが減少する。精神的ストレスから抵抗力が落ち、風邪をひいて・・・ある朝、急に痛みと共に歩けなくなる。最近、この前兆めいた症状が一か月続く。意味無く、身体のあちこち [続きを読む]
  • 歌ってきましたよ。
  • 「横になって居たほうが良い」と言われたけど鬱々した毎日をすごしても具合は芳しくない。それなら、いっそ、と・・横浜馬車道のキングズ・バーへ。夜7時からの出演。若い友人が気を使ってくれて、それが有り難く頑張って楽しく歌ってきました。場違いを感じながらも【時代】と【メモリー】を。水やりだけで放置していたアジアンタムの鉢。雑草ばかり・・・異種格闘技?(^_-)-☆基本的に、ジャズバーでした。次々と若い方たちが英 [続きを読む]
  • 児童への危害・・・
  • さて、容疑者は40代の男性。保護者会の会長・・・・自分の希望でなったそうだ。資産家の息子でマンション一棟の所有者?管理者?。健康そうな良い体格の持ち主。考えてみれば、これだけの能力体力資産があれば、普通、なにか仕事をするはず。事業者も良し、勤労者も良し、しないでは身が持たないでしょ。通学の見守りなんて、老人の仕事。働き盛りならば、エネルギーは余り、よからぬことの妄想を抱く。周囲は「変なの?」と思 [続きを読む]
  • 児童への危害について
  • もう、おばあさんになったから・・書くね。小学校低学年生の時・・近所のお兄ちゃんが変だった。折あらば、誰もいない場所へ誘い込もうとしたし自分の家に連れ込もうとしたし・・。家に泊まった従兄のお兄ちゃんが変だった。バイクに載せてくれた時、手を自分の腰に回せと強制。一緒の部屋で寝ようと提案してきた。 小学校の担任の先生が変。休み時間、可愛い女の子をいつも膝の上に載せたがった。女生徒たちは、ひそかに「エッ [続きを読む]
  • 歌うエネルギー・・。
  •   この一か月もまた、唄わないで過ごしている。友人や仲間が誘ってくれるというのに。誘われれば、「行く行く」と返事する。やっぱり、歌いたいんだよね。歌わなければ、声は如実に衰える。自分の楽譜さえ持っていけば、ピアノ伴奏をしてくれるキャフェやレストランやら・・皆見つけてくる。それなりにレッスンをしてくださる先生も教室もたくさんあるらしい。15日の横浜、キングズバー。20日の逗子文化会館。22日の大船ヴィオラ [続きを読む]
  • お汁粉騒動
  •     30人分、作りましたよ。和菓子の餡子をお湯で伸ばして、市販の粒餡を足して・・お塩をちょっと入れて・・・良いお味になりました。鎌倉の名店【納言】のお汁粉に負けません。(^_-)-☆子供のころの見よう見まねで作った白玉団子。案じることも無く、柔らかく出来上がり、形も上々。雨の中、大なべを運ぶのに車でと覚悟していたところ、会計担当の方が車でお迎えに来てくださって大助かり。不足を想う癖は、我が侭の名残り。 [続きを読む]
  • 応援
  •   腰痛が収まったと医者に報告して・・先週は、強い薬は出ていない。やっと、今朝は調子が良い。お天気も良い。それじゃあ、明日の老人会に備えてお汁粉を作ろう。二月の老人会、和菓子造りの折に残って、冷凍したままの餡子。「あの餡子では作れない・・」という声が聞こえてきたし、積極的に「一緒に作ろう!」という声も無い。なんとなく不安だし、気持ちも沈む・・でも、「この餡子で、皆さんにお汁粉を作るね」と言った私の [続きを読む]
  • 四月の予定は・・
  •     この春から手帳には、ずいぶん余白が増えた。数日間も何も無い日がある。それでも、他人様に見せれば「びっしりね」と言われる。さてさて、四月に入り、一番気に成るメインの予定は免許更新のための【高齢者のための検査・講習】への参加。鎌倉自動車学校って?どこだっけ?70歳に入ってすぐ、更新のための講習やら検査やらを受けた。四時間ぐらい自動車学校に留め置かれて・・。検査官は同じような年寄りなのになんだか偉 [続きを読む]
  • お土産・・
  • 鳩サブレーは、今に至るも定番で、人気ナンバーワンのはず。お味や形態を今風にして高級感も出して今もおいしい。差し上げるにはうってつけのお土産。重宝しています。それに加えて、最近、新しく愛されているお土産ができました。【クルミッ子】クルミと蜂蜜を主原料にした小さな焼き菓子です。紅谷という菓子舗・・昔からあったのですが・・・が開発しています。【紫陽花】というクッキーを出していましたが、もう一つ人気が [続きを読む]
  • 桜日和
  •   鎌倉山の桜は少し遅れ気味。たぶん、まだ八分咲き?と・・案の定でした。車がビュンビュン通る坂道沿いの桜。公園や山野に見る桜と違って、今風な・・・住宅地鎌倉らしい風情。富山から親友が来るという。お天気も良くて良かった。ロイヤルホスト西鎌倉店で待ち合わせ。アレ・・今日は入学式なんだ・・・お帰りのお祝いで超満員。地域性か、ノスタルジーからか、和服姿が多いのが嬉しい。子供たちが小学生時代からの友人。忖度 [続きを読む]
  • 当て外れ・・
  • さて、平均寿命がどんどん延びるという事。怖ろしいこと。私はまだ10年以上生きていかなければならない。・・・あちこち痛いと呟きながらの10有余年!・・・何も役立たず、何もすることが無い10有余年!「理想的な老後は・・」世間様が言います。趣味を持って、体力を温存して、ナントカを日々飲んで、頑張れって。無理やり持つ趣味?嫌々やる体操?無駄に違いない高価なサプリメント?うらうらと暖かい昨日、町内の老紳士の [続きを読む]
  • 大逆転・・羽生結弦くん  
  •   嬉しいですね。羽生君の完ぺきな演技に感動。少し、ウルウルしました。今回、音楽が良いと思います。彼の持つ清潔感と優雅さと・・・中性的な魅力にふさわしい。しかもどこか日本的メロデイーも心に響く。めりはりが有って、しかもドラマティックで、踊りやすそう。久石譲氏の作曲,  「Hope & Legacy」去年の雅楽っぽい曲では、外国人の耳に違和感があったのでは?衣装も・・今回も素敵とは思わなかったけど、陰陽師みたいの [続きを読む]
  • 四月一日・・
  •    猫の背を濡らせし雨の四月馬鹿。母の忌も誕生月も弥生なり取り除けて挿しし菜花に力満つ東風という言葉教えし師のありて到来のタラの芽、玉ねぎ、夕餉膳俳句。久しぶりです。四月馬鹿とはエイプリルフールをさす季語。【東風】こち、大好きな言葉です。(山の三月 東風吹けば・・♪)小学校の担任教師がつけた文芸誌の題でした。そうそう、【早蕨】さわらびは学級通信だったっけ横浜市立、神橋小学校 三組、池田光政先生! [続きを読む]
  • 春支度・・と言ってもねえ・・
  • 一月三日に 陽子先生を亡くして、深い虚無感に浸ったまま    家に引きこもり、月末に風邪をひいたまま二月に入り、鬱々と家で過ごし、三月、「これじゃあイケナイ」とばかり、無理を承知で、出歩いて、月末から腰の様子があやしくなり、散歩も運動もせず、引きこもり、四月を迎える。張りの無い怠惰な生活を食欲でごまかし、美味しいものを手元に集める日々。当然、即、肥満に繋がるわけ。せっかく春になったのに着るものが無 [続きを読む]
  • 下世話な話・・。
  •   ええ〜〜!あの渡辺謙が不倫ですって。まったく、妻の療養中は不味いよ。卑怯と感じられるから。まして、南果歩は乳がん!いくらなんでも、そりゃあないでしょう・・。ちょっとも我慢出来んのかねえ。ったく、男という種族は!昔々、父の若い部下が離婚。(当時はとんでもなく、とんでもないことだったんです)「何故だ!」と怒る父に「妻が乳がん手術してから・・・なんです」って。黙り込む父。隣の部屋で耳を凝らして聞いて [続きを読む]
  • 春だから・・
  • 頂き物。農家さんから分けていただいたという菜の花。お裾分けしていただきました。さっそく、夕食に酢味噌和えか胡麻ドレッシング和えに。少〜し、花瓶に生けてみます。お里・・静岡で穫れたという新玉ねぎのお裾分け。サラダはもちろん、バターを載せて丸ごとチンしてお肉に添えます。手作りのお雛様絵葉書がポストに。友人の街では、四月にひな祭りとか・・。温かいお知らせ。お雛様のお顔が友人にちょっと似ていて懐かしい [続きを読む]
  • 春なのに・・。
  • 前途有る若い少年達が雪山に斃れたと聞けば限りなく切ない。まだ若い父親達の悲痛な声を聞くのが辛い。昼前に春の空き地に出ました。なんてことないけど、この命が愛おしい。ハナニラとスノウフレークがまじりあって。咲くのは…姫踊子草。傍らに、みずみずしい蕗。孫世代の訃報にただただ合掌の朝。 [続きを読む]
  • 『人生、下り坂サイコウー!』
  •      BSでの【にっぽん縦断 こころ旅】観てますか?そう、あの・・・あの、火野正平さんが自転車チャリオクンに乗って日本中を走って周る番組。正平さんのキャラクターが意外と上品で天然で、観ていて楽しいですよ。先日、総集編というか過去の名場面集というか・・懐かしい印象的な編をいくつか観ました。2011年の第一回、スタート編。長崎県稲佐山から市内に入って、グラバー邸へ・・。さて、その稲佐山から坂道を下ると [続きを読む]
  • 脊椎狭窄症の養生・・
  •    先週末より、もう、怖くて観られない。日馬富士との対戦より観ませんでした。横綱稀勢の里が負けて、負傷したとたん、大相撲観戦は無し。「日馬富士って乱暴」・・と逆恨みを独り言・・・。正直、がっかりして・・。この一週間、指示通り、ボルタリンその他を朝昼晩飲んで、なるべく横になっての日々。TVを見るほかなく、久しぶりに大相撲観戦を楽しんでいたのだが。無理しての出場、ケガの悪化、大負け・・を観たく無い。 [続きを読む]
  • 証人喚問・・・
  • 籠池さんはなかなかですねえ。政治家に立ち混じって、遜色ない。落ち着いて、堂々として、滑舌よく、震えることも無く、最後までエネルギッシュで・・・。降参です。詐欺師(m(__)m)とか・・・偉大な宗教家とか、立派な教育者とかに見られる資質かも。浮かび上がるのは昭恵さんの軽率な行為が利用され付け込まれたこと。二人も秘書役をつけて・・立派な公人だったこと。聖心女学院出身のキリスト主義的人の善さなら、何故、籠池氏 [続きを読む]