まさき@活き生きトレーナー さん プロフィール

  •  
まさき@活き生きトレーナーさん: だれもが幸せ体質になっていいんだ!−NLP&コーチ
ハンドル名まさき@活き生きトレーナー さん
ブログタイトルだれもが幸せ体質になっていいんだ!−NLP&コーチ
ブログURLhttp://ameblo.jp/awakeners/
サイト紹介文NLPと自分を活かすコーチングで自分が自由になってさらに、周りも幸せにする方法を提供します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2009/10/06 21:44

まさき@活き生きトレーナー さんのブログ記事

  • 【今週の“もう”ひとこと】環境に振り回されるな!
  • ▽▼▽ーーーーーーーーーーーーーーーーー▽▼▽  “楽観”力を鍛えて、逆境もチャンスに!      あなたのための“楽観力”NLP                  準備号△▲△ーーーーーーーーーーーーーーーーー△▲△ 【今週の“もう”ひとこと】 人間が環境の産物なのではない。環境が人間の産物なのである。ベンジャミン・ディズレーリ Man is not the creature of circumstances [続きを読む]
  • 【今週の“もう”ひとこと】等身大のヒーローになる
  • 【今週の“もう”ひとこと】 英雄とは、自分が出来ることをする者だ。ロマン・ロラン A hero is a man who does what he can.Romain Rolland 英雄というと、「普通の人にはなし得ないことを成し遂げる存在」そんなイメージを持つかもしれません。 実際、そう称される人は「すごいなぁ」と素直に思います。 ところが、人から見ると、あなた自身も「すごいなぁ」と思われているところがあったりする [続きを読む]
  • 「トラブルは起こるもの、問題はどう向き合うか」について考えてみた
  • 「データが使えなくなったぁ!!」  昨日の朝の第一声。  自分の自宅にあるMacのデータが 突然見えなくなってしまった。  幸いなことに 今着手しているものの 大部分は別の場所に保管してあったので なんとか仕事はできているけど、  去年までに蓄積した資料やテキストの データが使えなくなった。  動画データなんかもあるので  「造り直せばいいや」  という訳にもいかない  [続きを読む]
  • 「“言葉にならない”こと」について考えてみた
  • 「あぁ、なんて言ったらいいんだろう」 と表現に困ることあります。 それは  気持ちだったり、感動だったり 場合によっては、  新しいアイディア だったり。 僕自身、自分が感じている想いを言葉にするのがどちらかと言えば得意ではなかったりする。 いつも選んでいる言葉はもしかすると、70点くらいの厳密さで伝えているようだ。 親しい人であれば、その30点分をこれまでの付き合 [続きを読む]
  • 【今週の“もう”ひとこと】幸せを作るのは…誰だ
  • 【今週の“もう”ひとこと】 人は自分自身の幸せの名匠である。ヘンリー・デイヴィッド・ソロー Man is the artificer of his own happiness. Henry David Thoreau ちょっとした、幸せっていうものはあるもので、 寒い中での仕事の合間に温かい飲み物炎天下でのちょっとした木陰 その時に得る“幸せ感”は「何物にも代え難い」と思えたりします。 で、プライスは?で、大変さは? という [続きを読む]
  • 【今週の“もう”ひとこと】希望を配る人
  • 【今週の“もう”ひとこと】  リーダーとは希望を配るディーラーだ        ナポレオン・ボナパルト  leader is a dealer in hope.        Napoléon Bonaparte これまでの人生で、色々な“リーダー”に出会ってきたように思います。 …強引だったり、ある意味独りよがり だったりした人もいれば  良く話を聞いてくれる人もいれば  なかなか決めなくて前に進まない人もいました [続きを読む]
  • 「お前、“何様”のつもりだ」について考えてみた
  • 僕自身は、片手に足りないくらいしか生で聞いたことはないのですが・・・  「お前、何様のつもりだ」 というフレーズ。 まぁ、人に問う前に  「“お前、何様のつもりだ”という  あなた“様”こそ、何様のつもりで  いらっしゃるのでしょうか?」 ってところでしょうか。実際には言い返したことはありませんが。(不毛な戦いになるので…)  「自分を尊重しなさい」 と言う意思表示なので [続きを読む]
  • 「“正しいこと”」について考えてみた
  • 例えば、料理。レシピ通りに正しく作れば美味しい料理が出来る。 ただし、その料理の味付けが自分の好みかどうかによっては、その“美味しい”料理が出来るかどうかは分からない。 つまり“正しい”は望ましい結果に繋がるとは限らないのだ。 小学校で覚える年表の例で言えば鎌倉幕府の成立年は 1192年から1185年にしかも、  「何を以て成立とするか」 と言う定義によって、“正しい”は変わる。 [続きを読む]
  • 「相手には相手の世界があっていい」について考えてみた
  • どんなに相手のことを考えて言動をしたとしてもそれが、相手の想いに適うかどうかは別の話です。 そして、どれだけ丁寧にこちらの伝えたいことを抜けもれなく伝えたとしてもあいてがこちらの考えたとおりに理解してくれるかどうかもまた別の話。 物事には、いわゆる起こっている“事実”と呼ばれるものがあります が 全ての人がその“事実”を100%同じように捉えているかというとそうは行かない。 ひい [続きを読む]
  • 「良いときも悪いときもある」について考えてみた
  • いやぁ調子が上がらない日っていうのがあるもので …まぁ、ある人には有って、ない人にはない かどうかは分からないのですが  少なくとも、僕にはある訳で とはいえ、その 良い日には良い日なりの 悪い日には悪い日なりのやり方があったりします。 それを見つけてないとちょっとした状況の変化で日常はジェットコースターみたいになってた気が… 世界は、 僕自身がどうしたいか どうなりたいか 何 [続きを読む]
  • 「純粋に“反省”する」について考えてみた
  • “反省だけならサルでも出来る” っていう25年のCM  Youtube 1993年頃のCM 反省だけなら、サルでもできる。 …そのCM内で実際にしているのは 反省ではなく 謝罪…しかも表面的な このCM面白いは面白かったのですが個人的にはある違和感があって…それが、  あのCMの“人間”とされている登場者は 「“すみません”と頭を下げている」 のであって、“反省”にさえ至ってないという ところだっ [続きを読む]
  • 【今週の“もう”ひとこと】“やってみること”それが成功への秘訣
  • 【今週の“もう”ひとこと】 成功の8割は、 そこに行くかどうかで決まるものだ       ウッディ・アレン Eighty percent of success is showing up.        Woody Allen “成功したい”と思っても、なかなかそうはならないと思っているとき “どうなりたいか”がまだはっきりしていないから具体的ではないからだ と言われます。 確かに、“成功”の具体的な状況、状態をはっき [続きを読む]
  • 「厚意にはすなおに“感謝”したいんだよね」について考えてみた
  • 人から厚意を受ける。有形であれ無形であれ、もてなしを受けるのは、有り難い…でもちょっとくすぐったい。 …もっと昔は、照れくさい さらに昔は、申し訳ないという感じを覚えた。 その申し訳ない感じを覚えたくなくて なんだか迷惑に思えたりもしたこともあった そう、厚意をうける、いろいろともてなして下さることは、本当にうれしいしありがたい…まさに有り難い。 そこに、変なプライドみたいなモノが頭を [続きを読む]
  • 「“相手に合わせる”にも程度ってもんが…」について考えてみた
  • 私たちはどんな立場であれ人と人との間に生きているのだからその人達との関係を両向に保つのは大切な事。 だから、ときに譲歩、妥協することもある これが行きすぎると「迎合主義」になる。…相手の意向にあわせ(過ぎ)るってやつだ たしかにそうすると、相手の覚えはめでたくまぁまぁ上手く行く…事ばかりでもない。  「自分を持ってない」と言われたり  場合によっては 「目下」扱いされてしまう も [続きを読む]