ノムリエ さん プロフィール

  •  
ノムリエさん: 極東のノムリエ日記
ハンドル名ノムリエ さん
ブログタイトル極東のノムリエ日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/sommelier/
サイト紹介文日本最東端のソムリエ 日本最東端のワインバー店主の のんべえブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/10/12 15:13

ノムリエ さんのブログ記事

  • 樹氷の日のスイーツ
  • 朝起きて、カーテンを開けたら、視界がモヤモヤ・・・ついに、きたか 白内障? いや、霧でした。 木の枝は、まるで、雪の女王に息を吹きかけられたように、真っ白にコーティングされて、キラキラ系ではなく、起毛生地のような、白いお洋服をまとったかんじ。 まだまだ、気温が低い証。 雪が綿菓子とすれば、こっちは、アイスキャンディーか。 暖房をガンガンつけて、樹氷を眺め [続きを読む]
  • 彼岸雪と流氷
  • 春分の日の直前に、オホーツクの流氷群が流れ流されて、根室港に到着した。去年は姿を現さなかったのに、今年は、超スローモードでリーチ。 このブログも気まぐれに、スロゥリィ〜に更新中。 流氷は、気温と風向きで来たり来なかったりする自然現象のため、連日、海を観測している人でないと、到来日の予測がつかない。 そこで、ヒマ人は考えた。 一般人が流氷着岸日を推測して、見事当たった人には、根 [続きを読む]
  • ポットラックでグッドラックパーティ
  • 秘密結社『サリーの会』←をたち上げたばかりだというのに、参謀役のシャチ子が、この春、極東からくまモンの郷へ異動することになってしまった。悲しいかな、転勤ピーポーの宿命だ。 シャチ子は九州っ子だが、耐寒性が強く、北の大地をこよなく愛し、道内でも不人気勤務地として知られている極東のまちに、二回も勤務経験した強者だ。 その健脚ぶりとフットワークの良さは有名で、マリンスポーツ、ウインタースポーツ [続きを読む]
  • おいしいおやつの時間
  • バレンタインにチョコレートをあげなかったのに、二人の紳士から、スイーツをいただいちゃった。 イタリア自然派のシニョールから SABADI(サバディ) のオーガニックチョコレート  Qualita’ della Vita シリーズ 左から、”若さ” ”美” ”健康” と 名づけられた イタリア シチリア産の自然派フレーヴァー・チョコ。 聞くところによれば、カカオはエクアドル産の高品質希少 [続きを読む]
  • VIVA 十勝の豆まつり
  • ノムリエの週末放浪記 "ちょっとそこまで、ぶらりエコ旅 " の終盤は、年に一度の『十勝豆まつり』  ダントツの生産量を誇る”豆王国”十勝ならではの、懐の広〜い食イベントです。 地元っ子の酒豪師匠とミルキーちゃんに引率してもらい、開場とともに参上。まめ かいにきたよ〜 いや、もう、何にビックリしたかって・・・開場とともに、人・人・人の波 ! デパートの福袋争奪戦の如く、もの [続きを読む]
  • イタリアワインで壮行会
  • 踊る胃酸と、はやる心を押さえ、太陽といっしょに西へ西へと車を走らせること2時間。大平原の街に、無事到着。 ふらふら のむヨーグルトの一気飲みが功をなしたのか、陽が沈むころには完全復活を遂げて、サークル活動に繰り出した。いぇーい 集会場は、コスパが良すぎる中国料理店 「孫悟空」  この日は、イタリアワイン情熱家”釣りキチ石さん”の引っ越し壮行会ということで、気合をいれて1リットルボ [続きを読む]
  • 復活の長熟ワイン 
  • 先週末、 隣まちから、お声がかかって、ひさしぶりに脱極。  週末ドライバーの後をくっついて、法定速度で走ったら、1?35kmを記録しちゃった。自己最高記録でスコア更新。これで、エコドライブ優等生に認定かな もう飛ばせません 長距離を走っても腹をすかせないマイカーと逆に、私は、単にハンドル握ってるだけでもお腹がすく。 エコ体質じゃないのだ。 あちこち走りまわって、体がエンストする寸 [続きを読む]
  • 桃の節句の白い酒
  • お酒をつけましょ  ぬる燗で〜 お鼻をかみましょ  鼻セレブ〜ごはん食べすぎ 腹太鼓〜 今年も にぎやか ひなまつり  きょうは、ノムリエの実家から実況中継でお届けします。と、いっても静止画です。 今年のひな祭りは、吊るし飾りが雛人形の脇を固めて、ひときわ賑やかな雰囲気です。 目がチカチカ布遊びが好きなマーシャが、娘と孫のために、一針一針に心を込めてチクチクと縫って完成させまし [続きを読む]
  • スプラウトでキッチンガーデン
  • 日中の気温が0度越えになっただけで、「今日は、あったかいねぇ」という声が聞こえてくる寒冷地のまちから、こんにちは。 陽の当たる窓際で、猫みたいにぬくぬくするクセが抜けなくなって、すっかり出不精になっちゃった私。春の園芸活動←野良仕事が待てなくて、インドア栽培を始めた。 ”花より団子”の人なので、観葉植物ではなく食用植物に限定。水栽培は、ケースと水さえあれば手軽にできちゃうから楽チンです。&n [続きを読む]
  • 寒暖アレルギーのサプリ考
  • マイナス気温が続く極東から、こんにちは〜 は〜 は〜はくしょん 花粉症じゃないのに鼻がムズムズして、風邪じゃないのに鼻水タラタラ いつどこでも、突然に、鼻から水が落ちてくるから、ティッシュが離せない。これは、激しい寒暖差で鼻の奥が刺激されてなる血管運動性鼻炎なんだとか。原因は、ストレスによる自律神経の乱れだという。最近、酒を飲んでないせいかなぁ。  ワインの代わりに これ飲んでるし。 [続きを読む]
  • 高齢者の鍋パーティ in 極東
  • 先週、食生活改善協議会のボランティア活動に出かけた。 今年度最後のミッションは、根室市主催の『高齢者栄養講座』において、参加者に食事を用意して提供すること。 先着順で参加権を勝ち取った高齢者二十数名が、50分ほどの栄養講座を聴いて、お昼ご飯をおなかいっぱい食べて、おみやげをもらって帰る、参加者にとっては完全無料のおいしいイベントだ。 一方、我々は、無報酬奉仕。なぜ毎度、役所の仕事を [続きを読む]
  • カカオにむせぶ日
  • 今年のバレンタインは、手作りチョコで責めるぞー!なんてね・・・乙女時代に思ったことがあったっけ。 ”手作りチョコを渡して告るシーン” に、憧れていただけなんだけど、悲しいかな、そんな機会には一度も恵まれずに、中高年になってしまった。 手づくりは、手間ひまかかってめんどくさいし、原材料調達やパッケージなんかを考えると、プロの製品を買った方が、はるかに楽ちんだ。 キリスト教と関係ない日本で [続きを読む]
  • 連ドラ中毒とビオワイン
  • あれから・・・海外ドラマのシーズン一気見 続いてます。  アマゾンビデオで、The man in the high castel (高い城の男)のシーズン2が配信されたとたん、全エピソードを二日でフル鑑賞しちゃった。  このドラマは、第二次世界大戦でドイツと日本軍が勝ってしまった世界を描く歴史改変SFが原作。舞台は、日本とナチスに分割統治されてしまった60年代のアメリカ合衆国。西海岸は日本領で、グレーゾーンは、中立地帯 [続きを読む]
  • 食生活改善計画のその後
  • PCの調子が悪くて、やっと、更新。 今年の新年会のラストは、食改協議会の新年パーティだった。がんばれ 食改会員一年生のノムリエ、幹事役を仰せつかい、会場選びを頼まれた。熟年主婦層のみなさんの舌と腹と財布を考慮した結果、独断と偏見で、「リュミエール」に決定。 まいどおねがいしまーす ゴージャスでボリュームのある西欧料理+ワイン他、飲み放題がセットになって、 おひとりさま、なんと、3,500円 [続きを読む]
  • 男子度高い女子の新年会
  • あれから、まだまだ、つづいてます・・・新年会と称した 飲み会 ?  先週、ブログ記事を書いていたら、突然、意図しない画面に切り替わって、記事が消えてしまったなんてことがあった。なんじゃこりゃ?何者かにサイバーアタックされたかとパニクったけど、ひょっとしたら、無意識に指がミスタッチしちゃったのかも? 右指のバカ。 同じ文章を二度と書けない健忘症としては、作文意欲低下の [続きを読む]
  • ワイン飲み隊の新春交友会
  • 新年会と称して、飲み仲間と集うことが多い今月、ちょっとだけ、酒量ラインが上昇ぎみ。 今年初の血液成分検査で、白血球数値が基準値以下(←なかなか戻りません)+貧血傾向にあるという以外は、全項目問題なしでクリア。 アセトアルデヒドの分解・排出よろしく、γーGTPを12に抑えて、がんばってるよぉー!「がんばる方向が、違うんじゃないの?」 と、言われてるけど。 寒波のせいで、気温が−10℃を記録 [続きを読む]
  • ポットラック新年交友会
  • 風邪菌を初段階でブロックして、飲活復活。 今年一発目の新年会は、遠方&近場から駆け付けた公務系単身者らとの宅宴会。酒と手料理とオチのない話でもてなす典型的”ホームパーリーピーポー”のノムリエだけど、体力と経済負担軽減のため、ポラックパーリー(←ポットラック・パーティ)にした。 「各自で食べたいもの、飲みたいものを適当に持ってきてね」と、アナウンスしたところ、缶ツマやら家庭料理を持参し [続きを読む]
  • 正月の食卓
  • 穏やかな天気が続いている極東のまちから、こんにちは。 こんなに平和なお正月を過ごせたのは、何年ぶりだろう。と、飲んで食べて幸せを噛みしめて、まだまだ、正月気分が抜けません。 『一年の計は元旦にあり』 とは、言うけれど、毎年、目標が多すぎて計画倒れになるケースが多かったので、今年は、あえて、無計画のままでいくことにする。体と相談しながら、臨機応変に生きるのだ。 例年どおりに、 [続きを読む]
  • さようなら2016年 ようこそ2017年
  • 年末年始は、ハナサキヒルズで、平穏無事に過ごしております。 大みそかの午後3時52分 2016年最後の夕日に、お別れを告げた。 バイバイ  また来年 西の丘に沈みゆく太陽を眺めながら、一陽来復を待つ。 お風呂にゆったりと浸かって1年の厄と垢を落として、紅白をチラリ見して、ゴマ入りの年越しそばを食べて・・・ そして年越しワインをあけた。1996年のLUCE (ルーチェ) &nbs [続きを読む]
  • 感謝の忘年ディナー
  • 年の瀬が押し迫ってきたころ、忘年会に誘われた。ノムリエの復活祝いと、誕生日マダムのお祝いをかねて、友人たちとワインを持ちこんで、いつもの集会場「リュミエール」でカジュアル・ディナー。 今年は、一言では言い表せないような大変な年だった。なんとかかんとか、苦難を乗り越えてこれたのも、支え続けてくれた家族や友人たちのおかげ。と おいしいワインの力かな。  いつか、祭壇に飾られたり、オークシ [続きを読む]
  • 食品ロスなしクリスマス
  • 雪景色のハナサキヒルズから こんばんは。 今年のクリスマスは、イルミネーションに手を抜いた分、料理は、ちょっとだけ着飾ってみた。パネットーネ以外はホームメイドで、ちょっと、昭和チックなクリスマスディナーに。 鶏を一羽調達して、中に、カットしたキノコ類と根野菜をぎゅうぎゅうに詰めこんで、ハーブ塩で軽く味付けして、オリーブオイルを塗って、じっくりとグリルした。皮はパリッと、肉 [続きを読む]
  • 一年で一番長い夜と短い前髪
  • いきなりの、おでこ画像ですが、 髪の毛が、そこそこに伸びてきたので、早々に、素頭復活いたしました。 ウィッグとお別れするのは、まだちょっと早いと思うけど、看護師や周りのみんなが、「ベリーショートが、ものすごく似合ってる」と、褒めちぎるもんで。 ヘアスタイルが変わると、イメージまで変わりそう。気のせいか、なんか、凄みある顔になってきたよ。 こわっ   髪が抜け始めたこ [続きを読む]
  • 極上の貴腐ワインと世界一臭い缶詰
  • ”世界で最も影響力のある人物” 3年連続第1位の曲者が帰った直後、 虚しいタメ息が聞こえる極東のまちかどで、「北方領土 無返還記念式典」が行われた。 会場を、北方四島(エトロフ、クナシリ、ハボマイ、シコタン)の頭文字をとった 「エクハシの宿」に移し、元島民二世、水産系、金融系、医療系、教育者、芸術家、起業家、プータローなどが集まり、領土問題を肴に、朝まで酒を飲みながら生討論となった。  [続きを読む]
  • 北方領土問題未解決の闇
  • 日ロ首脳会談で、いちやく知名度がアップした極東のまち「根室」から、こんにちは。 きのう、プーチン大統領と安倍首相の記者会見を、かたずをのんで見ていた地元民は多いと思う。 元島民らの湧き上がる期待感は、「領土問題は存在しない」とプーチンに一刀両断され、またもや、ロシア式外交に踊らされた感。 遅刻魔プーチンに、日本式 「おもてなし」は通用したのだろうか。 ロシアの考えは、最初から見え [続きを読む]
  • ふりかけとローヌワイン
  • 年末に向けて時間が加速してるような、気ぜわしい毎日。北方領土問題解決も、加速化? 連日の報道で、極東のまち「根室」も、ざわめいてます。人口2万7千台になった錆びゆくまちに、明るい未来はやってくるだろうか? 妙に冷めた感情でニュースを傍観しながら、年賀状作業に取りかかった。 インターネット賀状が増えて、年々減りゆく”紙の年賀状”。お年玉付き年賀状を買い込んで、宛名くらいは直筆で [続きを読む]