小林万利子 さん プロフィール

  •  
小林万利子さん: 詩の現場
ハンドル名小林万利子 さん
ブログタイトル詩の現場
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mamika4183
サイト紹介文小林万利子の詩のブログ。日常の只中を歩きながら、日々のPoesyの予感を言葉で捕えて、更新していきます。
自由文<ひとひらのPoetry>や<photo-ry><詩を歩く>など、ユニークなカテゴリーもたくさん。散歩をするように、お気軽にお好きな詩やエッセイを見つけにお越し下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/10/03 10:52

小林万利子 さんのブログ記事

  • 空は水色とは限らない…
  • 毎夜、続く物音だが今夜はもう遅い、古いコイン集めもしないし銅鐸の謎も錆びた鉄の夢も砕かれつつ星の下に眠るスピーカーから流れてくる曲は理由もなく今日の一部分となったが自分を形成する記憶とは異なる音であればあるほど、そのすぐ横にすでに、私の... [続きを読む]
  • 歌詞♪”きみのもとへ”
  • 歌詞 ♪きみのもとへ : 小林万利子/Arimどこまでも きみとなら 歩いて行けるからひとりで 悩んだ夜を遠くで 空が見てたあのとき 僕もひとりで夜空 見上げてた星はどうして あんなに またたくのきみの涙 乾かすように光 集めてる夜は明け 鳥は... [続きを読む]
  • 歌詞♪”夢見る子守歌”
  • 歌詞 : ♪”夢みる子守唄” : 小林万利子/Arim1)幼い子供 ママと手をつないで どこに行くのブランコ乗り 観覧車乗り 今日は遊園地水の上を スイスイ泳ぐ 鳥の親子みたい空に浮かぶ 雲に乗って プカプカ遊ぶ午後のお昼寝のあとの 楽しいお出かけ2)幼い... [続きを読む]
  • Arim songs ♪”夢見る子守歌”について
  • ”夢見る子守歌”という歌が、できました。…優しくて可愛くて楽しくて不思議な子守唄、そして眠くなる心地良さに包まれた子守歌になれたらいいなと思い、作りました。子供がキラキラとしたメルヘンの主人公のような時間。確かにそんな時間はあったと思います。... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(18)
  • 17-65)”まろい”かたちはむすばれた約束まろい種を心にしまい込み歩きだす影のようについてくる悔恨は黒いベールに包み祈りのまろい種に変貌させる時間は川の流れのように尖った痛みを転がし転がしその先のまろい海の奥に眠らせる17-66)まるくま... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(17)
  • 17-60)巻き貝をひとつポケットにしまう癖がなおらない風が時々悲しい物語を連れ立って吹いてくるそんな日に、海岸で拾いあげては耳にあてる地底深く眠る石の涙の理由を空に高く響く子供の夢物語を貝殻は知っていて私たちに教える17-61)夕焼けの美... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(16)
  • 17-56)音はいつも波のようにやってくるのです運命は海に光を落とす月の足跡のように歩いているのかもしれません雨も虹も風も友達ですそっと空が私達に幸せを刻もうとして生まれでた日に続く音の階段が光りだすのです17-57)琥夢が壊れぬようにあなた... [続きを読む]
  • プトレマイオス、という名前が…
  • プトレマイオス、という名前が心に現れて戸惑うのだしかし、挨拶をせねばなるまい詩を書こうとしていた矢先、私はあなたのことを書くつもりではなかったのだが、と人類は、あなたに惜しみなく敬意をはらうあなたが信じた天動説は地動説を生み、コロンブスが... [続きを読む]
  • イマジズムの詩掌編(5)ー祈り
  • ⑮祈りに祈りを重ねていく毎日歩くように祈りを重ねていくたくさんの祈りが丁寧に折り重ねられて祈りがいつか悲しみの深さにまで届くように祈りの数珠にたくさんの幸せが光だす日がきますようにありがとうございます。応援してネ♪<ahref="http://p... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(15)
  • 17-55)例え 昨夜の夢見が悪かったとしても私達の今日は始まっていく悪夢というものがあったならそれは結末ではないと信じさせてくれる日が繋がっていく希望に終わりは来ない冬枯れの木々の枝に花芽が膨らみ空には虹が何度も描かれてありがとうござ... [続きを読む]
  • イマジズムの詩掌編(4)
  • ⑭あわれなるりんごひとつあわれなるは真っ赤に熟れたあなたではなくてあなたを見ているこのわたくしの感情であるあわれなる店さきにてあなたは忘れられた季節は残酷にもあなたを置いて行ってしまったわたくしはあなたを両手に包んで帰ろうとおもう雪ふ... [続きを読む]
  • イマジズムの詩掌編(3)
  • ⑪ひるさがり太陽のいばしょをじめんにのびたじぶんのかげにきいてみるじぶんとはほんとうはどこにいるのかじつにたよりない気がするものだけれど1秒2秒と変化しうまれでるせかいをあるいていくのはこの足きこえてくるじぶんの足音⑫今日と昨日... [続きを読む]
  • イマジズムの詩掌編(2)
  • ⑥涙壺に涙の雫を落とすブルーのガラス瓶に曇ガラスの瓶に家中の瓶にいっぱいになり次は空になった紅い香水瓶に涙を入れてごらん涙は香りを身につけて夢見て眠りにつく⑦鳥は巣を作った木を覚えていた常緑樹の葉陰に潜りいま、戻ってきた、とばか... [続きを読む]
  • イマジズムの詩掌編(1)
  • ① 白い柵のむこうにレモンが実るオリーブの畑は褐色の葉に覆われて②象牙海岸の名前は記憶されるべき両極に揺れてこのにほんの浜辺に立ちて望む音の意味歩道を叩く雨ヒールを履いた女も野良猫も遠ざかりビニールの屋根の下に鈍く灯が灯る店の窓は... [続きを読む]
  • イマジズムの詩…
  • 今の時代を生きてる人の心を通って、ものが見えてくるような言葉の詩を、写真に収めるみたいに数行に描いてみたい。また野望ですが。失敗ばかりだと思うけれど、何作かのうちには、1作くらい、光る詩が生まれるかも、そんな今のイマジズム詩探しの”イマジズムの詩 ”... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(14)
  • 17-48)夕陽が美しい理由をいつも忘れてしまう遠い誰かの悲しみだったり笑い声だったり怒鳴り声だったり猫の鳴き声クラクション鳥の囀り風川の濁流雷さよならと太陽が今日の思い出の絵を描いていくから17-49)もし私が花に覆れていたなら貴方は私を... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(13)
  • 17-41)あの夜、彷徨い歩いたのは生きる道を見つけるためだった止まぬ雨のように涙を流しあてのない突きあたりのない道をどこまでも歩いたがそれは希望に繋がる道だった17-42)珈琲が好きな理由がわかったような気がする珈琲を飲む間に人には考えたい... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(12)
  • 17-35)方言は古代語の名残り今はなき発音に外国語のような音が交じるそんな言葉の囁きに脳内の記憶の信号の点滅は止まらないだが本当は犬や猫を愛するのに共通言語がいらないようにこの宇宙には深い音が響きあい通いあっているに違いない17-36)天... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(11)
  • 17-29)海にはどんな時間が流れるのだろうマゼランが航海した日々と海を照らす太陽の陽射しは何の違いもないのかもしれないし、星の光は夜を包んでいる海底には鮮やかな色の魚が泳ぎ、未来が静かに繋がっている17-30)淋しさを知らないなんて、なんて ... [続きを読む]
  • 私がここにおりますのは…
  • 私がここにおりますのはあなたを待っていたからなのです。朝から待っておりました。いえ、夕べからですいえいえ、本当を申し上げますとずっと昔あなたが生まれてくる前からここでお待ちしておりました。私の命はどこから来たか、ネコの会社が空の上にありま... [続きを読む]
  • ”Again” 歌と歌詞
  • Again 陽は昇り いつでも朝は来る暗い部屋に 光ともりだしきみを呼ぶ声が 外に聞こえてるよ道の向こうから 歌が聞こえるよ壊れた街には 道が途絶えて花の種蒔いて 海へとつなぎあなたを探して 歩いてきたんだ空には鳥が飛び 愛を運んできた戦い... [続きを読む]
  • 小林万利子/Arimの歌 ”Again” に寄せて
  • 歌Againに寄せて〜for Gaza. 〜for Children.世界の悲しみに包まれた時間は、続いています。平和を願うことは、平和が少し近づくことです。平和を諦めないことは、平和がもっと近づくことです。どんな日も、必ず希望に繋がりますように。In the world, the ti... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(10)
  • 17-22)時間の事を考えるのが好きだった。どうしたら四次元に行けるのかと。1枚の絨毯を折り畳むようにこっちからあっちの時間へ飛び移ればいい。どうやらSFと詩は似ていて物理と禅も似ていて貴方と私もそう遠くない。花と実と根は同じ君だと知った。未来は... [続きを読む]
  • 言の葉つづり 小篇(9)
  • 17-18)土の中ではまだ草の種がねむっている蟻は細い細い巣穴の片隅にねむっている街のビルの影が少しずつ形を変えていくあなたと歩く駅までの道私たちの投げる影をいたずらっぽい顔で眺めているのは春を告げる女神17-19)雨がふりだす雨は空と私た... [続きを読む]