N先生 さん プロフィール

  •  
N先生さん: 西川純のメモ
ハンドル名N先生 さん
ブログタイトル西川純のメモ
ブログURLhttp://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/
サイト紹介文新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供853回 / 365日(平均16.4回/週) - 参加 2009/10/12 07:23

N先生 さんのブログ記事

  • [大事なこと]アクティブ・ラーニング
  •  学習指導要領にアクティブ・ラーニングという言葉は使わない方針です。それが決まってから色々な人から「何故ですか?」と聞かれました。あまり何度も聞かれるので、外野の一人として、まとめたいと思います。完全な想像であることを最初に申します。  まず、公的には「学習指導要領は広い意味での法令であり、しっかりした定義のない片仮名語はなかなか使えない」と説明しています。  しかし、これは噴飯 [続きを読む]
  • [大事なこと]次の一歩に進むために
  •  今年度から『学び合い』に取り組んだ方だったら、もう山は越えていると思います。『学び合い』は最初の3ヶ月ぐらいが山です。それを超えれば、「あ〜、こうすればいいのね」という感覚が分かります。そして3学期を終わる頃には、「こんな風に子ども集団は変わってくるのね」という感覚を得ます。  思い出して下さい。  教員人生で一番忙しかったのはいつです?おそらく初年だと思います。ところが、2年目 [続きを読む]
  • [大事なこと]よき教師2
  •  不遜なことを申します。  私の講演を聴いた方だったら、平均的な大学教師より上手いことが分かると思います。30年間、ずっと大学教師だったのです。何故、そうなったか?私の教師としての原体験である高校教師の時代が私を形作りました。  暴走族相手の物理の授業で、笑わせ、泣かせ、授業に集中させることは可能です。ポイントを押さえればいいのです。ようは、全員を分からせることは無理でも、全員を分 [続きを読む]
  • [大事なこと]よき教師
  • 私はゼミ生にも上越訪問するお客様にも、会った最初に「森羅万象、天地間の全てのことに応えましょう」と言います。不遜な物言いです。が、私はこの20年間、毎日20〜100のお悩み相談を誠意を持って応えています。だから、色々なことを学んでいるのです。本日も、学びました。紹介します。 ******************************** こんばんは西川先生。 上越で本当にお世話 [続きを読む]
  • [大事なこと]連帯責任
  •  ある学校でテストの結果で連帯責任をとらせたそうです。その結果、学力低位の子が虐めに遭い、退学に追い込まれたのです。当然の結果です。  『学び合い』でも「全員達成」を求めています。  似ているように見えますが、根本的な違いがあります。  色々な違いがありますが、分かりやすい違いがあります。  前者の場合は、達成しなかった場合にペナルティーを課します。『学び合い』はペナルテ [続きを読む]
  • [大事なこと]二分の一成人式
  •  二分の一成人式に関して、一部の子どもの気持ちを考えないような方法で実施されています。私には、それで苦しむ子どもの顔がありありと見える。  私も定時制に勤めて、そんな子がいることを初めて知りました。確実に、私の小中高大の同級生の中にいたはずですが、それを意識することはなかったです。当人がそれを隠しているならば分かりません。隠し方の一つに、とてつもない問題を連発するという子の場合、「乱 [続きを読む]
  • [ゼミ]大学院
  •  FBを見ていると、本学教職大学院を修了した人が、大学4年間より濃い2年間だったと書いている人が多いですね。ま、当然だと思います。学費より遙かに多いものを得たと確信しています。  何故か?  大学学部の指導教官である石坂先生から「高校までは学ぶ気が無くても教えてもらえる。大学は学ぶ気がある人だけ教えてもらえる。大学院は学ぶ気がある人も教えてもらえない。」と教えてもらいました。その通 [続きを読む]
  • [大事なこと]2分の1成人式
  •  2分の一成人式をやるか、やらないか。意見の分かれるところです。  でも、その議論に決定的に欠けているのは、方法の是非を語るけど、目的の吟味がなされていない。いかにも、いまの教育的です。(http://makomako108.net/2017/01/05/nibunnoichiseijinshiki5/?platform=hootsuite)  2分の1の成人になった子どもたちに、その自覚と促し、残りの2分の1の未来像、そして、成人してからの未来像を持た [続きを読む]
  • [大事なこと]不登校
  • 不登校の子がいます。 その子がクラスに戻ると、クラスのみんなにどんなメリットがありますか? 教師がこれに応えられない限り、不登校の解決は出来ません。 教師が「その子」のため、我が身のために不登校を解決したいと思っている限りは、子ども達は本気になって行動しません。人は自分の利害で中長期の行動をします。 クラスのみんなが「その子」と学びたいと思わない限り、その子の居場所はクラ [続きを読む]
  • [大事なこと]校長
  •  私は色々な研究をしています。  例えば、学校に出入りしている業者にインタビューをして、校長が替わると直ぐに職員室の雰囲気が変わることを明らかにしています。例えば、今までは荷物を持ってきたら「ご苦労様」と声をかけてお茶を出していたのに、「そこに置いておいて」だけになります。  また、本学に派遣される現職者に仕えやすい校長と、仕えにくい校長の違いを聞きました。その結果、見事に『学び [続きを読む]
  • [う〜ん]進学校
  • 進学校の評価が東大何人、国公立何人ということだと、いくらでも歪に出来る。具体的には、どんどん切り捨ててもいいことになってもOKになってしまう。恐ろしいことだ。 せめて、国公立以外が何%という評価になれば、劇的に変わる。 ツイートする [続きを読む]
  • [おさそい]ぐんたまの会
  • 今週末、埼玉県本庄市でぐんたまの会が開かれます。 第24回『学び合い』ぐんたまの会 日時:平成29年3月25日(土)15時〜 場所:本庄市児玉公民館 和室 住所:埼玉県本庄市児玉町八幡山368番地 お茶菓子代として、100円をいただいています。 お茶菓子の持参大歓迎です。 ツイートする [続きを読む]
  • [大事なこと]コントロールの仕方
  •  集団をコントロールする仕方は『学び合い』とそれ以外ではかなり違います。  暴走族相手に物理の授業をやったときは、徹底的に計画した劇を最高に演じる必要がありました。しかし、これはもの凄く疲れるし、時間がかかります。そのうちに気づいたのは、クラスにはボタンがいくつもあることです。あの子をいじれば面白いことを言ってくれる。あの子に応えさせれば、みんながうなずいてくれる。あの子に任せれば、 [続きを読む]
  • [大事なこと]無理
  • 一人一人を理解し、とか、一人一人に寄り添って、という教師がいいらしい。 無理なのに。 二十年以上連れ添った愛する妻一人でも出来ていないのに。赤の他人の子ども三十人に出来るわけない。 でも、三十人の子ども集団だったら理解し、寄り添うことが出来る。 コップ一杯の水分子の挙動を記載し、予測することは出来ない。たった一つの水分子ですら無理だろう。でも、それらの集合である水の挙動を [続きを読む]
  • [お誘い]追伸
  • 昨日、主体性のことを書きましたが、それは「資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き、アクティブな授業づくり改革編」(明治図書)78頁に書いてあります。 その前では、一般的にやられている、最初に5分間考えさせてから交流させることの馬鹿馬鹿しさを簡単な理屈で説明しています。 そして、後の節では授業における「責任」は誰がとるかを説明しています。教師がとるのは当然ですね。でも、子 [続きを読む]
  • [お誘い]プリント集
  •  『学び合い』で「深い学び」にトライしたい中学校数学の先生は少なくないと思います。その先生方、一番心配なのは課題です。それにどんぴしゃりの本です。 「主体的・対話的で深い学び」にまずは週イチで取り組める課題プリント集! 『学び合い』によるアクティブ・ラーニングなら、プリント1枚で、1時間の授業がサクサク進められる! 授業のなかでどんなタイムスケジュールで、どんな声かけをして授業 [続きを読む]
  • [う〜ん]トワイライト
  •  トワイライトという言葉があります。日没まもなく、日の出前の、朝とは言えず、夜とも言えない時です。今の状態が、そうですね。平成28年度とも言えず、平成29年度とも言えず。  しかし、平成28年度にするべきことは全てしました。そして、平成29年度にやりたい悪巧みを妄想し、関係者と良い悪巧みをしています。心は29年度です。ただ、子ども達への思いは28年度です。巣立つゼミ生は、まだ「ゼミ生」です。来年 [続きを読む]
  • [ゼミ]スライドショー
  •  16日の西川ゼミの追いコンのスライドショーができあがりました。本当はビデをも撮っていたので、それをアップしたいのですが、発言内容がぶっ飛んでいたので、ゼミ生から反対されました。本当は、そっちの方が面白いのですが・・・・  https://youtu.be/qrauTQxyNq0 ツイートする [続きを読む]
  • [大事なこと]主体的
  •  私は大きな飲み会の時は、目立たないところに座っているのが好きです。そんな私の脇に座って話しかけてくる人がいました。その方とは色々な話をしましたが、その中で「協同学習と『学び合い』との違いは、教師が主体的であるのと、子どもが主体的であるとの違いですか?」と聞かれました。典型的な誤解です。以下のように応えました。 『教育なのだから教師が主体的であるのは当然で、『学び合い』もそうだよ。で [続きを読む]
  • [嬉しい]青空
  •  本日は卒業式・修了式の日です。天気に恵まれて、抜けるような青空でした。その青空を見て思い出したことがあります。大学院の修了式、学部の卒業式、また、それに連動する会のことを思い出すことは出来ません。三十年以上の昔のことですから。しかし、ハッキリと今でも覚えていることがあります。  下宿の最後の荷物を車に詰め込み、7年間過ごした筑波を出発するときの日です。抜けるような青空でした。下宿を [続きを読む]
  • [大事なこと]幸せ
  •  本日は、ゼミの追い出しコンパです。  ゼミ生と話しているとき、「大学教師になるより、高校教師のままでいたほうが幸せだった」と言いました。ゼミ生が「どういうところですか?」と聞いたので、即座に「子どもとの間合い」と言いました。  教師の喜びは、子どもとの関係にあります。業です。本来は、子ども「たち」との間合いとすべきですが、DNAにあるブログラムは必ずしもそうではない。 ツイー [続きを読む]
  • [お誘い]飛び込み授業
  • 大阪の福島さんからのご案内です。飛び込み授業で、学年横断、学校横断を実現しようと実現します。福島さんの文章は以下の通りです。お誘いします。 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 2週間前に何年生のどの単元かを教えて頂ければ、僕が『学び合い』の飛び込み授業をします。ご要望があれば、ご連絡下さい。可能な限り行きます‼ boku_doraemon_lucky21@yahoo.co.jp [続きを読む]
  • [う〜ん]彼岸島
  •  彼岸島という漫画があります。理系としては荒唐無稽です。捕食者と被捕食者の比率が成り立ちえません。巨大化したモンスターが写されますが、内骨格の強度を考えます。陸上でそれをなさしめるとしたら、新素材が必要です。  ま、フィクションです。が、ちゃんと事実に向き合った漫画はじんわりときますし、何度も読めます。何にも考えず、勢いで書いている漫画は一度きりですね。 ツイートする [続きを読む]