N先生 さん プロフィール

  •  
N先生さん: 西川純のメモ
ハンドル名N先生 さん
ブログタイトル西川純のメモ
ブログURLhttp://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/
サイト紹介文新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供892回 / 365日(平均17.1回/週) - 参加 2009/10/12 07:23

N先生 さんのブログ記事

  • [大事なこと]コミュニケーション力
  •  コミュニケーション力という言葉がよく言われるようです。でも、誤解があるように思います。コミュニケーション力とはぺらぺらはなせる能力ではありません。人とつきあえる能力です。つまり、訥弁であってもいいのです。  これから必要な英語力は英語を喋り、聞く能力ではありません。そんなの携帯が全てやれる時代なんか直ぐに来ます。かなりのレベルは大丈夫。では、未来の英語力とは、英米人と永続的な信頼関 [続きを読む]
  • [大事なこと]前提
  • 人間は、暗黙の前提を設けています。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl… おそらく、川島先生は、一人がスマホを黙って使っている状態を想定しているのだろう。一人がスマホを使って、それを数人で議論して使う状態は想定していないのだろう。ま、しょうがない。 追伸 もし、これが正しいならば、日本中の仕事場でインターネットを禁止した方が生産性が上がるはず。 ツイートする [続きを読む]
  • [大事なこと]部活
  •  お叱りを覚悟で申します。  部活は学校に必要だと思われています。でも、教科の時間に何故それが出来ないのでしょうか?我々は全ての子どもに責任がある。もし、部活がないと駄目なら、部活をしない子どもはどうなるのだろう。そして、そんだったら部活を本務として位置づけ、労働基準法に合致する勤務体系を構築すべきだ。  筋が通らない。 ツイートする [続きを読む]
  • [大事なこと]アメリカ
  •  政府の中で高等教育でアクティブ・ラーニングを推進している人たちは日本の教育を良いとは思っていません。そして、アメリカの教育を良いと思っています。  アメリカの教員の雇用形態、授業の仕方を学ぶべきです。少なくとも若い教師の場合は。もしかしたら、未来の自分。  アメリカでは夏休み中の研修もありません。部活指導もありません。なにもありません。従って、給与も出ません。そう考えると、夏休 [続きを読む]
  • [大事なこと]主体的・対話的で深い学び
  •  今から思えば、アクティブ・ラーニングを主体的・対話的で深い学びに代える言葉遊びをしたあたりから、政府は文科省を見限ったのかも。政府は生き死にのレベルで考えているのに、文科省は教育のレベルで考えているから。  教師は、教科書のことを教えれば、子どもの将来に繋がると単純に考えます。そして、それが本当か否かを問いません。責任も負いません。それと同じ。有力な選択肢が与えられたら淘汰される。 [続きを読む]
  • [大事なこと]フリースクール
  • もしかしたらフリースクールが公教育になるかもしれない。 今だったら。 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20151114/1447473170 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20151114/1447446927 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20151015/1444860489 しかし、それは学習指導要領によるコントロールの放棄。 そうなったら、激しい生存競争が起こる。 ツイートする [続きを読む]
  • [大事なこと]潰す
  •  以前、以下を書きました。  http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20170221/1487626092 ところが、文部科学省ではなく経済産業省が、それをやろうとしています。  http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H2M_R20C17A8EE8000/ 私立の中には、飛びつくところもアルだろう。そして、結果を出すだろう。そうなったら・・・・  安倍首相は本気で文部科学省を潰すつもりなのだろうか・ [続きを読む]
  • [大事なこと]出口
  • ENIACという初期のコンピュータが出来たとき、「全ての問題はこれで解決できる」といった人がいました。馬鹿馬鹿しいですが、それまでのレベルで問題を考えれば、そう思うのでしょう。 私は毎年講演の内容を変え続けています。その背景には、学術研究のレベルアップしています。 が、最近の講演をやりながら、究極に達したと感じるのです。 ま、今までもそう思ったことがあります。が、半年以内に次の道 [続きを読む]
  • [大事なこと]衝撃の事実
  •  昨日の飲み会で信頼する方から衝撃の事実を教えてもらいました。  ここで書けないほどのラディカルな事実。  一つ一つの根拠は正しい。論理的に正しい。それが起こるまでの時間スケールもありえる。  が、認められない。  で、とりあえず様子見。  これって、私の講演会を見た人の反応なんだろうな、と思います。  非常におもしろい経験です。 ツイートする [続きを読む]
  • [親ばか]晩酌
  • 久しぶりです。 これだけ、更新がないのは久しぶり。 水戸、柏、鶴ヶ島のツアーを終えました。 大学では、数日でたまった仕事をこなし、家で晩酌しました。 思うこと、家だと、なんでこれほどで酔えるのだろう・・・ 出張中の5分の1以下で酔える。ふ、し、ぎ ツイートする [続きを読む]
  • [大事なこと]主体はこちら
  •  何度か書いたことですが、繰り返します。  アクティブ・ラーニングとは何か?主体的で深い学びとは何か?という意見は様々です。では、正解はどれでしょうか?  正解なんてありません。  中央教育審議会には様々な人たちが参加しています。同じ言葉を全く違う意味で使いながら議論が進みます。そして最後は両論併記、三論併記、いや、委員の数の全てを併記した最小公倍数が答申なのです。だから、記 [続きを読む]
  • [大事なこと]怪しげなキャッチコピー
  •  ネットに「『学び合い』って、「誰でもいますぐ実践できて、かつ、今よりはマシな授業になる」っていう夢のような文句が宗教チックなんですね。」との指摘がありました。全くです。ネット上に氾濫する「これで痩せます」というサプリがいくつもいくつも流れますが、それを調べようとしません。そして、「そんなバカな。それが本当だったら広がっているはず」と思います。  でも、実際そうなんですから、仕方があ [続きを読む]
  • [大事なこと]思い出
  •  これは今まで書いたことが無いことを書きます。  成人式で荒れる人がいたとき、その人を教えた中学校、高校の教師がその子を押さえられるでしょうか?きっとむりです。  私が高校教師時代。9時に授業が終わっても、校舎の周りで子どもたちがたむろします。彼らにとって憩いの日々です。彼らは朝から夕方まで仕事をしています。仕事場では最下層でしょう。  私の担任の一人が休みがちになり、ず〜っ [続きを読む]
  • [大事なこと]成人式
  •  各地の成人式が荒れていますね。その対策として、「公務執行妨害で直ぐに逮捕する」というものがありますし、偏差値別の成人式にするというものがあり、穏当な解決策として「成人式をやめる」というものがあります。  残念ながら、現状の学校で行われている対策と同じレベルです。  本日、ゼミ生が「地元に帰って西川先生が言っている地域コミュニティの大事さを実感しました」と言いました。私が「どうい [続きを読む]
  • [大事なこと]信じることの効用
  •  私は「公教育において一人も見捨てない(正確には、一人も見捨てないことを諦めない)ことは絶対である」と信じています。 私は「多様な人と折り合いを付けて自らの課題を解決することを学ぶことが圧倒的に重要である」と信じています。  私は「どんな優れた一人の教師よりも、有機的にネットワークを形成した子ども集団の方が有能である」と信じています。  つまり私は『学び合い』を信じています。 [続きを読む]
  • [大事なこと]信者と支持者
  •  『学び合い』は宗教と言われ、『学び合い』実践者は信者と言われます。  あえて言います。『学び合い』は宗教で、私は信者だと。ただし、慌てて補足します。私の考える宗教の最も成功したものは数学だと思っています。私の考える宗教の定義は「あることに関して疑わず信じ、それをもとにして行動すること」です。  例えばペアノは自然数を 1)自然数 0 が存在する。 2)任意の自然数 a にはそ [続きを読む]
  • [大事なこと]人を見る
  •  とても大事なことで、当たり前のこと、でも忘れられていること。  学習が成立するには本人がやる気になるかどうかです。やる気に成りさえすれば、どんな授業でも学習は成立します。一方、やる気が無ければ、どんな授業も学習は成立しません。それは大村はま先生の授業ですらそうです。  当たり前ですよね。次です。  子ども達がやる気を持っていないとき、そのやる気を引き起こさせるのは誰の仕事で [続きを読む]
  • [大事なこと]答えではなく応え
  •  まっとうなご指摘をいただいたので、私なりに誠意を持って反応したいと思いました。以下、二重括弧内がご指摘です。 『『学び合い』が穿った見方をされる理由を整理してみた 知らない人もたくさんいるでしょうから、私の得意な前置きをします。 学び合いは、人と人との間で起きる学び合う状態を指しますから、世界中いたるところに、そしてどの年齢にも起きているものです。 『』という二重鍵でく [続きを読む]
  • [大事なこと]トライしてください
  •  私は仲間の方々が積極的に本を出して欲しいと願っています。それを実現するにはどうしたらいいか考えています。  現在、『学び合い』を知らない、もしくは誤解している方に理解してもらうには、色々な入り口があるべきなのです。学習者は多様であり、一人一人の理解の仕方が違います。従って、最善の教え手は一人の教師ではなく、子ども達です。私のように『学び合い』に二十年弱、どっぷりと浸かっていると初心 [続きを読む]
  • [嬉しい]ご批判
  •  ネットで『学び合い』の分析があった。実に、まっとうなご指摘だと思います。このような意見だったら、まっとうに議論できる。ありがたいと思います。 http://go-public.tomosen.net/?eid=99  ま、一言弁明すれば、私に関して言えば、多様な人に向けた方便を語っているのです。当然、その中には誤解を受けるものもあります。逆に言えば、ご指摘に対することも既に書いています。ま、全てを読むのは難しいで [続きを読む]
  • [大事なこと]勝手連の連鎖
  •  『学び合い』の会の最初は新潟での第一回のフォーラムです。次は群馬の会です。『学び合い』で学校作りをした八幡小学校の人が開きました。その会に宮城県から3人の先生がこられました。懇親会で宮城の会を開こう、とノリで決めました。そして開催されました。  その懇親会に、社会人枠で教員採用試験に合格した人がいました。つまり、まだ、務めていない人です。その人が、こんな会を東京でも開きたいと言いま [続きを読む]
  • [大事なこと]『学び合い』の会
  •  全国の大きな書店に行けば『学び合い』関係の本がかなり置いています。  何故、おいているのでしょうか?それは売れるからです。つまり買っている人がいるのです。我々が願うほど広がってはいませんが、我々が恐れるほど広がっていないわけではありません。身銭を切って学ぼうとする人たちの中に占める、『学び合い』実践者、『学び合い』に興味を持っている人の割合はかなり高いと思います。  現在、『学 [続きを読む]
  • [大事なこと]共存
  •  『学び合い』と従来型を共存させることが出来るか?  政治的には「出来ます」と行った方がいいことは分かっています。でも、それは他の人が説明してくれるでしょう。だから、私は言います。「できません」と。  民主的な専制政治はありえるでしょうか?  どこかの国ではありえると思っていますが・・・  ただし、民主国家においても専制政治を是とする人はいますし、専制政治の国においても民 [続きを読む]