おてんきぷらぷら さん プロフィール

  •  
おてんきぷらぷらさん: おてんきぷらぷら
ハンドル名おてんきぷらぷら さん
ブログタイトルおてんきぷらぷら
ブログURLhttp://gold.ap.teacup.com/dhyoshiaki/
サイト紹介文スポーツ観戦(FC東京ソシオ)・ウォーキング・カメラでの街中スケッチと元気おじさんをきどっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2009/10/12 12:32

おてんきぷらぷら さんのブログ記事

  • NISSAN CROSSING
  • 5月17日、会社帰りに、GINZA PLACE(1F、2F)『NISSAN CROSSING』へ。[画像]旧、日産銀座ギャラリーが昨年9月にリニューアルし、『NISSAN CROSSING』になりました。HPによると、お客さまに「ワクワクする未来のドライビング体験」をお届けする『ニッサン インテリジェント モビリティ』の発信拠点。デザインテーマは「Spiral」。お客さまの感動や体験、過去から現在そして未 [続きを読む]
  • vs 柏レイソル〔J.League Division1第11節〕
  • 5月14日『FC東京 vs 柏レイソル〔J.League Division1第11節〕』味の素スタジアム。[画像]ここのところ4連勝(3戦連続クリーンシート)の東京に対し、同じく4連勝中のレイソルとの上位対決となった一戦。リーグ戦上位陣へのチャレンジャー争いに、一歩も引くわけにはいかないゲームでしたが、結果は「1−2」の敗戦、いいとこ無しの完敗でした。ゲームは、先制されるまでは互角の闘いに見えたのですが、先制を許すと、浮 [続きを読む]
  • vs ベガルタ仙台〔J.League Division1 第10節〕
  • 5月7日『ベガルタ仙台 vs FC東京〔J.League Division1 第10節〕』[画像]GW最終日、1年ぶりの仙台へ日帰りの旅。ユアテックスタジアム午後2時キックオフにて、ランチは牛タンを、晩餐は海鮮居酒屋&お寿司のパターンで、旅の目的が明確なだけに、あとは晩酌のつまみに勝点3がほしいところなどと、朝一東北新幹線では既に手酌酒。さて、FC東京は、前節広島戦と同じスタメン。高萩、梶山のダブルボランチに、前田、大久 [続きを読む]
  • vs FC琉球〔J.League Division3 第7節〕 
  • 5月6日『FC東京U-23vsFC琉球〔J.League Division3 第7節〕』味の素フィールド西が丘。[画像]2016年7月23日、城福監督のラストマッチとなったJ1リーグ2ndステージ第5節、川崎フロンターレ戦。右膝を負傷し、担架に乗せられ、顔はゆがみ悶絶姿でピッチから退場した米本拓司。後に右膝前十字靱帯断裂及び内側側副靱帯損傷と判明、翌8月にスペイン・バルセロナの病院で再建手術を受け全治8ヵ月との発表を聞く [続きを読む]
  • Japan Ground Self-Defense Force Public Information Center
  • 5月5日『?りっくんランド?陸上自衛隊広報センター〔陸上自衛隊 朝霞駐屯地〕』を見学。[画像]時事通信[ソウル時事]発、5日、朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、黄海の南北軍事境界線に当たる北方限界線(NLL)に近い茂島や長在島の防衛隊を視察した。とのこと。本報に触発された訳ではありませんが、陸上自衛隊朝霞駐屯地内の陸上自衛隊広報センターを視察しました。我が国の陸上自衛隊の役割につい [続きを読む]
  • vs サンフレッチェ広島〔J.League Division1第9節〕
  • 4月30日『FC東京 vs サンフレッチェ広島〔J.League Division1第9節〕』味の素スタジアム。[画像]前節は新潟戦で勝利し、ルヴァン磐田戦敗戦を挟んでのJ1リーグ戦は、開幕から今ひとつ調子の上がらないサンフレッチェ広島との一戦。ゲームは、ケガから復帰の洋次郎や、慶悟が上手くボールを受けて起点になり、宏介のオーバーラップの仕掛けるなど、一時のオフェンスに手を焼いていた東京に比し、攻撃に厚みを感じる展開。 [続きを読む]
  • 滝平二郎の世界展
  • 4月25日、『色あせない風景 滝平二郎の世界展』を三鷹市美術ギャラリーにて鑑賞。[画像]幼き頃、読んだ絵本“八郎”は、大きな絵本だったこと、今でこそ版画であったと理解できますが、当時は迫力ある八郎の絵のタッチがたいへん印象強く、実は物語自体は秋田の話だったかな位のうろ覚えながら、何度も読んでいたのを思い出します。その“八郎”の作者が滝平二郎氏。“もちもちの木”も読んだ記憶が蘇ります。本展は、滝平二郎 [続きを読む]
  • PIECE OF PEACE (Part2)
  • 4月22日『アルビレックス新潟vsFC東京〔J.League Division1第7節〕』新潟遠征へ。[画像]鳥屋野潟の北側にある"新潟県立自然科学館"にて開催中の『2017年春の特別展 PIECE OF PEACE「レゴブロック」で作った世界遺産展』を見学。"PIECE OF PEACE"は、かけがえのない地球のたからもの「世界遺産」を世界中で愛されている玩具・レゴブロックで作るチャリティアート展。世界遺産活動のテーマ「未来に引 [続きを読む]
  • PIECE OF PEACE (Part1)
  • 4月22日『アルビレックス新潟vsFC東京〔J.League Division1第7節〕』新潟遠征へ。[画像]平成2年から3年間、転勤で新潟勤務・生活した新潟市民から22年。その間、会社の社員旅行やビックスワンスタジアムへはバスや車で訪れていたのですが、新幹線で新潟入りするのは22年ぶり。JR新潟駅南口に降り立ち、記憶にあるのは笹口の"Plaka1・2・3"の建物くらいでその変貌ぶりビックリ。頭の中で22年前の記憶と現 [続きを読む]
  • vs アルビレックス新潟〔J.League Division1第8節〕 
  • 4月22日『アルビレックス新潟vsFC東京〔J.League Division1第7節〕』デンカビックスワンスタジアム[画像]堅守の東京がほころびをみせたここ3ゲーム。勝利からも見放され、THIS GAMEに敗戦するようなことがあるとチームがガタガタになりかねない新潟戦です。ゲームは、序盤から新潟ペース。ロングボールを拾えない東京は防戦一方の時間帯が続きました。嫌なムードを払しょくしたい中、28分、宏介の直接FK一発で先 [続きを読む]
  • vs 浦和レッズ〔J.League Division1第7節〕
  • 4月16日『FC東京 vs 浦和レッズ〔J.League Division1第7節〕』味の素スタジアムにて。[画像]見るべきものもあったとはいえ、宿敵、レッズに敗れ、今季初の2連敗。対浦和、公式戦7連敗。思うところはありますが、何も語りますまい。  "酒と泪と男と女"   忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに   包まれた時に男は 酒を飲むのでしょう   飲んで飲んで 飲まれて飲んで    飲んで飲みつぶれて  [続きを読む]
  • 韮山反射炉[世界文化遺産]
  • 4月15日、世界文化遺産“明治日本の産業革命遺産”の『韮山反射炉』を訪れました。[画像]マイカー納車以来遠出をしていなかったのでドライブで、伊豆の国市『韮山反射炉』へ。“明治日本の産業革命遺産”として世界遺産に登録され、いつかはと考えていたので、この機会に訪れた次第。実は、母方の祖母の田舎が伊豆長岡・三津浜であったため、小学生の頃、祖母に連れられ訪れて以来ですからほぼほぼ50年ぶりの訪問です。当時は [続きを読む]
  • 夜は短し歩けよ乙女
  • 4月14日、映画『夜は短し歩けよ乙女』会社帰りにTOHOシネマズ日本橋にて。[画像]原作は、第20回山本周五郎賞受賞作品、2007年本屋大賞第2位、2006年11月に角川書店より出版された森見登美彦氏のベストセラー。愚息が購入したであろう当家蔵書の一冊として読ませていただき、その偏屈な語り口と奇想天外な世界観に魅了されてしまった小説。なにせ、冒頭"おともだちパンチ"のくだりを読んだ瞬間にノックアウトされました。"お [続きを読む]
  • サッポロビール博物館&ビール園
  • 4月8日『北海道コンサドーレ札幌 vs FC東京〔J.League Division1第6節〕』札幌遠征へ。[画像]"サッポロビール園"は、北海道在住・勤務時代から、幾度となくフレッシュラムのジンギスカンにてお世話になり、舌鼓を打たせていただきましたが、今回は時間の関係で"サッポロビール博物館"を早足拝観。「北海道遺産」にも登録された"サッポロビール博物館"は、明治の面影を残す赤レンガ造りの建物。2016年4月に全面リニュー [続きを読む]
  • 北海道開拓の村
  • 4月8日『北海道コンサドーレ札幌 vs FC東京〔J.League Division1第6節〕』札幌遠征へ。[画像]新千歳空港からまずは"北海道開拓の村"へ寄り道です。北海道百年を記念して設置された"北海道開拓の村"は、明治から昭和初期にかけて建築された、開拓の過程における生活と産業・経済・文化の歴史を示す北海道各地の建造物を、54.2haの敷地に移築復元・再現した、謂わば北海道の"明治村"。建造物等を移設復元して保存するととも [続きを読む]
  • 札幌市内散策
  • 4月8日『北海道コンサドーレ札幌 vs FC東京〔J.League Division1第6節〕』札幌遠征へ。[画像]2011年12月3日、J2リーグ最終節以来の札幌遠征です。前回は神戸からの遠征で、大雪の降る中、翌日は"旭山動物園"へ足をのばしたのを思い出します。そもそも自分自身は、昭和63年から平成2年まで、北海道勤務経験者であり、札幌は勝手知ったる街なのですが、今は昔の浦島太郎。限られた時間の中で何処へ行こうかと思案 [続きを読む]
  • vs サガン鳥栖〔J.League Division1第5節〕
  • 4月1日『FC東京 vs サガン鳥栖〔J.League Division1第5節〕』味の素スタジアムにて。[画像]マッシモ率いるサガン鳥栖戦。昨年7月のベストアメニティスタジアムのアディショナルタイムでの逆転負けのトラウマがデジャブとなってしまった、この日のゲーム。あの日も雨あがりのどんよりとした日でした。87分まで「3-1」で勝っていたゲームが、終わってみれば「3-3」のドロー。ゲーム終了後のゴール裏での、権ちゃんの感 [続きを読む]
  • vs 北海道コンサドーレ札幌〔J.League Division1第6節〕 
  • 4月8日『北海道コンサドーレ札幌 vs FC東京〔J.League Division1第6節〕』札幌ドーム。[画像]2011年12月3日、J2リーグ最終節以来の札幌ドーム遠征。あの年は、雪の札幌。ゲームは谷澤のゴールで意地を見せたものの「1−2」での敗戦。同スコアでの敗戦に、またもデジャブなこの日のゲーム。昇格組の札幌相手に目を覆うばかりの完敗とは。前途多難なる春の予感・・・。思うところは大いにありますが、何も語ります [続きを読む]
  • SAMURAI BLUE(日本代表) vs タイ代表
  • 3月28日『SAMURAI BLUE (日本代表) vs タイ代表 』埼玉スタジアム2002にて。[画像]ここまでロシアW杯アジア最終予選のホームゲームは皆勤賞ということで、この日も会社終わりに浦和美園へ寄り道です。先のUAE戦で活躍した今ちゃんと大迫をケガで欠く日本は、酒井(高)をボランチに、ワントップは岡崎を起用する布陣。ゲームは、前半早々、久保のクロスを、香川が落ち着いたフェイントからのシュートで先制ゴール。タイ代 [続きを読む]
  • LA LA LAND
  • 3月22日、会社帰りに、映画『LA LA LAND』を"TOHOシネマズ日本橋"にて。[画像]本年度アカデミー賞6部門受賞(主演女優賞・監督賞・主題歌賞・作曲賞・撮影賞・美術賞)作品にして、ハリウッド、ミュージカル・ロマンティック・コメディ・ドラマ映画『LA LA LAND』。このところ邦画のそれも、時代物、サスペンス、アニメーションに社会派作品などの鑑賞が多かったので、久しぶりのラブロマンスムービー。ア [続きを読む]
  • ODYSSEY 〔ABSOLUTE・EX Honda SENSING〕
  • 3月19日(日)、大安吉日、2月初旬に発注したマイカー"オデッセイ"が納車になりました。[画像]前車は2001年1月登録のトヨタウィンダム(2.5 G コーチクルージングエディション)。今でも手放すのに若干の躊躇を覚えるほど愛着のある車でした。さすがに丸16年(86,774?)でお役御免に。34年務めた会社を早期定年退職するに併せて買い替えの決断をした次第。買い替えにあたりまず候補に挙げたのはセダン。ブランド輸入車 [続きを読む]
  • vs 川崎フロンターレ〔J.League Division1第4節〕
  • 3月18日『FC東京 vs 川崎フロンターレ〔J.League Division1第4節〕』味の素スタジアム[画像]大久保の移籍加入で、商業主義先行ながら話題沸騰(?)の"第29回多摩川クラシコ"。個人的な興味は、G大阪戦で感情を抑えられずユニフォームを蹴るという暴挙の大久保の去就。ピーター・ウタカがYBCルヴァン仙台戦で、チームに早くもフィットしていただけに1トップのポジション争いも含め、この日の大久保には否が応でも注目。さ [続きを読む]
  • vs ベガルタ仙台〔J.League YBC Levain Cup Group A 1'st Sec〕
  • 3月15日『FC東京vsベガルタ仙台〔J.League YBC Levain Cup Group A 1'st Sec〕』[画像]J3に続き、「Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ」も開幕。1次リーグは7チームずつ2組に分かれ、各組1位とA組2位vsB組3位、B組2位vsA組3位の勝者の4チームが8強へ。ACL組の浦和・鹿島・川崎・G大阪は準々決勝からの登場です。今年から21歳以下の1選手以上を先発させるレギュレーション。小川諒也に柳貴博 [続きを読む]