ライター原 さん プロフィール

  •  
ライター原さん: ライター原めぐみのブログ
ハンドル名ライター原 さん
ブログタイトルライター原めぐみのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/masume55/
サイト紹介文記憶スケッチと二言三言ブログです。
自由文どうぞヨロシクお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/10/14 11:21

ライター原 さんのブログ記事

  • 素敵なフライヤー
  • ペリカン時代ノーチャージライブに出演していただく皆様の動画を紹介しています。素晴らしい音楽、ぜひ一度聴いてみてください。 10/15(日)杉野清隆さん11/26(日)松井文さんwithロケット・マツさん(fromパスカルズ)12/24(日)モリクン そして10月の店内ライブイベント、杉野清隆さんのフライヤーをいただきました。(制作:廣重明理 さん)秋の夜長に杉野さんの歌。心のコリがほぐれる音楽。ふらっと通りへご一緒しましょう [続きを読む]
  • 秋冬のお知らせです
  • すごいラインナップになりました!高円寺ペリカン時代ノーチャージライブのお知らせです。●10/15(日曜) 杉野清隆●11/26(日曜) 松井文 with ロケット・マツ(fromパスカルズ)●12/24(日曜) モリクン(exザ・ポテトチップス、グレイトリッチーズ)※全公演ともに入場無料1ドリンク(500円〜)、18時開場、19時開演※ご予約はこちらへどうぞ→ 専用メール杉野清隆さん 「夏が終わったみたい」石川県白山市「ポンポロ [続きを読む]
  • 石丸澄子さん写真展 後記
  • 7/11〜7/29まで、連日たくさんの方が足を運んでくださり、27年前の道東の写真に見入られておられました。澄子さんほぼ毎日在廊、雨は最終日の1回だけでした。展示前に伺ったとき、「一人旅なので俳句をひねるような気持ちでシャッターを切りました」、と語っていた澄子さん。風にさらされた北海道の景色と、澄子さんのありのままが、作品の中で地続きになっているのを感じました。写真、という言葉の意味がずしりと響く素晴らしい [続きを読む]
  • 杉野清隆さんがやってくる!
  • 『杉野清隆 LIVE in ペリカン時代』 10/15日曜 金沢のシンガーソングライター杉野清隆さんをお迎えする第三回め。まずは動画で、ちょっと聴いてみてください。聴けば一発でわかる、素晴らしい歌をたくさん作っている人です。暮らしが歌になり、洗練されたメロディーにのって響いてくる。初めて聴いたのに、ずっと大事に持ち続けていた愛用品のように感じて、聴いた瞬間にファンになりました。ヒートウェーブの山口洋さん、漫画家 [続きを読む]
  • ライブ後記 7/9 マモルとモリクンのプチツアー
  • 1部はモリクン、大合唱だった「家を出た」や「ロックバカ一代」は、もう私たちみんなの歌といってよいですよね。パンティハイスクール時代の「なみなみならぬ男」、これも沁みた。。。! 2部はマモル、全身ロックンロール!ど迫力のライブ、ギター一本なのに満席の皆さん立って踊りだしそうな盛り上がりでした。そしてポップチューン満載の『3girls』からの「beat Pop Station」など新曲もキラキラ光っていました。 アンコー [続きを読む]
  • ライブ後記 6/25 木下弦二さん
  • 弦二さん、にこやかに、日常や時代、生命から宇宙までを語りながら、気持ちをすっと音楽に落とし込む。超絶テクニックでギターをつま弾き、きれいでポップなメロディにのせて物語の世界へつれていってくれる。歌でしか見えない世界がある。歌でしか思い出せない感情がある。そういうことに気づく。効き目のある祈りの言葉を教えてほしいけど、My god has no name と歌う近年の作品「みもふたもない」の強いメッセージにも痺れる。 [続きを読む]
  • 7月 石丸澄子さんの写真展やります
  • ペリカン時代より、澄子さんにお聞きしました。 ●Q1  1990年の北海道への旅、思い立ったきっかけは? 「旅雑誌の知床半島特集を眺めていたら無性にいきたくなりました。」 ●Q2  旅の行程は? 「東京 晴海埠頭から夜12時前に出航する大型フェリー・ニューまりも号にバイクと共に乗り込んで船中二泊で釧路に着き、釧路湿原北上→弟子屈摩周湖 友人の弟さん宅泊→網走→知床半島の玄関・斜里の民宿泊→知床半島横断→風 [続きを読む]
  • 6/9金 営業につきまして
  • いつもありがとうございます。6/9金は、敬愛するTheピーズの武道館に行ってきます。ペリカン時代は、夜10時頃〜オープンします。ピーズ帰りの人もそうじゃない人もどうぞーー 〈Theピーズ30周年日本武道館〉2017年6月9日(金)日本武道館開場17:30/開演18:30http://thepees.blog8.fc2.com/ 6/25日:木下弦二(東京ローカル・ホンク) LIVE in ペリカン時代7/9日:マモルとモリクンのプチツアー LIVE in ペリカン時代 ご予約メール [続きを読む]
  • お手紙
  • 弦二が来ます!「お手紙」 6/25日:木下弦二(東京ローカル・ホンク) LIVE in ペリカン時代そして、7/9日:マモルとモリクンのプチツアー LIVE in ペリカン時代ライブご予約メールはこちらまでお気軽にどうぞ→ 専用受付 ノーチャージ(1ドリンクオーダー500円〜) [続きを読む]
  • 今週は
  • 涼風〜〜。定休日の日曜日です。今日は、シンガーソングライターの松井文さんのゴールデン街劇場のようです。敬愛するロケットマツさんがピアノを弾くという。私、松井さんのCD毎日店で聴いています。一発でファンになりました。 好きな男の子のこととお酒と音楽、旅の途中の宿のようなアパート暮らしだった20代の日々がぽんと目の前に現れる気分です。こんな歌、作ってみたかったな。お店は今週も月曜から土曜、17時からです。 6/ [続きを読む]
  • 7月 マモルとモリクン(exグレイトリッチーズ)
  • 7. 9日です。マモルとモリクンのプチツアー LIVE in ペリカン時代open18時、19時startノーチャージ入場無料(1ドリンクオーダー500円〜)ご予約メールはこちらまでお気軽にどうぞ→ 専用受付副店主ハラ、この二人に会ったから私の人生がある、恩人みたいな人たちです。83年、渋谷道玄坂、ヤマハ楽器店。アマチュアバンドの登竜門として人気のあったコンテスト会場でした。演奏技術の審査だと思っているので、ステージに立 [続きを読む]
  • イベントです。
  • お知らせポスターができました。ギターの弾き語りすごい演奏が聴けます。ぜひお出かけください。 6.25日:木下弦二(東京ローカル・ホンク) LIVE in ペリカン時代7. 9日:マモル&モリクンのプチツアー LIVE in ペリカン時代 ご予約メールはこちらまでお気軽にどうぞ→ 専用受付 [続きを読む]
  • お知らせです
  • 5.13土:臨時休業いたします 6. 9金:22時〜営業します 6.25日:木下弦二(東京ローカル・ホンク) LIVE in ペリカン時代弦二さんのソロです。歌とギター、弾き語りの最高峰アーチストのプレーをぜひ目の前でご覧ください。7. 9日:マモル&モリクンのプチツアー LIVE in ペリカン時代伝説のナゴムレコード第三弾アーチスト、痛快R&Rバンド「グレイトリッチーズ」のフロントマン、ワタナベマモルとモリクンの2マンです。二人の [続きを読む]
  • 親と子 -些末事研究- 第三号
  • 高円寺のフクヤママサハルこと福田賢治氏の本ができました。ペリカン時代でも販売しています。特集テーマ「親と子」。すごくおもしろいです。ゲラゲラ笑ったり、驚愕したり、深い謎を覗き込んだ気分になったり。後半は四人の紳士たちが「母親と息子」というテーマで座談会をしています。ともすればユーモアのあるホラー?(笑) でも私は、ご母堂がた(女の人)の気持ちが、なにかすこしわかる気もするのです。福田氏は、いまはご [続きを読む]
  • どこから
  • 飛んできたのか?ビオラの花が咲いていてびっくりしています。買った覚えがなくて。この花が好きだった叔母ちゃんが届けてくれたのかも、なんて話をする。 酒場文学の大竹聡さんが書く高円寺の「酒場案内」に載せていただきました!座・高円寺のフリーペーパー 劇場「座・高円寺」、JR高円寺駅構内などで配布中です [続きを読む]
  • セツの頃
  • セツモードセミナーが閉校なのですね。土曜日、なんという奇縁か、かつて生徒だったという初来店の女性たちと、デッサンモデルのSさんが時間差でペリカン時代にご来店。聞くとその日はセツ最後の卒業式だったそうです。今年でセツ先生は生誕100周年、弥生美術館で「長沢節展」を開催中、星先生も出席されるという代々木デッサン会のこと、ものすごい抽選倍率だった私が通った86年、87年とはうってかわって、2016年のクラスはわずか [続きを読む]
  • 仙川へ
  • 休みの日曜日、思い出の仙川をぶらぶらしました。ずいぶん変わってしまった仙川劇場の通りにある「い志井」で焼き鳥。長ネギをゴマ油であえたタレで食べるレバ焼きがすごく美味しかったです。帰り道、駅前の「きくや」でもう一杯。昔(30数年前・・)は、駅前で入るのはクラブハウスサンドを食べに「アートコーヒー」、喫茶店と軽食は「ぴあ」「ブルーベリー」「ボウルガーデン」「魔法使いの弟子」、うどんの「よしきり」、ラーメン [続きを読む]
  • 今日は晴れ
  • いらっしゃいませ。 雨の昨夜は、素晴らしいお祝いのシャンパンをいただき乾杯しました。好きなエッセイで読んだことがあるようなシーンでした。偶然そこにいる、人の不思議な輪。お店というのはつくづく一夜完結のつみかさね、もうすぐ7年め、時間が太い束になってきたな、と感じました。 酒場文学の大竹聡さんが書く高円寺の「酒場案内」に載せていただきました!座・高円寺のフリーペーパー 劇場「座・高 [続きを読む]
  • 座・高円寺に載りました!
  • なんと、フリーマガジン「座・高円寺」の最新号にペリカン時代が載っております!酒場文学の大竹聡さんが高円寺の夜を飲み繋ぐ「酒場案内」の特集に、「きど藤」さん、「抱瓶」さん、「遊」さん、「椿」さん、「蓬屋」さん、「はらいそ」さんとご一緒させていただきました。大竹さんは、楽しい酒場トークでその場にいる人みんなを気持ちよく酔わせてくれるお酒の神様のような方でした。さっそくご著書を読みまくり、座高円寺の記事 [続きを読む]
  • イベント後記 -うつみようこwith橋本じゅん-
  • 3/26日曜日。うつみようこさんと橋本じゅんさんライブinペリカン時代でした。ああもう、よかった!よかった、よかった!しか言葉が出てこない。帰宅してからもずっと出てくる言葉は、「よかった」でした。ようこさんの存在、じゅんさんの存在ロック!そのもの!最高でした。 橋本じゅんさんのお声かけで、アンコールのボブ・ディラン「 Watching the River Flow 」に店主増岡謙一郎もギターで参加しました。興奮が抜けきらず [続きを読む]
  • ちょっとだけ
  • さて、今夜は、 これから新しいことにチャレンジする女性の事業計画を聞きました。一緒にわくわくしちゃう内容。ついに道が閃けたね、と温かい気持ちになれました。よい。午前を回り、ラストのお客様はある道のベテラン。その方は、自分の本当にやりたい作品をつくる、ただし人も面白い作品を、という決意表明をされていて、強いエネルギーにふれてこちらの振動も大きくなる想いでした。 時間は戻りますが、途中もいい話 [続きを読む]
  • 休みのすごしかた
  • 今日は日曜日でお店はお休みです。マスオカ、ワンセグでWBCを観ながら、ララランドのメインテーマをギターで弾き語り中に、私ハラは、ヘッドフォンで吉田拓郎「流星」を聴いています。昨晩カウンターで、ギター少年がひとりノートを広げていました。ずっと昔、10代の頃、私にもそういう大事なノートがありました。あったということが無い今思い出されて、この気分にあった「流星」が聴きたくなりましたのですよ。いい歌ですとっ [続きを読む]