まにあ管理人 さん プロフィール

  •  
まにあ管理人さん: まにあ管理人別宅
ハンドル名まにあ管理人 さん
ブログタイトルまにあ管理人別宅
ブログURLhttp://ameblo.jp/kimonomania/
サイト紹介文着物好きの日々徒然・・・黙っていれば良いものを。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/10/08 21:42

まにあ管理人 さんのブログ記事

  • 日航機墜落事故から32年
  • 長い間の読者さんはご存知と思いますが毎年この日は同じ記事を上げています 1985年の日航ジャンボ機123便墜落事故は発生から32年を迎えました うちの父は当時毎週のように同じ曜日の123便に乗っており連絡の取れなかった事故当日は家族関係者共に震撼していたのを覚えています幸い一便あとの125便に乗っていたため事故を免れましたが父にとっても多くの友人知人を失った事故でしたので搭乗券を捨てずに保管しています 飛 [続きを読む]
  • 花舟に波絽縮緬染め帯
  • 流水に舟に撫子、絽塩瀬の染帯ですこちらは悉皆屋さんで既に出来上がっていた図案を元にレイアウト大きさ配色を変えて作りました 前柄↓ ゼロから作り上げるのが基本ですが既にある図案を元に気になる部分を変えて作ることで私らしさが出るという現象は違った意味でとても気に入っています■■■■■■■■■夏らしい配色をあえて無視暑苦しくなりがちな古代紫を地色に戦前のイメージを追求しました新品なのにアンティークの香り [続きを読む]
  • 桔梗団扇絽縮緬染め帯
  • こちらのお太鼓はうすいうすいライトグレーの絽縮緬に桔梗を載せた真綿引きの団扇2011年夏にお客様に染めたものを地色や質感をチェンジして再試行です前回は白地の塩瀬でしたが今回は団扇の銀箔に合わせて地色を変えてみました 前柄↓また絽塩瀬ではなく絽縮緬にしたことで染めのニュアンスも変化して楽しいです優雅でクラシカルな夏の着こなしにいかがでしょうか帯地価格は16万円です お問い合わせとご注文は下記まで宜しくお願 [続きを読む]
  • 朝顔の染め帯
  • 赤紫と白の朝顔が大好きで毎年楽しみにしています今年は久々に絽縮緬で染め帯を作りましたいつも通りのたっぷり長い太鼓柄見えない所は柄付ナシなどとセコいのは苦手です赤紫と白が映えるよう地色は迷わず黒を?前柄です↑太鼓でもいけそう絽目をお目にかけたくフラッシュ花弁や葉っぱの濃淡が美しすぎます??季節を楽しむ着こなしに朝顔の絽縮緬染め帯帯地価格は¥16万円ですお問い合わせはお気軽に?お手数ですが下記までお願 [続きを読む]
  • けらく菴の夏帯
  • けらく菴は夏に強いですたぶんそれは私が夏の着物が大好きだからだと思いますとりわけ夏の染帯は他所様では品薄らしく思い切った柄が少ないのは十数年前まで消費者だった私もよく知ってます...あれ以降、市場がより潤沢になっているわけもなく夏の染帯のみ、けらく菴にいらっしゃるお客様も少なからずおいでですいつものお店では袷で操を立て夏はうちでコッソリ毎年、、、なんだか愛人みたいです今年もドキュンな夏の染め帯後ほど [続きを読む]
  • 大丸訪問着に扇面箔絽塩瀬
  • 華やかなお席に??ショートにしたのでマジメすぎる着物が似合わずかと言って砕け過ぎもはばかられけらく菴の大丸を着用しました紫の地色にピスタチオとベージュとマスタードのデカ丸を絞りで表現しました実物に近い色↓柄付はこのような感じ↓屋内フラッシュで茄子紺になりましたがこれもいいかも!帯は絽塩瀬、箔の扇面けらく菴ですよ?&若大将、きよちゃん、K上先生↓女が集まれば本番より長い2次回アフタヌーンティは充実の三 [続きを読む]
  • ビオトープ
  • うちの小さなbiotope睡蓮鉢に水草と魚青苔が元気だと魚も元気赤玉土のお陰で水もきれいです植木の水は鉢から金魚のフンやバクテリアを含み植物が無肥料で育ちます鉢にはその分の加水をしますからプクプクなしでも金魚は元気循環ですよ循環?澱まず生きたいです [続きを読む]
  • 単衣にしといてよかった?
  • けらく菴の茄子紺の本匹田小紋砂を掃いた地紋にポツンポツンとイクラちゃんが飛び帯好きにはたまらない秀逸土台です暑い日は4月位からチラホラ着始め、5月は常習もちろん、襟も帯も袷仕様のまま単衣になると夏帯をあわせて9月10月もフル稼働です新しい反物を前にすると着用期間を考えてついつい袷にしがち・・・・でも、単衣は意外と着用回数が多いのです単衣にして本当に良かったです [続きを読む]
  • グレーの着物は要注意
  • 若い頃はシックと地味を混同してました特に灰鼠は顔写りもよく料会的なイメージもよいため大得意に着ておりましたが今振り返るとまるで法事↑画像は無地本塩澤に芦辺の絽塩瀬帯留をプラスしてかろうじて街着に!本体(着る人)が若ければ地味な拵えにも勢いが加わりますからそれはそれでまだ見られる範疇私はもう相当来ちゃったんで危ない橋は渡りません浦澤月子さんの色と柄を読み返す時が来たようです [続きを読む]
  • 胴抜きはしない
  • 単衣の着物には目的というか用途が2つあり、一つは6月に着るためのものもう一つは4-5月に暑いから着るものこの着物は後者 胴抜き仕立は中途半端なのでしたことありません [続きを読む]
  • けらく菴の楊柳単衣に形見の茶屋辻
  • 暑くて厳しい五月も乗り越え漸く単衣月になりました単衣といえばまずは楊柳毎度のことながら袖の軽さに感動いたします?ラベンダー濃淡を肩身変わりに染め分けた一枚はお気に入りであると同時に纏う色見本でもあります赤味ラベンダー青味ラベンダー多くの人は何故か赤味が似合います今日は2名で軽い食事をし↓地下のアーケードで買い物と散歩そしてバーに移動私は車移動ですので好物のココナッツのアレ↓帯は身内の形見の丸帯を袋 [続きを読む]
  • 昨日の茶屋辻を単衣に再び
  • 昨日の記事にあげました祖母の茶辻を五月末に単衣の風通御召に合わせました 古い帯に合わせる着物は必ず現代ものです元々古着は買わないのですがうちにある膨大な量の身内着物や帯は絶対にそれ同士では合わせません 今回は西陣の風通御召にあわせ昭和クラシコを狙いましたがいかがでしょうか [続きを読む]
  • 50年目にして日の目を見た帯
  • 単衣の季節に突入して少々暑苦しい画像です申し訳ない? 戦争が終わってすぐに母方の祖母が刺繍した名古屋です 亀甲地紋の黒い繻子に茶屋辻がロウケツで延々と描かれ(おそらく祖父が頼まれてやった)刺繍がところどころ施されていましたが未完成品でした それもそのはずで前柄の位置を間違って刺繍していましたさんざん刺した後に気づいたらしくやる気を失ったのでしょうそのまま放置されていました& [続きを読む]
  • 夏の花
  • バラはひとしきり終わってしまいましたがベランダガーデニングは引き続き好調です 木賊も青々と勢いを増し・・・ グウタラに最適の日日草も相変わらず清らかで可憐しかし、毎度ながらの屈強さに頭が下がります 三回も越冬したベコニア小さいとしょぼいんですけどアフロ状態になると見事です段々と大きくなってきました 水枯れさせてはいけないので夏は長期間家を空けることはできません若 [続きを読む]
  • うちのバカ息子
  • 夏の風物詩猫のヘソ天 まだ六月だというのにいや、五月のうちから真夏のような暑さ猫たちも例年より早めにヘソ天が始まりました 幽霊のポーズも 手のひらサイズで拾ってまる六年になります元々猫は大好きなのですがうちには常に大きな犬がいたので飼うという発想にならず猫なし人生を歩んでおりました 拾った時はどうしようかと思いましたがどうにでもなるものですね犬とも大の仲良しです& [続きを読む]
  • 気温だけは宮古上布
  • 色もない〜♪柄もない〜♪宮古上布に首里花倉の九寸余りになんもないので帯留付けないと伊達締めのようです…帯巾せまいし 宮古は誤って脱水かけてしまい片手に乗るほどの塊になりましたが糊を入れて蘇りましたその前はハウツ一本を鵜呑みにして濡れたまま畳んで雑巾の香りに…どうにも高級品は相性悪いみたいですがこんだけ着れば本望でしょう…という位着倒しました今日はうっかり袖通しそうな気温ですとはいえ、今着たら [続きを読む]
  • 白地絽塩瀬・御所解
  • 夏のお出かけに最適な一本。迷わず、白地に多色使いの絽塩瀬をお勧めします。 柄はけらく菴オリジナルの「御所解」で先々月は待ちきれず塩瀬で染めましたが本命は夏物でした。とはいえ、塩瀬の仕上がりは若干ソフトでしたので夏むけに気持ちビビッドな色目に変更しました。 さし色はウチの着物を意識したのでご覧の通り・・・箔や金糸は2トーンほど白目に。さし色の数ほど着物が合います。ああ、こんな帯売ったら最後、全ての着物 [続きを読む]
  • 60年前のお手製茶屋辻
  • 母方の祖母が刺繍した茶屋辻亀甲地紋の緞子地に茶屋辻の総柄、所々にコッテリと縫い?前柄の位置を間違えてその後やる気が失せたらしく60年ほど放置されていました復元のために職方に打診するも中々の金額で躊躇する事さらに1年友人がサクッと縫い入れて蘇りました?私の手持ちの着物のうち、6枚ほどにピッタリあいました??初回はカリヤス色の黄八丈を選び出かけて参りました他人様の古い物は得意ではありませんが大切な家族のお手製と [続きを読む]
  • 下駄箱
  • 履き物が増殖していたので似たようなもの、履かないもの、を処分しました処分といっても人様にさし上げられる程度のものですので捨てたりはしません靴はバンバン捨てるのにどうしてなのでしょうか・・・ 随分すっきりしましたこれらの他には礼装もの、不祝儀用があるのみです好きだった阿波屋の雨下駄も履かないので差し上げることにしました風情があって良いけれど雨の日に外を歩きまわることはないし万一の為に撥水 [続きを読む]
  • うれしいK様の着姿画像
  • けらく菴の紗羽織けらく菴の十字絣白大島けらく菴の御所解塩瀬染め帯けらく菴車掌バッグそしてオリジナルの草履? 全身?ありがとうございます! けらく菴オリジナル車掌バッグ¥68000※税込発送費込着物にも洋服にもしっくり↓↓↓ お問い合わせと発注はyrp1568@gmail.comまでお願い申し上げます これからの季節にフル稼働の紗羽織生地選び色選びからご相談いただき最良の一枚をお [続きを読む]
  • 浅葱色の蝶々に黒地塩瀬の御所解A柄
  • 友人のご子息が某芸大に入学され・・・アーチスト誕生のお祝いの流れでやっとります スペインのフェリペ国王がご宿泊とのことで周辺は若干の物々しさがありましたがまあその辺は割愛 地紋お越しの蝶々の小紋+黒い塩瀬は御所A柄ヒネリのない春の一式に普通に高揚しました? 白い柄の飛び柄は大好き白襟と白足袋にリエゾンして全体がしっくりまとまります 試作当時のブログhttp://ameblo.jp/kimonomani [続きを読む]
  • マダムの御所解
  • 日本刺繍がお得意のお客様M子様うちのおばあちゃんが加工途中でやめた茶屋辻を修復くださり昨日は引き渡し日でした! ベージュの紋意匠小紋にけらく菴の黒地塩瀬の御所解き帯を?ベテランならではの余裕の着こなしがさすがのニコパチ野菜たっぷりのカレーを食べて着物のお話を中心に盛り上がり楽しく過ごさせていただいた午後でした一番肝心なお太鼓いつもの配色よりも若干抑えてみましたご愛用ありがとうございます & [続きを読む]
  • 紗羽織?解禁
  • 春の代名詞、紗羽織の解禁ですあわせた着物が何であれ、この一枚で春の風情 紗の生地は下の着物が透けて見え隠れするのでその対比を楽しむことが出来ますが今日の気分は敢えて着物と共薄にすることで(同系色の薄い色)ふわっとさせる楽しみ方・・・でした この日はピンクがかったグレーベージュの小帽子水玉小紋に灰桜の紋紗の羽織を合わせました帯は籠目と胡蝶を表現した帯屋捨松の名古屋こっくりした焦 [続きを読む]