yume さん プロフィール

  •  
yumeさん: カントリーライフ
ハンドル名yume さん
ブログタイトルカントリーライフ
ブログURLhttp://nene-1120.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文田舎の暮らしを日記風に綴り紹介します・・・・エコのこと、仕事のこと、園芸、趣味、活性化についてなど
自由文地域を元気にすること、旅行記など思いつくままに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2009/10/03 11:32

yume さんのブログ記事

  • ピアノコンサート
  • 孫のピアノコンサートに高知市へ日帰りで出かけていた。小学校5年生の彼女はピアノを昨年から習い始めた。今どきの小学生は忙しい。ピアノは熱心に練習して、私から見てもリズム感があるとひいき目に見ている。今日は緊張していて練習時よりうまく弾けなかったらしい。頑張り屋の彼女は、少し落ち込んでいた。「バーバもお茶のお点前の時、すごく緊張する。それは間違えないようにしようと思うから」深呼吸して、楽しむ気持ちを大 [続きを読む]
  • 6月のこども食堂
  • 6月のこども食堂が終わった。 月によって来てくださるお客様の数は色々。多い月は60人以上、最近は50食くらいを提供するとチラシに書いている関係で今月はちょうど良い感じの人数だった。今回で6回目のこども食堂。終わった後いつも思うのは、色々な人に助けてもらっていることを感じる。私のまわりにはたくさんの「あしなが」さんがいる。いつもみかんをいただくミカン農家のMさん、近くの女性からはジャガイモをいっぱいい [続きを読む]
  • ゆっくり力
  • 田植えがようやく終わった。爽やかな風が田んぼを渡る。初夏の風物詩だ。雨が少ないせいか紫陽花が精彩を欠く。その分、遅咲きの薔薇がきれいだ。気持ちに余裕ができ、新聞も少しゆっくり読む。高知新聞一面のPR欄に本の紹介が載っていた。斎藤茂太さんの「ゆっく力でいい人生を送る」という本。人生後半は「急がない」「怒らない」ことだそうだ。私も、後半、真っ只中の人生。急がない・・・生き方をしているだろうか?それはNOの [続きを読む]
  • 梅雨に咲くヒマワリ
  • 秋に撒いたヒマワリのこぼれ種が数本育って今ヒマワリが咲いている。真夏に咲くヒマワリは季節を超え、今見頃になった。私の背丈より高いヒマワリが1本、空に向いて大輪の花をつけた。今年の梅雨もまだ入り口で雨の日以外は爽やかで涼しい。お盆過ぎに昨年採っておいた種を蒔くつもり。1年中、ヒマワリが咲いたら、楽しみに見てくれる人がいるかもしれない。  ブログ村 高知 その他の街情報↑ ありがとうございます(^^ [続きを読む]
  • 東京探訪・泉岳寺界隈
  • 群馬から東京に戻って、叔母の家に一泊する。彼女は現在、一人暮らし。上品さは今までと同じだけれど、少し気になったこともあった。ケータイの使い方がわからなくなった。いつも行く銀行からの帰り道、迷ったことなど色々話してくれた。翌日、羽田まで行く私を送っていくという。彼女の家からは泉岳寺で京急線に乗ると一番早く羽田に行けるとスマホの検索結果が出た。泉岳寺駅まではタクシーで行く。「忠臣蔵の恋」というドラマを [続きを読む]
  • 麦秋
  • 明日、天気が崩れるというので慌てて麦を刈った。今年は熟れすぎた感が強い。10畝に小麦と大麦を分けて植えていた。6畝は大麦、4畝は小麦。少ししか作っていないから手で刈り取る。後は夫がコンバインで籾にしてくれる・・・という恒例の麦刈り。大麦は味噌を作る材料に、小麦はパン作りにかかせない。猫がどこに行くにもついてくる。このオス猫も冬の終わり頃、迷って我が家にやってきた。今では6kgほどの大きな猫になった [続きを読む]
  • 初夏を暮す
  • 群馬から帰ってからの、日々は毎日が飛ぶように過ぎていく。四国地方は3日ほど前、梅雨入りしたという。1日だけ雨が降り、その後は爽やかな日々が続く。今年はビワや梅が豊作だ。こども食堂での、おやつにと思って少し採り、冷蔵庫にストックしたけれど1週間後まで持つかどうか心配だ。コンポートにするとか、選択肢はあるけれど・・・。いつものように梅酒、梅干し漬けをした後は友人たちにおすそ分け。後はラッキョウを掘り漬 [続きを読む]
  • そうだ!群馬へいこうー3
  • 初めて訪れた伊香保は坂に点在する温泉地。急な石段を上り詰めたところに湯元神社がある。Fさんは登りが遅い私を気遣ってゆっくり歩いてくれた。中腹にある旅館に宿泊する。残照に遠く冠雪の谷川岳が美しかった。鉄分を含む茶褐色の温泉にゆっくり入り、おいしい料理をいただく。久しぶりにJRの駅までバスでいこうとFさんと話しあう。そんな時にカフェのyokoさんから電話があった。明日、こちらまで迎えに来てくださるという。そん [続きを読む]
  • そうだ!群馬へいこうー2
  • 今日から6月。夜7時過ぎ、娘が帰宅したとき「蛍がきれいよ」・・・というので橋の上まで行ってみた。すこし雨模様の夜がよく飛んでいる。これから1週間、夜ごとのホタル見物が楽しみだ。・・・・群馬滞在2日目・・・・絵本セラピストのEさんが私たちのためにスケジュール調整して翌日も車でご案内をしてくださった。向かったのは高崎市での高崎市美術展覧会場へ。昨日お会いしたTさんをはじめFB友だちが入選していた。クオリティの [続きを読む]
  • そうだ!群馬へ行こうー1
  • 4月末から体調が芳しくなくGW中もグズグズしていた。色々な行事が相次いである中「そうだ!群馬にいこう」と思い立った。前々から行きたかった場所。それはFBを始めたころ知り合った群馬の仲間たちに会う旅でもある。やっと実現した。東京在住のFさんにお願いしたら快く承諾してくださった。群馬には2泊3日の旅の始まり。私は東京で叔母に会うため1泊する。羽田まで彼女が夫さんと出迎えてくださった。初めて会ったのに前から知り [続きを読む]
  • ツバキ文具店
  • 最近、TVをあまり見ないから必然的にドラマを見なくなっている。今頃の時間にブログを更新していて、久しぶりに心にしみるドラマを見た。ドラマ10「ツバキ文具店」は鎌倉を舞台に展開するドラマ。亡くなった祖母から受け継いだ小さな文具店を営む若い女性が主人公。祖母の代から続いている代書の仕事。それは依頼人の心の中にまで踏み込んでいくことに初めは戸惑いを感じる。彼女の周りには魅力的な人々が集まり、またドラマに深 [続きを読む]
  • 5月のお茶・風炉
  • 5月も下旬になった。風かおるベストシーズンなのに何やら季節を感じる余裕もなく終わりに近づいている。そんな中、今月のお茶の当番は我が家。今月から風炉釜に変わる。釜に灰を入れ、道具を出す。それほど多くない道具をどう設え、お客様をお迎えするかを考える時間が好き。夫が言うには「人が来ると家がきれいになる」・・・と。なるほど、そういう考え方もある。忙しいからできないのではなく「その時を楽しむ」姿勢が大切なの [続きを読む]
  • 5月のこども食堂
  • 一気に気温が上がり夏日の土曜日。昨日は5月のこども食堂の日だった。1月から始めたこども食堂も5回目。いつもはバタバタと時間が過ぎていくけれど、今回の参加人数はスタッフこみで40人弱と比較的ゆっくりできたし、子どもたちと会話も楽しむことができた。集客もお天気に左右されるのかもしれない。月によって多かったり、少なかったりするけれど、回を重ねていくごとに人数が定着してくるのだと思う。自主的に協力してくださる [続きを読む]
  • 新しい森の文化
  • 2018年に開校予定の県立林業大学校初代校長に隅氏が就任するというニュースが昨日の新聞に載っていた。彼は木の魅力を生かした建設設計を内外で手掛け2020年開催の東京オリンピックのメイン会場のデザインを手掛けたことでも知られる。高知県との関わりは、梼原町の雲の上のレストラン、梼原町役場など。森林率91%の梼原町はいち早く、木材で町を元気にするアイディアを次々実践し、活性化している。梼原町役場はすべて木材を使用 [続きを読む]
  • 私の車事情
  • 4月5日に車を変えた。10年以上乗った車は故障も、事故もなくそれこそ私の足となってくれた。12万キロ以上乗って愛着もあった。手放すときは少し悲しかった。、長く一緒に過ごした車は私の中では同志のようだった。変えようと思ったきっかけはTVでよく取り上げられる、高齢者による事故の多さ。踏み間違え・・・・などと信じられない操作ミスだけど、私も近い将来そうならないとも限らない。事前に事故防止を知らせる車に変えようと [続きを読む]
  • 薔薇の咲く家・2017
  • いつも行く小学校の近くに薔薇が美しく咲いている家がある。今年も美しい薔薇が咲いた。放課後教室終了後、ちょうどご主人がいらっしゃったので、許可をいただき写真を写す。繊細な花のため土や害虫予防、冬を越すための防寒対策など数えきれないほど愛情をかけて育てられているのだろう。私たちはその美しい薔薇を見て楽しませてもらっているけれど、それは「子育て」にも通じる作業だと思う。その家の男の子は、高知市の高校に・ [続きを読む]
  • 母の日の贈り物
  • 爽やかな1日。プランターにサルビア、マリーゴールドなど夏の花を植える。お昼近くになるとさすが暑くなってきて、続きを3時過ぎから始める。庭の花たちが次々と咲く。  今はアマリリス、バラ、芍薬が美しい。裏庭の夏椿も花をつけ始めた。初夏を告げるこの花が好きだ。夏椿に出会ったのは10年前、群馬を旅した時、四万温泉の前に咲いていた。この花に魅せられ、帰った後、すぐ植えた木が、家の軒先まで高くなり、昨年切ってもら [続きを読む]
  • 2017.5月の薔薇
  • いつも通る道沿いに薔薇が咲いていた。今年は天候不順で例年より開花が遅く感じる。近づくと、甘い薔薇のかおりが漂う。私の好きな場所の1つ。ここが一番先に咲いて、これから次々と薔薇が咲く。大好きな季節はこれから始まる。夕方から雨。シトシトと降る雨ではなく、それも結構強く降る。明日は晴れるかな?  ブログ村 高知 その他の街情報↑ ありがとうございます(^^♪高知の情報が満載です♪ [続きを読む]
  • 花かほる夜
  • 五月雨という季語もあるとおり、よく雨が降る。雨の後は、夏日のような陽気で温度差が激しい。薄手のカーティガンを出したり、半袖で過ごす日もあり・・・・で衣服も片付けられない。ようやく晴れた今日は月1開く、地域の「元気クラブ」の日。担当月だったので、朝早くから20人分の料理を作る。午後から「こども食堂」のミーティングありで、いささか疲れた1日だった。月あかりに、誘われて外に出てみる。空気が澄み、みかんの花の [続きを読む]
  • レシピの引き出し
  • 例年よりずいぶん遅くなったけれど、やっとキュウリ、ナス、ピーマン、ししとう、ブロッコリー、スイカ、かぼちゃの苗を植えた。その後すぐ雨が降り、水やりの手間が省けた。それにしてもよく雨が降る。 <裏庭の日陰でひっそり咲いていたスズラン>最近は日々のスケジュールをこなして過ごしている感じが否めない。普段は閃きで夕食のメニューが浮かんでくる。冷蔵庫の中と畑にある野菜を組み合わせることが多い。その閃きが最近 [続きを読む]
  • 「こどもの日」に食べたいメニュー
  • 雨の合間に畑に出てみるとキバナジャスミンが咲いていた。ほのかに香る、この花が好き。今年のGW、後半はぐずついたお天気だった。大型アトラクションもあちこちの町で企画していた。私は近場だと黒潮町の「Tシャツアート展」が好きなイベント。いつ行っても気分が明るくなる。砂浜に何千ものTシャツがはためく様は爽快だ。・・・が、今年はどこにも行っていない。「こどもの日」特別紙面「こどもの日に何を食べたい?」のアンケー [続きを読む]
  • 5月の憂鬱
  • 5月になった。4月の終わりくらいから体調が優れず、グズグズと日々を暮らしている。1年で一番過ごしやすい季節の到来!玄関を開けるとみかんの花のかおりが、ほのかに漂ってくる。「山笑う」・・・という季語がぴったりくる。椎の木の若葉が美しい。なにがあっても季節は忘れずやってくる。昨日、ようやくナスやピーマン、キュウリの苗を買ってきた。夫に整地してもらったところに植えようと思ったら雨が降ってきた。そして今日も [続きを読む]
  • 前向きに諦める
  • こうち男女共同参画センター・ソーレの機関紙「ソーレ・スコープ 暮らしにひとさじエッセンス」に安芸市在住の女性の記事が載っていた。私がこども食堂を開くきっかけを作ってくれた大切な人。彼女は、こども食堂や中高生限定の月1カフェを主宰するアグレッシブな3人の子どもの若いお母さんでもある。最近、メディアでもよく取り上げられていて私自身とても誇らしく思っている。記事の終わり近くに大切にしているのは、自分にも [続きを読む]
  • 創りだす未来
  • 雨あがりの庭に、色々な花たちが競い合いながら咲いている。新緑と花とのコントラストが美しい。久しぶりにNHK「四国羅針盤」を見た。四国そのものが急速に人口減少している。その背景を探るという番組。人口減少の要因の1つといわれる若者の人口流出。県外の大学に行き、そのまま都会で就職する。田舎には自分の望むクリエイティブな仕事がないから・・・とスタジオから四国出身の若者や四国に住んでいる若者たちの本音でのトーク [続きを読む]
  • 2017年・徳之島へ
  • 私のライフワークの1つ「徳之島慰霊の旅」から帰ってきました。この旅行の前から少しスケジュールが立て込んでいて、それを何とかクリアしてこの旅に参加した。夫の知人が同乗するというので、今年は車で鹿児島まで行くことになった。運悪く宿毛〜佐伯フェリーは船のドックのため、愛媛県八幡浜から乗船する。アバウトな夫は時刻表も確認していなく、八幡浜6:20→別府9:10のフェリーに。九州自動車道を鹿児島まで走る。途中の阿 [続きを読む]