ひろみん さん プロフィール

  •  
ひろみんさん: ハタラクニンプ 働く妊婦
ハンドル名ひろみん さん
ブログタイトルハタラクニンプ 働く妊婦
ブログURLhttp://hatarakuninpu.blog62.fc2.com/
サイト紹介文子供の成長記録とナチュラルお買い物日記
自由文初めまして!初の妊娠に戸惑う36歳のハタラクニンプです。高齢出産になりますし、産休まで無事働けるのか?とても不安ですが、前向きに頑張りたいです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/10/02 22:35

ひろみん さんのブログ記事

  • 頑張るママの記事は読んで疲れる。
  • こんにちは、雑誌やネットでよく記事をみますが、頑張って何でもこなすママの記事を読むとうんざりします。何故、女性だけが育児や仕事や生活にそこまで力を注がないといけないのか?なんか、女性だけがバカみたい〜と思ってしまう。子供を育てながら、なんとかパパの調教に成功したのもあるのか、もっと、女性も楽しようよと思ってしまう。どれくらい夫婦喧嘩をしたか分からないが、ともかく息子が二歳まではよく喧嘩したけど、息 [続きを読む]
  • 頑張るママの記事は読んで疲れる。
  • こんにちは雑誌やネットでよく記事をみますが、頑張って何でもこなすママの記事を読むとうんざりします。何故、女性だけが育児や仕事や生活にそこまで力を注がないといけないのか?なんか、女性だけがバカみたい〜と思ってしまう。子供を育てながら、なんとかパパの調教に成功したのもあるのか、もっと、女性も楽しようよと思ってしまう。どれくらい夫婦喧嘩をしたか分からないが、ともかく息子が二歳まではよく喧嘩したけど…今は [続きを読む]
  • 子供服セール買い今年は止める JAMやラブレボが無くなって残念〜
  • こんにちは〜子供が産まれたら、子供服の可愛さに虜になって、もともと服が好きなので、デザインがいい!と思うとついつい買っていた私ですが…子供も大きくなったし、あんまり派手な服はと…JAMから少し遠のいたけど、セールで買いたしとお店に足を運んだら!店がない!!えーうそ!閉店しちゃったの?で、調べてみると…どうやらラブレボはデザイナーさんが辞めてしまいなくなってしまったようで。。。ラブレボは最初だけはま [続きを読む]
  • 化粧品 メイクボックス 収納ケース おすすめ&クチコミ
  • こんにちは 今まで二人暮らしの時は、特に気にする事もなく古いケースや空き缶などを利用して収納していたメイク道具でしたが…赤ちゃんが化粧品を誤飲など…事故があってはマズイ母の昔話で、エナメルリムーバが全部なくなって、弟が飲んだか?こぼしてしまったか?分からない焦った時があったわと。今のうちに全部片付けてしまおう!職場復帰に備え、短時間で掃除ができるような家にしよう〜!箱を大量買いしているついでに、化 [続きを読む]
  • 出産☆内祝い!徹底比較!おすすめ&クチコミ
  • こんにちは〜♪出産のお祝いを様々な方達から頂いて、ほんと嬉しく思いました。そこで、頂いた方々へのお返しですが…悩みますよね。私は最初よく分かってなくて…。もっと良い物を贈ってあげればと最初に贈った方達には思っています。ミキハウスの値段相場を全く把握してなく…想像以上に高くて  たまたまお店を覗いて見たら驚いた驚いた!お店でみたらびっくりするくらい高額で、申し訳なかった。次回、贈り物を贈るときに埋め [続きを読む]
  • 私が考える日本をもっとよくする方法 教育と経営者の意識改革!
  • こんばんは〜過労死が問題となり、働き方についても色々と問題提起されていますが…まず、これからの日本の発展を望むなら、人口は減らすな!これは必須だと思います。国力が落ちますからね。そこから導きだされる事は、我が家も子供が一人しかいませんが、二人以上の世帯が当たり前に存在する日本。これが理想とする日本のこれからの未来。国も財政難で今さら女性の活用なんて…虫が良すぎる、ケッ!税金の使い方を考えろ!無駄な [続きを読む]
  • 忍耐、我慢は日本の美徳? 日本教育の過ち 悲しき日本 その2 
  • こんにちは〜ほんと毎日のようにニュースを見ると悲しい世の中だと感じずにはいられない事が多すぎる。ほんとに最近思えるのは忍耐、我慢。これ日本人好き過ぎる〜確かに、生きる中で忍耐や我慢すべきことは沢山ある。出来なければ生き抜けない事もあるとは思うが…ただ、命落としてしまうって、ほんとに悲しすぎるよ〜。いじめも受けている子供や大人が自己主張できない性格といえば話は終わるが、いじめで耐える事も我慢をする事 [続きを読む]
  • 育児や家事は女性の仕事と誰決めた? 悲しき日本 その1
  • こんにちは〜ひさびさに最近感じるひとりごと。イクメンという言葉が大嫌い!2010年 流行語大賞 イクメン私はその年に初めて子供を産んだ。そもそも何でイクメンなんていう言葉が流行語になったんだろう?何でを考えると日本が見えてくる。悲しい事に我が家では今でこそ数少なくなったがパパとよく喧嘩したよ〜。家事。育児。家事や育児は女性がやるべきなんて誰が決めたんだ?復職とともに大ゲンカする回数も増えた。些細な事で [続きを読む]