Komoyo Mikomoti さん プロフィール

  •  
Komoyo Mikomotiさん: 鉄道沿線よりみちウォーキング
ハンドル名Komoyo Mikomoti さん
ブログタイトル鉄道沿線よりみちウォーキング
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ya3249
サイト紹介文JR・第3セクターなど駅から駅へ鉄道沿線の旅をしたウォーキングの記録。過去17年間の記録を全公開!
自由文駅の紹介、観光案内、コースマップも充実しています。路線別になっているので、旅の参考にもなりますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2009/10/02 22:52

Komoyo Mikomoti さんのブログ記事

  • 日本100名城 59 姫路城 その1
  • 白くなった姫路城天守閣2016年2月21日(日)山陽本線沿線を歩いた翌日は、姫路城を再訪しました。このブログでは、播但線沿線のところでも姫路城を訪れていますが、そのときは平成の大修理中。修理が終わって《白くなった》姫路城を訪れるのは、初めてです。まずは、姫路駅北口からの天守閣。今回は、歩きではなく、あえて《姫路城ループバス》を利用しました。1回乗車で、100円なんですが、300円の1日乗車券を買い [続きを読む]
  • 東海道03-1:池鯉鮒宿 → 岡崎宿(馬市跡から矢作橋まで)
  • 池鯉鮒・馬市跡から矢作橋まで今回のコースは、2006年と今年の2回歩いています。写真は、光線のぐあいか、季節のちがいか、2006年の方がうまく撮れている場合が多いので、とりまぜて紹介します。地下道で国道を渡った先から松並木が始まります。かつては、並木八丁と呼ばれたところで、500mにわたって松並木が続いています。少し歩くと「馬市之跡」という石碑が建っています。(写真:2006年)池鯉鮒宿は馬市が有 [続きを読む]
  • 東海道03-1:池鯉鮒宿
  • 池鯉鮒宿池鯉鮒宿を歩いたのは、2001年と2006年と今年3月4日の3回。いちおう今年の記録を基づいて書きますが、過去2回の記録も残っているので、それも参考にしています。総持寺知立神社の別当寺1616創建明治になって廃寺になりましたが、1924(大正13)年再興。徳川家康の側室で、結城秀康の生母であるお万の方の生誕地です。知立神社総持寺の少し先、左に入ったところに知立神社があります。三河の二の宮で [続きを読む]
  • 東海道02-3:鳴海宿 → 地鯉鮒宿(桶狭間古戦場)
  • 桶狭間古戦場織田信長が、今川義元を討ち取った桶狭間。大河ドラマ「女城主 直虎」では先週の放映でしたが、まさかの《ナレ死》でした。直虎のお父さんもここで命を落としていますが、どうやら、今年の大河は、すべて井伊谷の狭い世界で話が進んで行くようですね。さて、桶狭間。歴史の分岐点になった戦いですが、その場所は、はっきりとは確定できないようです。現在、古戦場とされる場所は2つあります。1つは、名古屋市緑区桶 [続きを読む]
  • 東海道02-2:鳴海宿 → 地鯉鮒宿(有松)
  • 有松まず、安藤広重「東海道五十三次」の鳴海宿の絵を見て下さい。実は、この絵は、鳴海とはなっていますが、鳴海ではなく、有松の町並みが描かれています。今回は、有松を紹介しようと思います。江戸時代も、鳴海以上に栄えた町でしたが、現在もその町並みが維持されています。昨年「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。このあたりの東海道では、最大の見どころといってもよいでしょう。では、その町並みを写真で紹 [続きを読む]
  • 東海道02-1:鳴海宿
  • 鳴海宿姫路編が終わっていませんが、今回から数回は、東海道編の続きを連載します。今回は、鳴海宿。鳴海まで歩いたのは、2003年2月と2016年1月鳴海から歩いたのは、今年2月。この3回の中から、写真はセレクトしました。鳴海は、現在、名古屋の市街地に取り込まれていますが、その地名からもわかるように、昔は、海が近くに迫っていたようです。丹下町常夜灯鳴海宿の西の入口になります。(撮影:2016年1月)最初 [続きを読む]
  • 第827回 山陽本線:上郡 → 三石(野磨馬屋、船坂山)
  • 今昔物語・枕草子・太平記 ゆかりの地2016年2月20日(土)続き上郡駅前の道を西に進み、次の踏切を渡り、最初の信号交差点の手前で右折。上郡町のマンホール描かれたキャラクターは、円心くんとエイトちゃんです。円心くんは、太平記で活躍する武将・赤松円心。エイトちゃんは、最先端の科学実験施設スプリングエイト。上郡のキャッチフレーズ《さわやかに歴史と未来の出逢うまち》の歴史と未来を象徴しているとのこと。県 [続きを読む]
  • 第826回 山陽本線:有年 → 上郡
  • ついに、インフルエンザに感染してしまいました。今は、自宅で隔離生活中。部屋を出るのは、トイレの時だけ。テレビを見るためにリビングに行くことも許されない、そんな生活です。ありがたいことに、ようやく熱は下がったので今こうしてブログを書いています。久しぶりに、このブログ本来の記事に戻ります。鉄道沿線であれば、どんなところでも、どんな状況でも歩く。理由はない。しいていえば、そこに線路があるから。今回は、ま [続きを読む]
  • 日本100名城 48 松阪城 その3 本居宣長記念館
  • 本居宣長記念館2016年1月31日(日)続き旧長谷川邸、本居宣長旧宅跡をめぐるうちにもうお昼です。もう一度、城跡の反対側に戻ります。昼食は、この店。松阪牛のお店は高級すぎて近寄りがたいので、自然生の店にしました。店の名前もいい。「本居庵」です。山かけ和膳 1480円中央は、まぐろ山かけです。ご飯は、麦飯。昼食後、隣接する「本居宣長ノ宮」に参拝。名前の通りの神社です。松阪城跡に戻り、本居宣長記念館に [続きを読む]
  • 日本100名城 48 松阪城 その2 旧長谷川邸
  • 旧長谷川邸2016年1月31日(日)話は戻りますが、朝、松阪城跡に向かう途中、旧長谷川邸に立ち寄りました。玄関前の案内を読むと、10:00から一般公開、10:30から約1時間のガイドがあるとのこと。予約はいらないとのことなので、10:30に合わせて、いったん松阪城跡の観光を中断して、旧長谷川邸に戻って来ました。まずは、玄関前で説明を聞きます。(今回の記事は、 ガイドさんの説明ともらったリーフレット [続きを読む]
  • 日本100名城 48 松阪城 その1 歴史民俗資料館・御城番屋敷
  • 2016年1月31日(日)一昨年から昨年にかけて、友人の助左衛門さんとともに、伊勢街道を歩きました。この前の回は、松阪まで歩いたので、この日は、松阪を起点に歩く予定でしたが、その前に、松坂城跡へ寄ることにしました。ところが、城跡だけでなく、いろいろ巡ってしているうちに、終日、松阪観光に使ってしまい、起点の松阪駅に戻ることになってしまったのでした。それで、この記事でも、100名城の松阪城だけでなく、 [続きを読む]
  • 東海道01-2:宮宿 → 鳴海宿(笠寺観音)
  • 宮宿から鳴海宿へ2016年1月16日(土)続きこの日、歩いたのは、宮宿から鳴海宿まで。名古屋市内のみです。宮宿は、美濃路の起点でもあるので、一度、紹介ずみですが、分岐点にある目印のほうろく地蔵と道標の写真を紹介しておきます。ただし、道標については何か印象が違います。説明を読んでみると、2015年、すなわちこの前年に移設したとのことでした。地下鉄の駅名にもなっている伝馬町を歩きます。宿場町らしい町名 [続きを読む]
  • 東海道01-1:宮宿 → 鳴海宿(七里の渡しとひつまぶし)
  • このブログは鉄道沿線を歩くのが基本なのですが、鉄道路線の多くが旧街道に沿って敷設されている以上、ある程度、旧街道沿いを歩くことになります。たぶん東海道は、9割以上は歩いていると思いますが、ところどころ抜け落ちているところがあります。また、鉄道沿線と関係ないところでは、せっかく歩いたのに、記録を整理しないままになっているところもあります。それで、昨年、思い立って、宮宿から改めて東を目指すことにしまし [続きを読む]
  • 第825回 鶴見線:安善 → 大川
  • 鶴見線・大川支線2016年1月10日(日)続き16:12 山手 → 16:32 鶴見(根岸線・京浜東北線)17:00 鶴見 → 17:09 安善(鶴見線)旅の最後は、鶴見線の懸案解決。「海芝浦」駅は、この日朝に訪れましたが、もう一つの支線の終着駅「大川」駅だけが未踏。海芝浦支線とは違って、大川支線の方は歩くことができます。前に、一度紹介しているように、大川支線の分岐は「武蔵白石」駅の構内なのですが、運行上 [続きを読む]
  • 第824回 根岸線:石川町 → 山手(テニス発祥の地)
  • 壊れない限りガラケーで行こうと思っていた私ですが、ついに、昨年末にスマホに変えました。というのは、本当に壊れてしまったからです。すでにバッテリーがダメになっていて、ときどき勝手に電源が落ちるし、数回電話かメール機能を使うと電池切れになるという状況だったのですが、それでも我慢していました。しかし、送信したメールが相手に届いていない、という症状があらわれては万事休す。買い換えるしかないと思いました。今 [続きを読む]
  • 横浜山手・西洋館めぐり 元町公園周辺
  • 2016年1月10日(日)続き港の見える丘公園から、外国人墓地方面に向かいます。途中、左側に「ゲーテ座跡」があります。1880(明治13)年に居留外国人のために劇場が建てられたところです。ただし、現在の建物は、それとは関係なく、岩崎学園のミュージアムとして建てられた昭和のもの。外国人墓地にも寄ろうと思っていましたが、ここは特別の時にしか、公開されていないのですね。観光地ではないので当然でしょうか? [続きを読む]
  • 横浜・港の見える丘公園
  • 最近、かなりマニアックな読書をしています。今、読んでいるのが「アメリカ彦蔵自伝」。幕末〜明治を生きた人で、海で遭難して、アメリカ船に救助されて、紆余曲折の後、アメリカ人となって、ハリスとともに帰国した人です。たぶん、遭難さえなければ、平凡で地味な人生を送ったのでしょうが、その数奇な運命は、へたな作り話よりはるかに面白い。まだ読んでいる途中なのですが、今、読んでいるあたりは、開港直後の横浜。当時の横 [続きを読む]
  • 横浜・中華街
  • 2016年1月10日(日)続き今年に入ってから、ずっと横浜の記事です。たった1泊2日の横浜旅行なのに、このまま行くと1ヵ月を越える長期連載になりそうです。特に今回の記事は、私がどこで何を食べたかという内容で、思いつきで行動しているだけ。どうでもいい内容だと思われるかもしれませんが、この回だけは勘弁してください。横浜・中華街石川町駅に戻りました。駅の中華街口では、中華街のマップを配っていたので、それ [続きを読む]
  • 横浜山手・西洋館めぐり ブラフ18番館
  • 2016年1月10日(日)続きブラフ18番館次は、同じイタリア山庭園内にある「ブラフ18番館」です。こちらも、入館は無料。大正末期に、オーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅として建てられました。戦後は、カトリック山手教会の司祭館として、1991(平成3)年まで使用されていました。1993(平成5)年にイタリア山庭園内に移築復元されました。ダイニングルーム家具は「旧バーナード邸」のものを横浜市が借り [続きを読む]
  • 横浜山手西洋館めぐり 外交官の家
  • 2016年1月10日(日)続き石川町駅に戻ってきました。まずは、恒例の駅紹介から。石川町駅〔2016年1月〕1964(昭和39)年5月19日、国鉄根岸線「桜木町」〜「磯子」開通時に開業。高架駅で、ホームは相対式2面2線。中村側をまたいでホームがあって、駅出入口は、その両側にあります。北側が「中華街口」、南側が「元町口」と名付けられています。9日は中華街口がゴールでした。ホーム(9日)壁面がおしゃれ [続きを読む]
  • 鶴見線:海芝浦駅
  • 2016年1月10日(日)ホテルをチェックアウトした後、横浜駅の改札内のコインロッカーに荷物を入れます。この日は、根岸線の続きを歩く前に、前回行くことができなかった鶴見線「海芝浦」駅へ。前にも書いたように、この駅だけは、一般人立入禁止の東芝の敷地内にあるので、まことに残念ながらウォーキングで行くことはできません。8:20 横浜 → 8:29 鶴見8:42 鶴見 → 8:53 海芝浦海芝浦駅〔2016年1月 [続きを読む]
  • 第823回 根岸線:関内 → 石川町(横浜3塔JQK)
  • 2016年1月9日(土)続き関内駅〔2016年1月〕1964(昭和39)年5月19日開業。桜木町までは歴史のある駅ですが、関内から先は新しい駅になります。高架駅で、ホームは相対式2面2線。改札は北口と南口があります。当時(現在も?)北口は整備工事中でした。この工事中に発見された護岸が「ブラタモリ」で紹介されてましたね。完成後の北口は、こうなるそうです。南口と南口改札さすが、ベイスターズの本拠地球場 [続きを読む]
  • 第822回 根岸線:桜木町 → 関内
  • 2016年1月9日(土)続き桜木町駅〔2016年1月〕|1872(明治5)年陰暦5月7日(陽暦6月12日)日本初の鉄道駅として開業。当初、この駅は「横浜」駅でした。1915(大正4)年8月15日2代目横浜駅開業により「桜木町」駅に改称。以上の話は、詳しくは横浜駅の紹介文で書いたとおりなので、詳しくはそちらを参照してください。1964(昭和39)年5月19日桜木町〜磯子が、延伸開業。この時、初めて桜 [続きを読む]
  • 帆船日本丸
  • 帆船日本丸2016年1月9日(土)続き桜木町駅に向かう前に、帆船日本丸・横浜みなと博物館に寄ることにしました。共通券が、特別料金で400円。今回の写真は、ほぼすべて日本丸です。帆船なので、帆があってこそだとは思いますが、それでも、絵になる写真が撮れるので、たくさん写真を撮ってしまいました。ただし、帆船に関しては、知らないことばかりなので、説明不足の点は、ご容赦ください。まず、外観から。ランドマーク [続きを読む]
  • 謹賀新年/第821回 根岸線:横浜 → 桜木町(みなとみらい21)
  • 迎春あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。ここ何年かは、記事の内容は、ほぼ1年遅れ。今年紹介する記事は、2016年の記録ということになります。さっそくですが、新年第1回は、このブログの基本形「JR沿線ウォーキング」です。みなとみらい21を歩く2016年1月9日(土)新幹線で、横浜へ。1泊旅行です。初日のこの日は、横浜駅を起点に、根岸線沿線を、寄り道を楽しみながら歩こうという計 [続きを読む]