bunkerbuster さん プロフィール

  •  
bunkerbusterさん: 日本とデンマークに住んでみる
ハンドル名bunkerbuster さん
ブログタイトル日本とデンマークに住んでみる
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/whitestone67
サイト紹介文デンマーク人女性と国際結婚してデンマークの田舎に住んでいた日本人男性です。今は夫婦で日本です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/10/02 23:52

bunkerbuster さんのブログ記事

  • デンマーク人にとってのアジア
  •  先日、友人からインドネシア・バリ島へのモニターツアーのお誘いを受けたが、丁重に断った(笑) 最大の理由は職場の有休を今から申請するのが難しい事。良い言い訳にもなったけどね。まあ、本音は、はっきり言ってバリ島に興味が無いと言う事。カミさんはいつかは行きたいと言っていたが、あの島は女性向きだよね。同じインドネシアならば友人2人住んでいるジャカルタのほうが行きたい。案内してもらえるのはやっぱり楽だしね [続きを読む]
  • そんなに偉いの?
  • 外国人、特に欧米人と結婚してる日本人が「私は他の日本人よりレベルが高い」的な物言いをするのを時々聞くが全く閉口する…何で、そんな勘違いするんだろう…偉くも何とも無いし、レベルも高くも何とも無い。逆にそんな考え方しか出来ないんじゃ、病院で診てもらったほうが良いくらいだと思う。「国際結婚」と言うと、世間一般から何か変なイメージ持たれるのも、こういう輩のせいなんじゃないかなと思う。本当迷惑だ。そんなに自 [続きを読む]
  • 実質1日の沖縄
  •  12月に引き続いて沖縄に行ってきた。今回は1泊2日。観光では無いので用事さえ終われば2日で十分。行きも帰りも朝一番でなので実質滞在時間は24時間も無い。 沖縄は10年ぐらい前までは外国人と言うと米軍関係者か彼らを相手にするフィリピン人ぐらいだったのが、今や在住外国人で一番増加しているのはネパール人だそうだ。確かに立ち寄ったA&Wでもネパール人が働いている。ほとんどは日本語学校に通いながらアルバイトしているそ [続きを読む]
  • また行きたい
  •  もう最後にフランスを訪れてから10年以上になるが、また行きたい。ここんところ、テロが相次いですっかり危険な国との悪評がついたフランス。とは言っても、テロなももはや欧州のどの大都市でも起きておかしくないわけであり、どこが危険で、どこが安全なんてもはや決めつけられない。パリとベルサイユ以外に行った事が無いので、次に行く機会があれば南仏とかも行きたいな〜カミさんは一時期フランスで料理の学校に行ってたので [続きを読む]
  • デンマーク語と英語
  • このブログのタイトルである「日本とデンマークに住んでみる」も、日本に帰ってきて以降はデンマーク関連の記事がかなり少なくなってきている。まあ、それはもはや住んでいないわけだから、当たり前なわけで、普段の生活の記事のほうが多くなってくる。 幸い、今年は日本ーデンマーク外交関係樹立150周年と言う事でそれなりに書くこともある。カミさんは今年は参加しなかったが、日曜日は代官山の大使館でファステラウンのイベン [続きを読む]
  • やはり、という結果
  • http://jp.reuters.com/article/column-us-europe-anti-islam-idJPKBN15P0N5?pageNumber=2トランプ氏がアメリカの大統領選挙に勝った直後にもブログで書いたが、そのとおりの世論調査がヨーロッパでは出ている。「分断された米国、寛容な欧州」というメディアの報道がいかに一般市民の考え方とは違うかと言う事である。  欧州10カ国の1万人を対象に、英王立国際問題研究所(チャタムハウス)が実施した「移民、イスラム教、テ [続きを読む]
  • デンマークのアートが東京で
  • 先週は慰霊式参列やその他の行事で和歌山県を訪れたが、今年は日本・デンマーク外交関係樹立150周年と言う事で色々な行事がある。 先週末までは渋谷のユーロスペースでノーザンライツフェスティバルが行われていた。まあ、これは毎年この時期に行われていて、カミさんも去年はデンマークのものすごく古い映画をデンマーク人友達を観に行ったのを覚えている。今年はデンマークからジャズミュージシャンも招いて、ライブもあったそ [続きを読む]
  • 勇敢なデンマーク人クヌッセンさん
  • 今日、和歌山を訪問した。理由はカミさんの同郷で和歌山県沖で日本人船員を救出するために自らの命を差し出した勇敢なデンマーク人船員の慰霊式に参列するためである。ヨハネス・クヌッセン機関長。1957年2月9日、デンマークを代表する開運会社「マースク」の船に乗り、和歌山県沖を航行中に、遭難した日本の漁船を発見。海に落ちた船員を助ける為に、自らの海に飛び込んだが、残念ながら暴風雨の波には勝てず、行方不明になった。 [続きを読む]
  • スーパーボウル!
  •  今日はスーパーボウル。米国では日曜夜、こちらはいつも月曜朝。と言う事で基本的には仕事なのだが、今日は夜勤明け。と言う事でNHKのBS1で生中継を見る事が出来た。マット・ライアンとトム・ブレイディという名クオーターバック同士の決戦。 スーパーボウルを全部見たのはかなり久しぶり。米国に居た時は年中行事のように見てた。自分は米国のスポーツはやはりMLBが好きで、NFLはそもそもアメフトのルールを知らなかったので見 [続きを読む]
  • 京都・青蓮院門跡
  •  前回は天皇陛下の譲位についてどうしても書きたかったが、今日はまた先日の京都について書きたい。 下鴨神社、八坂神社の次は近くにある天台宗の青蓮院門跡を訪れた。このお寺は皇室に非常にゆかりのあるお寺である。門跡と言うのは門跡寺院の事であり、歴代の住職が皇室または皇室関係者によって受け継がれてきたと言う事である。京都・大原の三千院と同じ仕組みである。 拝観料は必要だが、その価値は500円の拝観料を遥かに [続きを読む]
  • ご意志を尊重するべき
  •  天皇陛下の譲位について、一般参賀を欠かさず、皇室カレンダーを飾り、沿道で陛下や天皇ご一家に手を振るのが好きな皇室ファンの自分としてどうしても書いておきたかった。 陛下のお気持ちとは違う方向に事態が進んでいる事は本当に憂慮すべきことだと思う。 この際、恒久的な譲位(退位)制度を作るべきだと強く思うし、それが陛下のご意向ではないか。しかし、残念ながら、与野党間で意見が一致せず、この事が政争の具になる [続きを読む]
  • 神社仏閣めぐり
  • 京都の続き…下鴨神社の後、祇園での頼まれた用事を終えて、近くの八坂神社へ。春節の前とは言え、やはり中国人観光客を始めとする外国人観光客は非常に多い。まあ、祇園あたりは京都でも一番外国人に人気スポットだからね。 八坂神社自体もかなり久しぶりである。八坂神社と言えばやはり7月の祇園祭が有名である。ここは多くの神様が宿る神社。 この神社の裏手は円山公園につながっている。円山公園と言えば枝垂れ桜で有名であ [続きを読む]
  • 京都でお詣り
  •  雪の降る中、母親の仕事の手伝いも兼ねて京都へ。まだまだ現役だが、京都はあちこち歩き回らないといけないのでそういう役目は私がやる。とは言っても、私も仕事があるので、お手伝いも自分が休みの時だけになる。今回は有休を取った。 京都に着いたら雪は止んでいたが、まだ屋根にはそれなりに積もっているところもあった。人と会う前に時間があったので下鴨神社へ。京都はほぼ毎年訪れるが、下鴨神社への訪問はかなり久しぶり [続きを読む]
  • 日本人横綱
  •  今日のニュースはやはり稀勢の里の横綱昇進。日本出身力士としては19年ぶり、やはり嬉しいものである。別に日本人だろうが外国人だろうが、強い力士が横綱になる事が相撲ファンの私にとっては嬉しいことである。ことさら、「日本出身力士」と強調するのにははっきり言って違和感を感じる。前にも書いたことがあるが、そんなに外国人力士が目障りならば「大相撲は日本人だけ」と決めれば良いのに、それをしないんだから「外国人関 [続きを読む]
  • やった!稀勢の里関!
  •  今日の一番のニュースはついに大関稀勢の里が優勝したことだ!やはり嬉しい。日本出身力士だからとかでは無くて、これだけ苦労してきた強い力士がついに幕内優勝、天皇賜杯を取ったと言う事に感激している。 本音を言えば、横綱にそのまま昇進してほしい。先場所もその前も優勝に準ずる成績なわけだし。懸念材料は2横綱が不在だからだろうけど。明日の白鵬戦が決めてだろうね。 とにかく、本当におめでたい。おめでとうござい [続きを読む]
  • 今日の大相撲
  • 稀勢の里には横綱になってほしいし、観客が期待するのも良くわかるが、大関は強くて当たり前。豪栄道は大怪我してるのに、不戦勝の稀勢の里に大きな拍手とは相撲ファンの私としては呆れ果てる。本当、民度が低いな… 最近、手拍子して関取の名前を連呼する客も居る。日本の国技を「美しい」はずの日本人が汚している。嘆かわしい事だ。 [続きを読む]
  • 草津温泉
  •  この週末は全国的に厳しい寒さだそうだが、デンマークに住んでいた時に−20度を体験して本当に寒かった。もちろん、日本に帰ってきて日本の気温に慣れれば、10度でも寒い。 数日前に群馬県の草津温泉に父親を連れて行った。 父親は温泉が大好きで若いころから全国の温泉に浸かり歩いてきた。そのDNAか知らないが、私も温泉は大好きである。色々な所に子供の時から連れて行ってもらったから最近は私が逆の立場で色々な温泉に連 [続きを読む]
  • もう4日ですが…
  •  新年明けましておめでとうございます。とは言ってももう1月4日ですが…今年もこの拙いブログをどうぞ宜しくお願い申し上げます。 今年でこのブログを始めて9年目に突入しました。いつも書きなぐりの記事ばかりですみません。 私は大晦日も正月3が日も仕事、今日も実は仕事で(休憩時間中に書いている)、6日まで休みが無い。お正月休みを取っている人が多いので人員不足のため。 毎年こんな感じである。運よく公休日が大晦日 [続きを読む]
  • 早いもので…
  •  もう12月31日、大晦日である。皆さんにとってはどんな一年だったでしょうか? 私にとっての最大の収穫、それはやはりガンの再発・転移が無かった事だ。色々な事があっても、やはりそれが一番自分にとっては嬉しかった。もちろんまだ1年半経っただけなので、少なくともあと3年は引き続き経過観察をしていかないといけない。まあ、毎日の生活には何らの支障も無いが、常に身体の異変には気を付けなければいけないなと思っている。 [続きを読む]
  • 毎年恒例一人ぼっちのクリスマス
  •  今年も一人で暮らすクリスマスである。 理由は至って簡単で、カミさんはいつもこの時期はデンマークに帰るからである。だから、我々夫婦はクリスマスを一緒に過ごした事はデンマークに住んでいた時以外では一度も無い。 一年のうち1か月間、夫婦別離と言うのはお互いにとって意外と良いものである。 「何で一緒にデンマークに行かないの?」と思われる方も居ると思うが、私の仕事は24時間365日稼働しているので、ホリデーシー [続きを読む]
  • 英語が通じない「国際空港」
  • 先週、カミさんがクリスマス休暇を兼ねて、里帰りのためデンマークに戻った。1ヶ月ぐらいは向こうに居る予定である。色々やる事があるようだ。もはや、カミさんはデンマークでは他のデンマーク人と同等の権利が無いので、唯一デンマーク人だという事がわかるのはデンマークのパスポートだけである。まあ、あの高い税金を払っていないのだから当然と言えば当然か。あの豊かな社会保障制度は国民の重税によって成り立つ。里帰りする [続きを読む]
  • 聖ルチア祭
  •  デンマークのお隣スウェーデンでは今日(13日)は聖ルチア祭の日である。 光りの聖女ルチアに扮した白いドレスを着た少女たちがロウソクを灯して明るく照らす。なぜ13日かとお言うと、今日は一年で一番長い夜が長いからである。 デンマークでも約500年ぐらい前まではこの日を祝っていたそうだが、1536年の宗教改革(デンマークはそれまでのカトリックからプロテスタントのルター派に変わった)によってこのお祝いは無くなった [続きを読む]
  • デンマークのビザにまつわる話
  •  最近、デンマークに留学中の日本人女性が授業料などを払ったのに、最終的に滞在許可が下りず、学問を中断して国外退去になった事案があったそうだ。幸いに、この方をサポートする心あるデンマーク人のおかげでメディアまで動き、結果的には追加書類を出して滞在許可が下り、再びデンマークに戻る事が出来たとの事。 自分が米国に行った時の事を思い出した。最初の在米は留学で行ったわけだが、学生ビザの取得が結構大変だった。 [続きを読む]