Avant-garde さん プロフィール

  •  
Avant-gardeさん: My Life & My Hobby
ハンドル名Avant-garde さん
ブログタイトルMy Life & My Hobby
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mylife_myhobby/
サイト紹介文オイカワ・タナゴを主とする日淡アクアリウム・釣りとわんこをメインに管理人の趣味を記録したブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/10/10 22:32

Avant-garde さんのブログ記事

  • 金魚追加初と水換え
  • ちょうど一週間前の事。立上げて一週間経っていなかったが、発泡スチロール屋外飼育の金魚に異常がなかったので早くも金魚を追加した。というより、今月のスケジュールを考えるとこの日しかなかったのが正直なところ。娘と金魚を買いに行き、私が一点物の更紗オランダシシガシラを選択、娘は丹頂を。そこに元気でコンディション良好だった東錦を足し、計3匹購入で帰宅した。続きを読む [続きを読む]
  • 近況
  • 水槽は水換えを定期的に行い順調であるが、飼い主は時間の合間で腰のケアをしながら年度末で超多忙。年明けから現在まで多忙のまま3月を過ぎようとしている。そんな中、気付けば前回12月前半に行った外部フィルターのメンテ時期が到来。ん〜、今月末か来月に実施出来れば…。結局冬場の最低水温は17℃止まりに終わってしまい、オイカワを筆頭とする婚姻色全快個体の消耗が心配な時季もやってきた。そこで、オイカワ水槽の魚達はと [続きを読む]
  • 野望再び…(前編)
  • ベランダの睡蓮鉢。昨夏の事になるが、娘と義母が網で採ってきたカダヤシ・モツゴ・ドジョウ、それに加えて買い足したメダカを飼育中。(注:これは私の範疇外)そして昨秋に金魚が追加され、そのまま冬眠となっていた。続きを読む [続きを読む]
  • タナゴ4種写るもアンバランス
  • こちらも昨日、バケツ2杯分の水換えを実施。そして作業翌朝である今朝、朝日が射し込んだ状態で様子を撮ってみた。婚姻色MAXのキタアカを追って撮影していたのだが、見返すと珍しくタナゴ4種が写っていた。矢印の赤:キタノアカヒレタビラ、白:シロヒレタビラ、紫:セボシタビラ、橙:ヤリタナゴ。この勢揃いの喜びも束の間、ド真ん中に写っているカマツカが大き過ぎでアンバンスな画に・・・。我が家に来た時は体長5〜6cmだ [続きを読む]
  • オイカワのピークは越えたかも…
  • 昨日は久々に多めの水換えを実施。外部フィルターを弄らなかったので、タンク1/2の水換えを行った。作業後の観賞で思った事だが、このブログの過去を振りかってみると婚姻色は薄れてきた様に感じられ、そろそろピークを越えたのかも・・・。でも、(写真では感じられないのだが)肉眼で見ると立派な尻鰭の赤は今が一番に思える。もう2月後半。今冬は暖かかったのか、結局最低水温が18℃止まり。これも含めて消耗が例年より大き [続きを読む]
  • 突如やってきた”さくら”
  • 先日の日曜の事。突然行ったさいたま水族館の後、普段は行かない遠方の大型ホームセンターへ寄り道をした。私はそこのペットショップで観賞魚を眺めていたら、嫁と娘が鳥コーナーで怪しい行動・・・。以前から欲しがってはいたのだが、ちょうどイベントで手乗り小桜インコを触らしてもらい、気に入ってしまってそのままお持ち帰りという出来レースに。名前は”さくら”、既に決まっていた・・・。嫁は急いでヒーターや鳥籠を準備す [続きを読む]
  • ダイレクトな餌やり
  • 先日の日曜の事。家族で近所へランチへ出たまま、そのまま高速道路に走ってプラプラと。結局、久々にさいたま水族館へ。本館は工事中で入れなかったが、展示されている日本淡水魚を暫し鑑賞。そして娘のメインイベントである、池の鯉への餌やり。草魚も多く居たが、口を水面から出して餌を求めてくるのは全て青魚だった。なので、カップから口の中へダイレクトな餌やりとなった。(笑)写真の個体は体長1m前後あったので、一口で [続きを読む]
  • 水槽掃除という水足し
  • ガラス蓋周囲の隙間が多い為、乾燥で蒸発が激しい熱帯魚水槽。二週間放置していたらタンク1/2まで減水してしまってしまい、昨日掃除を兼ねて水足しを行った。写真は作業後の様子。右側のミクロソリウムを一旦は後方に収めたものの、結局は浮いて流されて前まで出てきてしまった。(そろそろ何とか対処しようかと・・・)外部フィルターは大晦日にメンテナンス済なので、循環量も問題なく今回はノータッチ。また暫くは餌を与えるの [続きを読む]
  • セボシタビラの近況
  • ”朝日が射し込んだタナゴ水槽と久々遭遇”で久々に観察出来たセボシタビラ。俊敏に動くので、カメラで撮影出来るのも待ち構える時間がある時、そして朝日が射し込む時、これらの条件が一致した時しかチャンスがない。写真はセボシの中で一番手の個体。魚体は青みが増して尻鰭は白く、まるでシロヒレタビラの様であるが背鰭は赤い。初めて飼育してみて、「アカヒレタビラとシロヒレタビラの中間」という印象を持った。続きを読む [続きを読む]
  • ヤリタナゴの尾鰭が赤いのは?
  • 我が家のヤリタナゴ。青みが無いものの赤みは現れてきている。しかし、以前から気になっている事が・・・。それは尾鰭まで赤くなる個体が多い事。ネットでヤリタナゴの画像を探してもそんな個体は見つからなかった。これは何だろう・・・。 [続きを読む]
  • 朝日が射し込んだタナゴ水槽と久々遭遇
  • 今日も仕事の自宅待機当番。とりあえず朝一に起床したら、東南側から朝日が射し込んだタナゴ水槽と遭遇する事が出来た。暫しカメラを持って鑑賞。久々に色々と撮影出来たので今後はタナゴ水槽中心に記事を更新していく予定。それにしても、大量のヤマトヌマエビを入れてるにもかかわらず黒苔が目立ってきた。毎年恒例なのだが、水草活性の低下が原因であり、水温は温まる春までは我慢が続く。 [続きを読む]
  • 水換えで思った事
  • 先日の水換え、というかバケツ半分の水足しを行った熱帯魚水槽。今回は軽作業で終わらせたが、次回は水草のトリミングと右隅に流され出されたミクロソリウムを背景に戻す作業をしなければ・・・。しかし、これが流れ出た影響で裏に隠れ続けていたカージナルテトラが表に姿を現す様になってきたので、正直気が引ける部分もある。続きを読む [続きを読む]
  • まだ実現されない照明LED化
  • 今日はバケツ一杯のみの水換え実施。特別なネタもないので、数年前より検討しているオイカワ水槽の照明LED化の話を。今は蛍光灯のツインライト、白x1本・赤x1本。もう7〜8年使ってきたので壊れたら実行しようと思っているのだが、それ以外に根本的な問題がある。それは、LEDではコレといった赤系の照明が少ない事。我が家ではコトブキ製が殆どなので、照明もコトブキにしようかと当初は思っていたものの、赤系を求めると没にな [続きを読む]
  • 年末年始の休暇で気付いた事
  • (喪中なので)寒中見舞い申し上げます。昨年は弊ブログに沢山のご訪問頂き有難うございました。写真は、大晦日に公園へ連れて行く車中のジェイ。さてさて、今年の更新を始めるにあたり、まずは戯言から。年末の一日を仕事の自宅待機をしたのみで、残りは全て休みだった。こんな事は十数年振りの事。しかし、特別に長距離外出する事も無く、何だかんだで日常生活を送るのでいっぱいだった。殆ど休めなかった頃は、「釣りに行きたい [続きを読む]
  • 2016年 大晦日
  • これが今年最後の記事。先週の連休ぐらいから水槽掃除する時間なら何時でも取れると思ってきたが、結局は休日出勤と自宅待機、平日は仕事で徹夜したり遠方出張、それに野暮用で大晦日を迎えてしまった。たった今、年越し蕎麦の汁を完成させたところで、これから簡単な水槽掃除を予定している。これだけは年越ししたくないので・・・。話は変わるが、今年は夫婦両方の親に不幸があり、この正月は喪中。なので、例年以上に地味な正月 [続きを読む]
  • オイカワ同士のバトル再び
  • もうピークを越しただろうと思っていたオイカワ達。婚姻色は咲いたままだが、このところ静かになっていたので・・・。ところが、ヌマムツの産卵行動を観察した時に、オイカワはオイカワでバトルをしている事を確認。オイカワといい、ヌマムツといい、カネヒラといい、この熱いまま新年を迎える事になる。 [続きを読む]