Nuss さん プロフィール

  •  
Nussさん: 漏斗胸Nuss法(ロート胸ナス法)治療闘病記
ハンドル名Nuss さん  
ブログタイトル漏斗胸Nuss法(ロート胸ナス法)治療闘病記
ブログURLhttp://routokyounuss.seesaa.net/
サイト紹介文漏斗胸の息子をNuss法で治療していただきました。息子の闘病記が参考になればと思います
自由文ロート胸の息子をナス法で治療していただきました。
ナス法は、まだ新しい治療法です。
ロート胸で悩まれている方、家族の方
息子の闘病記が参考になればと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 278日(平均0.3回/週) - 参加 2009/10/06 14:18

Nuss さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 治療後の経過
  • ステンレスバーを抜いた後も経過観察を受けることになります。レントゲン、目視、問診での検診となります。受診の期間は、1ヵ月後、3ヵ月後、半年、1年と、永くなっていきます。ステンレスバーを抜いた後の、息子の胸の形状は、残念ながら、完全にきれいな形状とは言えませんでした。また、10歳になった現在、成長の影響もあったのでしょうが、若干ロート胸が進行したようにも感じます。今も、パッと見ただけでロート胸と分か [続きを読む]
  • 高額療養費制度について
  • 高額療養費と言う制度をご存知だと思いますが、本制度は、1ヶ月に医療機関等に支払った自己負担限度額が定められた算出方法による自己負担限度額をこえた時に、請求により払い戻される制度とあります。つまり、月をまたがずに、その月内で入院から退院までを済ませた方がよりたくさん返金されると言うことです。例えば治療費が20万円かかりました、自己負担限度額が8万円だった場合、1ヶ月の間で治療が終了した場合は、20万円−8万 [続きを読む]
  • 治療費
  • 治療費は、国や各都道府県によっても助成制度が異なります。また、制度の変更なども行われているので、各都道府県に問い合わせてみてください。保険が効かなければ治療費は100万円程度かかるそうです。なんせ、ステンレスバーだけで20万円する代物ですから・・・(うちは記念にステンレスバーを頂きました)息子の場合は、大阪市の「乳幼児医療助成」に該当したため、ステンレスバーを入れる際の治療費はほとんどかかりません [続きを読む]
  • ステンレスバーの抜き取り手術
  • 3年後の小学校2年生の夏休みに、ステンレスバーの抜き取り手術を受けました。入院は2泊3日で行われます。当然、全身麻酔で行われます。手術は1時間程度で終了します。うちの息子だけだとは思いますが、術後、麻酔からさめて、直ぐに自分で歩いて、ベッドまで行きました。医師、看護師も驚いていました・・・ベッド横でも大人しくしているようにと看護師から注意を受けるほどでした。まあ、息子の行動から考えると、比較的に患 [続きを読む]
  • 矯正治療期間中の生活
  • 定期的に、医師の診断を受けることになります。レントゲンを撮り、ステンレスバーの状態、目視、問診による定期健診を受けます。日ごろの生活面においては「胸に衝撃を受けないようにする」「猫背にならないように、姿勢に気をつける」程度の注意を受けました。しかし、小さな子供なので、なかなか言うこと聞きません・・・・生活面では、特に注意することはありませんでした。他の子供たちと、全く同じ生活を送っていました。++ [続きを読む]
  • ナス法手術
  • 前日より絶食になります。全身麻酔されて、意識の無くなる息子。あとは、医師にゆだねるしかありません・・・・手術自体は3時間程度だったと思います。無事に手術成功!!しかし、先にも書きましたがこの手術は、大人でも耐えられないほどの、激痛を伴うそうです。息子も麻酔がきれた後、呼吸をするのも痛かったようで、弱々しく泣いていました。唾液を飲み込むのも、激痛を伴うようでした。術後、見た目でロート胸が改善されてい [続きを読む]
  • 淀川キリスト教病院で受診
  • 淀川キリスト教病院では1年ほど前から、ナス法手術を行っているとの事でした。レントゲン等を撮っていただき、ロート胸の具合を見ていただきました。覚悟していたことでしたが、心肺も少し圧迫を受けていることも分かりました。息子の体力、幼稚園、小学校の都合なども相談し、5歳の夏休みに手術を受けることになりました。手術前の検診で、息子の胸に合わせた、ステンレスバーの製作をしてもらいます。**** [続きを読む]
  • どうする息子のロート胸?
  • 息子の場合、生まれた時は、特に気になる程ではありませんでした。しかし、3歳を迎えた頃には、割った生卵がすっぽり収まるくらいの胸が凹んでいました。他の子供と変わらないくらい元気ではあったのですが、見た目の問題と、心肺を圧迫しているのでは?と言う心配もあり、インターネット等で、ロート胸を調べました。当時は、開胸手術が主流で、術後の写真なども見ましたが・・・「この傷では余計にコンプレックスになるだろう」 [続きを読む]
  • ナス法(Nuss法)ってどんな治療方法?
  • ナス法が発表される以前は、胸を大きく切開し、肋軟骨と胸骨を切断し、ひっくり返すなどの組み換えを行う手術方法しかありませんでした。手術にはかなりの時間を要し、胸には大きな傷が残り、決してきれいな仕上がりになるものではありませんでした。当然、それだけの手術になるわけですから、患者への負担も大きいものになります。ナス法は1998年に米国の小児外科医が報告した新しい手術方法で、開発者の名前であるナスがつけ [続きを読む]
  • ロート胸ってどんな病気?
  • ロート胸は、漢字では「漏斗胸」と書きます。ビンなどに液体を移す特に使用する、逆三角錐の形をした、あのロートです。つまり、胸骨や肋骨が先天的に変形してしまい、胸のみぞおち辺りが凹んでしまう病気です。逆に、胸が前に張り出してしまったのが、「鳩胸」と言われる病気です。1千人に1人位の確立で発病すると言われています。原因は、はっきりしていないそうですが、男性の方の発病率が4倍ほど高いと言われています。重度 [続きを読む]
  • 過去の記事 …