それいた さん プロフィール

  •  
それいたさん: 燃える心の茜雲
ハンドル名それいた さん
ブログタイトル燃える心の茜雲
ブログURLhttp://solaita.blog89.fc2.com/
サイト紹介文ファイターズファン暦30年、はるか埼玉の地から応援していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2009/10/12 13:42

それいた さんのブログ記事

  • 野球を楽しもう
  • 対福岡ソフトバンクホークス4〜6回戦@北九州/ヤフオクドーム Game 1 F5-7H ○千賀 ●谷元 Sサファテ Game 2 F1-4H ○東浜 ●村田 Sサファテ Game 3 F5-4H ○増井 ●森Game 1、松本がまさかの1号3ランで、勝てるかも、と思ったのもつかの間、中田が見事に併殺で流れを切る。その直後、上林・甲斐の連打で失点。ここは1点で止まったものの、これは今日も負けるな、と思わざるを得ない展開でした。高梨は、この日もカーブが [続きを読む]
  • 現実はネガ予想よりも悲惨
  • 対埼玉西武ライオンズ4〜6回戦@メットライフドーム Game 1 F0-9L 〇菊池 ●上沢 Game 2 F1-9L 〇野上 ●有原 Game 3 F3-12L 〇武隈 ●メンドーサ前回の記事の終わりに、ライオンズ戦3連敗の予想スコアを書いたのは、以前からやっていたネガティブ予想で、悪い予想を書いておけばそれより良くなるだろう、ということだったんですが、、、現実はそれを上回る悲惨さでしたね。3試合とも大敗とは。ライオンズ相手には相性がよ [続きを読む]
  • どこまで続く
  • 対オリックスバファローズ4〜5回戦@静岡草薙、東京ドーム Game 1 F1-3B ○ディクソン ●高梨 S平野 Game 2 F4-8B ○金子 ●加藤 S平野完全に勝ち方を忘れてしまったファイターズ。2010年の3月〜4月のようだ、と思っていましたが、それより深刻になってきました。2010年の3月〜4月は10勝22敗。よく負けましたが、それでも勝率3割はありましたし、連敗も最大4連敗でした。やはりこの時は、ダルビッシュとい [続きを読む]
  • 迷走采配
  • 対東北楽天ゴールデンイーグルス1〜3回戦@Koboパーク宮城 Game 1 F2-3E 〇釜田 ●吉田 S松井裕 Game 2 F2-4E 〇美馬 ●有原 S松井裕 Game 3 F3-4E 〇松井裕 ●鍵谷はい、今季早くも2度目のカード被3タテ。好調イーグルス相手だけに、当然予測のうちにはありましたが、Game 3は勝てるかもと思っただけに厳しいですね。初先発の吉田は、ストレートにはいいものがあるようですが、変化球の制球はからきしで、全く打ち取れな [続きを読む]
  • まさかの
  • 対福岡ソフトバンクホークス1〜3回戦@札幌ドーム Game 1 F0-3H ○千賀 ●高梨 Sサファテ Game 2 F4-3H ○加藤 ●武田 S増井 Game 3 F3-2H ○鍵谷 ●バンデンハーク S増井先発マッチアップからすれば、まだしも勝つ確率が高いと思われた初戦を落として、これは連続3タテかと半ば諦めましたが、そこから連勝で今季初のカード勝ち越し。うれしい限りですが、Game 3の内容では素直に喜べませんね。村田が4回まで1失点に抑え [続きを読む]
  • ピンチをチャンスに
  • 対オリックスバファローズ1〜3回戦@ほっと神戸/京セラドーム大阪 Game 1 F2-4B ○金子 ●上沢 S平野 Game 2 F1-8B ○コーク ●有原 Game 3 F0-2B ○西 ●メンドーサまたかよ、という優勝シーズン翌年の不振。2012年優勝の後の2013年最下位は記憶に新しいところですが、2009年優勝の後の2010年も、開幕直後から不振に陥って、4月は最下位独走だったんですよね。展開としては、2010年の方に似ている気 [続きを読む]
  • 連続負け越し
  • 対千葉ロッテマリーンズ1〜3回戦@ZOZOマリン Game 1 F6-1M 〇高梨 ●石川  Game 2 F6-7M 〇大嶺祐 ●宮西 S益田 Game 3 F1-5M 〇佐々木 ●斎藤開幕から2カード続けての負け越しとなりました。負け越し自体は十分想定の範囲内ですが、石川とスタンに抑え込まれて、という展開を想定していたので、せっかくスタンを攻略しての6-2からの逆転負けはちょっとショックが大きいですね。しかも、またしても守りが乱れての失点。レ [続きを読む]
  • 情けない敗戦
  • 対埼玉西武ライオンズ1〜3回戦@札幌ドーム Game 1 F1-8L 〇菊池 ●有原 Game 2 F3-1L 〇メンドーサ ●野上 Sマーティン Game 3 F3-6L 〇ウルフ ●エスコバー S増田ホームでの開幕シリーズ、1勝2敗でした。3連敗も覚悟していたので、1勝できてよかったね、というのはありますが、3試合連続でエラーがらみの失点。昨年のライオンズと立場が逆になったようです。守備に大きく足を引っ張られる形となった初登板のエスコバー [続きを読む]
  • 正気か栗山
  • ファイターズの開幕戦は残念ながら惨敗。有原で菊池雄星に勝てるとは思っていなかったので、敗戦は想定内ですが、せめて4失点以内に留めてほしかった。オープン戦の内容からいっても、今後の有原の登板に不安を覚えます。打線もチャンスを作っても得点できず、市川のHRのみ。リリーフの鍵谷と久も打たれ、石川直の好投だけが救いという試合でした。それ以上にテンションが下がったのが、4月6日先発が斎藤との報。冗談でしょ?オ [続きを読む]
  • いざ開幕へ
  • WBCは残念ながら、前回に引き続き準決勝敗退。プレミア12同様、そこまで全勝なのに準決勝で敗退というのは残念ですが、予選道中の経過が良くない時のほうが最終結果が良いというのも皮肉なものです。ファイターズのオープン戦成績は、11勝7敗2分けで6位。カード連勝も連敗もなく、勝ち負け勝ち負けのパターンが続いていましたが、最後に3勝1分けで終わりました。打線の調子が上がらない中5割をキープし、終盤で打撃も上 [続きを読む]
  • WBC準決勝&ファイターズの開幕一軍
  • WBC準決勝日本の相手はアメリカに決まりました。それに先んじて行われたもう一つの準決勝は、プエルトリコがサヨナラ勝ち。オランダには恨みはありませんが、日本と同じく、第1次・第2次全勝で勝ち上がったプエルトリコが勝ち上がったほうがすっきりすると思っていたので、個人的には良かったと思っています。こちらも全勝を継続して勝ち上がってほしいものです。2006WBCでは日本も2位、2位で勝ち上がったので、別にオランダやアメ [続きを読む]
  • WBCとファイターズのオープン戦
  • WBC、侍ジャパンが二次リーグを突破し、決勝トーナメントに駒を進めました。チームも中田翔も、壮行試合では不安いっぱいでしたが、本番になればやってくれるよ、と思っていたら、今のところ順調ですね。優勝はなかなか難しいと思いますが、アメリカでもいい戦いをみせてほしいです。しかし決勝リーグでも、3番青木にこだわるんですかね?出塁はそこそこできていますが、6試合でタイムリーなし、内野ゴロの間の得点だけはさびしい [続きを読む]
  • エスコバー投手を獲得
  • 遅まきながら、今年初めての更新です。昨年末に自転車で転倒して骨折してしまい、3週間ほど入院していました。今週からやっと職場復帰したところです。今年もよろしくお願いします。この間のファイターズの話題といえば、今更ではありますが、左腕のエドウィン・エスコバー投手の獲得。年俸総額が高騰しているので、バースの代わりの外国人投手は獲らないかと思いましたが、獲得しましたね。米国での成績を見ると、MLB通算防御率 [続きを読む]
  • 大谷の年俸/陽の銭戦力
  • 大谷の年俸大谷の年俸「2億7千万」について、「少なすぎる」という記事をよく見ます。気持ちはわからないではありませんが、年俸については球団毎に差があるのは致し方ないことですし、殊に二刀流大谷の場合は、他の選手と比較しても評価が難しい部分があり、何を基準にして少ないと言っているのか不明です。マスコミが事前に「4〜5億は確実!」とか、評論家が「6億やってもいい」とか無責任に煽り立てて、勝手に失望しているの [続きを読む]
  • 契約更改/広岡・江本の醜態
  • 契約更改ファイターズの契約更改が終了しました。毎年年俸金額を予想していますが、今年はズバリ的中が10人。例年5〜6人なので、今年はなかなか的中率が高かったです。的中したのは、西川・飯山・増井・有原・斎藤・浦野・武田久・上原・加藤・瀬川というメンツです。なお、一軍出場がなくて現状維持だった選手は的中にカウントしていません。西川・中島・谷元が1億に到達。西川は予想できましたが、中島と谷元はわずかに1億に届 [続きを読む]
  • 背番号決定のお知らせ
  • 新入団選手の背番号が発表になりました。     予想  実際堀    34  34石井一 22  38高良  33  40森山  40  44高山  38  48郡   60  60玉井  49  54今井  69  70大田  44  33公文  54  49ということで、予想的中は2名となりました。谷元の背番号が48⇒22に変更になる一方、村田透の背番号は未発表。バースの52が空きますから、た [続きを読む]
  • 厳冬か、トレードか
  • 陽岱鋼がFA宣言、しかも退団が確定的なニュアンスでの宣言。吉川トレードに続いての寂しい話題ではありますが、昨年までも契約更改の度に揉めることが多かったダイカンですから、驚きはありません。しかし、ここから先に更なるショックが待っているかも、という不安を覚えています。今日から契約更改が始まりましたが、一軍にほとんど登場しなかった若手はともかく、主力選手たちは「日本一のご祝儀査定」を期待しているでしょう [続きを読む]
  • 戦力外とトレード
  • 第二次戦力外通告日本シリーズ終了後、早々に第二次戦力外が発表になりました。荒張、米野、金平の3名で、やはり秋季キャンプメンバーから外れていたのは、そういうことだったんですね。荒張は一昨年あたりから、既に戦力としては期待されておらず、二軍を維持するための要員という感じでしたが、米野は兼任していたコーチ補佐も外れてしまったのが意外です。金平はストレートにあまり勢いが感じられず、スライダーでかわすしかな [続きを読む]
  • 10年ぶりの日本一!
  • 日本選手権第6戦@マツダスタジアム Game 6 F10-4C ○バース ●ジャクソンファイターズ、日本一おめでとう!!!日本シリーズでは3回続けて悔しい思いをしてきましたが、やっとリベンジできました。ファイターズの選手たち、首脳陣、みんなに心からお礼を言いたいです。まあ、試合内容は褒められたものではなかったですけどね。Game3,4は、先発投手がそれなりに好投したものの、いずれも勝ち星はつかず。最後くらい先発で勝ちき [続きを読む]
  • 明日の先発、ほか
  • Game 6の先発は増井Game 6の予告先発が発表になりました。カープの野村は予測通りですが、ファイターズは増井が中5日での先発です。なぜ?!いろいろ憶測が飛んでいますが、可能性として考えられるのは、下記のようなことでしょうか。①大谷は昨日第2打席でセカンドゴロを放ち、一塁に駆け込んだ時に右足首を捻ったので、大事を取った。②大谷はGame 3〜5で出場した疲れがあるので、間をおけるGame 7の先発にした。③Game 6を大谷 [続きを読む]
  • 内弁慶シリーズ
  • 日本選手権第3〜5戦 @札幌ドーム Game 3 F4x-3C ○バース ●大瀬良 Game 4 F3-1C ○谷元 ●ジャクソン S宮西 Game 5 Fx5-1C ○バース ●中崎マツダではほとんどいいところがなかったファイターズ。札幌に戻れば、少しはマシな戦いをしてくれるかな、とは思っていましたが、3連勝までは期待していませんでした。Game 3, 4は、先発マッチアップからいって勝たないと、とは思っていましたが、Game 5は加藤対ジャクソンで加 [続きを読む]
  • いつも通りの弱さ
  • 日本選手権1〜2回戦@マツダスタジアム Game 1 F1-5C ○ジョンソン ●大谷 Game 2 F1-5C ○野村 ●増井弱いですねえ。ジョンソンと野村を打ち崩すのは容易ではないとは思っていたけど、単に負けたというよりは、07年、09年、12年と味わってきた、日本シリーズでの弱さが今年も、という感じです。カープの選手たちも緊張していないわけではないんだけど、こちらがそれ以上に浮き足立ってしまっている。本拠地に戻って、少 [続きを読む]
  • さあ日本シリーズ
  • いよいよ明日から日本シリーズが始まります。相手は2位ジャイアンツに17.5ゲームの大差をつけて優勝した広島カープ。数字を見るとやはり強いですね。チーム打率.272は、(一応パ・リーグトップの)ファイターズを6厘上回ります。盗塁118個はファイターズより14個少ないものの、セ・リーグでは断トツのトップですし、HRは153本とファイターズより32本も多い。得点は684で、ファイターズを大きく上回り、パ・リーグトップのホークス [続きを読む]
  • また外れ外れ
  • 2016年度のドラフト会議が終了しました。残念ながら田中正義は獲れませんでしたね〜。まあ、競合をいとわずその年の一番の選手を獲りに行くポリシーだから、二回5球団競合で外すのもいたし方ないところですが、、、ファイターズのドラフトの傾向として、高卒投手は外す(田中将大・菊池雄星・松井裕樹)けど、大卒投手は斎藤・菅野・有原と当たりを引いているので、期待してたんですがダメでしたね。しかし、ホークスだけには [続きを読む]
  • マンガかよ
  • クライマックスシリーズファイナルステージ Game 5 F7-4H ○バース ●東浜 S大谷松田に3ラン喰らった時点で、一旦観戦中止。単に4点獲られたから、というだけでなく、このシリーズ、先制点を取ったチームが勝ち、守りのミスが出たチームが負け、という勝敗の法則が出ていたので、それに二つともあてはまってしまいましたからね。しかし、しばらくして思い直し、今年の野球ももう残りわずかなので、勝敗関係なくプレーを楽しも [続きを読む]