pinktomato さん プロフィール

  •  
pinktomatoさん: BD cafe
ハンドル名pinktomato さん
ブログタイトルBD cafe
ブログURLhttp://white.ap.teacup.com/pinktomato/
サイト紹介文ミニベロでロードにどこまで迫れるか?ミニベロの限界を見極めるために走るミヤノサイクルワークスの戦況報告です。
自由文http://www2.plala.or.jp/a-miyano/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/10/05 14:17

pinktomato さんのブログ記事

  • 広島バイシクルフェスタ2016ミニベロ耐久レース
  • 長くミニベロレースを見てきましたが、レースを観戦して鳥肌が立ったのは初めてです。スポンサー供給フレームが最強であることを証明するために、プライドをかけた正真正銘の真剣勝負。先頭集団に複数の選手を送り込んだNAKAGAWAが優位にレースを展開。それに対して、1人で果敢に攻め続けたvoyAgeCyclingTeam。ピットインが無ければ、結果はまた違ったものになっていたかもしれません。普段ミニベロに乗らない登録選手が、本気で [続きを読む]
  • MCWトレーニングホイール販売開始
  • 長くミニベロレースを見てきましたが、レースを観戦して鳥肌が立ったのは初めてです。スポンサー供給フレームが最強であることを証明するために、プライドをかけた正真正銘の真剣勝負。先頭集団に複数の選手を送り込んだNAKAGAWAが優位にレースを展開。それに対して、1人で果敢に攻め続けたvoyAgeCyclingTeam。ピットインが無ければ、結果はまた違ったものになっていたかもしれません。普段ミニベロに乗らない登録選手が、本気で [続きを読む]
  • MCWトレーニングホイール
  • 長くミニベロレースを見てきましたが、レースを観戦して鳥肌が立ったのは初めてです。スポンサー供給フレームが最強であることを証明するために、プライドをかけた正真正銘の真剣勝負。先頭集団に複数の選手を送り込んだNAKAGAWAが優位にレースを展開。それに対して、1人で果敢に攻め続けたvoyAgeCyclingTeam。ピットインが無ければ、結果はまた違ったものになっていたかもしれません。普段ミニベロに乗らない登録選手が、本気で [続きを読む]
  • 11速メインベースホイール選定中
  • 長くミニベロレースを見てきましたが、レースを観戦して鳥肌が立ったのは初めてです。スポンサー供給フレームが最強であることを証明するために、プライドをかけた正真正銘の真剣勝負。先頭集団に複数の選手を送り込んだNAKAGAWAが優位にレースを展開。それに対して、1人で果敢に攻め続けたvoyAgeCyclingTeam。ピットインが無ければ、結果はまた違ったものになっていたかもしれません。普段ミニベロに乗らない登録選手が、本気で [続きを読む]
  • 重ければ重いほどいい!
  • 長くミニベロレースを見てきましたが、レースを観戦して鳥肌が立ったのは初めてです。スポンサー供給フレームが最強であることを証明するために、プライドをかけた正真正銘の真剣勝負。先頭集団に複数の選手を送り込んだNAKAGAWAが優位にレースを展開。それに対して、1人で果敢に攻め続けたvoyAgeCyclingTeam。ピットインが無ければ、結果はまた違ったものになっていたかもしれません。普段ミニベロに乗らない登録選手が、本気で [続きを読む]
  • 700C-TYPE-7Hカバーホイール生産開始
  • 長くミニベロレースを見てきましたが、レースを観戦して鳥肌が立ったのは初めてです。スポンサー供給フレームが最強であることを証明するために、プライドをかけた正真正銘の真剣勝負。先頭集団に複数の選手を送り込んだNAKAGAWAが優位にレースを展開。それに対して、1人で果敢に攻め続けたvoyAgeCyclingTeam。ピットインが無ければ、結果はまた違ったものになっていたかもしれません。普段ミニベロに乗らない登録選手が、本気で [続きを読む]
  • 2週続けて大正池
  • 長くミニベロレースを見てきましたが、レースを観戦して鳥肌が立ったのは初めてです。スポンサー供給フレームが最強であることを証明するために、プライドをかけた正真正銘の真剣勝負。先頭集団に複数の選手を送り込んだNAKAGAWAが優位にレースを展開。それに対して、1人で果敢に攻め続けたvoyAgeCyclingTeam。ピットインが無ければ、結果はまた違ったものになっていたかもしれません。普段ミニベロに乗らない登録選手が、本気で [続きを読む]
  • 世界に一台のGIOS
  • 長くミニベロレースを見てきましたが、レースを観戦して鳥肌が立ったのは初めてです。スポンサー供給フレームが最強であることを証明するために、プライドをかけた正真正銘の真剣勝負。先頭集団に複数の選手を送り込んだNAKAGAWAが優位にレースを展開。それに対して、1人で果敢に攻め続けたvoyAgeCyclingTeam。ピットインが無ければ、結果はまた違ったものになっていたかもしれません。普段ミニベロに乗らない登録選手が、本気で [続きを読む]
  • cover + wheel = coverwheel
  • 700C主力カバーホイール候補のクリアランス。アウターローはもちろんインナーローでも問題ありません。ちなみにMCWでは「ホイールカバー」とは呼びません。「カバー&ホイール=カバーホイール」。ホイールとカバーを極限までフィッティングさせることにこだわりますので、ベースホイールの選択が非常に重要です。 [続きを読む]
  • MCW SP BAND デリバリー開始
  • [画像]MCWスペシャルバンド、デリバリー開始です。価格は72本500円(税込・送料別)となります。通常、定形外郵便にて発送しますので、送料は140円となります。通常、もっとも本数を必要とするのが、24Hホイールの全箇所留めのパターン(24本)。この場合でも、バンド全交換3回できる計算となります。※カバーホイールをオーダーいただいたお客様には、一つサービスさせていただきます。 [続きを読む]
  • カバー発送完了
  • [画像]カバー発送完了しました。悩みまくりましたが、結局はシンプルなデザインに落ち着きました。フィッティングも完璧。ホイールバランス調整後、MCW指定Zタイでガチガチに固定してあります。バルブ穴からのぞく鉛板が、飾りじゃない実戦仕様であることの証ですね。エアについては、ヒラメの横カムで楽々入れることができます。明日にはお届けできると思うので、お楽しみに! [続きを読む]
  • ステッカー仕様カバー製作中
  • [画像][画像]MCWカバーホイールは、今後、塗装でいくことが本決定しているんですが、今回は納期が迫っていることもあり、久しぶりのステッカー仕様カバー。写真の状態で、24時間以上静置。その後、ステッカーの重ね貼りをしていきます。先日のピンク&シルバーよりも、グリーン&シルバーのほうが、今回は良い感じなので急遽変更です。 [続きを読む]
  • anti-C12 weapons
  • [画像]これまでひたすらミニベロのチューンアップを目的として、カバーホイールをバージョンアップしてきましたが、いよいよ700Cバージョンを正式に発売することにしました。今回のテーマは、「対カーボンバイク用兵器」。軽量化とは正反対のアイテムなだけに、鉄、アルミ、チタンなど、メタルフレームにこだわる自転車乗りの為のアイテムとして、まずはスタートです。メタルフレームに乗る自転車乗りというのは、軽さ以外の何 [続きを読む]