おてんきぷらぷら さん プロフィール

  •  
おてんきぷらぷらさん: おてんきぷらぷら
ハンドル名おてんきぷらぷら さん
ブログタイトルおてんきぷらぷら
ブログURLhttp://gold.ap.teacup.com/dhyoshiaki/
サイト紹介文スポーツ観戦(FC東京ソシオ)・ウォーキング・カメラでの街中スケッチと元気おじさんをきどっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2009/10/12 12:32

おてんきぷらぷら さんのブログ記事

  • vs ヴィッセル神戸〔J.League Division1第22節〕
  • 8月13日『FC東京 vs ヴィッセル神戸〔J.League Division1第22節〕』味の素スタジアム。[画像]さて、秀人との味スタ再会が楽しみな神戸戦ですが、新たな楽しみがもうひとつ。ガラタサライから入団したFW"ルーカス・ボドルスキ選手"。ドイツ代表での49ゴールは、クローゼ、G・ミュラーに次ぐ歴代3位。ブンデスリーガ(FCケルン、FCバエイルミュンヘン)、プレミアリーグ(アーセナルFC)、セリエA(インテルミラノ)、トル [続きを読む]
  • 北斎×富士 -富嶽三十六景 富嶽百景 揃いぶみ-
  • 8月10日、開館記念?『北斎×富士 -富嶽三十六景 富嶽百景 揃いぶみ-』すみだ北斎美術館。[画像]開館当時から気になっていたのですが夏休みを利用して訪れてみました。開催中の企画展は、富嶽三十六景&富嶽百景展。「富嶽三十六景」は、葛飾北斎(宝暦10年〜嘉永2年)が発表した作品中、もっともよく知られた作品群でしょう。通称、"赤富士"「凱風快晴」、同じく通称"裏浪"の「神奈川沖浪裏」は、さまざまな印刷物やグッズにも使 [続きを読む]
  • vs 大宮アルディージャ〔J.League Division1第21節〕
  • 8月9日『大宮アルディージャ vs FC東京〔J.League Division1第21節〕』NACK5スタジアム。[画像]6試合勝星から遠のいているFC東京。ミッドウィークの対戦は、直近5試合未勝利(2分3敗)で降格圏16位の大宮戦。是が非でも勝点3を積み上げたいNACK5です。注目は、この日のスタメンでJリーグ通算400試合出場の偉業達成の前田遼一。さらには、森重負傷欠場の中、完全移籍加入で戻ってきてくれたチャンヒョ [続きを読む]
  • vs 川崎フロンターレ〔J.League Division1第20節〕
  • 8月5日『川崎フロンターレ vs FC東京〔J.League Division1第20節〕』等々力陸上競技場。[画像]第30回多摩川クラシコは、互いに1ゴールずつ奪い合い、東京にとっても川崎にとっても痛恨の引き分けとなりました。ゲームは、前半はほぼ川崎が支配するも、後半早々4分、「3-1-4-2」新フォーメーション初登場の太田宏介の右足クロスに、中島翔哉がヘディングで合わせて先制点。その後はお互いに白熱した攻防が続き、ウノゼ [続きを読む]
  • 高畠那生のなつやすみ展
  • 8月4日、『高畠那生のなつやすみ展』武蔵野市立吉祥寺美術館にふらっと寄り道です。[画像]毎年のことですが、夏季休暇の平日は、銀行やお役所関係の私用を片付けます。この日は、りそな銀行に所用あり吉祥寺へ。予約していたこともあり所用はすみやかに完了。りそな銀行裏の吉祥寺美術館に立ち寄りました。開催中の特別展は『高畠那生のなつやすみ展』。美術館1階入口の、夏らしいスカイブルーをベースに赤いだるまの看板が、な [続きを読む]
  • 石川直宏選手 現役引退
  • (2017.08.02 石川直宏選手 現役引退のお知らせ)[画像] このたび、当クラブ所属の石川直宏選手が2017シーズンをもって、現役を引退することが決定いたしましたので、お知らせいたします。【石川 直宏(いしかわ・なおひろ)選手 プロフィール】?ポジション :MF?生年月日  :1981年5月12日?出 身   :神奈川県?身長/体重 :175cm / 70kg?血液型   :B型?経歴: 1997年-1999年 横浜F・マリノスユース 2000年-20 [続きを読む]
  • vs アルビレックス新潟〔J.League Division1第19節〕
  • 7月30日『FC東京vsアルビレックス新潟〔J.League Division1第19節〕』味の素スタジアム。[画像]う〜ん。リーグ6連敗中の新潟に決定的なチャンスを数多くつくるも、追い付いての「1−1」の引き分け。ゴールが遠い。26日のルヴァン杯、広島戦に続いて「3−1−4−2」の新布陣を採用し、前線からのプレスと両サイドからの攻撃で、活性化するオフェンスも、フィニッシュの精度の低さは、ため息から一転、悲鳴がでるほ [続きを読む]
  • 澳門 Casino&Resort 〔Wynn Macau & Grand Lisboa & Lisboa〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]コタイ地区からマカオ半島に戻り、ラスベガスのホテル王、スティーブ・ウィンがオーナーの豪華ホテル"ウィン・マカオ(Wynn Macau 永利澳門酒店)"へ寄り道。カジノロビーでは、幸福のシンボル"繁栄の木"が四季を彩るショー"ツリー・オブ・プロスペティ"を鑑賞。春夏秋冬に合わせて黄金の木が光と音楽で彩られます。リゾートホテルの噴水シ [続きを読む]
  • 澳門 Casino&Resort 〔Sands Cotai Central〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]次に訪れたのは"サンズ・コタイセントラル(Sands Cotai Central 金砂城中心)"。ここは宿泊施設がメインで、"シュラトン"、"コンラッド"、"ホリデイイン"と"セント・レジス"の4つのホテルで構成されています。施設全体のテーマは中国。ヒマラヤの麓に端を発し、太平洋までの広大な地域の文化や自然がフィーチャーされています。4つのホテ [続きを読む]
  • 澳門 Casino&Resort 〔Studio City Macau〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]"ザ・パリジャン・マカオ"の隣には、ハリウッド映画をテーマとし32億米ドルを投じて建設された"スタジオ・シティ・マカオ(Stugio City Macau 新濠影?)"。世界初の8の字観覧車"ゴールデン・リール"、バットマンを追いかけてゴッサムシティを飛び回る4D体験ができる"バットマン・ダーク・フライト"に、世界的マジシャンのフランツ・ハ [続きを読む]
  • 澳門 Casino&Resort 〔The Parisian Macao〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]"ザ・ヴェネチアン・マカオ"から迷路のような室内通路を経て、2016年にオープンしたばかりのリゾート、"ザ・パリジャン・マカオ(The Parisian Macao 澳門巴黎人)"へ。水の都ベニスから一転、光の都(La Ville Lumiere)ともいわれるパリをイメージ、2分の1サイズのエッフェル塔をはじめパリの建造物を模したランドマークが点在してい [続きを読む]
  • 子供の事情
  • 7月21日 シス・カンパニー公演『"子供の事情"(作・演出:三谷幸喜)』を新国立劇場にて鑑賞。[画像]新国立劇場での観劇は2回目なのですが、不覚にも前回は何を鑑賞したのか思い出せずモヤモヤしながら初台へ。今回は三谷幸喜氏作、テレビでお馴染みの顔ぶれの俳優陣が揃う"子供の事情"。時は昭和46年、同じクラスの小学4年生10名が繰り広げる人間模様が描かれます。昭和46年は自分は小学5年生と同世代であり、当時の自分 [続きを読む]
  • 澳門 Casino&Resort 〔Galaxy Macau & The Venetian Macao〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。て[画像]16日はコタイメガリゾートを訪れました。かつてのコロアン(路環)島と、タイパ(?仔)島の間を埋め立ててできた広大な土地に、近未来テーマパークの巨大リゾート群が立ち並び、新たな一大観光スポットに。これからマカオ旅行の中心はコタイメガリゾートになるのは間違いありません。まず訪れたのは、"ギャラクシー・マカオ Galaxy Macau [続きを読む]
  • MACAU TOWER
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]15日、マカオ歴史市街地区の世界遺産めぐりの最中、『MACAU TOWER』へしばし寄り道。高さ338m。2001年マカオ半島南岸に登場して以来、マカオのランドマークとして親しまれています。どうもタワーがあると登りたくなるもので、58F屋内展望台フロアと61階屋外デッキへ。いずれも360度のパノラマの眺望が楽しめ [続きを読む]
  • 澳門歴史市街地区?〔世界遺産〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]さてゴールの"ギア要塞"へ向けて残すはわずかとなりました。朝から憎らしいほどの晴天だったのですが、ここにきて一転スコールに。雷とゲリラ豪雨、ただ見上げる雲の流れは速く、晴れ間も見え隠れし、30分ほど雨宿りすると、再び晴天へ。この日のウォーキングと暑さに疲労していたので丁度よい休憩となりました。晴天再びに、無事に最終" [続きを読む]
  • 澳門歴史市街地区?〔世界遺産〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]さて、いよいよマカオ観光といえば欠くことのできない"聖ポール天主堂跡"へ向かいます。昨晩、事前に夜景散策にて訪れていますので、勝手知ったる街並みをすすみ、視界は"イエズス会紀念広場"へ。青空にそびえ立つ"聖ポール天主堂跡"は眩しい限り。そのファサード(正面壁)の下に立つと、誰もがその荘厳さに心を奪われ、聖ポール天主堂の彫 [続きを読む]
  • 澳門歴史市街地区?〔世界遺産〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]"媽閣廟"を見学した後、涼を求めて"MACAO TOWER"で一休み。展望台からの眺望にて"グランドリスボア"から"媽閣廟"までの道のりを空から復習しました。熱中症対策を含めた"MACAO TOWER"で汗が引いた後は、マカオ世界遺産めぐりの振り出し"セナド広場" へ、タクシーを利用でゴーバック。今まで週末アジアでは、台湾、香 [続きを読む]
  • 澳門歴史市街地区?〔世界遺産〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]さて、この日の午前中、世界遺産めぐりの最後となる"媽閣廟"を目指します。"媽閣廟"があるバラ岬は、ポルトガル人が最初に植民を行った場所と信じられていて、「媽閣」の広東語読みがマカオの名前の由来になったとされています。"阿媽"は海の女神で、台湾や中国南方で信仰されている神様です。そもそもマカオ半島は小さな島でした。その後 [続きを読む]
  • 澳門歴史市街地区?〔世界遺産〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]陽が高くなるにつけ早くも全身、汗まみれ。ハンカチでは足らずタオルで顔を拭うように。ここまで、観光客であふれる"セナド広場"から、昔ながらのマカオの裏通りを進みますが、"世界遺産めぐり"は日本だけのブームなのでしょう。マイナーと思しき世界遺産構成資産見学は、日本人がチラホラすりばかりで、西洋の方もガヤガヤな中国大陸の皆 [続きを読む]
  • 澳門歴史市街地区?〔世界遺産〕
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]15日この日は、"マカオ歴史市街地区"の世界遺産30箇所の構成資産を徒歩とバスを活用しまわります。事前情報は数多くありますが、その中でネット検索した「MACAO NAVI」"マカオの世界遺産を徒歩とバスですべて制覇"の記事にほぼ則って回ることとしました。まずは朝、ホテルバイキングを時間をかけてじっくりと堪能。いつも海 [続きを読む]
  • WEEKEND MACAU
  • 7月14日〜17日、ウィークエンド・アジアは、3泊4日のマカオ(澳門)ひとり旅へ。[画像]"世界遺産"好きには一度は訪れたいマカオ。マカオ歴史市街地区には、全30もの世界遺産が点在します。16世紀半ばにポルトガル人が居住して以来、400年以上にわたる東西の貿易港、アジアの布教活動の拠点、東西文化交流の地として発展した賜物で、今も当時の建築物が完全な形で残され、中国近代の景観と融合した独特な街並みが際立っ [続きを読む]
  • vs 鹿島アントラーズ〔J.League Division1第18節〕
  • 7月8日『FC東京 vs 鹿島アントラーズ〔J.League Division1第18節〕』味の素スタジアム。[画像]森重真人と大久保嘉人の負傷欠場、なんともしょっぱいリーグ戦3連敗でJ1リーグ戦9位での折り返し、一部ネット上では監督人事も話題にあがるFC東京、後半戦スタートは、奇しくも監督解任劇から勝ちっぱなしでリーグ戦首位に躍り出た鹿島アントラーズとの一戦は、世間的注目度は?ですが、42,979人を集めました。ゲーム [続きを読む]
  • こち亀〔JR亀有駅周辺〕散策
  • 7月8日『TOKYOウォーク2017』第2回 葛飾・足立エリア参加途上?こち亀?寄り道。[画像]参加したBコース(15km)は終盤JR亀有駅付近を通るコースということで、しばしコースを外れ、亀有駅周辺を散策です。ここ、葛飾区亀有は、JR常磐線の亀有駅、駅のすぐ東にある環状七号、東京湾に注ぐ中川に面し、今でも緑が多く残され下町のよさが随所に感じられる街でした。そしてなんといっても"こちら葛飾区亀有公園前派出所 [続きを読む]