並木 喬 さん プロフィール

  •  
並木 喬さん: 『私と中国石材』
ハンドル名並木 喬 さん
ブログタイトル『私と中国石材』
ブログURLhttp://namikitakashi.blog.so-net.ne.jp
サイト紹介文中国石材輸入、石材事業経営の事、カードゲームや麻雀、楽しく、時には厳しい思い出話も紹介して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/10/10 15:04

並木 喬 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お墓はパーソナル・パワースポット2016-3-17(その5)
  • その時の「分骨」の手続きは新規に求めた墓地所有の証明書と交換に菩提寺のご住職から分骨証明書をもらい再び新規墓所の管理者にわたして納骨するという手続きを経て、お墓を建立出来ました。私が求めたお墓は私が住むところから車で15分くらいの近くにあり、お墓参りにはとても便利になりました。今年のお彼岸も家族でお墓参りに行きますが、パーソナル・パワースポットであるお墓の前で私はいつものように話しかけをするつも [続きを読む]
  • お墓はパーソナル・パワースポット2016-3-16(その4)
  • どの家族にも、その家の事情というものがあるように、私の家族にも避けられない変化が起こりました。それは、父が今から20年前に死亡した後に5年程経って三男の弟が59才で急逝し、遺骨を父の眠る墓に納めてありました。そして、今から10年前に母が亡くなり、そのお墓に眠っているのでしたが、我が家の事情と云うのは父が建てたお墓は長男の私が受け継ぐという不文律が四人の兄弟の間にあったものの、三男が亡くなり、そのまま父 [続きを読む]
  • お墓はパーソナル・パワースポット2016-3-15(その3)
  • 私は男4人兄弟です。父親が菩提寺にある我が家のお墓を建て替える話をしていた頃は終戦後のことで、私はまだ小学生でした。ですから、その時父は40歳台の初めだったろうと思います。その時の記憶に一番残っていることは、棹石に彫りつける文字の原稿を自分で筆をとって書いては書き直しをしていたことです。無論、正面の文字は『並木家の墓』でした。そして、両側面、裏側にも色々と書きたいようで小さい筆文字で何やら書いてい [続きを読む]
  • お墓はパーソナル・パワースポット 2016-3-14 (その2)
  • お墓がパーソナル・パワースポットと考える根拠は、私自身これまで何回も、何10年にわたりお墓参りをして体験した事を通して感じて来たことがあるからです。お墓参りは必ずしも血縁関係のある人だけでなく、著名人の墓に目的をもって、或は旅先で訪れお墓参りするケースもあったりします。後者の場合はパーソナルという意味合いがやや薄れるのかも知れませんが、前者のケースが私の云うパーソナル・パワースポットなのです。墓 [続きを読む]
  • お墓はパーソナル・パワースポット 2016-03-12(その1)
  •  最近よくパワースポットという言い方を耳にします。私の理解としては、或る場所がそこを訪れる人に何らかの影響を与え、それにより力を得ることが出来るという場合に、そこがパワースポットと云われているのでしょう。その力とは人により、様々かも知れません。或る人は霊能力と思ったり、或る人は病気を治せたと思ったり又或る人は勇気や元気をもらったと思ったとか、普段ではあまり変化のない状態が、その場所に行ったことで何 [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(非日常) 2015-12-30 (終)
  •  ところで、そんなマカオで何もせずに終ったのかというと、そのようなことはなく、私にとってまたもやめずらしい体験をすることになったのです。これは記録に価する出来事でした。前に、バカラゲームの話を書いた時に、セオリーの一つとして「ツラは張れ」というのがありました。「ツラ」とは、バカラゲームの基本ルールである配られたカードの合計数字の末尾が大きいか小さいかで勝敗が決まるやり方で、その結果が見えるようにボ [続きを読む]
  • 最近身のまわりでおきた事(非日常) 2015-12-29 (その2)
  • 今年も何回かマカオに来て感じていたことは中国の政策の影響から、中国人客の減少が続いており、観光客も買物客も、そしてカジノ客もかつての人混状態が段々と解消してきたことです。新聞等でもそのことは報告されていて確かなことと思っていましたが、今回、今年最後のマカオということから、いつものLホテルだけでのテーブルばかりでなく以前に行ったWホテルのテーブルはどうだろうかとのぞいて見たくなり、向かいました。 [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(非日常) 2015-12-26 (その1)
  • 偶々中国深圳市に用事があってその帰途、マカオに立ち寄ってから今日(12/25)香港空港から帰国します。2泊3日のいつもの短い旅行です。忘れない中に体験したことなどを今朝ホテルで書いています。私の中国出張は殆ど福建省ですが、今回は久しぶりに広東省の深圳で実は出かける前にニュースで深圳の大規模な地すべりの事故がおきて、工業用地の工場や建物30棟が倒れて人が数十人亡くなったということを知り、相当程度混乱しているの [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-12-12 (その11)
  • あの麻雀卓のその後はどうなったのか。次の週の雀戦を行うにあたり、世話役の仲間が修理の業者に連絡をとり、試合前に直してもらうことになっていたのですが、早めに来る筈が遅れて来て、すぐに直しの仕事にかかってもらいその間に私達は昼食をすませる段取りとなりました。食事をすませた頃にはさすがに修理は完了していましたが、実はそれからのやりとりが、今回の話のヤマバなのです。修理代と出張費を支払うことになりましたが [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-12-7(その10)
  • 最近のブログを読み返して気づいたことがありました。或る日にブログは完結したことになっていまし たが、何となく終わっていない雰囲気がただよっているのです。私のくせで、その時、続きを書かねばならないような気がしているまま、終わらせようとする時「おわり」と書けずに「とりあえずおわり」等と書くことがあります。この「とりあえずおわり」とした話というのは中古の電動麻雀卓を入手したくだりで、結局手積み麻雀をす [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-28 (その9)
  •  私は料理について薀蓄を傾けるつもりではありません。というより知識もそれ程ないし、研究もしたことがないので専ら消費者の1人としての感想を述べているだけなので、ためにもならなければ腹のたしにもなりませんから読み捨てて下さい。 さて、どうやら肉食の摂取をこわごわ再開しつつあるわけですが、肉食で忘れてならないのはステーキです。これまで、随分ステーキは色々な場面で食した覚えがあります。その中の一つ、かつて [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-27 (その8)
  •  ことのついでに話を進めますと、肉料理でまっさきに出てくるのは、私の場合「すきやき」です。子供の頃に家で食べたすきやきの味がすきやきの味として印象づけられています。ですから、その時分の経験は相当大切だと今さらのように思います。 昨今は、すきやきのたれとして色々なメーカーものがスーパーに出ていて、それを使えば大概似たりよったりの味つけとなるわけでしょう。そこで美味しいすきやきを食べたいという時に、す [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-25 (その7)
  •  私の年令で「健康を保持する」ことと「体力をつける」ことには大きな隔たりがあると思うのです。というのは、どちらを優先させるかを自らに問うとすれば、今は「体力をつける」ことを先ず考えますので、自分にそれだけの若さ素地が残っている証拠だと思うことにしています。しかし、いまのところ体力をつけるという目標に向かってあれもやりたい、これもやりたいと頭の中で思いをめぐらすことが多いのですが、ただちにそのための [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-20 (その6)
  • この年令になると、やはり一番に関心をもつのは自分の「体力の衰え」についてであります。「健康を保つ」とはやや意味合いがちがって来ます。体力の衰えは、鍛錬により維持出来たり、増強したり出来るものがあり、常々この部分をどうにかしたいという願望はあるのですが、中々出来ていません。先般、私の喜寿を祝ってくれた中国の仲間の1人から太極拳教則のビデオを一式贈られて、これを見ながら実修すれば健康にもよいし、体力も [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-16 (その5)
  • その内容とは、私が20代の頃、もうれつに好きだったジャズの名曲や名プレイヤーの演奏が吹き込まれているというCD100枚セットものでした。曲のタイトルを見ているうちに、頭の中に若かった当時がよぎりました。曲の一つ一つが記憶によみがえって来ます。それらの曲のかなりのものが、バラ買いして今も私の手元にありますが、100枚全1000曲を超える集大成のこのCDをどうしようかと迷いつつ広告を捨てがたかったのです。この商品 [続きを読む]
  • 最近身のまわりでおきた事(日常) 2015-11-14 (その4)
  • 何かの時に「あなたの趣味は?」と聞かれたら何と答えるのか。少しずるい言い方をするとまじめに答えなくてはならない場面と、どうでも良さそうな場面とでの答え方はちがっています。いつもはこのような場面を想定して答えを用意していませんので、そのような時、答え方をどうするか一瞬とまどいながらも、あまり時間をかけずに答えて来たと思います。このテーマについて書いているのは、そのような場面に今遭遇したわけではあ [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-13 (その3)
  • 何と、またしても突然動かなくなってしまいゲームは中断せざるをえず、今度も雀卓の上板をあげて中をのぞきましたが、この機械は旧卓と構造が違っておりどうして直してよいか全くわかりません。そのうちにメンバーの1人が、実はこの雀卓は前に使ったことがあり直し方は多少わかるというので、あちらこちらいじくり回すうち、どうやら動いてくれてゲームは再開しました。その後、しばらく具合はよかったのでしたが、またまた動かな [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-12 (その2)
  • そんな時は、これまでは不具合の原因が分かっていますので、慣れたやり方でやりさえすれば、問題なく雀卓は機能するものと皆理解していましたのが突然様子が変わってしまいどうやっても下から上がってくる筈の牌が見えません。何回もくり返し試みましたがうまくいきません。そこでメンバーは異口同音もはや寿命だとさけび、その日はそのまま終了することにして、後で対策を別途考えようということになりました。ところが翌週になっ [続きを読む]
  • 最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-11
  • だいぶ以前に書いたことですが、会社設立後15年間私は好きな麻雀を絶っていましたところ、妻が私と社員とのコミュニケーションをはかる手段にと電動麻雀卓2セットをプレゼントしてくれました。かれこれ24年間使用して来ました。その使われ方はいつの間にか社員とではなく、今は私と同年代にちかい中老年の仲間とやるようになっています。今日はその麻雀卓の話です。 卓は2セットありますが、面子の関係で殆ど1卓でやることが多い [続きを読む]
  • カジノの話(その2) 2015-10-01
  • ところで、マカオに到着した初日の夜のバカラの話に戻します。この日の作戦を事前に立てていました。それは、日頃私のバカラ戦略の一つの毎回毎回勝負に参加しないで、確信があるときにしっかり勝負し、必ず勝ちを取るということです。この作戦を実行するにはあらかじめ自分に暗示をかけておく必要があります。これをしないとカジノマジックにかかってしまうのです。つまり、負けたら次に取り返す。勝ったら次も勝つとの思いが頭の [続きを読む]
  • カジノの話 2015-09-26
  • 久方ぶりにカジノの話をします。カジノで遊ばない人にとってはどうでも良いことだし、遊ぶ人にとっても所詮他人事で自分とは無関係と結局はどうでも良い事に違いないとは思いますが、私のカジノの歴史の中で、今までに経験したことがないような出来事を実際に体験したことなのです。どうでも良いことのついでにその事を考えて見ます。 今月9月17日から19日迄に訪れたマカオでの出来事です。マカオに着いた晩と翌日の戦いにつ [続きを読む]
  • 過去の記事 …